にんげんドキュメント「心の音を奏でたい」を見て        2000.11.16(木)

にんげんドキュメント「心の音を奏でたい」を見た。素晴らしいドキュメンタリーであった。
その素晴らしさは、ことさら障がいということを強調することや、そこに同情の視線をはさむことなしに描いていったことにある。

全盲のピアニスト 梯剛之(かけはしたけし)は、二年前のロン・ティボー国際音楽コンクールで二位に輝いた。
今度はピアノ会最高峰のショパンコンクールに挑む。しかし、一次選考には通ったものの、二次選考で落ちてしまう。

本物の音楽の勝負は、それを演奏するものの背景を問うことは許されない。
その意味で、世界的権威であるショパンコンクールの審査は妥当であった。
本物の音楽の勝負は、音楽その物でなされなければならないのだ。
日本が生んだ全盲のバイオリニスト和波孝よし氏が書いた「音楽からの贈り物」(新潮社)には次のような文章がある。

◆◆◆
私がなぜヴァイオリンを弾くようになったか、どんなプロセスで勉強してきたか、などは問題ではないはずだ。
今、私のやっている音楽の質その物が、問われるべきなのである。
私が、バッハを、モーツァルトを、そしてベートーベンをどう解釈するかが重要なのであって、私のヴァイオリンを通して伝えられる、それら偉大な作曲家のメッセージが、聞き手に感銘を与えるものであるかどうかが重要なのだ。

「もっと視覚障がいを全面に出して売り込んでみたら」という人がイギリスにはいる。
だが、悲しいかな「障がい」が作り出すのは常に暗く否定的なイメージなのである。
「あんなに長い曲がよく覚えられますね」とか、「目が見えなくてヴァイオリンの勉強をするのはさぞ大変だったでしょうね」といった言葉が、今の私にはよく投げかけられる。
(中略)
だが、私はそういう次元で感心してもらっているうちはまだだめだと思っている。
見えるとか見えないとかには関わりなく、音楽そのもので勝負できるのではなければ、音楽家としては失格だ。
こうした考えから、私は視覚障がいを決してセールスポイントにはしないという方針を貫くべく努力してきた。
◆◆◆

私は視覚障がいということを売り物にすることなく、音楽で勝負しようという和波氏の方向性に共感した。

和波氏と同じ全盲である梯氏がどんな努力をしてきたかは、彼の姿を見ただけで理解できる。彼は鍵盤が見えないのだ。
弦に常に触れていられるバイオリンと比べ、ピアノは鍵盤から手を離さなければならない。
そのため間違った鍵盤をたたいてしまう危険性が高い。実際、コンクールでも彼はそのミスを犯してしまった。

観客はどうしても彼に同情する。
しかし、このコンクール出場に辿り着いた人達には、その個人個人を主人公にすれば、いずれも感動的なドラマが存在するはずだ。
だからこそ、コンクールの審査ににその背景を取り入れてはいけない。
たとえそれが全盲というハンディキャップであってもである。
ショパンコンクールの審査員はその点で厳格であった。それでいい、いやそこがいい。

ただ、しかし、そういう自分はといえば、このドキュメンタリーに、そして彼の奏でる音楽に目頭を熱くしていた。
コンクールから離れてしまえば、彼の音楽に彼の人生を重ねて聴くのは自由だから。

ショパンコンクールで彼はワルシャワ市長賞を受賞した。
そこにショパンコンクールの更なる懐の深さを感じた。彼の音楽はワルシャワ市民の心に響いたのだ。
彼の音楽から勇気をもらった人がたくさんいたことだろう。

視覚障がいということから、違ったアプローチで音楽をつかむことも可能だろう。
次の挑戦の時はその差異から生まれる音で、大賞を狙ってほしい。そう感じた。

Top 

思索-ソフィアの森で-トップ