心  を  育  て  る

 

藤  田  勝  夫

 

 

その一 森の幼稚園 

 

町外れの低い山並みを巡る小径の、南斜面に向かって森がやや開けた辺りに建つ小屋の前に、十五人程の幼い子どもたちが輪を描いて座る。私たち、一日入園者数人もこのサークルに加わり、砂利混じりの乾いた地面に腰を下ろす。日本から、環境や教育のことを学びに来た者たちだ。南ドイツの秋の陽が、高く伸びた枝々の隙間からやわらかく差し込み、風はさわやかだ。

「皆さん、自然の中の木や鳥や虫や空気やいろいろなものにご挨拶しましょうね」

金髪が美しい、まだ二十歳台と思われる女性の先生が、ふくよかな顔いっぱいに微笑を浮かべてそう挨拶すると、輪の中央においてある小さな布切れの下へ手を差し入れ、果物をひとつ取り出した。

「皆さん、これは何ですか?」

「は〜い」「は〜い」「アプフェル!」

「そう、りんごですね。それでは、これを切って見ましょうね」

すらりとした手をナイフに伸ばし、りんごに刃を入れる。

「皆さんこれは何でしょう」

「は〜い」「は〜い」「ケルンです」

「そう、種ですね。それでは、りんごの種は何個あるでしょう。みんなで数えて見ましょうね」

「アイン」「ツバイ」「ドライ」…………

「ほら、こんなに出てきましたよ」

子供たちが大きな声で得意そうに数を数えるのを待ってから、りんごを細かく切って皿に載せ、今度は布切れから桃を取り出す。 

「それでは次はこれです。これは何でしょうか。当てて下さ〜い」

「はーい」「は〜い」「プフィルズィヒ(桃)です」 

りんごと同じやり取りが続き、今度は種が違うということを説明する。続いてキュウリ、そしてキウイと取り出し、同じことを繰り返す。

「では、これを食べて見ましょうね。誰かやりたい人いますか」

「は〜い」「は〜い」「は〜い」

 目をきらきらさせながら手を上げる一人の女の子を指して、

「でも普通の食べ方でなく、目隠しをして食べて見ましょう。さあ、これは何かな?」

「う〜ん、 グルケ(きゅうり)です」

「おお、素晴らしい。ちゃんとわかりましたね」

「では、次は誰がいいでしょう。次の人を決めて下さいね」

と、今食べた子に次の子を指名させる。

「今度は日本の人にもやってもらいましょうね。誰かを決めてください。」

微笑みながら、小さな青い二つの瞳がこちらをみた。見事に指名を受け、目隠しをして口をあける。

「アプフェル!」

「おお! 当たりました。すごい!」

と、喝采を浴びる。

こうして、順繰りにいろいろな果物を食べさせ、それが何であるかを当てさせるゲームが続く。

「それでは、今度は違う種類の果物を二個入れますから当てて見て下さいね」

 二種類を一緒にというのは難しい、と見ていたら、これも難なく当ててしまう。また、同じように何人かに繰り返すが、ほとんどの子がはっきりと言い当てる。

「それでは、今度は鼻をつまんで食べてみましょう」

 方法を変えてまた何人かにいろいろな果物を食べさせ、当てさせる。これも正解の子が多い。こ

うして味見のゲームがしばらく続いていく。この授業を一週間毎日続け、子どもたちの味覚を試す

のだそうだ。時には香辛料を入れることもあるという。

 

「それでは、お腹が空いてきましたから朝ごはんにしましょうね。」

(ドイツでは、家では朝食は軽く済ませ、十時頃学校で二回目の朝食を摂る。家での軽食は食べないで来る子もいる)

 

 ―先生が笛を取り出して吹き始め、可愛い声の合唱となる。

 

「神様、食べ物・飲み物ありがとう・・・・・」

 

―《神様ありがとう》の歌だ。歌が終わると、それぞれがバッグから尻に敷くマットを取り出して座り、楽しい食事の時間が始まる。隣の子と盛んに食べ物の比べっこをする姿が微笑ましい。中身は殆どの子が野菜やハムを挟んだパンと果物だ。弁当に特別の決まりはないが、ジャムのようなものは持ってこないように指導しているようだ。森の中では歯を磨くことが出来ないからだ。ただし、誕生日とかクリスマスなどは例外で、皆でケーキ類を持ち寄って食べるという。

食事が終わると、それぞれ小さなチューブを取り出し、中に入った水で手を洗う。ほんの少しの水で手を洗うのも大切な教えになっている。

最後にまた、なお一層大きな声で《神様ありがとう》の歌を合唱し、食事の時間が終わり、自由時間となる。みな自分の遊びをそれぞれに見つけ、賑やかな声を出して一斉に散っていく。

 

この森の幼稚園は、特に園舎を持たない。山道脇に、車輪のついた八メートルほどのトレーラー車の上部に屋根を取り付けた小屋が置いてあり、これが教材や道具の置き場所になっている。朝八時に、麓の小学校の校門前に集合した子どもたちは、ここまでの緩い坂道を数百メートル登り、かばんを小屋の下に付けられたフックに架けて今日の学習をスタートする。

授業は、この森にある八ヶ所のフィールドで行われるそうだが、それを選ぶ方法が面白い。

「今日はどこにしますか」

先生がそう呼びかけると何人かの手が上がり、それぞれが自分の行きたいところを言う。手を上げなかった子は、手に石を持って自分の行きたいところを主張した子のところへ行き、その手に石を渡す。この石がいちばん多かった子の選んだところが、この日のフィールドになる。こうして子どもたちは、こんな小さいうちから、〔自ら決定する〕ということと、〔数と言うものの考え方〕を学ぶのだそうだ。

