思索 - ナトゥラの森で -

思索-ナトゥラの森で-トップ

「霧ヶ峰〜美ヶ原 らしい旅」

2003.8.14(木)〜8.16(土)

らしい旅 霧ヶ峰〜美ヶ原劇中央発表会

 1日目 
群馬大学での社教主事講習もお盆休みということで、妻と二人で旅に出る。行く先は霧ヶ峰から美ヶ原。
天気予報は絶望的である。3日間雨、それもかなり降るということだ。
まあ、それでもいつものこの性格、「わからないって、天気予報なんていつも外れてるんだから」(よい天気予報の時は、天気予報は当たるに決まっていると言うのだけれど…)、そう言い放っていざ出発。
しかし、天気予報はみごとに当たり土砂降りの雨の中の旅立ちとなった。
お盆期間中は高速は混むだろうと5時に自宅を出たのだが、それでも軽井沢で渋滞に…。
まあ、雨、それも土砂降りということで1日目のハイキングはとても無理。ということで、と焦らずのんびり行くことにした。
途中車山で、昆虫展を開催していたので寄ってみる。思いの外楽しい企画だった。
ホテルに着いてからは卓球と水泳を楽しむ。これは一般的なまさに一般的な楽しみ方であるが、土砂降りの中わざわざ人がやらないことを求めてハイキングをすることはない。

 2日目 
朝起きると土砂降りの雨が続いている。天気予報め、なかなかやるじゃないか。
こんな雨の中、ハイキングは昨日以上に無謀だ、土砂崩れの下敷きになるのはごめんということで、今日も予定を変更。
山の自然を楽しみに来たわけだが、山を下りて諏訪市に向かい、北澤美術館でエミール・ガレの展覧会を見ることにした。
自分たちは自然を楽しむことだけが趣味ではないので、このあたりの融通はいくらでもきく。

 北澤美術館 
結果的にこの選択は大成功で、2人はエミール・ガレの大ファンとなってしまった。今までもガレには興味を持っていたが、彼のガラスの作品を生で見るというのはやはり違う。あまり素晴らしかった ため、ここでそれを書くといつ終わるかわからないので、ここでは大ファンになったことだけ書く。
大変だったのは今日が諏訪湖の大花火大会で、車の量が普通ではなかったこと。北澤美術館に行くまでにとってもとっても時間がかかってしまった。北澤美術館は、数年前その新館ができたそうで、 そこでもガレとの展示を行っているという。北澤美術館の券で無料で新館にも入れるということだったので、とってもとっても行きたい気持ちになったのだが、新館にたどり着ける見込みが全く立たないために、 泣く泣く断念して、今日の宿泊地である美ヶ原に向かうことにした。

 美ヶ原 
美術館の外に出ると雨は上がって晴れ間も出ている。昨日の天気予報では降水確率90パーセントだったが、ふっふっふっ、だから天気予報は必要以上に気にしても仕方がないのだよ 、と微笑みがこぼれる。美ヶ原に着いた時点でも雨は降っていなかった。2人で、しばし夕方の散歩を楽しんだ。

実はこの美ヶ原と霧ヶ峰は結婚したばかりの2人が訪れた場所である。再びこの場所を訪れるのにはわけがある。
あの当時私はまだ草花にも、鳥にも詳しくなかった。この場所で美しい草花に出合い、草花への興味をそれまで以上にもった。美ヶ原はそんな思い出の場所なのである。あの当時は、見る花見る花がみんな新しい出合い、とても覚えきれなかったことを覚えている。
そんな自分達が、今この場所をどう感じるか、それを確かめたかった、それが再びこの場所を訪れた理由だ。
今、再びこの場所に立って、自分が見る世界が明らかに深くなっていることを感じた。
ただ、前回とっても素てきだと感じたマツムシソウ(写真右)は、今回も素てきだった。

そうこうしているうちに辺りは暗くなり、絶好の天候のおかげで美しい夕焼けが見られた。
というか最近は今日はいい夕焼けが見られそうだという予想が立てられるようになった。今日も、そんな気がしたのでずっと夕焼けを待っていたのだ。そして、写真に収めた。
なぜこのような天候の時に、絶好の夕焼けが見られるかを、この年になってようやく理解できるようになったが、ここでは長くなるから書かない。
子どもの演劇で「なぜ空は青いんだろう、誰も教えてくれなかった」なんて台詞によく出会うのだが、軽々しくいってはいけねーぞ。空が青いことなんて、先生だってそう簡単に説明できることではないのだから。「誰も教えてくれなかった」なんていわないで、もし興味を持ったら、どんどん自分で調べることだ。それが学習の楽しみなんだから。

真っ赤な夕焼けはほんの3分くらいで消えていった。「今日はいい夕焼けが来そうだぞ」と、待っていなければ撮れなかった写真が撮れた。 

 3日目 自然観察とランニング 
翌朝、またまた天気予報は外れ、日が射している。しめしめ。私は普通なら徒歩1時間以上かかる王ヶ鼻という場所まで朝5時に起き、走って向かった。
目的地までは両サイドとも牧場のため花はほとんど咲いていない。牛は楽しめるが、花は…。
目的地で花をゆっくり楽しみ、更に朝食に間に合うまでに戻ってくるには走るしかないということで、自分一人で出かけた。まあ、これも自分らしい。妻には申し訳なかったが、たくさんの花を楽しむことができた。帰りは行きよりも速いペースで走って戻った。

