思索 -ムーサの森で-

思索-ムーサの森で-トップ

ありふれたドラマに関する考察

◆主人公が、いわゆる不良といわれる人物の場合 
その人物は見かけ(茶髪であったり、服装がかなり乱れたものであったり)とは違って好人物である。
あるクラスで盗みが行われると疑われるのはその人物だが、実際の犯人は、そんなことはしそうもない優等生である。
犯人である生徒は成績がいい。
作者にとっては 成績がよいのに盗みをするというのがどうやら意外性らしい。
成績がよいもの、社会で成功したものは劇やドラマの中では多くの場合、犯罪者である。
東大に通っていたり、東大を卒業したものがドラマに出てくれば、だいたいそいつは悪人である。
東大生になんの罪があるのだろう。地下鉄サリン事件に東大卒が関係していたということは他の東大生とはなんの関わりもないのだ。
見かけが悪い=人間性が欠落しているという等式が成り立たないように、成績がよい、有名大学を卒業している=人間性が欠落しているという等式も成り立たない。いずれのドラマにも共通しているものは人間を見つめる眼差しの浅さである。

成績がよくない生徒が主人公の場合
落ちこぼれと呼ばれる者はドラマの中ではほとんどがよいやつである。
落ちこぼれは一見どうしようもないやつに見えるが、じつは心根の優しいやつであり、勉強ができる者は先生のご機嫌取りばかりしていて、その実体は心の乏しいやつという設定になっている。
これは勉強ができる者に対しての差別的描き方だ。

そんなドラマばかり見ていると、「勉強ができるということ=悪いこと」という概念を次第次第に脳裏に焼き付けてしまう。
これは大変危険なことだ。
「勉強なんか出来ても何にもならない」
勉強が出来る生徒が何か問題を起こしたしたときに多くの教師が口にする言葉だが、悲しい言葉としかいいようがない。
勉強が出来ることは悪いことでも何でもない、問題だけを見つめればいいことなのに。
そんなドラマを制作する人と、上のような言葉を平気で口にする教師、眼差しが似ている。
落ちこぼれと呼ばれる者にも勉強がすごくできるものにも長所があり短所がある。そんな眼差しから生まれたドラマが多くつくられないものか。

◆障害者がドラマに登場する場合
 障害者がドラマに登場すれば、その障害者は必ずピュアな心の持ち主である。
そして、そのドラマに登場する健常者(この言葉を自分は好きではないが)はその反対の心を持っている。
『聖者の行進』などの野島ドラマはその典型である。
現実世界では障害者の多くががそれほどピュアではなく、健常者のほとんどもそれほど残酷ではないはずである。

こんなドラマも見るに耐えない。

障害者に対しての差別や同情の眼差しをもたずに見るということは、障害者がわれわれと同じ人間であるということを前提にしなければならない。
とういうことは障害=ピュアなどという考えは捨てなくてはいけない。
障害者に素晴らしい人がいるのと同様に、障害者にも悪人がいる。
また、僕の中に善悪が同居しているように(悪ばっかりかもしれないが)、一人一人のの中には善悪が同居しているはずだ。

その視線さえもっていれば、野島伸司の物語の中に、障害者を視聴率の道具に使っている偽善を見抜くことができるだろう。

間違わないでほしい。「不良に見える」「成績が悪い」「障害者」が悪い人物だと言っているのではない。
現代のドラマの多くがそれがまるでピュアな人間の条件であるように描いていることを凡庸だと言っているのだ。
特にテレビドラマと中学校演劇はこの傾向が強い。

◆オオカミとオオカミに食べられる動物(豚、羊など)、鷹と小鳥の組み合わせから生まれる劇
このパターンに共通しているのはオオカミや鷹などの食物連鎖の中で上位にいるもの=悪、オオカミや鷹に食べられるもの=善、というものだ。弱者・マイノリティーにに目を向けたいという思いは大切だ。オオカミや鷹の攻撃から力を合わせて身を守る生きものの物語は感動的だ。最終的にオオカミが反省して謝るような話もある。子どもたちが力を合わせることの大切さをそこから学びとることもあろう。また、オオカミの行為をいじめと考え、いじめはいけないという教訓を得ることもあるだろう。それは子どもたちにとってプラスであるのかもしれない。しかし、それによってオオカミや鷹に憎しみを持つ子も生まれるだろう。果たしてそれはよいことなのだろうか。僕はそうは思わない。
生態系という視座からオオカミや鷹の行為を眺めれば、彼らの行為は生きるために正当化されることであるし、世界中で一番残虐な行為をしているのは我々人間であることにも思い至るであろう。更に、その残虐な行為は人間が生きるために必要であることにも気づくはずだ。オオカミや鷹が小動物を食べることはいじめではない。
このような物語にも眼差しの浅さが存在していると感じる。

ありふれたドラマに共通するのは眼差しの浅さである。

 Top

思索-ムーサの森で-トップ