こんな生活を感謝祭や夏休み、クリスマス休暇以外は、どんな日にも繰り返す。雨が降ってもこのパターンは同じだという。

「一番大切なことは、どんなときでも同じ、ということです」

園長先生はそう解説した。

そういえば後日、「黒い森」へ現地の方々とハイキングに行ったときも、天気予報が翌日の雨を伝えているのに、前夜の歓迎パーティーで「雨の場合は」などという話はまったく出なかった。そして当日、予報は見事に的中して結構な大降りとなったが、何食わぬ顔で出発である。お天気は自然のなかでもっとも大切な要素であり、それに全てをまかせるというのがこの地での考え方のようだ。

「子どもたちのトイレはあるんですか?」

そんな質問も出た。

「山の中でします。大きい方は穴を掘って、終わったら埋めてきます」

先生はこともなげにそう答えた。全てが自然任せである。

 

この幼稚園は、二年半ほど前に開園したばかりで、在園者は三歳から六歳まで、十六人。森の幼稚園を運営するための特別の規則があって、定員は最低十四人から最高二十人までとなっている。しかし、ここでは、より良い教育をするためにはいまの人数が適当と考え、現在、四人の子に入園を待ってもらっているそうだ。

先生は園長のほかに三人で、そのうちフルタイムは一人のみ。他の一人が半日勤務、もう一人は四分の一勤務で、この三人が一週間毎に交替でリーダー役を務めるという。先生の資格だが、一般の教職課程のほかに特別なものは必要ない。ドイツでは、教職課程を済ませた者は二年間の実習を行う決まりとなっているが、こうした場で実習を希望する人がいれば、来ていただいて実践の中で教育の方法を考えてもらうようである。

この辺で、われわれが一番知りたい質問に移る。

「教育の中で重視していることはなんですか」

長身にジーパン、ラフなショートジャケットといういでたちの男性園長は、待っていましたとばかりに目を輝かせ、

「私たちの教育はたくさんの理想を持って進められています」

と、次のようなことを説明してくれた。

@ 五感を育てる

 先ほどの果物ゲームは味覚の育成だ。わざわざこうしたことを行わなくても、自然の中では、

風も吹き、遠くを見通すこともし、いろいろな香りや音もある。動物の五感が素晴らしいよう

に、森の生活は自ずと五感を磨いてくれる。

A 子どもたちの身体機能の発達を促す

森が提供してくれる多様な場面の中で、様々な経験をしていくことで、身体の機能をきたえて

ゆく。たとえば坂で転ぶ、木に登るといったこと。

B 自然を知る

 森の中にいると森が自分の住処となって、それを愛するようになって行く。そうすると、自ず

とこれを大切に守っていこうという気持が強くなる。

C 互いを尊敬する気持を醸成する

森での共同生活が子どもたちに協調の精神を育み、互いに尊敬しあうようになる。先生も子ど

もたちの言うことを大人と同じように取り上げてやることによって、そうした気持をますます

昂める努力をしている。

なるほど、素晴らしい。これをよどみなく説明する先生は、きっと教育の目標をしっかり見据えているのだろう。

 

三〇数年前にデンマークで始まった森の幼稚園が、ヨーロッパで増え続けている。ドイツでは二百ヶ所ほどと言われているが、週に一回ないし二回森に入るような幼稚園も入れると、もっとずっと多いようだ。その理由を知り、様子を学ぶために、私たちはこの幼稚園へ一日入園してみた。常々、「子供達をもっと自然の中へ」と訴えている私たちに、示唆することがたくさんあるのではないかと考えたからだ。

森の幼稚園の運営はどうなっているのだろうか。

開設や運営費の助成は、一般の幼稚園とまったく同様、市に開設認可の申請をし、認められれば補助金が出る。保育料は、この幼稚園の場合、月一二五ユーロ(約二万円)で、一般的な幼稚園の九十〜百ユーロと比べ若干高めだ。それでも人気は高く、遠くから車で送り迎えしてもらっている子もいる。フィールドは、この幼稚園の場合は州が所有している森を使っているので、森林局の許可を得ている。ただし、建築物は許可されないから、車付きの小屋を置き、車両扱いとしているようだ。こうしたステーションは必ずしも必要というわけではないが、子どもたちを保護する最低条件として、やはり小屋があったほうが良いという。

森の中の生活に危険がないかと心配だが、さほどの用心はしていないという。迷子になっても集合場所は決めてあり、ばらばらになってしまったときなどは必ずそこに集まる。ただし、木の実などは食べないように指導しているそうだ。これは植物の毒というものの危険を考えているわけでなく、ドイツでは、キツネの寄生虫であるエキノコックスの卵による罹患者が十万人に一人くらい出るので、その予防のためである。

授業は様々だ。鳥や虫や小動物たちとの様々な交流も多い。森に落ちている落ち葉などを貼り絵にしたりもする。何かあれば図鑑でも調べるが、知識は余り重視していない。皆で栗拾いをしてイガを取ることもやる。空地で農業のようなこともやり、取れた野菜や果物を一緒にジュースにしたりする。遠足にも行く。冬になると全員で薪作りをして小屋のストーブにくべる。

今朝は、私たちとの挨拶前に木登りをやってきた。日本からきた「目の色の違う人たち」と一緒に食事の時間を過ごした後は、ステーションの周りでそれぞれが好き勝手なことを始めた。山の急斜面を登っては駆け下りる子、先生と一緒にのこぎりで木を切る子、小屋の下にもぐりこんでお人形遊びをする子、もっぱら私たちに愛嬌を振りまいて一緒に遊びたがる子など様々だ。私も、一人の男の子と紙飛行機を飛ばして遊んだ。その子が飛ばした飛行機をあわてて追いかけると、その子が大きな声で笑ってくれて、すっかり友達になることが出来た。子どもたちは、休み時間にもたくましい想像力を活かしながら、森の中で自分の物語を創っていた。

 

いま、日本では環境教育が声高に叫ばれ始めた。しかし、森の幼稚園の教育はそれと違う、ということがこの訪問で良く理解できた。自然の中にいてその大切さを学ぶことは勿論のことだが、一番大切なことは、自然は時々刻々と変化し、大きく、怖く、美しく、不思議なものだ、と自らの肌で感じ取ることだ。この経験によって子供たちは、命というものを知り、思いやりを知り、勇気を知り、尊敬の心を養うことになる。

