思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

「森の交響曲」 パンフレットから 

― 早速ですが、一言でいうとこの劇はどんな劇なのでしょうか。

斉藤 「すいません、一言でいえません」

― それでは、今回の「森の交響曲」のあらすじを聞かせてください。

斉藤 「いつもそうなんですけど、自分の劇のあらすじを説明するということは、とても難しいんです。斉藤演劇は、劇と現実が複雑に絡み合うのが特徴ですから」

― そこを何とかお願いします。

斉藤 「頑張ってみましょう。まず構成ですが、構成は五楽章の交響曲形式になっています。カノンという少年が、ミゼーレの森で『森の交響曲』というシンフォニーを創っています。その構想は、第一楽章『囀り』、第二楽章『風』、第三楽章『沼の歌姫』(これは森の水の音を扱っています)、第四楽章『闇』、第五楽章『言霊』というものです。ところがそのシンフォニーの素材が次々と何者かに盗まれていくのです。カノンは失われていくものと競走するように、シンフォニーを完成させていきます。
 実はミゼーレの森は、響子という作曲家の頭の中にある森です。響子はみどりという自分の娘が読むことを想定して、この戯曲を書いたのです。そして、そのみどりの心の中にいるみどりが、この劇の世界に入っていきます。そこでみどりは森の音が、そして森の記憶が失われていく様を見ていくのです」

― ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」のように、物語の中に主人公が入っていくという物語ですか。

斉藤 「いいえ、そうではありません。心の中の自分が物語に入っていくという物語を本人が読んでいるという物語です」

― なんか難しそうですね。斉藤演劇は大人でも難しいという噂を聞きますが、その点はいかがですか。

斉藤 「確かに、昨年上演した『生命の交響曲』に寄せられた、大人のアンケートの一部に『難しい』というものがありました。しかし、たくさんの小学生から『楽しかった』『感動した』というアンケートをもらったというのも事実です。感性のレベルに大人も子供もないのではないでしょうか」

― この戯曲でどんなことを伝えようとしているのでしょうか。

斉藤 「劇の中で生命(いのち)を描くというのが、自分の一貫した姿勢です。ただし、最近は死をしっかり見つめることで逆に生命(いのち)が浮かび上がってくる、そんな劇を創りたいと考えています。僕はこの劇の中で交響曲が完結することを目的とはしていません。交響曲が観客の心の中で続いていくことが僕の狙いです。宮澤賢治が「永久の未完成これ完成である」(農民芸術概論綱要)といっています。『森の交響曲』が斉藤俊雄なりの未完成交響曲となることが、僕の願いでもあります」

― 中学生が演じることに何か意味はあるのですか。

斉藤 「もちろんです。中学生は、大人のミニチュアではありません。中学生の役を演じるとしたら、中学生以上にふさわしい役者はいるでしょうか。僕は大人が演じる演劇では決してできない世界を描こうとしているんです」

― エンターテイメント性はあるのでしょうか。

斉藤 「エンターテイメント性を考えなかったことなどありません。斉藤演劇の重要な要素の一つです。考えてみてください。中学生が演じるつまらない劇を、誰がもう一度観に来ようと思うでしょうか。一度でもつまらない劇をやったら、次はない。その気持ちを忘れたことはありません。その上、最近の上演作品はすべて2時間をこえる大作です。いくら無料でも、つまらない劇を2時間以上も見せられたら観客は怒りますよ。とはいっても、千人の観客全員が面白いと感じる劇なんて創れませんけど」

― 話がそれました。「森の交響曲」に話を戻しましょう。ラストで森の音を盗んでいた犯人はが明らかになるのですか。

斉藤 「明らかにならなければ消化不良でしょう。もちろん明らかになります。ただし単純ではありません」

― 母はなぜ娘のために「森の交響曲」などという戯曲を書いたのですか。

斉藤 「娘にあるメッセージを伝えるためです」

― あるメッセージとは何ですか。

斉藤 「ここではいえないから、あるメッセージです。劇の中に答えはあります」

― そんなの口で言えばいいじゃないですか。それができなければ手紙でも。

斉藤 「劇じゃなくてはだめなんです」

― どうしてですか。

斉藤 「結末に関係があるので答えられません。劇を観に来てください」

― ラストで森は甦るんでしょうか。

斉藤 「どうでしょう。劇を観に来てください」

― 最後に一言お願いします。

斉藤 「劇を観に来てください」

思索-ムーサの森で-トップ