思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

「化鳥伝説」パンフレットから  自作の方向性

先日アボルファズル・ジャリリ監督の「かさぶた」「7本のキャンドル」(ベェネチア映画祭「金のオゼッラ賞」受賞)という映画を観ました。静かな映像の中に力を感じる映画でした。
そんな力を持った映画を作る監督の言葉が、今私の心を捉えています。 
「私は子供のための児童映画を撮ろうとは思いません。子供についての映画を撮るのです」  

彼の映画には子供が描かれています。しかし、彼は自分の作品を児童映画と評されるのを嫌います。
彼の映画の主人公は子供ですが、その作品は児童映画ではないのです。
彼の言葉の中の「映画を撮る」を「演劇を創る」に置き換えると、自分が演劇に対して思っていることと重なります。
私も児童演劇を作るつもりなど少しもないのです。    

ショーレ・ゴルパリアンさんは、このジャリリ監督やアッバス・キアロスタミ監督(「桜桃の味」でカンヌ映画祭でグランプリ受賞)の創り出す、世界で注目を集めている作品の日本語版字幕監修をしている方です。
そのショーレ・ゴルパリアンさんが昨年の「市民芸術祭」で、太東中の演劇を観に来てくれました。
そして、観終わったあとにわざわざ感想を述べに自分のもとに来てくれたのです。
その後、次のような温かいメッセージをFAXで送ってくれました。 

「芝居が始まり、役者の力に夢中になって、流れも速くとても面白いと感じました。
つまらない学生芝居と思って来た私でしたが、次第にプロの芝居を見ている気持ちが強くなってきました。
特にこの芝居には、観客が舞台の下、演技をしている役者が舞台の上というわけではなく、観客を芝居の中に引きつけるところが、監督の腕の見せ所であり、素晴らしいと感じました」  

世界でトップレベルの映画に接しているショーレさんが、太東中演劇部の2時間30分の劇を、「流れが速く面白い」と評価してくれたことは私達に勇気を与えてくれました。

アッバス・キアロスタミ監督やロベール・ブレッソン監督が素人を役者に使って素晴らしい芸術作品を創り出したように、素人には何色にも染まっていない強さがあります。
そんな素人ならではの素敵な色を、舞台というキャンバスに描いていきたいものです。  

太東中学校演劇部は同じ時代を共有している演劇が好きな人、自然が好きな人のために劇を上演していくつもりです。そしてその中で常に進化し、深化していきたいと思っています。ご期待ください。

思索-ムーサの森で-トップ