心  を  育  て  る

 

藤  田  勝  夫

 

 

感動を共にする夢

 

地元の中学校で英語を教えているS先生が、市内の公園でコガネグモを見つけたから見に行かないかと言ってきた。四十代後半の男の先生だが、植物や野鳥に大変詳しく、多分初めてお会いしたのはそんな何かの集まりだったと思う。

最近、先生はクモに強い関心を持っていて、その鋭い目でいつも周囲を熱心に観察し、自然保護仲間の私に情報を送ってくれる。あるとき、私たちの会で、筑波大学名誉教授で、日本クモ学会会長を歴任された関口晃一先生にご講演をお願いしたことがある。関口先生は隣町に住まわれているので、謦咳に接して貴重なお話を伺うことがあったが、この講演も快くお引き受けくださった。S先生はこのときの関口先生のお話に感動し、それ以来すっかりクモの愛好者となった。

先生と公園へ行ってみた。以前、これは私がS先生を、希少性の高いジャコウアゲハという蝶の生息場所へ案内したことがあるところだ。その蝶の様子を見ようと立ち寄ってみたら、近くの植え込みにコガネグモが網を張っていたのだそうだ。鹿児島県加治木町で毎年六月に行われる「蜘蛛合戦」でテレビにも登場する、クモとしてはごく普通の種類だが、埼玉県やお隣の千葉県などでは生息数が減り、絶滅危惧種となっている。農薬に弱く、それが平野部で姿を消した原因のようである。

このクモは円形のネットを張り、その中心に真っ白い、コイルのような帯をエックス型に作る。その名も「隠れ帯」と言って、クモが自分の体をカモフラージュし、餌となる昆虫が網にかかるのを待ち伏せする所だが、人間の目には、この帯が良く見えるのでかえって見つけやすい。

公園で見たという辺りを丹念に探したが、クモの姿はまったく見当たらない。目に入りやすい場所だから、天敵の野鳥たちのくちばしに消えた可能性もあるだろう。もうこれ以上無理だとあきらめていたら、

「いましたよ! こんなところへ来ていました」

と、遠くから大きな声が聞こえてきた。三〇米も先の植え込みの中だ。急いで駆け寄ってみると、隠れ帯ははっきりしないが、円形に張った網が朝日に白くきらめくその中心に、まだ幼いと思われる体をいじらしく隠すコガネグモの姿があった。

「こんなところに来ていましたね」

先生はこともなげにそういうと、生徒たちに見せてやるのだと言ってクモの様子を盛んにカメラで撮りはじめた。こんな遠いところまで探す執念はとても私にはない。鳥の餌食になったなどと勝手に決め、とっくにあきらめていた自分が恥ずかしくなった。名の分からない植物などを見つけたときなどもそうだが、先生は決してあきらめない。そこへ座り込んで分厚い図鑑のページを繰り、その名が分かるまで動こうとしないのだ。

 

執念という点もそうだが、私よりもずっと若いS先生にはいろいろと教えられることが多い。特に、何をやるにも一所懸命ぶつかっていく、その情熱には頭が下がる思いだ。

知り合って間もない頃だ。英語の授業のかたわら、先生が指導する演劇部の生徒たちと自然観察に出かけたことがある。幅十メートルほどの、コンクリートで護岸された落し堀の土手を遡っていた。田植え前の川は水が少なく、川面のほとんどが枯れたヨシに覆れ、細い流れは片隅でかろうじてきらめいていた。先頭を歩いていて、ふと五〇米ほど先の川岸を見ると、護岸上に青いものがきらりと光った。これはと思い、直ぐ後ろにいた生徒に、

「あそこに青いものが見えるだろ。あれ、カワセミみたいだね」

と、教えた。生徒は、それを聞くと直ぐに、

「え! カワセミ? 先生、カワセミです!」

と、後方で念入りに植物の説明をしていたS先生をあわてて呼ぶ。カワセミのことは先生からよく聞かされていたものの、まだ見たことがなかったらしい。その声を聞きつけて現れたS先生は、大急ぎで持ってきたスコープの焦点を合わせると、

