映画・劇評

映画・劇評Top

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
ランス・フォン・トリアー監督

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(ランス・フォン・トリアー監督)を見て。多義的に酔う。

 妻と「ダンサー・イン・ザ・ダーク」をみにいく。2000年度カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した映画だ。
自分がこの物語に興味を持ったのはカンヌ映画祭での受賞よりもその構成による。ミュージカルに対してのアンチテーゼとしてのミュージカルというふれこみに興味を感じた。実際ミュージカルシーンは現実としては描かれず、ミュージカルに憧れる主人公セルマの空想として描かれる。それがいい。自分はミュージカルが嫌いだ。映画の中での現実シーンで、突然歌い出してしまうことが生理的に合わないのだ。

「サウンド・オブ・ミュージック」でもマリアとトラップ大佐が恋を語るところで歌い出してしまうところはげんなりするし、「ウエストサイド物語」で楽しんだのはジェローム・ロビンズの振り付けによるダンスと、バーンスタインの音楽であり、凡庸なストーリーにはうんざりした。といいながら、「サウンド・オブ・ミュージック」に涙したり、「ウエストサイド物語」に胸をときめかしてしまう自分がいるのも事実なのだが…。そしてこの二つのミュージカル(いずれもロバート・ワイズ監督)は、トータル的には好きというふうになるのだろうが…。
他の多くのミュージカルは全面的にだめなのである。肌が合わないのである。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は自分がミュージカルにおいて一番嫌いな部分が解消されていると感じた。ミュージカル部分が虚構の中の虚構になっているためだ。

セルマの物語は過酷だ。セルマは遺伝よる疾病で近い将来盲目になることがわかっている。しかし、この物語は障害による差別を扱った物語ではない。彼女は、そこにつけこまれ貯めていたお金を盗まれもするが、彼女を思う人達もたくさん登場する。彼女は無実(といってもいいだろう)罪で死刑を宣告されもするが、それは障害者としての悲劇としてではなく、人間の悲劇として描かれている。障害者である彼女の悲劇を、障害者としての悲劇でなく人間の悲劇として描いたところに素晴らしさがある。そうすることによって逆にその眼差し死に差別の心を感じるような、同情の眼差しはここにはない。

ラストシーンでは現実と虚構が見事に融合して幕が閉じられる(その幕の閉じられ方は悲惨ではあるが)。空想の中だけで歌っていた彼女が、彼女の死刑を見に来たものの前で歌うシーンはまことに見事である。死と夢の成就の共存。強引なまでにそこに持っていったトリアー監督にとりあえず拍手を送りたい。この映画で一番評価されることはその構成の妙である。ただ、それはここには書かない。作家阿部和重がプログラムに寄せた批評・分析があまりにも見事だったためだ。これには太刀打ちできない。正直、この映画そのものよりも彼の批評に興奮してしまった。創作するものとしての感動だ。是非映画を見るものはプログラムを買って読んでほしい。

ここで問題点をいくつか。まずは映画ではなく映画館の問題だ。見たのは大宮ロキシーなのであるが劇場内がとても明るいのだ。この映画は暗闇が必要な映画だ。目に障害を持つセルマが感じるのと同質の暗闇が観客に提示されなくてはいけない。そして、その暗闇の中でオープニングの音楽は鳴り響かなければならない。しかし、劇場のいくつもある「非常口」のライトが暗闇の存在感を奪い取っていた。観客はセルマが感じる暗闇を共有できない。せめてオープニングだけでも暗闇を要求する。

次にカメラの問題だ。トリアー監督は手持ちカメラによる映像を多用する。それはセルマの視線で描くという意図があるのかもしれない。しかし、それは効果的だったのだろうか(それを評価する批評家もいる)。しかし、人間の視線は手持ちカメラの映像のようには移動しない。目と共に動くカメラは、人間の見たものを正確には再現しないのだ。自分は手持ちカメラで撮った運動会の映像を見直して気持ち悪くなることがある。カメラを撮っているときには気持ち悪くなどならないのに。
カメラで写したものを再び見ることは、カメラを通して実際見たものの再現であるはずなのに、カメラで撮っているときに脳が感じ取った映像の記憶は、その再現された映像とは明らかにちがうのだ。

