映画・劇評

映画・劇評Top

「カリスマ」
黒沢清監督

「カリスマ」を観て。 「問い」についての問い。

 黒沢清監督「カリスマ」を観た。自分の尊敬している批評家・蓮實重彦が高い評価をしている監督の作品だ。
自分はこの映画を観ながら映画において、演劇において「問い」とは何か、ということを考えていた。

毒素によってまわりの木々を枯らしつつ、生存するこの地に一本しかない貴重な木(青年はこの木をカリスマと呼ぶ)。その木のために森全体を犠牲にするか、それとも一本の木をとるか。この問いは、現在の環境をめぐる生命倫理学と環境倫理学の対立状況を寓話として描いたものと考えていいだろう。

生命倫理学では、個々の生き物の権利が尊重され、環境倫理学では地球生態系の存続が個々の生存に優先するという全体主義の形をとる。加藤尚武氏はその著「環境倫理学のすすめ」(丸善ライブラリー)でこの二つの考え方について次のように述べている。

◆同じ時代に、これほど対立した精神態度が、強調されながら、その両者が必然性をもっている。それゆえ、単に生命倫理学だけではなく、環境倫理学にまで踏み込んだ形で、自分の視野を定めないと、二十一世紀への知的戦略が成り立たない。◆

それでは、映画の中で繰り返しなされる「どちらをとるか」という問にはどう答えていくか、それを語ろう。はじめ主人公は「両方とも救う」という形の答えを追求し、最後には「こんな問をすることじたいがおかしい」というようなことをいう。要するに明確な答えは出されない。

この手の映画では答えが出されない方が普通である。自分は答えを出さないということ自体がクリシェとなっている気がする。答えを出さないこと自体新しい表現ではないということだ。だから「答えが出されないからこの映画は観客の中で続いている」とか「答えが出された時点でこの映画は閉じてしまった」などという判断はしない。自分は問いに対して答えを出すか出さないかよりも、「問い」そのものを考えたい。

ブレヒトの代表作「セチュアンの善人」は「答えはみなさんが考えてください」という形で終わるが、問い自体が陳腐で劇そのものが面白くないから自分などはそれについて考えようとも思わない。それとは反対に答えが出されてもそれに納得がいかなければ、またひどく共感できればそれについて考え続けることもある。自分にとっては「問い」そのものがアクチュアルな要求に叶うものであるかどうかが重要だ。今まで誰も問うたことのない問いならなおさらよい。その点で「カリスマ」の「問い」は新しい問いではないが、アクチュアルな問ではあるといってよいだろう。

それではこの問いは多くの観客の心に届いたか。それは難しい。時間が過ぎるのが長く感じたという事実は隠さず報告したい。そのため、思考が画面から離れることがたびたびあり、内容の理解を苦しくしてしまった。しかし、もう一度見たいと思わせる求心力がこの映画には存在しなかった(あくまでも自分にとってはであるが)。

「ニンゲン合格」もそうであったが、彼の作品は絵が語る(「ニンゲン合格」は特に北野武との共通点を多く感じた)。そこが彼の作品が評価される理由なのだろうし、自分もそんな映画が大好きだ。しかし、タルコフスキーもアンゲロプロスも飽きずに観られる自分も、この映画はだめだった。このような作品は、映画を観るよりも蓮實重彦の批評を読んだほうが楽しいということがままある。これもそんな作品の一つとなった。

自分は「問い」が「問い」として観客の心に届くかということを大切にしたい。              2000.11.25(土)

Top

映画・劇評Top