魅力的なプレゼンテーションができる話し方研修会
効果的な話し方と身体表現


本日はありがとうございました。
2時間の講習を終え、一番勉強になったのは自分自身ではないかと、今思っています。
初めての講習で、正直な話、緊張していましたが、
途中からリラックスして落ち着いて話すことが出来ました。
北教育センターの方々にもとても喜んでいただき、ほっと胸をなでおろしているところです。
最後の方は、僕の話している内容を一生懸命メモしている方を多く見ることができ、それもとてもうれしく感じました。話した内容を全部メモすることは大変なことです。僕の方 で今日の話す内容を、書いておりますので、それをこれから紹介したいと思います。
役に立てていただければ幸いです。
多少話した内容と違うところもあります。また話してない内容が入っていたりもしますが、ご了承ください。


魅力的なプレゼンテーションができる話し方研修会
効果的な話し方と身体表現

 1.プロローグ  自己紹介(デモンストレーションとしての斉藤俊雄の紹介) 

おはようございます。ただいま紹介にあずかりました斉藤俊雄です。
これから「魅力的なプレゼンテーションができる話し方研修会」の「効果的な話し方と身体表現」ということで午前中の講義と演習を担当させていただきます。
実は、ここ数日、ブラックなジョークが頭をよぎるのです。 それは次のようなものなんです。

八五郎 熊、どうしたい。そんな不景気な顔して。
熊    いや、つまらねー講座に参加しちまってね。あんまり話がつまらなかったんで途中で帰って来ちゃったところよ。
八五郎 なんて講座に参加したんでぇ。
熊    魅力的なプレゼンテーションが出来る話し方研修会だぁ。 

自分の話が、こんな笑い話になってしまうのではないかという心地よい緊張感のもと、今日の講習を進めさせていただきます。
さて、はじめに僕自身が効果的な話し方と身体表現を使った自己紹介をしてみたいと思います。



実は僕は先日自己紹介を経験しています。僕は、現在社教主事の資格を取るために群馬大で勉強しています。その2日目に、先日自己紹介がありました。それも70人が全員するんです。すごいことだと思いました。一人5分ということでした。長いなとも思いました。
はじめ、「5分なんてできるかよ」と多くの先生方がいっていましたが、実際やってみると5分じゃ終わらないんですね。びっくりしました。
全部で10グループあるんですが、僕らのグループはなんと10番目のグループだったんです。ということは自己紹介の最後が自分たちということなんです。
これは大変なことだぞと思いました。最後のグループの紹介の時には、きっとみんな飽きているはずだ、そして多くの先生が寝ているのではないかということでした。でグループの誰がその最後を務めるかという話になって、結局僕になったんです。僕は70番目の、つまり最後の自己紹介者となったわけです。その時紹介したことの一部をここで再現したいと思います。

まず、僕が生徒と取り組んでいる演劇の話をさせてください。普通、中学生の劇の上演時間は40分から50分、長くて1時間です。ところが僕が取り組んでいる劇は、2時間、長いときで3時間あるんです。中学校演劇のタイタニックといわれたこともありました。これだけの長い劇を通して、僕は「飽きる」という空気にとても敏感になりました。観客は常に文化会館が一杯になる1200人くらい入っていたので、それほどつまらない劇ではなかったようです。
次に、僕は自然が大好きです。日本野鳥の会、埼玉県生態系保護協会に入っています。この紹介は、後ほどプレゼンテーションの例として行いますので、ここでは省略させていただきます。
さて、最後に僕の趣味の話をしたいと思います。
趣味は実はたくさんあるのですが、そのうちの一つにマジックがあります。
大学の時プロのマジシャンと一緒に活動していました。
泊まり込んで一番お世話になったのは藤山新太郎というマジシャンです。芸術祭賞を取ってますがご存じでしょうか。
仲がよかったのがマジック・ナポレオンズ。蓮田市立黒浜中学校時代は学校に来てもらったこともあります。
そんな中でその当時、「凄い!」と感じる、素晴らしい方がいました。松尾昭という方です。バイト料を持って教えてもらいにその方のもとに通いました。
教師になって3年目に彼がブラウン管に登場しました。芸名は(印象深さを増すためにここで充分な間を入れる、ここを印象深くするため、あえてはじめは、松尾昭という名前で紹介しました)、ミスター・マリック(ここで聴衆の反応を余裕を持って眺める)。あれほど有名になるとはその当時は考えもしませんでした。今日は彼に習ったテクニックの一部をここで紹介したいと思います。

