思索 -ナトゥラの森で-

思索−ナトゥラの森で−トップ

自然保護劇を考える なぜ自然保護劇はつまらないのか

面白い劇を見に行こうと思ったら「自然保護劇」は観に行かない方がいい。どうしてもそう思ってしまう。
自然保護団体の作る劇はなぜつまらないのか?
 もし自然保護を訴えるなら劇そのものを面白くしなくてはならない。
彼等の中にはそれを理解していない人が多すぎる。 劇は誰もができるものかもしれない。
しかし、なんの基礎や知識もない人の「劇でもやってみるか」的な劇を見せられ、大切な時間を殺されるのではたまったものではない。

自然保護を訴えるために劇があるのではない。
もし、劇という表現形式を通して自然保護を描きたいのなら、まず劇を少しは勉強することだ。 
イデオロギーを主張する方法としての対話なら、演劇ではなく対話篇という形の文学の形式を追求したほうがいい。
プラトンの「対話篇」やガリレイの「天文対話」などが参考になると思う。
プラトンにしろガリレイにしろ自分の考えを対話の形で発表したのはそれなりの理由がある。
対話形式は、読者の理解を助ける非常に良くできた方法だ。
しかし、彼等はそれを最終的に劇として上演しようと意図していたわけではない。
自然保護を劇として描くのなら、劇でなくては描けない何らかの表現をその劇が内包していなくてはならない。
彼等はそれが劇という表現にはふさわしくないということを知っていた。

劇を夢中でやっている人はどうだろう。
彼等は劇のことは真剣に考えているが、「自然保護」など本気で考えてはいない。
劇をやりたいけどどんなテーマでやろうか、という「はじめにテーマありき」型の演劇集団は、「戦争」などというテーマと共に「自然保護」をテーマにもってくることが多い。 
特に子どもを対象にした演劇にこの形が多い。
 「自然保護」や「環境倫理」などについて、よく分からないのにそれに関する劇を作るから、劇の内容が薄っぺらになる。 
人間と自然の二項対立による劇がその代表だ。
くまやうさぎ、きつねなどの動物たちが人間達に「自然の大切さ」を訴える。
人間達は自分たちの行動を後悔し、最後には和解し合い森に平和が訪れる。
巷にどれだけこの手の劇が氾濫していることか(特にミュージカルが多い)。

彼等は劇には詳しいかも知れないが(これにも疑問があるが…。なぜなら劇に夢中になっている人が劇に詳しいとは限らないから)、 自然など全く知らないでそれを訴えるため、劇空間に嘘が滲み出てくる。
そんな劇からは何もかわりはしない。
世界を変えたいのなら、そんな劇を上演するより、多くの人を自然の劇場に連れて行った方がずっと効果がある。  

こんな状況から、「自然保護」を扱った劇には面白い劇は存在しないということが起こってしまう。
自然と劇が有機的に絡み合った劇、そんな劇を観てみたい、またそんな劇を創り出したい。

Top 

思索−ナトゥラの森で−トップ