映画・劇評

映画・劇評Top

「トイ・ストーリー2」
ジョン・ラセター監督

 「トイ・ストーリー2」を観て。楽しかった!

 「トイ・ストーリー2」を観る。正直「面白かった!」。ディズニー映画はどちらかというと批判的である自分が、これだけ楽しむとは。ディズニー映画として全編通して楽しんだのは「バンビ」以来のことか。ジョン・ラセター監督の才能に乾杯。これはCGで作ることで最高に輝く物語である。始めにCGありき。そしてそこから物語を紡ぎだしたのである。それが成功の秘訣である。

いやー、この姿勢うれしい。自分の方向性に勇気を与えてくれる。はじめに物語りありきではなく、はじめに表現ありき。その表現とは演劇でなくてはいけない表現である。小説や、戯曲(もちろん戯曲は文学である)で表現できるものではいけないのである。表現というのは平田オリザが使っているような表現ばかりではない。身体表現もそうであるが、舞台、照明、音楽など様々なものが含まれる。「トイ・ストーリー」がCGでの表現にこだわったように、自分も演劇にする意義のある表現を追求したい。

話を戻そう。
ディズニー映画をあまり高く評価していない自分ではあるが、ディズニー映画としても部分的には楽しかったものもある。例えば「ファンタジア」の「時の踊り」、「ダンボ」の「ピンク・エレファントパレード(酒に酔ったダンボの見る悪魔的な夢)」、「わんわん物語」の「ラストの台詞」、「リトル・マーメード」の「魔女の歌」、「美女と野獣」のラストシーン以外のシーン、などなど。ただ、「アラジン」や「ライオンキング」などは全編通して嫌いだし、それ以降の作品は観る気も起こらなかった。

ただその中で「トイ・ストーリー」は面白かった。全編通してである。キャラクター作りに成功していると思った。CGで作ってこそ生きる映像表現にあふれていた。それにランディー・ニューマンの音楽(ランディー・ニューマンは「ラグタイム」の時からのファンである。「ラグタイム」は作品としては評判にならなかったが、その音楽は素晴らしいの一言)。他のディズニー作品に比べても音楽が全面に出てこない。それがよかった。

しかし、「2」である。「2」が面白いということはまずない。そんな気持ちで見た「2」。そして…。予想は思い切り裏切られた。「心の底から面白かったのである」。自分としては「2」のほうがはるかに面白かった。こんな体験は初めてかもしれない(「ジョーズ」「スター・ウォーズ」「スピード」などなど、2番目が面白かったということは残念ながらない。評判になった「エイリアン2」も、自分にとってはリドリー・スコットの「エイリアン」ほど面白くはなかった)。

「2」の成功の一つは、ジェシーというカウガールのキャラクターの登場だろう。「イーヤッホー」というかけ声のなんともいえない響きの良さ。日本語版での日下由美の起用はまさにはまりにはまっている。

子どものために創られた作品ということになっているのかもしれないが、これを創った大人達は子供だましを創らなかった。「子どものために」という姿勢が、作品の質の低下につながらなかった極めてまれな例だ。本当に子どもを考えて創った作品は、大人も楽しめる。いや大人は子ども以上に楽しめる。そんな気持ちをもった。
子どもだと思ってなめて作ってはいけない。自分が中学生と演劇を作っていくときも、このことはいつも心に焼き付けておかねばならない。子どもはたかが子どもではないし、中学生もたかが中学生ではないのだ。

ともかく「トイ・ストーリー2」万歳!        2000.11.24(金)

Top

映画・劇評Top