森の幼稚園は、俊敏さ、力強さ、持久力などのような肉体的教育の場であると共に、豊かな感受性を育み、意思によって心を抑制する力を培う「感性教育」の場として、大きな意味をもっているようだ。最近、日本でもこうした教育方法を実践する保育園などが現れ、その成果が報告されている。次代を担う子供たちのために、勇気を持ってこうした試みに挑戦して行くことが出来るよう、社会的バックアップが必要なのだろう。

霊長類たる人間も、その歴史のほとんどは、ありのままの自然の中で命を繋いできた。自然の中で様々な経験を積みながら、その遺伝子を磨いてきた。そうして身につけ、生きていくために今後も一番大切であろうその遺伝子が、現代文明の中で失われそうになっている。その反省から、森の幼稚園が増え続けているのかも知れない。そんなことを考えながら、いつまでも元気に手を振る子どもたちに別れを告げ、山路を下った。

 

 

その二 鳥や虫との待ち合わせ場所

 

年度末まで二ヶ月をきったころ、所属する環境団体のスタッフから電話があった。

「M財団の学校ビオトープ助成金の枠が残っているのです。どこか希望する学校はありませんか」

「うーん、私のところは過去に五校もいただいていますからね。小学校はあと五校ありますが、残りの学校はなかなか難しいんですよ」

「それはどうしてですか」

「こういうことは、校長次第なのです。校長がその気になってくれなければ話は進まないのです」

「せっかく助成していただけるのですから、残すことになっても申し訳ないので、とにかくどこかに当たってみてくれませんか」

「わかりました。一両日中に返事をします」

そういって電話を置いたが、当てはなかった。

結果は、やはりはかばかしくなかった。微かな望みを抱き、先日PTA会長との会話の中で学校ビオトープが話題になったA校、同じNGOの会員の伝手を頼って隣町のH校などに当たってみたが、年度末のいま、そのような検討をしている余裕はないという。それでなくても、教育現場は様々な問題を抱えて殊のほか忙しい。そんなところへ「学校ビオトープ」などという話を持ち込まれ、歓迎する校長がそうそう居るわけがない。助成金を出しますよというのに、貰い手がいないのだ。

 

以前、E小学校を訪ねたときのことである。この小学校は、私が住むまちの、中心部から西へ三キロばかり行ったところにあり、生徒数は二六〇名ほど。昭和の大合併以前は旧村の中心部だったので、学校の周辺には住宅や店舗・倉庫なども多少はあるが、一歩離れれば田んぼや梨・野菜などの栽培農地が広がる、緑豊かな農村地帯である。

この小学校に、学校ビオトープを新たにつくるための予算がついたと聞いた。市内の小学校に毎年二校ずつ、一校当たり五〇万円の予算を計上し、校内に学校ビオトープを整備していこうというのだ。私の前任者として環境NGOの地元代表を務め、今は市議会議員として活躍しているK氏が、議会でその必要性を説いて実現したもので、開始されて三年目になる。

室に通され、穏やかに笑みを湛えたS校長と面会した。

「校長先生、この度は、貴校に市の学校ビオトープ整備予算が付いたと聞いて伺いました。今、どのような構想をお持ちですか」

私たちが普段行っている活動の内容を簡単に説明した後、私はこう切り出した。

「それが、大変困っているのです。ビオトープといわれても、何をどうやったら良いのかさっぱりわかりません。第一、この学校は敷地が狭いので、いまさら土地を探すのも大変なことです。」

予想通り、校長はいかにも困ったという様子で話し始めた。

 

小学校には「総務課」などという組織はないから、教務以外のことは何でも校長の役目だ。校内の樹木の手入れなども含め、業者に頼めないような簡単な作業は校長が自らやることも多い。そこへ「学校ビオトープを作れ」などといわれれば、またまた校務が増えてしまう。こういうことが得意な人もいて、見事に作り上げ、管理する場合もあるが、歓迎する校長は少ない。あげくに環境団体などに付きまとわれれば、うっとうしいことにもなろう。予算が付いても、業者を呼んで校庭の片隅にさっさと穴を掘らせ、それでおしまいという学校も多いのだ。

「そうだと思いまして、今日伺いました。私たちは、子供たちが自然に触れる機会がすっかり無くなってしまったことを大変心配しています。農村部の子供たちでさえ、いまはどこへ行くにも自動車に乗り、家に帰ればゲームに浸る生活をしていますから同じです。そこで、学校の中にこの辺りの自然を再現するような場所を作れば、子供たちが、休み時間に身近なところで大好きな動植物に接することが出来ます。また、これを活用して自然を学ぶ授業を行うこともできます。私たちがボランティアで整備のお手伝いをさせていただきますので、是非一緒にやってみませんか。」

私は、今日の訪問の目的を一気に話した。

 

「ビオトープ」は、ドイツに生まれ、ヨーロッパに広がった言葉だ。しかし、日本でこの言葉はまだ一般的でなく、普通の会話で使えば「えっ?」という顔をされる。そこで、「ドイツ語のBIO(生きものたち)とTOPE(場所)の合成語で、野生の生きものが生息している場所のことです」というお決まりの説明をすることになる。たとえば、いろいろな動植物がいて、互いに食べたり食べられたりしながら、その場所だけでずっと生きつづけられるような森があれば、その場所のことを「ビオトープの森」といい、同様の池があればそれは「ビオトープの池」である。

いま、長い〳〵年月を経て出来上がった貴重なビオトープの森や湖沼や川辺や湿地が、自分たちの世代だけの短い時間にどんどん消えている。私たちはそれをなんとか守りたいと思い、様々な運動を行ってきたが、経済行為が優先される社会で、破壊をくいとめることは難しい。見回すと、いつの間にか周囲には、子供たちが日常的に親しめるビオトープがすっかりなくなってしまった。私が住むまちでも、そこら中に川の流れがあるが、「川ガキ」が生息出来るようなところはどこにも見当たらない。

