映画・劇評

映画・劇評Top

「アンブレイカブル」
M・ナイト・シャマラン監督

「アンブレイカブル」を観て。これは魔術なのか?手品の視点から考察する。 2001/3/29

 新聞広告はこの映画を、シャマラン監督(意外な?ラストで有名になった「シックスセンス」の監督)の魔術と謳う。
見終わって思った。「この映画は、シャマラン監督の魔術ではなく手品である」と。
手品をずっと趣味としてきた自分は、その視点から作品を眺めてみたい。

手品にはサーストの三原則というのがある。
1・これから起こる現象を先に言わない
2・同じ手品を二度やらない
3・種を明かさない

さて、手品の中にはこの三原則を破る例外が存在する。
1から3までのすべてに例外が存在するのだが、ここでは1番目の例外を紹介したい。

それは「コップの消失」というマジックだ。
このマジックは観客に「コップの消失」ではなく、「コインの消失(これからテーブルの上のコインが消えます)」というマジックとして前もって紹介される。
これはサーストの三原則の第一原則に反している。
観客はテーブルに置かれているコインがどのようにして消失するのかを凝視する。
マジシャンはコインの上にコップをのせそれを新聞紙で包む。
前もって「コインが消えます」といわれているため、観客の意識はコインに集中される。
マジシャンは魔法をかける。「はい!」というかけ声でコップをどかす、
しかし、コップの中のコインは消失していない。
マジシャンは言う「もう一度」。
マジシャンはコインの上に新聞紙で包まれたコップを置く。
再び観客の目はコインに集中する。
この落ちはこうだ。
マジシャンは「はい」というかけ声とともに新聞紙に包まれたコップを叩く。
するとコップの形をしている新聞紙はつぶれ、新聞紙を取り除くとコップが消えている。

しかし、コインは消失していない。
コインの代わりにコインより大きなコップが消失する。
「コインが消えます」という紹介は、観客の意識を実際に消えるコップではなく消失しないコインに集中させるための罠だ。

このマジックを喜べる人は、「アンブレイカブル」を喜べるだろう。
このマジックを「詐欺だ」といって怒る人は「アンブレイカブル」をも「詐欺だ」と思うだろう。

広告はこう語る。

フィラデルフィアでの列車事故。131人の死者とたった一人の無傷の生存者。
「Why me?」
それは決して求めてはならない禁断の真実。
「なぜ俺だけが」その答えを求めた瞬間、デヴィッドは恐るべき真実の扉を開けてしまった。

これを読んだ観客は当然、「なぜ俺だけが」という疑問に答えようと映画を観る。
そのとき観客はシャマラン監督の罠にはまっている。
広告はこう語る

すべてのシーンに理由がある。
すべてのシーンに罠がある。

そう、この映画は広告を読んで結末を読みとろうとすることで罠にはまるようにできている。
罠はすべてのシーンにだけでなく広告から仕掛けられているのだ。
その点でこれは「コップの消失」の手品と同様である。
意外な結末は、コインが消失することではなくコップが消失することなのである。
「なぜ俺だけが」の答えは用意されてはいる、しかしそこに意外性はない。
この映画の中でコインは消失していないのだ。
意外性は「コップの消失」という手品同様に、巧妙にシフトされている。

僕はコップのマジックにひっかかった後で「ずるい」と怒る人が好きではない。
「やられた」と楽しんでくれる人が好きだ。
手品は人をだます道具ではない、人を楽しませる芸術なのだから。

正直者の自分はまんまとこの映画の罠にはまった。
そして、その時「ずるい」と思った。

Top

映画・劇評Top