思索 -ナトゥラの森で-

思索−ナトゥラの森で−トップ

についての考察 ー野鳥観察を通してー

バードウォッチングを通して数というものを考えはじめた。
日本野鳥の会の一部の人たちは(自分も会員の一人だが)「日本でどれだけの種類の鳥を見たか」を競っている。

「数」を競う自然の愛し方には、危険がある。憧れの鳥を一度見てしまうと、その後はその鳥がクズ鳥になってしまうということがある。
2回以上その鳥を見ても、見た鳥の種類は増えないのだから。
それまでは、あれほど憧れていたにもかかわらず。
数にこだわるあまり、鳥そのものより、数の方が好きになってしまうのだ。
数を競うことは「鳥を愛する」という本質から離れる危険性がある。

もちろん、自分もはじめの頃は見た鳥の種類が増えるのがうれしかった。
数が増えることを喜ぶのがいけないというのではない、数のみを愛することは危険だということだ。
僕のまわりにはそんな傾向に警鐘を鳴らしている人たちもたくさんいる。

そんな僕も、「数だけを愛することなんてつまらない」ということをそのようなバードウォッチャーの前で主張できるように、数を増やした時期がある。とにかく二百までは見ようと。数を愛する方々は相手が鳥を見ていない人だと思うとその意見など鼻にもかけず、最初から聞く耳を持たないものだから。

そんな自分であるから、ホームページへのアクセス数に関する考え方にも、その考えを重ねてしまう。
数を愛しすぎると本質を見失しなう」という考えだ。
アクセス数が増えることばかりを気にしていると、ホームページを開設した意図から外れてしまう。
このホームページの目的は、この世界のどこかにいる潜在的読者に自分の存在を知らせることにある。
私にとってはどんな人がどれだけ訪れたかが重要なのだ。
しかし、アクセス数が増えればやはりうれしいのだが…。そこが、難しいところだ。

Top

帰化植物と外国人差別

帰化植物を抜く自然保護運動には、外国人にたいする差別を見る思いがして、心が痛む。
生命という見地からすれば、帰化植物を敵対視することは本当に善なのだろうか?
帰化植物だって一生懸命生きているのに。
もちろんその主旨はわかる。けど、もろ手をあげて賛成はできない。
せめて、せめて、痛みを教えてほしい。
セイタカアワダチソウをアワダッチなどといって嬉々として抜くのはやめたい。やめさせたい。
嬉々として帰化植物を抜く子どもたちを見ると、どうしてもそれを人種差別と二重写しにしてしまう教育者の自分。

とはいっても秋に大量の花粉を飛ばすブタクサとオオブタクサにはまいっている。
この帰化植物のため最近はスギ花粉が飛ぶ春だけでなく、秋も花粉症がひどくなった。
帰化植物と共にやってきたブタクサハムシにがんばってもらうしかないか…。

Top 

思索−ナトゥラの森で−トップ