そこで、本当のビオトープというわけにはいかないが、学校内にそれと似た空間をつくり、そこに集まる野生の動植物と子供たちがふれあう機会をつくってあげようというのが、学校ビオトープ活動である。自然に出来た池は、それが出来るまでの長い営みの中で、底に厚い粘土層を持っているから、水が漏れない。しかし、にわか作りの池や川ではそうはいかないから、漏水防止シートを張って池をつくったりする。すると、自然破壊に異を唱えなかったような人が、今度は、わざわざ人工的なものをつくるとこれを批判する。しかし、成長期の子供たちの心の発育は待ってはくれない。世の中に本当のビオトープがなくなってしまったのだから、急ごしらえであっても、小さくても、とにかく早くそうした環境を作ってあげて、一人でも多くの子供たちに動植物とのふれあいを経験させてやらなければならない。

発祥の地であるドイツを何度か訪れた。学校ビオトープの生みの親である元カールスルーエ教育大学教授のヘルムート・ビルケンバイル博士に直接案内を請い、同大学のモデル生態園も見せていただいた。そのほか、様々な学校ビオトープも見学した。ウラニューム発見者で、ノーベル賞にも輝いたオットー・ハーン博士の名を貰った「オットー・ハーン高校」を訪問したとき、案内してくれた一年生(日本の小学五年生に当たる)の女生徒が、

「私たちは、小学校でこういう生き物などの勉強をしました。私はカエルもネズミも虫も大好きです。このビオトープを使った授業はとても楽しみです。ビオトープをもっていない学校の方たちへは、まだ知らなかった動植物を見ることができるよ、手入れが面白いよ、自然を知ることができるよ、と言ってあげたいと思います。」

と、目を輝かせて語ってくれたのを思い出す。

 

E小学校の校長と一緒に校内を歩いてみた。この学校は、校舎と体育館との間を百メートル程にわたり農業用水路が横切っている。この辺りは、古くは東京湾の最奥部であったろうと想像される地名を残し、今でも八メートルほど掘ると貝殻が沢山出てくる。海水面が低下したところへ利根川が運んだ土砂が堆積し、やがて葦の生い茂る低湿地帯となった。江戸初期には、伊達政宗の鷹場となっていたということも古文書に伝えられている。その後、年貢米増産のために関東平野の新田開発が活発になり、葦原に農業用水路や落とし掘が見事に整備されて、現在のような豊かな田園地帯となった。

その時整備された用水路のひとつが、ちょうどこの学校の中を流れている。幅は七米程で、中央の三米が三面護岸の流路となり、流路の外は野草の土手となっている。水路の水量は多く、水流も早いが、魚も棲んでいるということで、この場所もひとつのビオトープではある。しかし、コンクリート護岸の川を危険防止のフェンスがとり囲む河川景観では、とても子供たちを歓迎しているとは思えない。

ここの一部を自然護岸に復元する運動と併せ、ビオトープと用水堀が一体となった自然再生が出来ないか、というアイディアが浮かんだ。学校ビオトープは、学校周辺の自然を出来るだけ再現したものを作るのが理想だ。葦原を干拓し、水路が発達したこの辺りには、まさにこういう場所がふさわしい。校外のビオトープともつながり、多くの生きものを呼び込むこともできる。

「この用水路を何とか活用できないでしょうか」

私のこの提案に校長もうなずき、校内の会議にかけることになった。

 

しかし、この案はもろくも崩れた。用水路際にある駐車場用地が削られてしまうのが心配という声が出たという。無理をして話が根底から崩れてしまってはいけないので、再度校内を見て廻ったところ、用水路とは反対側にある校門際に、この用水の細い支川が回っているのがわかった。そこから取水すれば、ビオトープに用水を引くということは出来る。敷地は狭いが、子供たちが一番集まりやすい場所だ。ここにつくることが出来ればと、新しい提案をすることになった。

米を作る上でなくてはならない農業用水の確保には、長年にわたり多大の労力やお金が注がれてきた。農家の命にも匹敵する貴重な水は、一滴たりとも無駄にできない。しかし、校長と一緒に訪ねた用水の管理事務所で、責任者の方は、学校のお役に立てればとこの案に快く応じてくれた。こうして予算が決まってから半年、ようやくビオトープづくりはスタートし、年度末が近づいた頃に出来上がった。お世話になった用水の管理責任者の方や市長・教育長などが列席して完成式が開催され、代表の生徒が蛇口をひねると、小さな池に用水がどっと流れ込み、池を取り囲んだ子供たちの歓声が響いた。

県で始めて完成した「農業用水を利用した学校ビオトープ」は話題を呼び、新聞数社がこのニュースを伝えた。

「市立E小学校でこのほど、水源に農業用水を利用したものとしては県内初の学校ビオトープが完成した。市の予算がついて、同校にビオトープを作る計画が決まったのは昨年六月。『どんなものをつくろうか』。S校長は悩み、地元のある環境NGOに相談。校舎と体育館の間を流れる用水の活用を思い付いた。同校敷地内を流れる用水からポンプでくみ上げ、二つの池や小川を潤した水は、再び用水に返る。さらさらと流れる小川は本物そっくり、立派なせせらぎだ。野鳥や虫を呼ぼうとドングリなどの実がなる木を植えた。野草も自然のままにする。子供たちは『小鳥が遊びに来るといいな』と大喜びだ。」

ある新聞の記事は、こんな内容だった。

 

以前、殺風景な学校内に木を植え、校庭を緑で取り囲もうという「学校緑化運動」というのがあった。しかし、この運動で植えたのはもっぱら庭園樹・公園樹であった。だから学校には桜、銀杏、ヒマラヤスギなどが多い。しかし、学校は庭園ではない。造園的景観は、美的価値という点で評価できたとしても、好奇心に充ちあふれた子供たちの心を動かすことはできない。

