本文へスキップ
思索・エッセイ・対話(芸術)

演劇

エッセイ・対話 ◆演劇◆ 

春一番に向かって歩く(演劇と教育2009年)

   2日間
   よしだし
   感情に台詞をのせる
   モティベーション
   「あこがれ」から「できる」に
   最初の上演まで
   春一番に向かって


『春一番』あとがき(演劇と教育2008年)
 「現代のすてきな中学生を否定させてたまるか」という思いが書かせた脚本。

「 Yes」から見つめる子どもの劇上演 (演劇と教育2004年1+2月合併号)    
     〜私がたどってきた道のり 久喜中学校演劇部を立ち上げるまで〜

   はじめに
   屈辱からのスタート
   スタート当時の練習
   外見的順風満帆
   批判
   積み木
   変化
   自然劇場
   通過点としての上演
   ジレンマ
   新たな旅立ち   
   おわりに

越智優さんとの対話 その1 「メロドラマ、笑い(女性が演じる笑いについて)、キャラメルボックスなど」(2003年)
越智優さんは高校演劇全国大会で最優秀賞を受賞した『七人の部長』(愛媛県立川之江高校)の作者。
翌年発表した『夏芙蓉』を私、斉藤俊雄が主催する劇集団・幻の森が上演し、 越智さん本人が観劇したことから対話が始る。
対話は『夏芙蓉』の劇から、メロドラマ、笑いについて(特に女性が演じる笑いについて)と発展していった。

越智優さんとの対話 その2 『夏芙蓉』について、劇集団・幻の森の役者との対話(2003年)
『夏芙蓉』の作者・越智優さんと劇集団・幻の森のメンバーとの上演劇をめぐる対話。
この対話から『夏芙蓉』の秘密を垣間見ることができる。

越智優さんとの対話 その 3 アクチュアルに現代人に訴える力と排他的に限定する眼差しについて(2003年)
『夏芙蓉』の作者・越智優さんと能、俳句、平田オリザ、ヴィトゲンシュタインから現代演劇について対話した内容。
キーワードは「アクチュアルに現代人に訴える力」と「限定する眼差し」。

太東中上演劇『降るような星空』(2002年)に寄せられたメッセージとそれに対しての返信
太東中上演劇『降るような星空』に寄せられたメッセージ、それとそれに対しての作者からの返信。

希望を語らずにはいられない (2001年)
希望を語ることをはにかみながら、どうしても希望を語ってしまう自分について。

ありふれたドラマに関する考察(2001年)
ありふれたドラマに満ちあふれた中学生演劇の台本。それがどれだけ中学生の演劇を痩せたものにしているか。

差別問題を描いたドラマの嘘臭さ(2001年)
差別問題を描いたドラマが、いかに差別問題の解決から遠い視線しか有していないか。
差別問題を描くものに内在する差別意識について

子どもたちが名作を演じる意義(2001年)
「名作を演じなさい?」そういわれて考えた。子どもたちにとって名作とはいったいなんだろう。

イメージの喚起  -いかに舞台に森を作るか(2001年)
斉藤演劇はいつも森が舞台。舞台を森に近づけるためにはどうしたらいいのかを考察する。

自然保護劇を考える なぜ自然保護劇はつまらないのか (2001年)
なぜ自然保護劇がつまらないのか。それについて考えてみた。

障がいをもった子どもたちの劇から考えたこと(2000年)
全国演劇研究集会で自分たちの演劇が障がいをもった子どもたちの演劇と比較されたことから持つことになった疑問。
なぜ比較が必要だったのか?

書評「ドラマ・スキル」(レスリー・クリステン著) 「演劇と教育2003年」

自作について 

「森の交響曲」で試みたこと(1999年)

「森の交響曲」パンフレットでの作者の言葉 (インタビュー形式による自己内対話)(1999年)

「化鳥伝説」パンフレットでの作者の言葉(1999年)

こんな本を読んできた 

サイトを立ち上げた1999年から2001年の3年間に読んだ本の紹介です。創作の過程が本から垣間見られるかもしれません。
2001年      2000年        1999年

映画・テレビドラマ・その他

映画  詳しくは題名をクリックしてください

「初恋のきた道」 チャン・イーモウ監督(2001年)
  自然の中で繰り広げられる、狂おしいまでに美しい恋。傑作。

「トイ・ストーリー2」 ジョン・ラセター監督(2001年)
  はじめに CGありき。それが傑作を作りだした。

「太陽は、僕の瞳」 マジッド・マジディー監督(2001年)
  感傷を排した盲目の少年の物語。鳥の囀りが見える映画。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 ランス・フォン・トリアー監督(2000年)
  二重の意味で酔う映画。

「あの子を探して」 チャン・イーモウ監督(2001年)
  好きな作品。ただ、これを教育のあるべき姿という声があるとしたらそれには反対。

●  「カリスマ」 黒沢清監督(2001年)
  「問い」についての問い。

●  「アンブレイカブル」 M ・ナイト・シャマラン監督  2001/3/29(木 )
  宣伝まで使っただましのテクニック。シャマラン・マジックは邪道。

●  「AI 」 スティープン・スピルバーグ監督(2001年)
  多くの人が感じた失望を共有。

●  「ペイ・フォワード」 ミミ・レダー監督(2001年)
  道徳的ドラマにありがちなありふれた話。

「バトルロワイヤル」 深作欣二監督(2001年) 
  暴力を描いた映画ではあるが、映画的暴力など微塵もない映画。

「ネット・バイオレンス」 野沢尚脚本(2000年)
  久かたぶりの野沢尚の傑作。

君の手がささやいている(2000年)
  障害者を描いた多くのドラマの中、この姿勢に拍手したい。