◆カードテクニックを披露。

ありがとうございました。
さて、これで僕の自己紹介はおしまいです。
魅力的なプレゼンテーションとなったでしょうか。

 



さてそれでは本題に入りたいと思います。

 2.効果的な話し方

 a.ありふれた言葉が話し方で命を得ることができるか

さて次の資料を見てください。

なんでもいいからさ
本気でやってごらん
本気でやれば
たのしいから
本気でやれば
つかれないから
つかれても
つかれが
さわやかだから

誰の言葉かおわかりでしょうか、  

そう、相田みつおです。
どうでしょう、教師ならこのような内容について、多くの方が生徒に語ったことがあると思います。その意味ではこれはどこにでもあるありふれた内容であるわけです。
ところがこれに相田みつおの書という表現が加わると、このありふれた文章が突然輝きを放ちはじめるのです。その加わったものが魅力的なプレゼンテーションです。相田みつおの表現は、ありふれた言葉もプレゼンテーション一つで輝きを放つことがある一つの例です。

さて、効果的な話し方とはどんな話し方でしょう。
僕が今日依頼されているのは話し方の技術です。まず正しい発声ということから考えてみたいと思います。
鴻上尚史はその著書「発声と身体のレッスン」で話し方の一つの発声について、次のように語っています。

◆僕の考える「正しい発声」とは、「あなたの感情やイメージがちゃんと表現できる声を手に入れること」です。
「嗄れない」とか「通る」とか「響く」とかは、その後に来ることです。あなたが「こんな声が出したい」と思って、そして、その通りの「こえ」が出ることが「正しい発声」なのです。
例えば、「ここは、押しつぶした声がほしい。だって私の感情は、押しつぶした声をしゃべりたいと感じている」という場合は、「正しい発声」は、「押しつぶした声」になります。声帯にはとても危険ですが、それが「正しい発声」なのです。「よく通り、響く声」が、感情やイメージによっては「間違った発声」になることもあるのです。
     発声と身体のレッスン P15

その通りだと思います。前半は、鴻上尚史の「発声と身体のレッスン」の練習方法に沿って講義と演習を行っていきたいと思います。
その上でどうしても押さえておきたいことは、「正しい発声、正しい話し方は一つではない」ということです。

そのようなことを頭に置いた上で、話し方の基礎について話してみたいと思います。
まずは呼吸法です。

b.呼吸法

胸式呼吸と腹式呼吸。よく聞きますが、その違いをご存じでしょうか。
小学館の百科事典には次のようにその違いが書かれています。  

■ 腹式呼吸

呼吸運動は胸郭の拡張と横隔膜の収縮によって営まれるが、横隔膜の収縮が主となるような呼吸の型を腹式呼吸とよぶ。腹式呼吸では、横隔膜の収縮という活動が腹部内臓を押し下げ、腹壁を前方に押し出すという様式をとるのに対し、胸式呼吸では、肋間(ろつかん)筋の活動が著明となり、胸部がよく動くという様式となる。横隔膜の呼吸による移動の大きさは、安静呼吸時で約1.5センチ、深呼吸時では6〜7センチに達する。深呼吸時では、さらに脊柱(せきちゆう)の伸展がおこって胸郭が上方に持ち上げられるため、真の横隔膜の低下は10センチにも達することとなる。また、横隔膜の総表面積は約30平方センチであるから、安静呼吸時で450ミリリットル、最大吸気で約3000ミリリットルもの換気が横隔膜の運動によって成し遂げられることになる。
         小学館百科事典

