こんな本を読んできた2001

こんな本を読んできた2000
こんな本を読んできた1999

★は個人的な興味関心のレベル。★★★が最高。

11月 「ソクーロフの対話」 アレクサンドル・ソクーロフ、前田英樹著 (河出書房新社)

ソクーロフという監督の映画はまだ一作も観ていないのだが、蓮實重彦が凄く誉めているのでどんな作家なのか興味を持って読んでみた。哲学的な考えには共感はないが、その彼のとった映画はいかなるものか。観てみたいが、それにはNHKがBSで放送してくれるしかないであろう。

11月 「映画狂人・小津の余白に」 蓮實重彦著 (河出書房新社)★

蓮實重彦の十年以上前の評論を集めたものではあるが、やはり面白い。

11月 「園芸植物 庭の花・花屋さんの花」 肥土邦彦・解説 (小学館)★

野の花には興味があったが、園芸植物には今ひとつ興味を示さなかった自分。自然保護的理由もあるのだが、カタカナの名前が取っつきにくいというのがあった。名前と意味が繋がらないのだ。その点でこの図鑑は他の本と比べ素晴らしい。名前の由来や花にまつわる神話、言い伝えなどが効果的に挿入されている。一面のコスモス畑など、どうしても好きになれない風景ではあるが、園芸植物について知ることは悪くないとこの本を読んで思った。

11月 「民主主義とは何なのか」 長谷川三千子著(文春新書) ★

「民主主義」を疑ってみることからは「民主主義」とは何かを問う、興味深い本として読んだ。
以前自分の活動が「民主主義」ではないという批判を、発表以外の活動をまったくみない人から受けた。その批判の姿勢に潜んでいる恐ろしさをこの本を通して垣間見ることができた気がした。
◆「民主主義」の叫びから、必然的に捏造される「絶対的恣意的権力」、現実に存在するかどうかにかかわらず「民主主義」の叫びはそれを必要とする。◆
「民主主義は最悪だが、最悪の中では最良」。確かチャーチルの言葉だったか?自分もその言葉の地平線上で「民主主義」を支持していきたいと思った。
この本、一つ間違うと怖い本になりうるなとも思った。

11月 「メイエルホリド・ベストセレクション」 メイエルホリド著 (作品社) ★★★

メイエルホリド・ベストセレクション」を読み終えた。分厚い読み応えのある本であった。
最近読んだ本の中では一番印象に残る本となった。
演出家の中でメイエルホリドが一番大きな存在となった。
弾圧につぐ弾圧の後、処刑されてしまうメイエルホリド。彼の演劇論に心をふるわせながら、やるせない気持ちでいっぱいになった。

11月 「帰ってきた映画狂人」 蓮實重彦著 ★

帰ってきた映画狂人」(蓮實重彦著)を読み終えた。
大好きな映画監督とのインタビューにとても疲れたという告白が興味深い。
自分が多様性の擁護者であると同時に、多様性を否定するような作家たちをも擁護しなければならないという、非常に奇妙な立場におかれている」という言葉に共感する。

10月 「殻を破る」 ピーター・ブルック著 ★★★

◆「いくら厳密な準備をしたからといって、試合の実質というべき生き生きとした展開が見えてくるあのスリリングな可能性がなくなってしまうことはない。準備がなければ、出来事は弱々しく混乱して意味のないものになってしまうだろう。しかし準備するとは形を固定してしまうことではない」◆
サッカーの試合と演劇を比較して述べられたこの文章、いい。誰が試合に対しての準備のなされてないサッカーの試合を見に行くだろう。
「私は唯一の真実というものを信じたことがない」という言葉で始まるこの本。ブルックの内なる声のささやき「きまじめになってはいけないぞ。死守せよ、だが軽やかに手放せ」。いい言葉だ。

10月 ユリイカ臨時増刊号・宮崎駿「千と千尋の神隠し」の世界 (青土社)

