映画・劇評

映画・劇評Top

「太陽は、ぼくの瞳」
マジッド・マジディー監督

映像が語るマジディーワールドに堪能。

大好きなイランのマジッド・マジディー監督の映画。前作「運動靴と赤い金魚」は大傑作だと思った。求めていた映画がそこにあった。この作品は「運動靴と赤い金魚」に続いて2回目のモントリオール映画祭グランプリを受賞した作品であ。そんなわけでこの作品にも期待がかかる。

盲目のモハマド少年を軸に物語が紡ぎ出される。
話の筋はありふれてはいる。が、ストーリーなど映画の単なる一要素でしかない。
映像が語り、自然の音が語る。

オープニングは暗闇から始まる。真っ暗な画面に声だけが響く。

とにかくこの映画では音がとても大切に扱われている。特に鳥の囀りが効果的だ。
コマドリ、カッコウ、カモメ、シジュウカラの仲間、キツツキのドラミングと日本でもおなじみの囀りが聞こえてくる。
イランという国との距離が狭まる感じがした。
そんななかで一番印象的な鳥の囀り(この鳥の囀りがラストシーンと重要なかかわりを持つ)は日本で聞ける鳥のものではなかった。
何という鳥なのだろう?

モハマドはキツツキのドラミングを点字を打つ音と重ねていく。そしてその響きに言葉を感じる。
また、草花を触ることでも、そこに言葉を見出していく感性の持ち主だ。
賢治童話との共通点を感じずにはいられなかった。
ツメクサの葉に数字を読む「ポラーノの広場」の少年、やカタクリの葉の模様に文字を見出す「若い木霊」。
マジディー監督の描く世界は触覚で感じる賢治ワールドだ。

ラストシーンの描き方にこの監督の美学が集約されている。
しつこくない。多くを語らない。画面が語る。
ありふれた物語なのに、胸を打つ。
盲目ということを感動や涙の小道具にしていない。そこにこの監督の素晴らしさがある。
同じイラン映画でやはり盲目の少年を主人公にしたもモフセン・マフマルバフ監督「サイレンス」は、カネボウ・ヒューマンスペシャル的な物語であった。彼には俯瞰の目がなかった。マジディー監督は世界が広く、深い。

Top

映画・劇評Top