違いがおわかりになったかと思います。
それではこの違いを体験してみましょう。

       ●ここで実際に腹式呼吸を体験してもらう

さて、次にウォーミング・アップの方法です
「発声の身体のレッスン」にはウォーミング・アップについて次のようなことが書かれています。

c.ウォーミング・アップ

◆フルマラソンを走る人でも、いえ、オリンピックを目指す選手になればなるほど、ウォーミング・アップを大切にしています。
一流の選手は自分のコンディションを知っているからこそ、いきなり、走り出したりしません。どんなにトレーニングを積んでいても、ウォーミング・アップをしなければ、大変なことになると知っているからです。
ですから、発声練習でも、いきなり、大きな声で「アッ、エッ、イッ…」なんて叫び出さないように。そういう人を見ると、僕は心配でたまらなくなります。それは、何のウォーミング・アップもしないで、いきなり、ダッシュをはじめるようなものです」
発声も、他のスポーツと同じように、ウォーミング・アップ(ストレッチなど)が必要なのです。
             発声と身体のレッスン

そうなんですね、発声についてもウォーミングアップはとても大切なのです。
それではS音のレッスンをこれからみなさんにやってもらいます。なぜ、S音がいいか、それは声帯に優しいからです。

  ●S音のレッスンを体験してもらう

さて、次は身体を響かせることを体験していただきます。

d.響きについて(ハミングのレッスン)

これも「発声と身体のレッスン」から引用させていただきます。

◆いよいよ響きを楽しみます。口を閉じて「んー」とハミングしてください。
そのまま、鼻を触ります。意識して、鼻に振動を集めてみましょう。イメージですが、ハミングをしながら、鼻を震わせるぞ、と思うのです。うまくいけば、鼻が振動して、むずがゆくなります。その感覚を楽しんでください。
(中略)

響かせる場所は全部で五つ。
鼻、くちびる、頭、のど、胸

です。
ー何のためのレッスンですか?
まずあなたの身体を楽器だとイメージしてください。ギターやバイオリンが何となく人間の形と似ていてイメージしやすいかもしれません。
声帯だけで話す人というのは、ギターの弦だけをボディーから外してならすことと同じです。(中略)

ギターが大きな音が出るのは、弦が出した音を、人間の形をしたギターのボディーが振動・共鳴し、増幅するからです。ボディーがないギターでは、音は響かず、それでも大きな音を出そうと引っ張ると弦が切れてしまうでしょう。人間でいえば、声帯だけで頑張ろうとして、嗄らしてしまうことと同じです。
              発声と身体のレッスン P67

   ●ハミングで身体を響かせることを実際にやってもらう  @くちびる A鼻 Bのど C胸 D頭

いかがですか、みなさんの身体は響いたでしょうか。
さて、次は滑舌です。
演劇感形の方はご存じでしょう。北原白秋の通称「五十音の歌」または「アイウエオの歌」と呼ばれている歌を紹介したいと思います。

e.滑舌をよくするために 

「五十音の歌」または「あいうえおの歌」    北原白秋

あめんぼ あかいな あいうえお
うきもに こえびも およいでる
かきのき くりのき かきくけこ
きつつき こつこつ かれけやき
ささげに すをかけ さしすせそ
そのうお あさせで さしました
たちましょ らっぱで たちつてと
とてとて たったと とびたった
なめくじ のろのろ なにぬねの
なんどに ぬめって なにねばる
はとぽっぽ ほろほろ はひふへほ
ひなたの おへやにゃ ふえをふく
まいまい ねじまき まみむめも
うめのみ おちても みもしまい
やきぐり ゆでぐり やいゆえよ
やまだに ひのつく よいのいえ
らいちょうは さむかろ らりるれろ
れんげが さいたら るりのとり
わいわい わっしょい わいうえを
うえきや いどがえ おまつりだ

