思索 -ナトゥラの森で-

思索−ナトゥラの森で−トップ


名前を覚えること

 「植物の名前など教えなくてよい、樹木を抱いて中を流れる水の音くことのほうがずっと大切だ」
などという自然保護活動家の意見に強い反撥を覚える。
「水の音を聞くこと」も大切だと思う。しかし僕にとっては名前を覚えることもとても大切なことの一つだ。

僕が言いたいのは、「名前を覚えること」を「水の音を聞くこと」以下のことと言うのをやめてほしいということだ。
現在、学校教育の現場では、博物学的知識はおざなりにされている。
「植物」「動物」という大きな枠組みに還元される知識ばかりが大切な知識として扱われている。
もちろんそのような知識は大切なものだ。それはわかる。
しかし、「名前を覚えること」が指し示す博物学的な知識は現在の理科教育が求めている知識と対立するものではないと思うのだ。

僕は「名前を覚える」ことを大切にしている。
図鑑を通して覚える名前、そんな意味での「名前を覚える」ことは無味乾燥した響きがある。
しかし自分が言う「名前を覚える」ということは、単に「名前を覚える」ことだけにとどまらない。
「名前を覚える」ということは、違いを知ることでもある。違いを知ることは個性を大切にすることにつながる。
違いを知ることを通して、スズメをスズメと認識できる。
多様性を大切にすること、違いを大切にすること。それが僕がいう「名前を覚える」ということだ。
図鑑の知識だけにとどまらず、それが生きた体験にリンクしていくことなのだ。
それは「何?」から始まる。

多くの鳥を知ること(「何?」)は一つ一つの鳥を他の鳥との違いを通して理解していくことだ。
オオルリとコルリはどちらも青い鳥だが、青さが違う。違うがどちらも素敵な青だ。
囀り方も違う。でもどちらも美しい歌声だ。
「オオルリ」を「オオルリ」と言え、「コルリ」を「コルリ」と言えるということは、その差異を理解していなければならない。
そして、その違いが楽しい。それぞれが持つそれぞれの美しさに胸が躍る。

鳥を知れば知るほど新たな疑問が生まれてくる。
「なぜ、オオルリとコルリは夏になると日本に渡ってくるのか」
「渡ってくる前はどこで生活しているのか」
「どんなものを食べているのか」
そして、その答えを知ることによって更に鳥との距離が近くなる。
そして、そこに畏敬の念が生まれる。

僕に限っていえば、「鳥」を「鳥」としてしか認識していなかったときもそれなりの畏敬の念を持っていた。
しかし、多様な鳥を識別できるような知識を図鑑を通してではなく、現実を通して多面的に知るようになってから得た畏敬の念は、以前のそれとは明らかに違っている。

その畏敬の念とは「沈黙の春」のレイチェル・カーソンのいうところの「センス・オブ・ワンダー」なのだと思う。
違いを大切にすること、多様性を大切にすること、
それが「名前を覚える」ことの背後にある大切なものだと自分は思っている。

僕は「自然劇場」と名付けた自然観察会をおこなっている。
子どもたちがまず口にすること、それは「あれなんという鳥ですか」「この花なんですか」
という質問である。

自然に触れるとき、名前を覚えることが一番大切なことだなどという傲慢なことは言わない。
ただこれだけはいいたい。
名前を知りたい子どもたちに、「名前より大切なものがある」などはいわないでほしい
名前がわからないなら「知らなくていい」と言わずに、一緒に図鑑を調べることで応えてほしい。

僕にとって「名前を覚える」ことは自然の中だけで大切なのではない。
僕は入部したての1年生に「おい、そこの1年」などといわないように心がけている。
できるかぎり「名前」を呼ぶようにしている。
名前を覚えることで親しみが持てる。
黒澤明と蜷川幸雄がともに 「役者の名前を覚えることの大切さ」を本の中で語っている。
生き物の名前を知り、それぞれの差異を尊重する姿勢。
それは、部活動の中で学校生活の中で一人一人を尊重することとも繋がっている。

Top

思索−ナトゥラの森で−トップ