思索 - ソフィアの森で -

思索-ソフィアの森で-トップ

教育全般

クラスを考える ーNHK にんげんドキュメント「女流王将 19の春」を見てー

「五体不満足」は不満足だった(理由は長くなるのでここでは書かない)。しかし、このドキュメントは感動した。感動を通り越した何かがあった。
このドキュメントの主役は石橋さん19才。腸閉塞で生死の境をさまよい、再発の恐れが高いために養護学校で授業を受けるという道を選んだ。そして、手に入れた女流王将。彼女は母校の養護学校で公演をした。彼女は母校の人々に「個人個人にあった、授業をしてくれたからこそ今があった」という感謝の言葉を伝えた。実際に養護学校という選択は彼女に素晴らしい人生を与えてくれたのだ。

そこで彼女はほんの偶然から、将棋をはじめる。そして、それが人生を支える大きな目標となっていき、19才という若さで女流王将の座につく。

彼女は母校の依頼を受け、公演をおこなった。彼女は「個人個人にあった、授業をしてくれたからこそ今があった」という感謝の言葉を母校の人々に伝えた。 彼女の好きな言葉は「わき目もふらず、一つのことに勇気を持って突き進む。勇猛精進」。彼女は筆をとり、母校に書を残す。その字のうまいこと。まさに芸術。そこには「万物生きて光り輝く」と書かれていた。それは、どんな美辞麗句でつづられている道徳の資料より、「生きる」という輝きを伝えてくれる書だった。だらしなさからは決して到達することのない、美しさがそこには存在していた。

 アナウンサーの言葉がこう伝える。 
「母校の仲間に、石橋さんは王将や飛車、角、そして歩にも桂馬にも似た、個性を感じ取っています。全員がかけがえのない魅力を秘めていることに気がついたのは、将棋が上達してからでした」 

更に本人の言葉が続く。その言葉を聞いて目頭が熱くなった。
 「20、20づつの駒で40枚の駒がほとんど遊んでいないということが大事だと思う。遊んでいないということは、孤立していない。何かしら連携していたり何かの役に必ず立っていたり、勝敗とは別に40枚の駒が遊ばなかったとしたら、それはすごいきれいな棋譜だと思うんです。誰が見ても将棋というものに感動がある」

 「クラスも同じだ」。僕はそれを聞いて、そう思った。彼女の将棋に対しての言葉はそっくりそのままクラスにあてはまる。

Top

思索-ソフィアの森で-トップ