学校ビオトープづくりは、野草が芽を出してすくすくと育ち、花が咲き、いろいろな虫が蜜を吸いに来て、その虫をクモが狙い、クモは小鳥の餌食になるような、身の回りに普通にあるはずの、そんな場所でいいのだ。子供たちの大好きな友達である鳥や虫や魚や花たちと、目を見つめ合える、その待合せ場所をつくってやることだ。四季折々絶えず変化するビオトープの中で、子供たちは、たくさんの生き物の「生と成長と死」を見つめながら、豊かな心を育んで行く。ハードは出来た。これを守り、子どもたちを導いてやるソフトも、やがて学校内に生まれてくることだろう。

 

 

 

その三 感動を共にする夢

 

地元の中学校で英語を教えているS先生が、市内の公園でコガネグモを見つけたから見に行かないかと言ってきた。四十代後半の男の先生だが、植物や野鳥に大変詳しく、多分初めてお会いしたのはそんな何かの集まりだったと思う。

最近、先生はクモに強い関心を持っていて、その鋭い目でいつも周囲を熱心に観察し、自然保護仲間の私に情報を送ってくれる。あるとき、私たちの会で、筑波大学名誉教授で、日本クモ学会会長を歴任された関口晃一先生にご講演をお願いしたことがある。関口先生は隣町に住まわれているので、謦咳に接して貴重なお話を伺うことがあったが、この講演も快くお引き受けくださった。S先生はこのときの関口先生のお話に感動し、それ以来すっかりクモの愛好者となった。

先生と公園へ行ってみた。以前、これは私がS先生を、希少性の高いジャコウアゲハという蝶の生息場所へ案内したことがあるところだ。その蝶の様子を見ようと立ち寄ってみたら、近くの植え込みにコガネグモが網を張っていたのだそうだ。鹿児島県加治木町で毎年六月に行われる「蜘蛛合戦」でテレビにも登場する、クモとしてはごく普通の種類だが、埼玉県やお隣の千葉県などでは生息数が減り、絶滅危惧種となっている。農薬に弱く、それが平野部で姿を消した原因のようである。

このクモは円形のネットを張り、その中心に真っ白い、コイルのような帯をエックス型に作る。その名も「隠れ帯」と言って、クモが自分の体をカモフラージュし、餌となる昆虫が網にかかるのを待ち伏せする所だが、人間の目には、この帯が良く見えるのでかえって見つけやすい。

公園で見たという辺りを丹念に探したが、クモの姿はまったく見当たらない。目に入りやすい場所だから、天敵の野鳥たちのくちばしに消えた可能性もあるだろう。もうこれ以上無理だとあきらめていたら、

「いましたよ! こんなところへ来ていました」

と、遠くから大きな声が聞こえてきた。三〇米も先の植え込みの中だ。急いで駆け寄ってみると、隠れ帯ははっきりしないが、円形に張った網が朝日に白くきらめくその中心に、まだ幼いと思われる体をいじらしく隠すコガネグモの姿があった。

「こんなところに来ていましたね」

先生はこともなげにそういうと、生徒たちに見せてやるのだと言ってクモの様子を盛んにカメラで撮りはじめた。こんな遠いところまで探す執念はとても私にはない。鳥の餌食になったなどと勝手に決め、とっくにあきらめていた自分が恥ずかしくなった。名の分からない植物などを見つけたときなどもそうだが、先生は決してあきらめない。そこへ座り込んで分厚い図鑑のページを繰り、その名が分かるまで動こうとしないのだ。

 

執念という点もそうだが、私よりもずっと若いS先生にはいろいろと教えられることが多い。特に、何をやるにも一所懸命ぶつかっていく、その情熱には頭が下がる思いだ。

知り合って間もない頃だ。英語の授業のかたわら、先生が指導する演劇部の生徒たちと自然観察に出かけたことがある。幅十メートルほどの、コンクリートで護岸された落し堀の土手を遡っていた。田植え前の川は水が少なく、川面のほとんどが枯れたヨシに覆れ、細い流れは片隅でかろうじてきらめいていた。先頭を歩いていて、ふと五〇米ほど先の川岸を見ると、護岸上に青いものがきらりと光った。これはと思い、直ぐ後ろにいた生徒に、

「あそこに青いものが見えるだろ。あれ、カワセミみたいだね」

と、教えた。生徒は、それを聞くと直ぐに、

「え! カワセミ? 先生、カワセミです!」

と、後方で念入りに植物の説明をしていたS先生をあわてて呼ぶ。カワセミのことは先生からよく聞かされていたものの、まだ見たことがなかったらしい。その声を聞きつけて現れたS先生は、大急ぎで持ってきたスコープの焦点を合わせると、

「お! カワセミだ! きみ、きみ、カワセミだよ! B君がカワセミを見つけたんだ!」

と生徒に伝える。

「ほら! 見える、見える。きれいだろう。ほら、みんな見てみなさい!」

と、大騒ぎで生徒にスコープを覗かせる。私も、カワセミの美しさにはいつも感激するが、鳥好きにはそう珍しい鳥というわけでもない。長い間野鳥を見続けてきたS先生であれは、ずいぶんとたくさんのカワセミを見てきたことだろう。ところがその先生が、とんでもない発見をしたように、大騒ぎで生徒たちにスコープを覗かせる。何でこんなに騒ぐのかと、その時は、この光景を不思議に眺めていた。

 

そのS先生が指導する演劇部が、昨年、ある大きな大会で優勝した。中学生の演劇なんてどうせ学芸会だよ、と思う人も多いかもしれないが、それがまったく違う。

公演を観にいった。森を守ろうとする「カエデ」と、その森を自分のものにしようと企む「瑠璃姫(るりひめ)」が、ブナの大木が茂る森の中で美しい「銀の鷹」を巡って争うという内容だ。

しかし、劇は直ぐにその主題に入るわけでない。演じようとする生徒たちの練習風景がコミカルに進行する。観客は、中学生の軽やかなやり取りや、演歌なども取り入れた音楽に乗せられて笑いながら観ている。ところが、そのやり取りがいつの間にか本番という設定となってきて、クライマックスを迎える。

