映画・劇評

映画・劇評Top

「君の手がささやいている」

テレビドラマ「君の手がささやいている」への反響から思うこと

読売新聞のテレビ欄放送塔からに先日放送された「君の手がささやいている」への反響が出ていた。そのなかで放送の手法について -「手話の際には字幕を」との要望が目立った。-  とあった。 「いらいらしながら見た」「欲求不満が続いた」との投書も少なからずあったと書かれている。

そこで一言。
お願いです。テレビ朝日のスタッフのみなさん、どうかこの投書に負けて続編の作成の際に手話に字幕を出すような馬鹿な真似はしないでください。

「君の手がささやいている」は障害者を扱った中でも珠玉の作品だ。それは向田賞と橋田賞をダブル受賞した「ビューティフルライフ」などとは比べられないほど素敵な魅力を持っている。
 「ビューティフルライフ」と「愛しているといってくれ」の北川悦吏子作品は、「今までにない新しい形で障害者を扱ったドラマ」というふれこみで視聴率を上げたが、その姿勢は障害者を扱うことで視聴率を上げるという姑息な手段に終始していた(「聖者の行進」や「一つ屋根の下」の野島伸司作品ほどではないが)。 視聴率が上がったのは豊川や木村というスターの存在が大きい。

全く新しいドラマといわれたその作品の内容は陳腐の一言に尽きる(例証はいくらでも上げられる)。自分はその作品を見ながら常に怒っていた(でも見てしまう自分)。 「障害者を視聴率を上げる道具にしか使っていない!」(ただ、この陳腐なドラマからでも、バリアフリーが進むだろうということは認めるし、それは素晴らしいことなのだが)。
 自分は「君の手がささやいている」に「ビューティフルライフ」以上の賞を授けたい(そんな賞、何の権威もないのだが)。

「君の手がささやいている」という作品は制作者の志が高い。もちろん視聴率を上げたいという気持ちも働いているだろう。しかし、それ以上のなにかがある。その志の高さの一つが手話に字幕を出さないことだ。 自分も手話が解らない。だから、時にもどかしさも感じた。しかし、だからこそ手話というものを知りたくなったのであり、字幕が入らないで映像で語られるシーンに美しさを感じたのだ。

そして、ラストシーンの手話の美しさに涙がとまらなかった。自分が障害者を扱った物語で泣くことは本当に珍しいことだ。
妻の話では、その原作がまた素晴らしいのだという。時間があるときに読んでみるとしよう。

とにかく、これだけはいいたい。この作品が手話に字幕がつくようになったら、少なくとも僕は見ることをやめるだろう。
どうかこのことを知ってください、字幕を入れることで失われるものもあるんです。     2000.10.14(土)

Top

映画・劇評Top