映画・劇評

映画・劇評Top

「ネット・バイオレンス」
野沢尚脚本

「ネット・バイオレンス 〜名も知らぬ人々からの暴力〜」野沢尚脚本 を見て。傑作。

 先週の土曜日に放送された「ネット・バイオレンス 〜名も知らぬ人々からの暴力〜」(野沢尚脚本)を見た。秀逸であった。最近のテレビドラマでは珍しく。野沢尚作品としては「青い鳥」以来の感動を覚えた(「眠りの森」「氷の世界」や「リミット」等の最近の作品群には正直、失望していた)。

"神戸メリケン波止場"というハンドルネームの「主婦としての苦悩」を書いた投稿に、主人公は"座間市アナン"というハンドルネームで返事を書く。その後、彼女は名も知らぬ人々からネット上で中傷され続ける。誹謗中傷を送ってくる、その中心人物である"大阪ホルモン"という人物を捜しに、彼女は大阪に行き、そこでその相手を見つけだす。そこまではありきたりであり、うまくできすぎてはいる。しかし、それは瑣末的なことだ。

自分が秀逸と感じたのはラストシーンである。主人公の呼びかけに応え、神戸メリケン波止場が彼女の前に現れる。彼女は少女だった。母親の立場で投稿したのである。顔を知らない二人が触れあう美しさ。ハッピーエンドである。
しかし次のシーンで二人の映像はパソコンの枠の中に登場する。その瞬間、二人にとってのハッピーエンドが、悲劇的意味合いを帯びる。このハッピーエンドと悲劇の共存、二重の意味を持つラストの映像。バックに流れる優しさを帯びた切ない音楽。素晴らしかった。

インターネットの恐ろしさを、映像という手段で描き出したその才能に拍手。

Top

映画・劇評Top