映画・劇評

映画・劇評Top

「ペイ・フォワード」

道徳的映画のもつ悲劇。

 ペイ・フォワード」を観た。ハートウォーミングな素敵な作品を期待したが、「もしかして…」という予想通りの期待はずれに終わった。どうしてこのような道徳的な映画の多くは、映画的につまらないのだろう。芸術から離れてしまうのだろう。

「なさけは人のためならず」、少年がする三つの善行のうちの二つは自分に直接返ってくるものである。
特に先生に対してのそれは、???と見ながら何度も何度も?マークが頭をよぎった。
オープニングから予想されるラストシーン。ただその予想は外れてほしいと思う後味のよくないもの。
しかし、予想は外れない。日本のテレビドラマにもよくある、素敵な主人公の涙を誘う死というありきたりの結末が待っている。
ただ、ああでもしないと「で、なんなの」という話になってしまう辛さ。
この映画に力があれば、この善意のムーブメントが画面から観客に伝わり、それが現実をも動かしていくというものになり得たかもしれない。しかし、そうなるだけの力がこの映画には欠けている。

「ペイ・フォワード」の原題は「Pay it forward」。僕は次に渡していくというこの考え方には共感を覚える(映画とは別に)。
映画のように目に見える形で、次々と渡していくことも必要かもしれない。
教師はそんな長い目で見たときに「Pay it forward」を実践できる職業だと思う。
そんな教師の「Pay if forward」が描かれていたのがチャン・イーモウ監督の「初恋の来た道」だと思う。
伝わるのはずっとずっと先になってからでもいいのだ。

涙、涙のラストと宣伝されている作品は、どうして涙から遠く離れているのだろう。 

Top

映画・劇評Top