 八島湿原と霧ヶ峰 
その後、霧はたちこめているがなんとか雨は降らないでいる。
2人は八島湿原に向かった。今日は土曜日ということもあって、かなり人が多い。
私らが駐車場にはと行って10分後、駐車場が一杯になり、車は誰かが駐車場を出るまで道路上で待っていなければならないことになっていた。係員がたくさん出ているので当然のことながら違法駐車はできない(もちろん私らは係員がいなくても違法駐車などしないが)。
係員が待っている人にこう言った。
「残念ですね、後10分早ければ駐車できたんですけど」

八島湿原、そしてその後向かった霧ヶ峰ともにとても楽しいハイキングだった。
霧ヶ峰では大好きな蝶であるアサギマダラの写真をとることができた。
今までも何度か写真に収めようとしたが、なかなか近づいてくれなかった蝶だ。
八島湿原でもたくさん見かけたが、とうとう写真が撮れる距離まで近づいてはくれなかった。
ここでもどうせだめだと思いながら、妻と二人で「おいで、おいで」といっていたら、どうしたわけかなんと目の前のヨツバヒヨドリという花にとまるではないか。おかげで、接写でとることができた。もちろん私は蝶が私らの言葉を理解してくれたなどというような、非科学的なことを信じたりする人間ではない。でも、「ありがとう」と声を出して話しかけている自分がいた。
それにしても、自分たちの自然との関わりは以前よりはるかに深くなっていることは確かだ。
霧ヶ峰は、その名の通り霧が立ちこめていたのだが、その霧の向こうでモズが鳴いているのが聞こえてくる。エナガの集団が近づいてきて、そして去っていくのを感じることができる。頭上をカワラヒワが鈴の音を響かせながら飛んでいくのを感じることができる。いずれも姿を見ることはできないが、それを感じることができる。

さて、よいことは続くもので、私は以前から特に青い色に惹かれるのだが、今まで見たかったヒメトラノオという青い花に今日初めて出会うことができた(右写真)。特にこの花を求めてここに来たわけではないのだが、気楽な気持ちでいるときに、素敵な花に出合う。この偶然の出合いがまたいい。

 何でもいい旅 
これだけよいことが続いたのでもう充分満足だと、家に帰ることにした。渋滞が心配だったが、まあそれは仕方がない。ナビゲーションで自宅を設定して、長丁場を予測して交互に眠りながら交替して運転していくことにした。山道は私の担当、佐久インターに向かって出発した。しばらく運転していて、何かおかしいということに気がついた。そして、そのおかしさは「諏訪市」という標識をみた瞬間「おかしい」ではなく「道を間違えた」になった。
ナビゲーションを確認しなかったため、それが佐久インターではなく、諏訪インターに向かわせていたことに気がつかなかった。ナビゲーションを確認するとそれは私らを首都高に向かわせようとしていた。私の大嫌いな首都高に。今日、首都高なんて通ったらいつ自宅に着くかわからない。
2人、しばらく沈黙。
妻 「どうする?」
私 「ラッキー。これで昨日見られなかった北澤美術館の新館が見られるじゃん」
妻 「うーん、どうせ帰ってもも渋滞なんだから、行っちゃおっか」
私 「行こう行こう、やっぱり今日はついてるよ」
ということで、2人は嬉々として昨日見られなかった北澤美術館の新館に向かった。そして、北澤美術館新館でも、とっても素晴らしいガレの芸術を楽しむことができた。
今すぐに帰っても渋滞に巻き込まれるだけと、軽い夕食をそこですませて、じっくりじっくり展示を眺めた。

 花のしりとり 
さて、帰り道、結局、佐久から軽井沢までの15qの渋滞。
そこで妻が「しりとりしよっか」
私 「しりとり?」
妻 「花のしりとりするの、今日せっかく覚えたから勉強にもなるし」
私 「よしやろう」

ということで花のしりとりが始まった。
ところが始めてすぐ、このしりとりの問題点が明らかになった。
妻 「ヤグルマソウ」
私 「ウラシマソウ」
妻 「ウツボグサ」
私 「サギソウ」
妻 「ウサギギク」
私 「クマガイソウ」
妻 「ウ ばっかりじゃない」

そう、植物の名前は「草(そう)」で終わるものが多いので、ウばっかり出てしまう。出す方の性格がよければウを避けるのだが、性格が悪いとしりとりはすぐ終わってしまう。
そこでルールを変更。最後が「ソウ」で終わる花は、ソウの前の言葉から始めることにした。
しりとりも30分も続くと、ンで終わる「ラン」の仲間を入れないと辛かったり、ユリという名前も多く、リが次々に出たりという問題が発生し、そのたびに対応策を考え、相手がつまると結局教え合うという、勝負なのか勝負じゃないのかわからないしりとりをやっているうちに、気がついたら1時間半の長い長い渋滞を抜けていた。
このしりとりで私は花のしりとりは「ソウ」攻めにすれば勝てるという、素晴らしい知識を得ることができたが、残念ながらこの後この知識を使うことはないであろう。

 ノンストップ 
花のしりとりで興奮し、脳をフルに使ったためいつもなら強烈な眠気に襲われる自分が、全く眠くならないで、5時間ノンストップで運転して久喜市に入った(もちろん信号では止まったが…)。そこでファミリーレストランに入り、ビールの大ジョッキーを一気にあけた。こういうとき妻が酒を飲まないということはこれまたとっても都合がよい。
家に着いたのは午前1時だった。
イヤー、今回も自分たちらしい、いい旅だった。
関東は3日とも雨だったそうだ。それを聞いて微笑んだりするほど、私の心はすさんではいないことだけは伝えたい。

Top    HOME