思索 -ナトゥラの森で-

思索−ナトゥラの森で−トップ

「野性の実践」 ゲーりー・スナイダー著を読んで                   2000.10.30(火)

 「野性の実践」 ゲーりー・スナイダー著(山と渓谷社)を読む。
自分にとっての大切な書物となった。
彼は禅の思想を環境倫理に取り入れている。
環境倫理には自然と人間の二元論が基本にある西洋思想からのアプローチよりも、自然と人間が一つとして捉えられる東洋の思想からのアプローチの方が優れた考えにたどり着けると感じられた。

 彼は次のようなことを言っている。

◆◆◆
バイオリージョンに通じていると「特別な」方法が見えてくる。
「自然を愛する」とか「ガイアとの調和」を望むだけでは不十分だ。
われわれと自然界の関係はある具体的な「場所」から始まる。
だからその関係は情報と経験に基づいたものでなくてはならない。
例えば、「真の人間」は、その土地の植物になれ親しみ精通している。
これは、かつてヨーロッパ、アジア、アフリカの誰もが知っていて当たり前の知識であった。
現代のアメリカ人の多くは「植物を知らない」という事実にすら気付いていないのが現状だ。
◆◆◆

アメリカだけとのこではない、日本でも同様のことがいえる。
身近な植物を知ることから、自然に愛着が持てるのに。
バイオリージョンとは、行政的に区分された「地域」ではなく、植物相などの生態系にしたがって土地を色分けした地域のことである。
自分はバイオリージョナリズム(生命地域主義または生態地域主義)というものに非常に惹かれている。
スナイダーは「コスモポリタン的多元主義と地域に根ざした意識、この二つの調和こそ重要である」と述べている。

「思いは地球に、行いは地域に」。
そう自分は、バイオリージョナリズムと全体主義的環境倫理を矛盾を抱えたまま共存させることを考えていきたい。
そのアプローチの中で大切にしていきたい人物が3人いる。
宮澤賢治とアンリ・ファーブル、そしてこのゲーリー・スナイダーである。

おまけ
この本の中に自然を劇場と捉えている箇所がある。演劇部と共に「自然劇場」という観察会を行っている自分にとって、こ活動における自然の捉え方と合致するものでありうれしく感じた。

Top

思索−ナトゥラの森で−トップ