  

瑠璃姫  あの鷹を。あの銀の鷹を撃ちなさい。

家来達  撃つことができない。

瑠璃姫  何をしているの。早く、早くあの鷹を撃つのよ。

カブレ  駄目だ。俺には、俺には撃てない。

スットコ   なんという美しさだ。

瑠璃姫    おまえ達、私の命令に逆らえばどうなるかわかっているの。

カブレ    姫様。あの鷹、あの鷹だけはかんべんしてください。

ヤットコ   姫様、帰りましょう。

サットコ   この銀の鷹の棲む森は諦めましょう。

瑠璃姫    これですべてが終わったなんて思わないでね。私はまた戻ってくる。そしていつの日かこの森、そして銀の鷹を私のものにするわ。

〈瑠璃姫が手にした銃は誤ってカエデを撃つ〉

 カエデ  (目がかすんでくる)瑠璃姫。瑠璃姫。聞こえる。あなたに言っておきたいことがあるの。お願い。この森を、この森を私達から奪わないで。この森は皆の森。何千、何万という鳥達が海を渡ってこの森にやってくる。何千キロもの距離を北の星を目印に、この森を夢見て飛んでくる。傷だらけになって、ぼろぼろになって。そんな命を賭けた旅の終着駅がこの森、この森なの。(『同氏作品集』より)

 

 観客席の私の目にいつの間にか涙がにじみ、溢れ出てきた。すっかり森の住人になりきっている自分を感じ

た。

 

先生の演劇指導は、オリジナルの脚本づくりから始まる。毎年のように新しいシナリオを書き上げるのは大変なエネルギーだと思うが、しかし、その労力を惜しまない。学生時代に奇術を学んだことがあるというが、恐らくその技がシナリオにも活きているのだろう。どんでん返しで観客をあっといわせる筋立てが見事だ。先生の書かれたシナリオは公開され、本人に申し込みをすれば自由に使えるが、いま多くの学校で上演され、最近は韓国からも使わせて欲しいとの連絡があったと聞いている。

大変なのは演技指導だ。演劇部に入ってきたからと言って、経験の或る者は皆無と言っていい。中学校の部活というのは、三年生が受験準備のために夏で抜けてしまうから、殆どは一、二年生で組まなければならない。二年間の在籍でどんどん入れ替わってしまうメンバーを指導する者のつらさは、十分に理解できる。

新たな演劇部員が四月に集まったとき、先生はどうするか。そこで登場するのが「自然劇場」だ。

演劇の第一歩は、生徒を自然の中へ連れ出し、今そこで起きていることを良く自分の目で見て、美しいものには美しいと感動することだという。先ず先生が感動する。感動は伝わり、生徒全体が感動する。こうして自然への感動を意識できたとき、生徒は、自分とは違うものの存在、つまり客観性を意識することが出来る。それが出来れば、自分が自分を見つめる力も備わってくる。カワセミなどが出てくれればその感動はさらに大きくなる。毎年初夏に、生徒と連れ立って日光へ出かけ、オオルリやキビタキ、ミソサザイなどの姿を見たり、声を聞いたりしているのも、そのためのようだ。

この話を聴き、一緒に自然観察会で歩いたときのあの先生のはしゃぎ振りが、ようやく理解できた。

先ほどの公演を取材に来たある記者は、翌日の新聞にこんな記事を書いた。

「二十人の役者は、その何倍もの存在感があり、派手で華麗で中学生だということを忘れそうなほど完成された演技力を見せてくれた。それは演技ではなく、彼らの日々の活動そのものを物語っているのかもしれない。厳しさの中で彼らは私達が見落としている大切なものを、しっかりつかんでいるのだろう。」

 

あるとき、S先生が、一年生の総合学習の時間で環境のことを勉強するから手伝って欲しいと言ってきた。半年間に亘る環境学習の時間を設けるというのだからすごい。そのプログラムの初めは、自然を体験する時間である。市内にある自然公園へ生徒を連れて行き、さまざまな自然を見て、聞いて、自然に触れるという内容だ。二百人からの生徒を校外へ連れ出して観察指導するのだから、これはわれわれの力が役に立ちそうだ。さっそく自然保護活動の仲間たちに声をかけ、数人で応援にでかけた。

授業では、生徒を二つに分けることになった。一つは、高台から沼や、周辺の田の野鳥などを観察するグループ、もう一つが、主に公園の中心部にある沼の周辺を巡り、植物などを観察するグループだ。高台のリーダーはS先生が担当することになり、私は沼地グループを受け持った。ここには絶滅が心配されている植物などもあり、私たちもよく調査をしているところだが、普段は人の入れないサンクチュアリ(動植物の生息を確保する自然地)となっている。

私たちのグループは、そんな秘密めいた場所へ入ったのだから、もうその雰囲気だけで十分に生徒を惹きつけることになり、くどくどとした説明は要らない。

「わー、あれ、何? 何?」

「何か鳴いたよ、何だろう」

「こんな花見たことない!」

「キャー 動物の糞がある」

次から次へと生徒たちの声があがる。

「先生、この実、何ですか?」

と、私に聞いてくる。

「それは桑の実だよ。この辺ではドドメといって、昔の子どもはよく食べたものだよ」

「食べてもいいですか」

「よく熟した、色の黒いのを選んで食べてご覧」

「わー、甘い!」

「おいしい。おいしい。あなたも食べてご覧」

こうして、こちらのグループは、私のようなリーダーでも、賑やかに授業を終えることが出来た。

もう一つのグループはどうだっただろう。観察会が終わってから、高台グループをアシストした仲間に、様子を聞いてみた。S先生は、サギがたくさん餌を啄ばんでいるのを見つけ、スコープを取り出して生徒にそれを見せながら、

