映画・劇評

映画・劇評Top

「バトルロワイヤル」
深作欣二監督

暴力の映画ではあるが、映画の暴力ではない。R15にするしかヒットの道がない悲しい映画。

このみじめな映画がヒットする道はR15という中学生がみることができないという方法しかない。
その点で深作監督は最良の選択をしたと思う。
この映画を中学生に見せることに反対した良識ある人達も、この映画のヒットに貢献したといっていい。
映画館には行けなくても、ビデオで観るのは簡単なこと。

さて、自分は妻と二人でこの映画の半分を声を出して笑いながらみた。中学生が次々と死んでいく映画をなんと不謹慎と思われるかもしれない。しかしこれはホラーとしてみるのではなくコメディーとしてみるのが正しい見方だと思うのだ。小説もひどいもので、あの小説がホラー大賞を逃したのは内容の残酷さなどではなく、内容のなさに他ならない。でも、小説の方がまだ一人一人に個性が与えられていた。

2時間で四十人近くの人間を、様々な異なった形で殺していくというのには無理がある。それは薄っぺらな映画になるしかない。
演技もひどく、この映画をビデオで観た生徒達が(本当は観てはいけないはずなのだが、観ているのだから仕方ない、親が借りてきてくれたうちもけっこうあるし…)口々に、「演技へただよね」とか「あれ、子供だましだよね」といっていることは伝えたい。
中学生が観てもひどい映画なのだ。でも、この映画を賛美する本も生まれているようだが。それを大人が書いているのが情けない。

さて、自分がこの映画をひどいといっているのは、もちろん道徳的でないからではない。映画的になんの成果もないからに他ならない。
「枯木灘」という中上健次の素晴らしい小説がある。蓮實重彦も指摘しているように、この小説は暴力を描いただけのものではない。小説そのものが暴力で満ちている。僕は暴力的表現の詰まったこの小説が好きだ。

しかし、この映画はどうだ。暴力を描いた映画ではあるが、そこに映画的暴力など微塵もないのだ。
R15などにしたら逆に観たくなるということをなんで考えなかったのだろう。
このお子さまランチ映画にR15は最高のプレゼントになった、そう思った。

しかし暴力を描きながら、素晴らしい表現を紡ぎだしている北野武がどんな気持ちでこの映画に出演していたか。本音を聞きたいところだ。

Top

映画・劇評Top