水馬赤いなあいうえお
浮藻に小蝦も泳いでる
柿の木栗の木かきくけこ
啄木鳥こつこつ枯れ欅
大角豆に酢をかけさしすせそ
その魚浅瀬で刺しました
立ちましょ喇叭でたちつてと
トテトテタッタと飛び立った
蛞蝓のろのろなにぬねの
納戸にぬめってなにねばる
鳩ポッポほろほろはひふへほ
日向のお部屋にゃ笛を吹く
蝸牛ネジ巻まみむめも
梅の実落ちても見もしまい
焼栗茹栗やいゆえよ
山田に灯のつくよいの家
雷鳥は寒かろらりるれろ
蓮花が咲いたら瑠璃の鳥
わいわいわっしょいわゐうゑを
植木屋井戸換えお祭りだ

  ●実際にみんなでやってもらう

子音が溶けてしまわないように注意してください。
さて、ここまで話し方、特に発声の技術を紹介してきましたが、正直な話、発声の技術がいくらうまくなってもそれだけでは魅力的なプレゼンテーションとは言えないのです。例えば「あいうえおの歌」がいくら速く言えても、その抑揚のない表現は魅力的なプレゼンテーション ではありません。ただ、滑舌がよければよいにこしたことはありません。それは確かなのですが、それだけではだめなのです。というより本当に重要なことはこれから話すところにある 、そう僕は思っています。

 3.感情の上に言葉をのせる方法

僕は、「感情の上に言葉がのってこそ言葉は生きてくる」、と考えています。
言葉をのせるためのたくさんの感情を記憶しておく必要があると思います。感情を記憶するということはどんなことか、
ちょっと難しいのですが、ここでスタニスラフスキーという人の言葉を紹介したいと思います。

◆スタニスラフスキーの「情緒的記憶」

二人の旅行者が、高潮のために、岩の上に置き去りをくったのだ。救われてから、彼らは自分たちの印象を物語った。一人は、自分が行った、小さなことをみんな記憶していた。どうやって、なぜ、どこへ行ったか、どこをよじ登って、どこを降りたか、どこをとび上がったり、とびおりたりしたかを記憶していたのだ。もう一人は、場所については全然記憶がなかった。彼が記憶していたのは、彼が感じた情緒だけだった。次々と、喜び、不安、恐怖、希望、疑惑がやってきてしまいには狼狽がやってきたのだ。
(中略)不幸にして、そんなことは、まったく滅多にないことなのだ。だから、私は私の要求をもっと控えめにしないわけにはいかない。私は諸君が練習を始めるときには、その外的な計画に諸君の以前の感情を思い出させるようにして、場面の残り全体の指導力として、その感情に身を任せるようにしなければならないのだ。
 俳優修業(スタニスラフスキー)

これは演劇の練習としての話ですが、魅力的なプレゼンテーションとしてもとても役に立つことだと思います。
次に市川猿之助さんの文章を紹介します。

◆祖父の元で生活した八年間に学んだ最大のことは、「普段が勉強なのだ」ということである。自然でも絵画でも、「いいものをたくさん見てその感動を体で覚えておけ」とよく言われた。
(中略) 私が、「あの目がすごくいいですね」と祖父にいうと、「お前、わかるかい。実はあれは、夜明けの感動を思い浮かべているのだ」と言った。
 祖父はかねがね夜明けの朝日にはえる赤富士をみたいと思っていて、富士の裾野へ何度も足を運んだ。しかし、赤富士というのは天候の具合でなかなか見られないものだそうで、一ヶ月かかってやっと見ることができた。そのときの夜明けの感動はたまらなかったというのである。
 そして、長兵衛を演じるとき、この夜明けの感動を心に思い描いて目線をずっとあげていくというのである。この目の動きで、夜が明けてきたということを表現しているつもりだという。
     猿之助修羅舞台 (市川猿之助)

市川猿之助の祖父がいっていることは経験を積むこと、そしてそこから感情をいつでも引き出せるようにしておくということだと思います(スタニスラフスキーの言葉で言えばたくさんの「情緒的記憶」を内面化すること)。これは一朝一夕ではできることではありませんが、教師としてもとても大切なことだと思います。

