映画・劇評

映画・劇評Top

「あの子を探して」
チャン・イーモウ監督

好きな作品。だが、ここに本当の教育があるという声には反対。

まず始めにこの映画を支持することをいっておきたい。 教師としていろいろ考えることはあるが、あくまで一人のプロの教師として、ベルリン映画祭で金獅子賞をとるにふさわしい映画と言える気がしているということである。私は多くの教育的映画が嫌いである。

しかし、諸手を挙げて「素晴らしい」といえない部分もある。 素人の子供たちの演技がかなり評価されての受賞のようだが、それはどんなものだろう。。 何万人の中から選ばれた子どもちは、素人とはいえないのではないか。そうも思った。 

さて、こに映画の監督である、チャイ・イーモウ氏はこの先生が行った教育を理想の教育としての視点として描いているのだろうか。
そうだとしたら、また作者がそうだと言っているのなら自分はこの映画に対しての評価を取り下げる。 

私は湖の作品を、どうしようもなくだめな教師と生徒として非常に多くの問題を抱えている生徒がもたらした、一つの幸福の物語ととらえた。 

作者がこのミンジという13歳の教師に向ける眼差しは温かい眼差しではあるが、そこに理想の教師像はみていないはずと思いたい。
彼女ははじめ何も教えず、ひたすら言葉を黒板に書き写しそれを写せと強制する。抗議する生徒にも「先生が言ったの」という権威を盾に指示を押し通していく。はじめのうちの彼女は最低の教師だ。 
この教師がクラスの子どもを町に探しに行くのは、子どもに対しての愛でもなく、教師としての責任感でもなく、単に「生徒をこれ以上減らさないでくれ」という、彼女を自分のかわりとしてやとった教師と交わした約束を果たすためである。

この映画ではその点もきちんと描かれている。 彼女は、彼を捜しに行くお金を手に入れるために、レンガ運びを生徒に強要する。そして強引ともいえる方法で金を手に入れる。その行為は教師としてだけでなく、人間としても認められない行為である。もし舞台が日本であったら、この映画は犯罪ドラマの範疇に入ってしまう。この教師はすぐに教師を首になり、この教師が行った行為は新聞で紹介されるだろう。当然悪いこととして。

ただ、お金を稼ぐ方策を生徒とともに考える過程が、図らずも「生徒とともに学ぶ」という一部教師達が主張している理想の教育と重なる。
「ここに本物の教育がある」、と叫ぶ一部教師の姿が目に浮かぶが、この映画をよく観れば作者はそう言ってはいないようにも見える。 
このシーンは知識のない押しつけの教育をしようとするだめ教師が、図らずもある理想の教育を行ってしまう状況を描いているととらえたい。

この物語は、だめ教師の成長の物語であり、その教師が自らの成長の中で多くの問題を抱えた生徒と心を通わせていく物語である。
そしてその教師と生徒が結果的に村に幸せをもたらすことになるという、偶然がもたらした幸福な物語なのだ。 
この点でこの映画は『学校』という、作者のイデオロギーであふれかえる日本映画と一線を画しているような気もする。しかし、もしかしたら私のすべての解釈が間違いであり、実は理想の教育の姿を描こうとした映画なのかもしれないのだが。

Top

映画・劇評Top