視線の移動は、景色を含めた全てが平行移動するというものではなく、対象物から対象物への視点の移動である。それは視線の移動というより意識の移動である。そのために、カメラを覗いていたときには何も感じなかったものを、再び見るとその映像の激しい移動に、気持ちが悪くなることがあるのだ。

その視線の移動をカメラの移動で表現されると困ったことが起きる。酔ってしまうのだ。事実、妻は始まって十分で酔ってしまった。映画に酔うというほめ言葉での意味ではなく、車酔いと同義の酔いなのだ。自分も何度か気分が悪くなった。どんな素晴らしい内容を持った映画でも、この生理的なものは止められない。真ん中近くの席だったからいいものの、もっと前の席だったらと考えるとぞっとする。車酔いする人は要注意だ。

この映画が、カメラワークについて熟考されていることはよく理解できる。現実と空想シーン、いずれもセルマの視点から撮られなければならないのだから、「オズの魔法使い」のようにカラーと白黒などという明確な違いは映画を壊してしまう。その点、目に障害を持っているセルマが見る映像は現実より空想の方がクリアーで躍動感をもって撮られており、その描き方は素晴らしかった。しかし、しかしだ…。現実シーンでのあのカメラワークは苦しかった。

僕はトリアー監督らが提唱しているドクマ95(オールロケ、手持ちカメラ、自然光による撮影。ハリウッド映画に対するアンチテーゼとして提唱されている)が映画の根元的な輝きを取り戻すとは考えられない。多くの束縛があるという点では、ハリウッド映画と地平を同じくしている。

ともかく、多義的意味で酔える映画、それが「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。そう感じた。           2001.1.3(水)

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の批評と、テレビでの宣伝に思うこと。見方の違い。

 今日の報知スポーツに「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の批評が載っていた。そのうちの一つ映画批評家と称する大久保賢一氏のもの。
「さあ、泣けといわんばかりの大仰な演出」

テレビでの宣伝では「泣けました」「泣けました」と泣けた人ばかりの感想が登場する。
宣伝に「泣けました」という人達を使うのは理解できる。映画で「泣きたい」人はたくさんいる。そのな人が映画館に足を運ぶだろうから。

大久保氏は「泣け、泣け」という映画が嫌いであり、宣伝に登場する人はそれが好きだという違いはある。しかし、この映画を「泣かせ」の映画ととらえているという点でいずれも同じ地平線上にいる。映画批評家と称する人がこんな地平でしかか見られないとは。

きっと大久保氏は「グリーンマイル」も嫌いだろう。あれこそ「さあ、泣けといわんばかりの大仰な演出」と感じるからだ。あれは「泣かせる」ことが求められていて、それに成功した映画だといえよう。ハリウッド映画なのだから仕方がない。それは、それでいい。

グリーンマイルとこの映画はラストの処刑シーンだけを観たら非常に似ている。しかし、二つは構成上全く違った映画なのである。

少なくとも「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は「泣くこと」を求めた映画ではない。結果的には多くの人が泣くことになってもである。この映画を観て泣くことは自由なのだが、トリアー監督は「泣け」「泣け」と叫んではいない。死刑の前に主人公が歌うシーンも、昔の青春ドラマで主人公が思わず歌を歌ってしまう感動シーン(もちろん演出側の意図としての)とは全く別だ。

大久保氏の批評を読むと、自作がけなされることに対して立ち向かう勇気が出る。もし、大久保氏が見に来るようなことがあれば、けなされることが喜ばしいのかもしれない。けど、実際はそんなふうには割り切れないのだけれど。

Top

映画・劇評Top