「お! カワセミだ! きみ、きみ、カワセミだよ! B君がカワセミを見つけたんだ!」

と生徒に伝える。

「ほら! 見える、見える。きれいだろう。ほら、みんな見てみなさい!」

と、大騒ぎで生徒にスコープを覗かせる。私も、カワセミの美しさにはいつも感激するが、鳥好きにはそう珍しい鳥というわけでもない。長い間野鳥を見続けてきたS先生であれは、ずいぶんとたくさんのカワセミを見てきたことだろう。ところがその先生が、とんでもない発見をしたように、大騒ぎで生徒たちにスコープを覗かせる。何でこんなに騒ぐのかと、その時は、この光景を不思議に眺めていた。

 

そのS先生が指導する演劇部が、昨年、ある大きな大会で優勝した。中学生の演劇なんてどうせ学芸会だよ、と思う人も多いかもしれないが、それがまったく違う。

公演を観にいった。森を守ろうとする「カエデ」と、その森を自分のものにしようと企む「瑠璃姫(るりひめ)」が、ブナの大木が茂る森の中で美しい「銀の鷹」を巡って争うという内容だ。

しかし、劇は直ぐにその主題に入るわけでない。演じようとする生徒たちの練習風景がコミカルに進行する。観客は、中学生の軽やかなやり取りや、演歌なども取り入れた音楽に乗せられて笑いながら観ている。ところが、そのやり取りがいつの間にか本番という設定となってきて、クライマックスを迎える。

  

瑠璃姫  あの鷹を。あの銀の鷹を撃ちなさい。

家来達  撃つことができない。

瑠璃姫  何をしているの。早く、早くあの鷹を撃つのよ。

カブレ  駄目だ。俺には、俺には撃てない。

スットコ   なんという美しさだ。

瑠璃姫    おまえ達、私の命令に逆らえばどうなるかわかっているの。

カブレ    姫様。あの鷹、あの鷹だけはかんべんしてください。

ヤットコ   姫様、帰りましょう。

サットコ   この銀の鷹の棲む森は諦めましょう。

瑠璃姫    これですべてが終わったなんて思わないでね。私はまた戻ってくる。そしていつの日かこの森、そして銀の鷹を私のものにするわ。

〈瑠璃姫が手にした銃は誤ってカエデを撃つ〉

 カエデ  (目がかすんでくる)瑠璃姫。瑠璃姫。聞こえる。あなたに言っておきたいことがあるの。お願い。この森を、この森を私達から奪わないで。この森は皆の森。何千、何万という鳥達が海を渡ってこの森にやってくる。何千キロもの距離を北の星を目印に、この森を夢見て飛んでくる。傷だらけになって、ぼろぼろになって。そんな命を賭けた旅の終着駅がこの森、この森なの。(『同氏作品集』より)

 

 観客席の私の目にいつの間にか涙がにじみ、溢れ出てきた。すっかり森の住人になりきっている自分を感じ

た。

 

先生の演劇指導は、オリジナルの脚本づくりから始まる。毎年のように新しいシナリオを書き上げるのは大変なエネルギーだと思うが、しかし、その労力を惜しまない。学生時代に奇術を学んだことがあるというが、恐らくその技がシナリオにも活きているのだろう。どんでん返しで観客をあっといわせる筋立てが見事だ。先生の書かれたシナリオは公開され、本人に申し込みをすれば自由に使えるが、いま多くの学校で上演され、最近は韓国からも使わせて欲しいとの連絡があったと聞いている。

大変なのは演技指導だ。演劇部に入ってきたからと言って、経験の或る者は皆無と言っていい。中学校の部活というのは、三年生が受験準備のために夏で抜けてしまうから、殆どは一、二年生で組まなければならない。二年間の在籍でどんどん入れ替わってしまうメンバーを指導する者のつらさは、十分に理解できる。

新たな演劇部員が四月に集まったとき、先生はどうするか。そこで登場するのが「自然劇場」だ。

演劇の第一歩は、生徒を自然の中へ連れ出し、今そこで起きていることを良く自分の目で見て、美しいものには美しいと感動することだという。先ず先生が感動する。感動は伝わり、生徒全体が感動する。こうして自然への感動を意識できたとき、生徒は、自分とは違うものの存在、つまり客観性を意識することが出来る。それが出来れば、自分が自分を見つめる力も備わってくる。カワセミなどが出てくれればその感動はさらに大きくなる。毎年初夏に、生徒と連れ立って日光へ出かけ、オオルリやキビタキ、ミソサザイなどの姿を見たり、声を聞いたりしているのも、そのためのようだ。