それでは言葉をのせるための豊かな感情はどうしたら身につくか、これは練習してすぐ身につくようなものではないと思います。ではどうしたらいいか、そのことについて中学生の演劇部での取り組みでの話を通して伝えられたらと思います。

僕は原則として朝練をしません、また休日の練習も行いません。
では内容的にはいったいどんな練習をしているのか?もちろん発声とか台詞の練習もしますが、そのような練習の他に、生徒と一緒に自然観察に出かけるということを続けてきました。自然の劇場を訪れる、僕らはこれを「自然劇場」と呼んできました。
この練習は好評でした。みんなで草花や鳥などを楽しむのが練習なのですから。
ところが、その当時は全く理由がわからなかったのですが、どういうわけだか、この「自然劇場」を終えると、台詞がうまくなるんです。信じられないかもしれませんが、学校で台詞練習をすることよりもずっとずっとうまくなるんです。

黒浜中学校の演劇部時代は夏の夜ホタルやセミの羽化を見に行きました。
実は、今日の紹介に役立てようと、昨日セミの羽化を撮影してきましたので紹介したいと思います。

 

 

この時期はサクラの木(サクラだけではないのですが、サクラの木はアブラゼミの幼虫の好物のようで、幼虫がたくさんはい出てきます)がある多くの場所でこの羽化が見られます。
羽化が終わるまでは1時間くらいかかります。この羽化の段階で羽化に失敗して死んでしまうこともあるんですね。そんなことも知ってますから、演劇部員みんなで一生懸命応援するんです。「がんばれ」とか「もう少し」とか、セミには理解できないでしょうが。
そして、無事羽化が終わるとどこからともなく拍手がわき起こります。
そしてその後、生徒たちの感情表現は驚くほど豊かになっているのです。

その理由は、NHKで放送された「人体」のシリーズの脳の特集をみてわかりました。それは右脳と左脳の話でした。感情は右脳のはたらきによるものが大きく、言語は左脳の働きによるものが大きい、それゆえ「きれい」という言葉をいうとき、右脳の働きが失われてしまった人は無感情に抑揚なく「きれい」と言います。それと反対に左脳の働きが失われてしまった人は、「きれい」という言葉にはならないのですが「***」ととても感情豊かに表現するのです。
そこで紹介されたおばあさんは、左脳の働きが失われてしまったのですが、おじいさんの愛に包まれ、本当に感動的なまでに感情のこもった表現で思いを表現するのです。
それを見た瞬間「これだ、これだったんだ」と思いました。
僕の趣味で行っていた活動でしたが、実は、これが一番生徒の表現を伸ばしていたんだと後で気がついたのです。

では、感情に言葉をのせるということを、そんな生徒たちが上演した劇から伝えていきたいと思います。
紹介する劇は自作、『降るような星空』です。
ひかりと勇は姉弟です。星が大好きな勇は重い病気にかかり、「星が見たい」といって死んでいきます。勇の思いを継いでひかり「降るような星空」という劇を作ります。しかし、季節はずれの台風がやってきて上演は中止に。台風のために停電し降るような星空が輝く都会の夜空の下、生徒たち が『降るような星空』を上演するところでラストシーンになります。『降るような星空』とはそんな劇です。
次の台本の中で太字で書かれているところ、それをみなさんならどのような感情に言葉をのせていきますか。少し考えてみてください。
 


自作『降るような星空』から

◆病院

  二人は舞台前方に腰かけている。そこはベッドの上を意味する。勇は毛布にくるまっている。

ひかり 勇。今晩はお姉ちゃんがこの病室に泊まるからね。
勇 … ひかり お母さんの方がよかったかな。
 

勇 (首を振る)
 

勇 お姉ちゃん。人って死んだら星になるの?
ひかり なんでそんなこと聞くの。
勇 お姉ちゃん、窓開けてくれる。

 