「ほら、いろんなサギがいるよ!」

「ダイサギ、コサギ、アオサギ・・・みんないるよ!」

「ほら、見てご覧。あのくちばしが黄色いのがダイサギだよ。コサギはくちばしが黒いから直ぐ分かるよ!」

「ほら! みんな見て!」

近くにいた生徒たちの目が、田んぼの中で餌を探し、あるいは空に舞うサギたちを追い始める。

「先生、薄茶色い羽のあるのがいるよ」

「おお、それはアマサギだ。アマサギもいたか。これは今頃しか見られないよ」

「羽が青白いのは?」

「あれがアオサギだ。大きいだろう。アオサギはサギの仲間の中で一番大きいんだ」

と、また大騒ぎをしたと言う。生徒たちもこの騒ぎに乗って次々に集まり、全ての生徒が一斉に田んぼのサギを見つめ、あるいはスコープを覗きこんでいたという。

 

演劇部のある公演の後、先生は自分のホームページにこう書き込んでいた。

「上演を終えました。すすり泣きの響く観客席。素敵な空間が生まれました。この劇で三年生は引退。劇を終えてすべての舞台道具を運び終えた後、楽屋の中で三年生はもちろん、二年生も一年生もみんな泣きました。彼女らが心から満足すること。私の成功はそこにあります。みんなの涙に出会った私の心は、青空でした。」

自らが感動すること。これしか人を感動させる方法はない。先生とお付き合いして学んだ一番貴重なことは、そのことであった。

先生の授業の様子は見たことがないが、教室でもきっとあんな調子で生徒と遣り合っているに違いない。

 

 

その四 北本自然観察公園

 

晩秋の一日、北本自然観察公園を訪ねてみた。好天の休日だというのに、駐車場も空いていて、園内に人影はまばらだ。

囲いなど全く無い公園の、入口の橋を渡り、右へ折れて谷へと進む。湿地ではヨシがすっかり薄茶色に変わり、足下に咲く花々はもうとっくにその季節を終えていた。谷を囲む台地上の、孟宗竹の林でチュルチュルと鳴くのはメジロたちだ。紅葉が始まった木立の上ではシジュウカラがツィーツイツイと鋭い声を出している。ここへ来ると、何故か小鳥たちの声が大きく聞こえ、直ぐそこに止まっているのに、近づいても逃げようとしないのが不思議だ。カワセミを狙うカメラマンが陣取る池の傍らを通り過ぎると、その先では、湿地に大きく枝を張るウワミズザクラが、葉を見事な赤紫色に染めていた。

竹林沿いの小径をのんびりと戻り、自然学習センターへと向かう。ここの二階には、スポッティングスコープと呼ばれる野鳥観察用の望遠鏡がたくさん据えられていて、公園内の景色を自由に楽しむことが出来る。荒川の土手に至る広い園内の秋景色を一望してから、目を真下の高尾の池に移すと、そこには数羽のキンクロハジロ(カモ)が黒と白のコントラストを陽に光らせながら、盛んに潜水していた。今年の春に来たときには、この池のヨシの葉陰で、カイツブリが子育てをする光景も見ることが出来た。あの子たちは、みな無事に育っただろうか。

これからの冬の季節、園内の木々の多くが葉を落とし、見通しが利くようになる頃は、野鳥たちの姿がますます賑やかになってくる。昨年たくさん来てくれたウソやベニマシコが、この冬もまた元気にやって来て、私たちの目や耳を楽しませてくれるに違いない。

 

夏の北本自然観察公園は、昆虫、両生類、爬虫類などの季節だ。今夏は、地元の子どもたちがこの公園で大変お世話になった。

新緑の頃、居住地の市役所の方から、「子供自然観察会」を開催するので企画や指導をやってくれないか、というお話をいただいた。市内で自然観察や小中学校の環境学習のお手伝いなどのボランティア活動をしてきた私たちのことを知ってくれて、こういうお誘いを頂けたのはとてもうれしことだ。

しかし、昨年までの開催記録を見せて貰って驚いた。参加者がとても少なく、年によってはほんの数人ということもあったのだ。今の子供たちは、学習塾やスポーツ教室・音楽教室に通う日も多く、車に乗って家族と出かけることなども頻繁で、大変多忙な生活を送っている。それに、たとえ暇があっても、友達とゲームやカード遊びに興じていたほうが面白いから、余程の虫好きでもない限り自然観察会などには興味を示さない。そういう子どもたちにどうしたら集まってもらえるのか、頭の痛いところである。

そこで思い出したのが、たびたび訪問している北本自然観察公園だ。電話で問い合わせると、昆虫の専門家が来て講演や観察会をしてくれる休日があるという。これは良いチャンスだと、さっそく団体での参加を受け付けてもらった。こういう相談にてきぱきと応えてくれる職員の応対がとても頼もしかった。こうして「北本自然観察公園で生き物に出会い、虫博士の話を聞こう」という宣伝コピーが出来上がり、市の広報に掲載することが出来た。

好天の中、当日の参加者は十七名に達した。こんなに多くの子どもたちが勢ぞろいしてくれたのを見て、大きな力を貰ったように感じた。都合で現地へは行けなかった私に代り、指導役を引き受けてくれた仲間たちも、張り切って役割を果たしてきてくれた。無事に観察会を済ませて戻ってきた仲間に様子を聞くと、

「虫探しにわくわくした」

「池の魚のことを説明してもらって、すごく興味を持った」

「カナヘビが出てきて、追いかける時どきどきした」

「虫博士の話がとっても面白かった」

などという子どもたちから喜びの声が、たくさん聞こえてきたという。そして、帰りのバスの中では、

「来年もやってください。私たち、絶対また参加します」

と、子どもたちの声が口々にあがったという。まさに百人力を得たように感じた。

 

『沈黙の春』で有名なレイチェル・カーソンに、『センス・オブ・ワンダー』という作品がある。カーソンが、四歳になったばかりの甥のロジャーと、懐中電灯をつけて夜の海を訪れてスナガニの生態を探り、雨の森で地衣類の美しさに見とれる話。地球の素晴らしさは生命の輝きにあると考えた彼女が、幼児を自然へ誘う話は感動深い。

