思索 - ナトゥラの森で -

思索-ナトゥラの森で-トップ

「塩原・奥鬼怒温泉郷 創作の旅」

10.5(日)〜10.8(水) 

ユリイカ   〜塩原・奥鬼怒温泉郷にて〜

勤続20年でもらえる3日間のリフレッシュ休暇と呼ばれる休みを10月6日から8日にとり、5日の日曜日から4日間、塩原・奥鬼怒温泉郷の山と温泉の旅に出かけた。
塩原渓谷遊歩道全13キロ、塩原自然研究路(新湯富士登山を含む)6q、奥鬼怒遊歩道+鬼怒沼往復16qをメインとして、4日間で約40q、マラソンコースと同距離の山道を歩いた。
今回は途中途中に露天風呂が入るようにコース設定をして、歩いては風呂に入り、風呂に入ってはまた歩くという、そんな旅をした。
入った露天風呂は次の11。

塩原 大網温泉 湯守田中屋
塩原 福渡温泉 松屋
塩原 福渡温泉 不動の湯
塩原 福渡温泉 岩の湯
塩原 元湯温泉 元泉館
湯西川温泉  新・平家本陣庭園露天風呂
平家平温泉 御宿こまゆみの里
奥鬼怒温泉郷 女夫淵温泉
奥鬼怒温泉郷 八丁ノ湯
奥鬼怒温泉郷 加仁湯
奥鬼怒温泉郷 日光沢温泉

今回の目的の一つは旅の中で新作脚本を書くことだった。
塩原温泉は尾崎紅葉をはじめ多くの文筆家が逗留して作品を生み出した場所。自分もそれに習い、原稿用紙のかわりにこの夏買った900gの軽量ノートパソコンを携帯し、作品を打ち込んでいった。

紅葉の始まった木々を眺めながらゆったりと温泉につかっていると、不思議と次から次へと発想が湧いてくる。お湯が沸いてくるように。
どうしても、袋小路からのがれられない状況も訪れたが、そんなときも温泉がその壁をやさしく崩してくれた。
アルキメデスではないが何度か「ユリイカ」と叫びたくなるような解決策がわき上がってきた。アルキメデスと違って、そのまま裸で外に走り出たりはしなかったが。

2003.10.5(日)〜10.8(水) A

見知らぬ犬との山旅  〜塩原・奥鬼怒温泉郷にて〜

鬼怒沼への登山は、今までにない旅となった。なんと犬と一緒に旅することになったのだ。

さて、犬との旅はこんなふうに始まった。朝六時、宿泊していた八丁ノ湯を出発し、加仁湯温泉を過ぎたあたりで突然自分の横を黒い生きものが過ぎていった。犬だった。
「驚かすなよ」
と心の中で呟いたが、まさかこの犬と旅をともにするなどとその時は思っていなかった。
ところが、途中、何度も何度もその犬が僕の前に現れる。首輪をつけているので、どこかで飼われていることは間違いないようだ。
「困った犬だ」と思った。
しばらく歩くと、年配のご夫婦が岩に座って朝食をとっていた。
「おはようございます」と声を掛ける。
「おはようございます」とあいさつが返ってくる。山の旅はこのあいさつが気持ちがいい。ところが…
「連れの犬は先まで行きましたよ」
「えっ」
「あなたが連れている犬でしょ」
どうやら僕が犬を連れて登山をしていると思っているようだ。

僕は生きものを飼うことをよしとしない。
この日記のタイトル「徒然なるままに」のもととなる『徒然草』の第121段には次のようなことが書かれている。

◆走る獣は檻に込め、こさりをさされ、飛ぶ鳥は翅をきり、籠に入れられて、雲をこひ、野山を思ふ愁止む時なし。その思、我が身にあたりて忍びがたくは、心あらむ人、是を楽しまむや。
(走る獣は檻に籠められ、鎖でつながれ、飛ぶ鳥は翼を切られ、籠に入れられて、雲を慕い野山を恋い慕う愁いはやむときもない。その苦しい気持ちを自信にひきあててみて、同情に堪えがたかったら、もののわかった人は、これが楽しめるだろうか  -今泉忠義・訳 角川文庫-)