  ひかり窓を開ける。

勇  晴れてるのに、今日も星出てないね。病院に入ってからまだ一度も星を見てないや。
ひかり  仕方ないわよ。周りがこんなに明るいし空気も汚れているから。
勇  星が見えないなんて淋しいな。これからは、星が見えるところなんてなくなっちゃうのかな。そのうちみんな星なんてもの忘れちゃうんじゃないかな。(宙を見つめて、「エイ!」というポーズをとる。)
ひかり どうしたの?
勇 「電気よ消えろ。汚れた空気よなくなれ」って願ったんだ。でもだめだね。
ひかり  魔法使いじゃないんだから。
勇  始始めなくっちゃ。
ひかり 何を始めるの?
勇  劇を作るんだよ。
ひかり  劇?
勇  うん。「降るような星空」っていう劇。星がなくなった世界に星を呼び戻そうと努力する一人の女の子を主人公にした劇さ。その劇を観た人は降るような星空が見たくなって、星が見える環境を取り戻してくれるよ。
ひかり また夢みたいなこと言って。
勇  お姉ちゃん。僕本気だよ。
ひかり  無理しちゃだめ。治ってからにしなさい。
勇  今じゃなくちゃだめだよ。だって…、僕…、僕もう助からないんでしょ。
ひかり  なにばかなこと言ってんの。
勇 わかってるんだ。もし僕死んだらお姉ちゃんが僕の代わりに劇を書いてよ。そして降るような星空を取り戻して。ここじゃ僕が星になってもお姉ちゃん、僕のこと見ることできないでしょ。
ひかり 怒るよ。勇の病気は治るんだから。
勇 …、ごめん。
ひかり  そうだ、治ったら、また山に星を見に行こう。
勇  うん。お姉ちゃん。山で見た降るような星空、きれいだったね。

 

    ストップモーション・溶暗


 

ここに登場する、ひかりと勇を演じたのは中学2年生と1年生です。
まだまだそれほど多くの経験をしているとはいい難い年齢ですが、前述のような体験から感情に言葉をのせるとことを学んだと思います。この劇の上演前には全員で星空を見る体験もしました。

 

それでは劇のこの場面を御覧ください。

 

◆劇の上映

 

いかがでしたでしょうか。
正直いいまして2人の滑舌はよいとは言えません。もちろん僕はそれを自覚しています。
いくつかの場面で子音が溶けています「ほし」のhが消えていたり、「死ぬ」のshが抜けていたりします。もちろん抜けないほうがいいに決まっています。それが抜けないような練習もしました。ただこれも一朝一夕でうまくなるものではありません。長い時間がかかるものです。 ただ僕は、2人の滑舌が今ひとつであるにもかかわらず、2人が舞台で演じた表現がとても好きです。
僕は今、表現の技術を講習しているわけですが、最終的には子音が溶けることより、感情に言葉がのること、そのことをより大切にしています。 子音が溶けても素敵なプレゼンテーションとなることはあると思うからです(NHKでのおばあさんの表現は素敵なプレゼンテーションでした)。
ただ、両方優れていた方がいいということは、言うまでもありません。

僕は様々な感動体験を積んでいくことで、表現が豊かになると思っています。
教師自らがそのような体験を積んでいく中で手に入れた豊かな表現は、子どもの豊かな心を育てる源となるのではないでしょうか。
一朝一夕でできることではありませんが、時間をかけて経験し身についたものは一生ものです。どうか、素敵な体験をたくさんなさってください。

 

後半は、効果的な身体表現について、絵本をもとに話をすすめていこうと思います。

 

(実際の休憩はここではいる予定でした)

4.話にあった効果的な身体表現とは

a.話と身体表現の関係 ―絵本から考察する―

さて、それではこれから話と身体表現の関係について話させていただきます。僕は話と身体表現のよい関係とは、絵本における物語と絵の関係と同じだと考えています。よい絵本について語った吉田新一先生の文章を紹介しましょう。

◆センダックのイラストレーションは、文の表すものを単に絵に移すタイプではなく、文の喚起するイメージを、豊かな想像力で積極的に、時に自由に、解き、広げ、隠れたストーリーを引き出して、それらを絵で語るタイプで、そういうイラストレーションの方法を、センダックはランドルフ・コールディコットから学んだと明言しています。絵本における言葉と絵の関係は、「言葉が省かれる―が、絵が語る。  絵が省かれる―が、言葉が語る」という関係でなくてはならず、それは音楽における対位法に似ているともいいます。
           絵本の魅力(吉田新一)
※センダック アメリカの代表的絵本作家。代表作に『がいじゅうたちのいるところ』

