思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

森の交響曲で取り組んだこと

◆二項対立を表面化させた演劇からの脱却 
「絶望」と「希望」、「自然」と「人間」、「生」と「死」という世間で二項対立ととらえられるの概念を対概念とはとらえない。 
「希望」は「絶望」という状態の差異から浮かび上がるものである。 「人間」は「自然」の一部であり、人間がそこに住む限り、「森」の響きの中に人間の言葉も含まれる。 
「死」を見つめることから「生」が浮かび上がる。この場合の死は生を奪うだけのものではない。「生」を輝かせるものでもある。または、「生」にしっかりとした意味を持たせるものでもある。 
物語全体を善対悪という単純な二項対立構造にしない。死をもたらす癌(グリオブラストーマ)は、もう一人の自分である。ハリウッド映画のような単純な対立は観客の思考能力を奪い去ると思う。  

◆ 構成 ―メタフィクションの可能性の追求― 
「演劇」でのメタフィクションの可能性の追求。母のもう一つの人格として物語から意識の中に現れるグリオブラストーマと、物語を読むことによって心の中に物語を持ち込んだみどりが現実で対峙する。「はてしない物語」とも「ソフィーの世界」とも違う、新しい形のメタフィクションを追求する。  

◆ 表現 ―人の心の中を描く― 
部屋の中に森ができる。登場人物のイメージは読んでいる中で訂正されていく。心の中の自分と物語の登場人物が同じ空間に同時に存在する。 

◆ 「問い」としての生命の追求 
「問い」としての劇。「生命ってなんだろう」という問いで作られた劇。答えは観客の頭の中で創られる。または、観客に問いが移行する。「生命」「森」という交響曲が観客の中で続いていくドラマを目指す。 

◆劇そのものが交響曲・音楽となる工夫
 「死の交響曲」と呼ばれるマーラーの交響曲を参考にした。特に九番。六楽章あるこの交響曲は、マーラーの長大な六楽章からなる交響曲三番も意識した。沈黙の多用。沈黙を音楽として提示する。  
できる限り音楽を使わない工夫。音楽は挿入として入れていく。それはポストモダニズムの音楽の作り方を参考にする。ショスタコービッチの交響曲15番など、ポストモダニズムの音楽には多くの引用がなされている。 

◆母を登場人物に投影させ、それらをポリフォニーとして響き合わせる工夫
登場人物はすべて母の一面が投影されたものである。カノンは作曲家の母の陽の部分の投影であり、エレジーは陰の部分の投影である。また、拒まれても拒まれてもハックを追い続けるシクハックも、娘をひたすら追い求める母の姿を投影したものと作者は考えている。登場人物達は物語の中でそれぞれの音色を響かせる楽器なのである。それぞれがそれぞれの音色を響かせ、それが交響する。物語の中で母の様々な心がポリフォニーとして響くという試みである。 

◆言葉そのものがポリフォニーとなる工夫 「嫌い」と「絶望」  
娘が2年間の沈黙の後に母に投げかける言葉、それは「嫌い」である。この「嫌い」という言葉はコンスタティブな意味での「嫌い」と言う意味でも使われているし、同時にパフォーマティブな意味での「好き」という意味でも使われている。これは一つの発話が同時に二つの意味を持つ、つまりポリフォニーとなって響くことを意味している。  「自分は絶望を描いている」と言い続ける画家エレジーが使う「絶望」という言葉も、言葉通り「絶望」でもあるが「希望」でもある。彼女の使う「絶望」という言葉も同時に二つの意味を指すことになる。 

◆道徳臭を排除する工夫 
直接的な言葉で生命を問うのではなく、生命が浮かび上がるようにする。間違っても「一杯のかけそば」や「とべないホタル」にならないようにする。 

◆構成 ―暗転のない舞台を作る―
この劇には暗闇となる瞬間が何回かあるが、場面転換としての暗転はない。ただし、これは今回だけ行う試みであり、斉藤演劇は暗転なしには考えられない。

思索-ムーサの森で-トップ