障がいをもった子どもたちの劇から考えたこと  

何年か前に、全国演劇教育研究会で劇を上演した。そのとき知的障がいをもった子どもたちによる劇も一緒に上演された。
私たちは子どもたちの劇に深く感動し、涙した。
しかし、そんな涙が吹き飛んでしまう出来事が起こった。
私たちを打ちのめしたのは、翌日配られた全劇研の新聞に記載された内容であった。
そのトップに千葉県に住むTさんの文が載っていた。次のようなものである。

◆◆◆
全劇研「おおきなかぶ」を見て 「はっきり言って、すごい感動でした。
小、中、高、ろうと全部見て、ろうのすばらしさ、どうしてなんでしょうか。
中高、確かにうまい!と思うのですが、ろうには負けているのです。
なぜなの?ここから考えてみたいと思います。

愕然とした。なんだか分からない、理由のはっきりしない悲しみが自分の心を襲った。
とってもすてきな部員達がこの文章にうちひしがれていた。
「私たちの劇の上演は、障がいを持った子どもたちの劇との勝負だったのだろうか?」
「なんでこの人は劇に勝敗をつけるのだろう?」
ただ不快な気持ちだけが残った。
しかし、それでいてその不快を表現できない悔しさ。
とても、反論できない、というより反論すれば反論するだけみじめになるのが明かな、その感想の正体が見えなかった。
今回の場合「いや、私たちのほうが勝っている」という反論は無意味だ。
この人の文章がトップに載るという意味を考えた。こんな風に考える人がたくさんいるのだろう。
善意の固まりのような文章に怪物を見る思いだった。
恐ろしさを感じた。
そして、こんな疑問が湧いてきた。
「彼女が勝ったと認められる劇を、私たちは創ることができるのだろうか」
その答えは明らかだった。
「不可能、そしてそんな取り組みは無意味」
そう考えたとき、ずっとひっかかっていたものの正体が分かった。

「この文を書いた人は、差別している」
「障がいを持った子ども達の劇が素晴らしいと言うために、私たちを差別している」
「私の部員達もひたむきに劇を愛し、少しでも多くの人に思いを伝えよう、感動を伝えようとしているすてきな子ども達なのに」

胸のつかえがすーっと消えていった。

私は言いたい。私たちも、『おおきなかぶ』に感動したのです。涙を流したのです。
あなたは障がいを持った子どもたちの劇・『おおきなかぶ』に感動したとだけ書けばよかったのです。
あの劇がよかったということを相対的に評価する必要などなかったのです。
あなたの『なぜなの』へ明確な答えがあります。
なぜあなたが私たちの劇を負けていると思ったか、
それはあなたが差別の心をもち、差別をしているからです。
そしてこの記事をトップに載せたあなたも。このような形の、問題提起など必要ありませんでしたよね。

この出来事は私達に大きな悲しみを与えたと同時に、障がいについて深く考えるきっかけを与えてくれた。

Top