僕が絵本を通して伝えたいのは、話に伴う身体表現は、「言葉が省かれるーが、身体表現(視線も含みます)が語る。 身体表現が省かれるーが、言葉が語る」という関係であるべきだと思っています。
よけいな身体表現を使わないということも、身体表現の一つだということを理解してください。
さて、素晴らしい身体表現を語る前に、前述した意味で素晴らしいと僕が思っている絵本を一冊紹介しましょう。
それはジョン・バーミンガムという方が作った「おじいさん」という絵本です。訳は谷川俊太郎です。

この絵本では、おじいちゃんとおじいちゃんの家に遊びに来た孫の心の触れ合いが描かれていきます。
一緒におままごとをやり、夏には海に行き、時に喧嘩をして、昔話をして。
言葉は語りすぎず、絵もさりげない。そこに描かれているのはたわいもない、それでいて素敵な日常です。

最後から2つ前の絵はおじいちゃんが椅子に座り、そこの横にビンとコップが置かれている絵です。そこに付けられている言葉は「おじいちゃんは きょうはそとであそべない」です。病気という言葉は使われていませんが、おじいちゃんが病気になったことが伝わってきます。

そして、最後の一枚の絵、それは誰も座っていない椅子の絵です。言葉は付けられていません。
この誰も座っていない絵がどんなことを語っていることは明かですよね。言葉は付けられていないけど、主人のいなくなった椅子の絵がどれだけ強く命をそして死を語っていることか。

この絵本における言葉と絵の関係こそが、これから僕が語っていきたいプレゼンテーションにおける言葉と身体表現の関係なのです。


この絵本の紹介を椅子に座って行ったのは、絵本の絵を見せながら命について語るときには、自分も落ち着いて椅子に座ることがプレゼンテーションとして効果的だと考えたからです。


さて、それでは間について語りたいと思います。

b.間とは何か

間とは何か、これは一言で言うのはとても難しいのですが、僕はよい間とは密度の濃い沈黙、時に饒舌な沈黙だと考えています。今紹介した「おじいちゃん」のラストの椅子の絵を思い浮かべていただけたら理解が早いでしょう。
言葉がなく身体表現だけそれも静止した身体表現である間。時にそれが、プレゼンテーションにとってとても効果的なのです。
また間は、話し手にとっては聴衆の反応を見る時間ともなります、自分の話が聴衆にどう受け取られているのかを見つめる時間にもなります。聴衆にとっても、間は考えを深める時間になります。

よく制限時間内を一方的な話しまくって終えるかたがいますが、そんな話が心に残らないのはそれが聴衆との対話のない一方通行のプレゼンテーションであるからです。プレゼンテーションの語源はプレゼントだそうですが、心に残らないプレゼンテーションは聴衆へのプレゼントにはならないのではないでしょうか。

間をとるというのは実は簡単なことではない気がします。自分のプレゼンテーションを振り返って、それではどんな時に間がとれなかったかを考えてみますと、まず準備不足の時、準備不足なため次をどうするかだけに考えがいってしまい、間をとるだけの余裕が持てないのです。
今は人前で話をする経験が多くなって以前ほどは緊張しなくなりましたが、人前で話す経験が少なかった若い頃は話すことに夢中で間をとるだけの余裕がなかった気がします。間をとることができるためには、多くの話す経験が必要だと思います。
次に視線について考えていきたいと思います。

c.視線について

さて視線ですが、これも正しい視線は一つではないと考えています。ただそれでは講習になりませんのでその中でも効果的だと思われるものをいくつかあげたいと思います。
 

◆全体に向かって話すとき
まずは全体に向かって話すときです。150人もいると一人一人に向かって語りかけるということはちょっと無理があります。僕は中央を中心にどの方からも僕の目が見えることを意識しながら語ります、時々左右の方にも語りかけるようにしています。

