思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

差別問題を描いたドラマの嘘臭さ

差別問題を描いたドラマの多くに存在する嘘臭さ。とにかく、差別問題を描いたドラマに出てくる主人公の多くは素晴らしすぎる。スポーツ万能であり、成績優秀であり、気持ちも優しく、人間的にも自分の周りでは見つけることができないほど素晴らしい。そして、力強く差別を克服していく。

差別を受けている人がこのドラマを観て、どんな勇気を持つというのだろう。そのドラマが示しているのは、その主人公のように優秀でなくては差別を克服できないということではないか。そして、そんな優秀で信じられないほど人間ができていないと差別から自分を守れず、周りから理解されないということではないか。 

『虹の架け橋』というアニメが多くの小・中学校で道徳の時間に見られている。この物語の主人公は川に落ちた少女を助けることから周りから認められる。そして、それはそんな信じられないような事件が起こらないと差別を克服できないということを表している。この主人公 も成績優秀で、容姿も素敵で、スポーツも万能であった。もちろん心根も申し分ない。
差別されている側は、ただ被差別部落に住んでいるというだけで差別されているわけで、人間的にはわれわれと何らかわりはない。ということはどこの地域でもそうであるようにスーパーマンはそう多くはいない。
しかし、文部省の推薦を受けた「スーパーマンによる差別の解消のドラマ」は、スーパーマン的な能力を持たない限り差別から抜け出すことはできない ということを暗に主張してしまう。自分にはそう思えて仕方がない。差別を受けている人の中には容貌もそれほど素晴らしくない人もいるだろう。とてつもなく優しい心を持っていない人だっているだろう。運動能力が素晴らしくない人だっている だろうし、勉強のできない人だっている。そんな人が、「自分たちも差別されずにすむんだ」、という希望が持てる映画を作るべきなのではないだろうか。
スーパーマンばかり出てくるこの手のドラマから希望が生まれるとは僕には思えない。

先日は外国人差別を描いた映画を生徒と見た。そこに出てくる外国人夫婦も本当に素晴らしい人たちであった。彼等はさまざまな疑いをかけられながらも、その優しさから次第次第にまわりの住人から認められていく。

人間は人種ということで差別はしてはいけないのだ。しかし、これらのアニメや映画は人種差別を克服するには差別される側が信じられないくらいの優しさと忍耐力がなくてはいけないということ ばかり伝えている。普通の人(スーパーマンではないという意味での)では人種による差別を克服することなどできないのだ。
それを描いたドラマは現実を見つめていない甘いドラマとしか思えない。または、これこそ制作者側の意図に反して、現実をしっかり見つめている ドラマといっていいのかもしれない。このような奇跡的状況でなくては差別は解消されないという現状である。

自分も「差別」をテーマで扱ったドラマが何本かある。戯曲として紹介しているのは『赤と青のレクイエム』と『怪談の多い料理店』の2作。自作は果たして自分のこのような批評に耐えられるだろうか。

 Top 

思索-ムーサの森で-トップ