思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

イメージの喚起 -いかに舞台に森を作るか-

学校演劇は予算がない。素晴らしい背景を作りたくてもお金がない。そのために背景は抽象的なものとなる。
しかし、自分はもしお金がいくらでも使える状況でも抽象的な背景を選ぶと思う。
抽象的なものから具象的なものを導き出す、それが喜びである。
観客の脳裏に具象的なものが浮かぶ舞台が大好きだ。それがイメージの喚起を促す舞台だと思う。

僕は舞台を森に似せようとは思わない。
いくら張りぼてをうまく使って、森に似せようとしても、実際の森以上にそれが輝くなどということはない。
刻々と変化し、その様相を変える自然に対抗などできないのだ。
高校演劇で樹木を張りぼてで作っているのをよく見るが、世界が狭まり、劇空間がとても貧相に感じられる。

舞台の上に森を作ろうとしてもだめだ。
僕は、森は舞台ではなく観客の頭の中に作るべきだと思っている。
森のイメージを喚起するものを舞台上に作る(そのため、森を表す材料はビニールや布となる)。
それは森ではないが、森以上に森となる可能性のある存在となる。
観客は心の中に、それぞれの森を構成するのだから。
観客が自分が知る中での最高の森を作り出せるのなら、それは自然の森とも拮抗できる。

絵画の世界でも、自然を自然に忠実に描こうとする絵は自然に負け、自然に比べ存在感が薄くなると感じる。
しかし、関口雄輝やセザンヌのように、それを新たに再構築して自分しか作れない世界を作り出している作家の絵には深い感動を覚える。
自然をまねることから自然と拮抗することは不可能なのだ。

森を作るなら観客の頭の中。そう感じている。

Top

思索-ムーサの森で-トップ