思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

希望を語らずにはいられない

蜷川幸雄の著書「千のナイフ」には希望についての恐ろしい話が載っている。
蜷川に「今希望を語れるか」と聞いてきた青年。蜷川が「希望なんて語れない」というと、青年はナイフを見せ、「希望を語ったら刺そうと思っていた」というのだ。

希望を語らない、語れなかった蜷川は刺されなかった。
さてそれが自分だったらどうか?
自分だったら希望を語ってしまっただろう。 
現に自分の劇では、はにかみながら希望を語っている。

もちろんそれはロマン主義的希望ではない。
「森の交響曲」では絶望との差異としての希望。
「夏休み」ではかなえられない希望。
「赤と青のレクイエム」では希望の喪失という形の希望。
いずれもストレートな形での希望ではないが、希望を語ってしまうのが自分なのだ。 

蜷川はその逸話から希望を語れなかった(語らなかった)自分を肯定しているわけだが、相手が相手なら希望を語れなかったために、ナイフで刺すということもあり得ることだ。それが、千のナイフということであろう。
千人の観客の手にする千のナイフには千の刺すための理由がある。
だから、希望を語れなかった(語らなかった)ということは、ナイフで刺されなかったことの普遍的な理由ではあり得ないのだ。
 もちろん蜷川もそのことは十分承知であるはずだが…。 

とにかく、自分ははにかみながらも希望を語り、希望を描いてしまうのである。
この希望を失ったら教師などという職業を続けていくことなどできない。

 Top

思索-ムーサの森で-トップ