映画・劇評

映画・劇評Top

「初恋のきた道」
チャン・イーモウ監督

映像が語る恋の物語。傑作。

フランス映画の雰囲気が漂う中国映画それがこの映画が始まったときの印象だ。
父の訃報を聞き、都会から村に戻ってきた息子ルオ・ユーシェンのナレーションは古き良きフランス映画の雰囲気に満ちている。
中国語のナレーションがフランス語に聞こえたほどだった。
全編を通して流れる音楽も、中国の楽器が使われているにもかかわらず、西洋的な響きを感じさせる。本題からそれるが、この音楽の使い方はとてもよかった。
愛のときめき、愛の苦しみ、悲しみ、どのシーンにも同じ旋律が使われる。音楽を聞いただけでは、それがどんなシーンを表しているのか想像することはできない。その点で、音楽を聞いただけでシーンが想像される(映画音楽が単なるシーンの説明に堕している)、多くのハリウッド映画とは一線を画している。
それでいてその音楽は一つ一つのシーンの空気を作り出す要素として効果的に使われているのだ。
テオ・アンゲロプロス監督や北野武監督に共通する音楽に対しての姿勢を感じる。

凡庸な批評家はこの映画に「古き良き時代の恋」がここにあるなどといいそうだが、この映画は古き良き時代の恋を描いたものなどではない。このような恋は古き時代にも、現在と同様にまれにしか存在しなかった。映画でもそう語られている。だからこそ村人が注目する恋となったのだ。 ここで描かれているのはいつの時代の人もあこがれる、一つの理想としての恋である。
憧れそして理想の恋、それはそれが極めてまれにしか存在しないことを意味する。だからこそ、ここに描かれた恋が多くの人の胸を打つのだ。

黄葉の中に表現される、台詞を排し映像で語られる恋が美しい。
カメラマンから出発したチャン・イーモウの映像は自然の美しさを見事にフィルムに焼き付けている。
特に赤という色彩の使い方は見事。少女の愛する色であると同時に思想との関連といった多義的意味をその色が表現している。

台詞が少ないが、つまらない台詞に満ちた多くの映画とはくらべることができないほど饒舌に画面が語りかけてくる。 
様々な愛の表現が映像で語られるが、走ることで表現される狂おしいまでの愛が特に印象的だ。

ラストで使われる白黒とカラーのオーバーラップ(これは過去の現代のオーバーラップを意味する)からカラーからカラーへの移動(過去)がこれが美しかった。 現代を白黒で、過去をカラーで描いたというありふれた手法も、この映画に関しては成功している。

教師としてこの映画を観ると、教師が教師として存在していた時代の物語という捉え方も出きる。 ラストシーンは感動的でありこんな結末になると想像できるのに涙がこぼれた。
 教育に人生を捧げた人とそれを愛した少女の物語といういかにも陳腐な物語が、映画的表現の素晴らしさでカネボーヒューマンスペシャルになることを拒み、芸術作品として屹立している。
映画が終わった後「傑作だ。傑作だ」と何度も何度もつぶやいてしまった。

Top

映画・劇評Top