映画・劇評

映画・劇評Top

「AI」
スティーブン・スピルバーグ監督

かなりがっかり

正直、がっかりした。
AIという響きから想像する作品、その響きから足を運ぶ人が見たい映画、それからかけ離れていたからだ。
もちろん、よい意味で期待を裏切る作品もある。

しかし、この映画に「ジュラシックパーク」的なアクションを期待した人は少ないはず。
静かな映画が見たかった、心に染みいる映画が見たかった。
人間達がロボット達を壊すシーンのショー的な演出。人間によるロボットへの差別が描かれている。
これは手塚治虫がもう遙か昔に、「鉄腕アトム」(アメリカでは『アルトロボーイ』)の「アトム今昔物語」でかなり残酷にそして心に染みいる形で表現している。もちろん、そちらの表現の方がはるかに素晴らしい。

美味しい食材をとにかく全部使ってできた料理といった感じで、とにかく食べ合わせが悪い。
猥雑さ、いかがわしさを漂わせるのもけっこうだが(蜷川幸雄演劇のそれなど大好きなのだが)、あの直接的な猥雑さにはげんなり。
小さい子どもの直接的表現による卑猥なジョークを聞くような気分の悪さを覚えた。

映画が終わった後、妻と二人あきれた顔で目を合わせた。
「シンドラーのリスト」の延長線上にある作品だと思っていたが、「フック」の延長線上にあったとは…。
公開後、評判が芳しくないのがよく理解できる。

Top

映画・劇評Top