まあ、兼好法師はこの段の中で犬を飼うことはしかたないとしているのだが…

僕は小学五年生のときに飼っていた犬の死に出会ってから、もう生きものは飼わないと決めた。
そんな僕が犬を連れて山道を歩いていると思われるのは迷惑千万だ。
「あれは僕の犬じゃないんですよ。僕もあの犬には困っているんです」と一生懸命弁解した。

それからしばらく急な坂道が続く、そこでは犬の姿を見ることはなかった。
急な坂道が終わり、笹の中の路が続く。犬のことはもう頭の中から消えかけていた。
その時、笹の中に何かがいる気配を感じた。笹がざわざわと音を立てる。
「熊か…」
緊張が走る。出くわしてはまずいと思い、恥ずかしさを吹き払い歌を歌い出した。
しかし、ざわざわという音は自分の方に近づいてきた。そして、現れたのは…あの犬だった。
「お前、びっくりさせるなよ」
声を出して犬に語りかけた。犬は再び登山道を登り始め、姿を消した。

鬼怒沼に着いたとき、その入り口に僕を待っている犬がいた。犬は3qの道のりを僕と一緒に、鬼怒沼まで登ってきてしまったのだ。
犬を呼ぶと、僕のそばに来て座ったので写真を撮ってあげた。その時の写真を犬には無断で掲載するが、肖像権を心配する必要はなさそうだ。

「きっと、最初の登山者を鬼怒沼まで案内するようにしつけられた犬なのだろう」
そんなことを思った。

標高二千メートルを超える鬼怒沼は、すでに紅葉が始まっている。沼のまわりの草は全て枯草色になっている。
雲が多く、時折雲間から薄日が射すというすら寒い陽気は一面草枯れた沼の雰囲気に合ったものだった。その薄日が沼の水面に映る様に心を奪われた。そこにリフレクションの魅力を感じた。reflectionとは反映のこと(その他に反響、熟考などの意味もある)。
そのリフレクションを撮してみたが、写真から僕が感じた魅力の一端を伝えることができるだろうか。

劇を作る上でも、リフレクションを大切にしている。

私が話した言葉が、あなたを染める
あなたが話した言葉に、私が染まる
微かに風が吹く
たがいのリフレクションが波立つ

そんな場面を描きたい。そして、そんなリフレクションを大切にした脚本が表現を伸ばすのだと信じたい。
リフレクション、いい響きだ。
僕は宮澤賢治が落葉松をラリックスという響きで詩の中に登場させる、その気持ちをもって、リフレクションという響きを愛したい。

そして、下山。僕の次の登山者はまだ誰も鬼怒沼まで到着していない。犬も僕の後をついてきた。
「きっと次の登山者が来たらそっちの後をついていくのだろう」僕はそう思っていた。
そして、次の登山者と出会った。
犬は、その登山者の後をついては行かず、僕の後をついておりてきた。
そして、次々と登山者と出会う。その中には若い犬好きの女性もいて、「やだー、かわいい」と犬の頭をなぜていく。
僕が犬だったら絶対若い女性の方を選ぶ。ところが、犬は僕を選んだ。

犬と僕の繋がりは次第次第に深くなっていった。
犬は急な坂は先におりて、平らになったところで僕を待っている。そして、僕の姿が見えると僕にじゃれついてくるのだった。そして、また先に行き、次の平らなところでまたじゃれついてくる。その繰り返しとなった。
僕も、坂が終わりそうになると犬がやってくるのが楽しみになった。

麓で、その犬を知っている人に出会った。
「これは手塩沢温泉の犬ですよ。あなたの後をついて鬼怒沼まで行ったんですか。へー、この犬、絶対に気に入った人にしかついていかないんですよ。気に入られちゃったんですね」
僕はその方の言葉を素直に受け入れることにした。ちょっとうれしくなった。
犬との別れがとても淋しかった。
僕は犬を飼うことはよしとはしないが、犬は今でも大好きなのだ。

手塩沢温泉は実は、一番泊まりたかった温泉宿だった。人気のため一杯で今回は宿泊できなかった。
次に奥鬼怒を訪れるときには、鬼怒沼で撮った犬の写真をおみやげに手塩沢温泉を訪れたいと思っている。

Top    HOME