思索

思索トップ

子どもたちが名作をやることの意義は?

演劇を少しかじった人が、自分に素晴らしいアドバイスをくれた。
「自作ばかりではなく名作をやらねばならない」。
おいおい。

僕は名作に触れることは大切だと思っている。
シェークスピアくらいは知ってほしいし、代表作は読んでほしい、生の舞台を見てほしいと思う。
名作が本当に名作かどうかの論議は置いておき、名作とても面白いと感じるものばかりではないということを知る上でも名作に触れることは大切なことだと思う。

でも、それを子どもが演じることはどうであろう。

僕にアドバイスをくれた人が名作としてあげた作品は、木下順二の『夕鶴』だった。
実は、僕は『夕鶴』が好きではない。名作だとも思っていない(宇野重吉のあの伝説の舞台でもそうなのだ)。
ま、それは置いておいて。子どもたちがこれを演じるメリットとはなんだろう。

子どもが演じることで生まれる、子どもならではの表現が『夕鶴』を演じることで生まれるだろうか。
僕は子どもが演じる与ひょうやつうなど観たくはない。
子どもが演じる『マクベス』『ハムレット』『リヤ王』も同様だ。想像するだけで怖い。
中学生が演じるマクベス夫人、どんなものになるのだろう。
怖い、怖い、怖すぎる。
どうか演じるのは大人になってからにしてほしい。

さて、それでは子どもが主人公である戯曲ではどうだろう。
『星の王子様』や『青い鳥』なら、表現の可能性は生まれるだろう。
星の王子様やチルチルとミチルは大人の肉体では演じきれないものだと思う。

しかし残念なことがある。
中学生が上演する『青い鳥』は、テキストレジの段階で毒が抜き取られていることが多いのである。
子どもが上演するときも『青い鳥』が内在する毒をしっかりと提示しなければならない。
そういえば『不思議の国のアリス』もそうだ。
子どもたちにとっての『不思議の国のアリス』は、どうもディズニーのアリスなのだ。
ディズニーのアリスがアリスのかわいらしさだけを描いたまがい物なのに、それを劇にするなんて。
子どもたちが演じるアリスはアナログのダビングの繰り返しのように劣化している。
アリスにある毒がまったく抜き取られているのだ。
もともとアリスの物語はチャールズ・R・ドジスンがアリス・プリザンス・リドルという実在の少女に語った物語。
アリスがその物語を楽しんだように、子どもたちはその毒を含んだ高度な物語を楽しむことができる。
そして、その毒が子どもたちの精神を毒するとは思えない。

子どもが演じるということで、大人の倫理で毒を抜き取ってはいけない。
毒を抜き取られた名作、それは出来の悪いお子さまランチでしかない。
僕が食べたいのは大人も食べたくなるすてきなお子さまランチだ。
名作といわれているもののテキストレジ、難しい問題を秘めている。

創作というのではなく、既成作品の中から、子どもたちに劇を与えるのなら、
子どもたちが演じるということを考えた上で、「名作とはなんだろう」、という視点が必要だと思う。
 

Top

思索トップ