◆全体の中の個人と話すとき
この時は対話している相手に集中することが一番大切だと思います。演劇でもそうです、先ほど見せました劇の2人の対話も二人は相手の顔しか見ていません、観客に向かって話すということはないわけです。ただ実はあの状況でとても複雑なことが行われているのであって、2人は相手に集中すると同時に、その時自分たちが観客からどう映っているかも同時に頭の中で浮かべているのです。
全体の中での個人と 対話を交わすとき、その相手の視線と同時にそのまわりの視線も感じ取ることができるようになって、相手の人の反応と同時に、その対話を見ている方の反応までも意識できるようになれば素晴らしいと思います。視線は対話の相手に向かって投げかけられるのですが、意識は相手だけでなくまわりにも向けられるということです。

◆聴衆のイマジネーションの喚起を促す視線(例…自分の体験を話すとき
さて、この視線のところで僕が一番話したいのはここです。 効果的な視線は聴衆のイマジネーションを喚起します。これは言葉だけで説明するのが難しいので、僕がこれから実際に行ってみたいと思います。
自己紹介の時に予告しておきました、自然との関わりについてここで話してみたいと思います。
イマジネーションの喚起ということを念頭に聞いてください。
 

「蜘蛛の話」…話の内容は省略します(話した内容についてはサイト内の「徒然なるままに」に書かれています)

 

ほんのちょっとの視線の移動だけで、けっこうイマジネーションを喚起できるもだということがわかりましたでしょうか。

さてそれでは次はみなさんに実際に取り組んでもらいます。

 

 ●演習  

・二人組になる。

・最近クラスであった素敵なことを相手に伝える。
  ※注意すること   

 感情に言葉をのせる…のっぺらぼうになってはいけないが、感情過多にも注意  
 いかに聴き手のイマジネーションを喚起させるか…適切な視線、間、身体表現

終わった後には必ず評価をくわえる    

  ・相手の話を頭の中にイメージすることが出来たか。 

  ・相手が素敵だと思ったことが自分も素敵だと感じられたか。
  ・話し方や身体表現に、本人が気がついていない癖がないか。

e.効果的な身体表現とは

それでは効果的な身体表現についてまとめたいと思います。効果的な身体表現とは、よけいな動きのない身体表現だと思います。それは 話の説明をする身体表現でなく、話と相補的に働く身体表現です。 必要以上に大きすぎる身振り手振りは話の邪魔にしかならないと思います。

 

 5.エピローグ

さて、最後に再び相田みつおの言葉に戻ってみましょう。
ありふれた言葉も魅力的なプレゼンテーションが加わることで輝きを放つことがあるという話をしましたが、よく考えてみますと、そんな例はそれほど多くはないのです。

実はありふれた言葉を魅力的な言葉にすることはそんなに楽ではない。

僕は、見た目とても平凡な人間だということは自分が一番よく知っています。外見から醸し出す何かで、あっという間に聴衆を惹きつけてしまう人がいます。先日の自己紹介でもそういう人は何人もいました。しかし、自分はそれができない。自分のようなものが話を魅力的にするには、プレゼンテーションを工夫すること、そして一番は話す内容を工夫することしかないのだと思います。話す内容については僕の担当ではありませんので、これからの講義でそちらの方を是非深めてください。
本日はありがとうございました。

 


 

さて、ここまで書いてみて一通り読み返してみると、どうも今ひとつ面白さが感じられないのです。
やはり、話すことを前提に作られたものだから、書くと魅力がなくなってしまうのでしょう(もともとないのかもしれませんが)。
もし、この魅力的とは思えない内容が「魅力的なプレゼンテーションができる話し方研修会」の中ではけっこう魅力的であったとすれば、この 研修会の内容としてはふさわしいものだったといえるのでしょうか…
とにかく、自分にとって今日の経験はとても勉強になるものであったことだけは間違いありません。
貴重な経験をありがとうございました。

Top