作品の中で、カーソンはこう語っている。

「もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない『センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性』を授けてほしいとたのむでしょう。・・・美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっと知りたいと思うようになります。そのようにして見つけ出した知識は、しっかりと身につきます。」(上遠恵子訳)

幼児と道を歩いてみよう。彼 /彼女の目はすばやく道端の細かな動きを追って立ち止まり、足はさっぱり先へ進もうとしない。アリ一匹の歩み、木の葉一枚の落下もその目は見逃さず、動くものに一瞬たじろぎながらも、いつの間にかその手はそれに引き寄せられてゆく。これが「自然の不思議さ」への目覚めなのだろう。おそらく彼 /彼女の無限の想像力は、今見つけた「動くもの」が人間と何等変わることのない仲間となって、美しく、楽しい物語を織り成しているのだろう。自然の中にいると、つぎつぎに新しいものが現れ、それに驚きながらも新たな興味がどんどん湧いてくる。先入観の無い子どもたちの脳は、筋書きのない世界の中でどんどん拡大をつづけ、新しい細胞がいっぱい生まれてくる。

 

小学生になると、興味はもっと具体的になってくる。生き物を探し、見つけ、捕らえ、飼うという行動に移るのだ。その関心は庭のダンゴムシから始まり、チョウ・トンボ・セミなどの昆虫類、ザリガニ・カエル・カナヘビなど、そして何と言っても圧巻はカブトムシとクワガタである。男の子は、夏になると、日が暮れまでクヌギやコナラの木を見つけながら神社や屋敷林の縁をさまようことになる。

しかし、高学年になってくると、生き物との付き合いはやや疎遠になる。この年頃は、友達同士の遊びこそ最高の学びであり、自然は身体を使って遊ぶための対象となる。木登りや川遊びが楽しくて仕方のない年頃だ。またこの頃は、生物も人間と同じように食べ、飲み、糞をすることに気付き、すべての生物が人間と同じに生きているのだということを理解する。この気付きが、一見、自然への関心が薄れるように見える理由なのかもしれない。

中学生になると、思考的になってきて、自然を客観的に見るようになる。生き物からは生殖の意味を知り、人間も生物なのだと気付く。そして、人間の行動に嫌悪感を抱くようになるのもこの頃だ。

こうして、子供たちは、自然との付き合いの中から、それぞれの年令に合わせて様々なことを学び、自らの成長の糧としていく。感受性の強いその時期に合わせ、自然に触れる経験をさせないと、その子は一生その感動を忘れてしまうと言われている。

 

北本自然観察公園は、北本市の西南部、荒川の堤に沿った一帯にある。埼玉県が平成四年に開設し、面積は三二・九ヘクタール。自然学習センターの建物と池を渡る橋以外は何の建造物もなく、道も土のままの、自然だけの公園である。

もともとここは、平野の中に丘と谷が複雑に混じり合う、谷地(谷戸)という地形で出来ていた。北本駅から三キロ程のところだけに、開発業者がこんな好条件に目を付けない筈がない。丘の上に大学病院の誘致が決まり、それを取り囲むこの谷地の辺りには住宅団地の開発構想が持ちあがった。しかし、桜の名所である石戸堤、史跡の一夜堤、谷地に水を流す湧水地などがあるここは、様々な生き物が暮らす自然豊かな土地であった。そこで、自然保護団体などが開発に反対した結果、地形の悪い谷の周辺は自然公園として残すことになった。これが、北本自然観察公園の始まりと聞く。

自然がどんどん失われていく埼玉県で、当時こうした決断が出来たのは素晴らしいことである。自然を壊せばさまざまな利益の源泉になるが、守っても儲かる人はいない。あえて非経済的な行動が選択出来るためには、自然という「一見感覚的なもの」の価値が理解できるかどうかにかかってくる。お蔭で、メダカやドジョウが泳ぎ、ホタルが飛ぶ埼玉県の里地里山を、在りのままの姿で後世に残すことが出来た。県民が気軽に訪れ、自然を学ぶことが出来る場所としても、価値の高い公園である。都市化の進展で身近な自然がどんどん失われている埼玉県で、自然との交流が不可欠な子どもたちの、心を育てる場を確保するシビルミニマムとしても、この公園の持つ意味は大きい。

ただし、北本自然観察公園は、あくまでも「自然から学ぶ」ところであり、必ずしも「自然を体験する」ための公園ではない。子供たちが大好きな魚釣り、水遊び、木登り、秘密基地遊びなどの欲求には応えられないからだ。この公園に子どもたちをひきつけるために、隣接地にそうしたゾーンを確保するなどという措置ができれば申し分ないが、それは簡単なことでないだろう。いずれにしても、県内各地から日常的に遊びに来ることが出来る距離ではないのだから、その役割は、やはり子どもたちが普段生活する市町村が担うべきだと思う。

「まちづくり」という言葉をよく聞くが、いまそうした議論の中に、「子どもたちはどう考えるか」という発想は、どれくらい取り入れられているのだろうか。昔、私たちは、あの鎮守の杜の藪の中や、「春の小川」に歌われるような流れの縁で、いろいろな自然と一体となって成長してきた。それが失われてしまったいま、幼い心はどこでその無限の創造力を膨らませているのだろうか。

公園中央の谷地を抜け、森の木々が頭上を圧する小径に歩を進めた。早くも西に傾いた晩秋の陽が、木漏れ日の細かい光の粒を柔らかく降り注ぐ中を、織り成す自然の営みを思い切り肌で感じながら歩いた。公園の隣りの荒川には、河原に自然を残すために設けられた荒川ビオトープがある。先ほどからその上空高く、ゆっくりと旋回していた一羽のオオタカは、やがて北の森影へと去って行った。すべての子供たちの心が、このオオタカのように大きく、逞しく、伸びやかに育って欲しいと思った。(了)