この話を聴き、一緒に自然観察会で歩いたときのあの先生のはしゃぎ振りが、ようやく理解できた。

先ほどの公演を取材に来たある記者は、翌日の新聞にこんな記事を書いた。

「二十人の役者は、その何倍もの存在感があり、派手で華麗で中学生だということを忘れそうなほど完成された演技力を見せてくれた。それは演技ではなく、彼らの日々の活動そのものを物語っているのかもしれない。厳しさの中で彼らは私達が見落としている大切なものを、しっかりつかんでいるのだろう。」

 

あるとき、S先生が、一年生の総合学習の時間で環境のことを勉強するから手伝って欲しいと言ってきた。半年間に亘る環境学習の時間を設けるというのだからすごい。そのプログラムの初めは、自然を体験する時間である。市内にある自然公園へ生徒を連れて行き、さまざまな自然を見て、聞いて、自然に触れるという内容だ。二百人からの生徒を校外へ連れ出して観察指導するのだから、これはわれわれの力が役に立ちそうだ。さっそく自然保護活動の仲間たちに声をかけ、数人で応援にでかけた。

授業では、生徒を二つに分けることになった。一つは、高台から沼や、周辺の田の野鳥などを観察するグループ、もう一つが、主に公園の中心部にある沼の周辺を巡り、植物などを観察するグループだ。高台のリーダーはS先生が担当することになり、私は沼地グループを受け持った。ここには絶滅が心配されている植物などもあり、私たちもよく調査をしているところだが、普段は人の入れないサンクチュアリ(動植物の生息を確保する自然地)となっている。

私たちのグループは、そんな秘密めいた場所へ入ったのだから、もうその雰囲気だけで十分に生徒を惹きつけることになり、くどくどとした説明は要らない。

「わー、あれ、何? 何?」

「何か鳴いたよ、何だろう」

「こんな花見たことない!」

「キャー 動物の糞がある」

次から次へと生徒たちの声があがる。

「先生、この実、何ですか?」

と、私に聞いてくる。

「それは桑の実だよ。この辺ではドドメといって、昔の子どもはよく食べたものだよ」

「食べてもいいですか」

「よく熟した、色の黒いのを選んで食べてご覧」

「わー、甘い!」

「おいしい。おいしい。あなたも食べてご覧」

こうして、こちらのグループは、私のようなリーダーでも、賑やかに授業を終えることが出来た。

もう一つのグループはどうだっただろう。観察会が終わってから、高台グループをアシストした仲間に、様子を聞いてみた。S先生は、サギがたくさん餌を啄ばんでいるのを見つけ、スコープを取り出して生徒にそれを見せながら、

「ほら、いろんなサギがいるよ!」

「ダイサギ、コサギ、アオサギ・・・みんないるよ!」

「ほら、見てご覧。あのくちばしが黄色いのがダイサギだよ。コサギはくちばしが黒いから直ぐ分かるよ!」

「ほら! みんな見て!」

近くにいた生徒たちの目が、田んぼの中で餌を探し、あるいは空に舞うサギたちを追い始める。

「先生、薄茶色い羽のあるのがいるよ」

「おお、それはアマサギだ。アマサギもいたか。これは今頃しか見られないよ」

「羽が青白いのは?」

「あれがアオサギだ。大きいだろう。アオサギはサギの仲間の中で一番大きいんだ」

と、また大騒ぎをしたと言う。生徒たちもこの騒ぎに乗って次々に集まり、全ての生徒が一斉に田んぼのサギを見つめ、あるいはスコープを覗きこんでいたという。

 

演劇部のある公演の後、先生は自分のホームページにこう書き込んでいた。

「上演を終えました。すすり泣きの響く観客席。素敵な空間が生まれました。この劇で三年生は引退。劇を終えてすべての舞台道具を運び終えた後、楽屋の中で三年生はもちろん、二年生も一年生もみんな泣きました。彼女らが心から満足すること。私の成功はそこにあります。みんなの涙に出会った私の心は、青空でした。」

自らが感動すること。これしか人を感動させる方法はない。先生とお付き合いして学んだ一番貴重なことは、そのことであった。

先生の授業の様子は見たことがないが、教室でもきっとあんな調子で生徒と遣り合っているに違いない。