わかるんだけど、みんな共感したのオンパレードで読んでいてつまらなかった。
生徒の本音を聞くと、「すっごく感動した」「最高!」というものがいる反面、「どこが面白いのかわからない」とか「はっきりいうと、つまらなかった」というものもたくさんいる。
素晴らしい作品だと思うが、ユリイカが出すのなら多様な意見が聞きたかった。

10月 「場」とはなんだろう 竹内薫著 ブルーバックス

「場」という考えが、劇的空間と繋がるのではないかという気がして読んでみた。うーん、難しい。

10月 「ルネ・マグリット」(マルセル・パケ著) ★

マグリットに出会ったのは大学の時に彼の展覧会を見に行ったときに始まるのだが、今これを読み終えて、なぜマグリットが自分をこれほどまでに惹きつけてきたのか、理解できたような気がした。

彼に「光の帝国」という作品がある。白昼の空の下に夜の風景が描かれたものだ。
昼と夜の共存。自分はそんな劇を作り出したいのだ。舞台上に立ち現れる詩としての劇を。

9月 「図解雑学 重力と一般相対性理論」 (ナツメ社) ★

一般相対性理論非常に面白いが、非常に難しい。
数式まで理解したいと思うのだが…。

9月 図解雑学「わかる微分・積分」 (ナツメ社)

高校の時、微分が数式では解けても、理論として理解できなかったのが数学嫌いの始まりだった。そんなままでいるのがなんか悔しくて、今更ながら微積を勉強してみようと思い立った。この年になって数学的頭をきたえるのは少しつらいか…。

9月 「大江健三郎・再発見」 (大江健三郎・すばる編集部編、集英社)

大江健三郎・再発見」読了。
大江健三郎という作家、イデオロギー的には自分とかなり違っているのだが、どうしても気になって作品が出ると買ってしまう。
森へのこだわりに共感する。

9月 「なにもない空間」 ヒーター・ブルック著 ★★★

遅ればせながら演出をするものの必読書、ピーター・ブルックの「なにもない空間」を読み終えた。
非常に共感するところが多く、付箋を貼った場所が三十カ所を超えていた。
これだけ共感するところが多い内容の演出家が演出した舞台はさぞ面白いだろう、そう思いたいのだが。「カルメンの悲劇」はどうしてもそう思えなかった。まわりに見ているほとんどの観客が同様だった(自分より興味を持たなかった)のは間違いない。確信できる。なぜならかなりの人が寝ていたから。これだけの理論についていける観客なんて、そうはいない。というか、まずいない。

8月 「デッド・アイ・ディック」 カート・ヴォネガット著

帯に「スローターハウス5」と並ぶ傑作と書かれていたので興味を持って読んだのだが…。

8月 「リセット」 北村薫 (新潮社)

輪廻転生やタイムスリップ的な話はありふれているとはわかっているのだが、手品好きの自分はそんな不思議が大好き。
読み終わって、こんなにはっきり不思議の種を明かしていいのだろうかと思いつつ、「面白かった」と感じている自分がいた。
ハッピーエンドでちょっと道徳的。しかし、いやだからといったほうがいいか、読後感はとても爽やか。
こういう読書も悪くはない。

7月 「青いバラ」 最相葉月著

このタイトルの本がでればそれは読んでしまう。あまりに専門的で脚本には取り込めなかったが、青いバラへの憧れは共感できる。青いバラを生み出す過程(まだ生み出されていないが)がフェルマーの最終定理の解明の過程と二重写しとなった。

7月 「風の谷のナウシカ 1〜7」 宮崎駿著  再読 ★★

「八月の魔法」が行き詰まっているとき、なぜか無性にこの作品が読みたくなった。劇中劇の参考になるという声が心のどこかから聞こえてきたためだ。読んでいるうちに壁が少し壊れた。宮崎駿は漫画の人ではなくアニメの人であることを再確認した作品でもある。

6月 「ターン」 北村薫著

新作「八月の魔法」がこの作品と類似しているのではないかと思い、確認するために読んだ。
けっこう楽しめた。こういう読書も悪くはない。

6月 「バトルロワイヤル」

「八月の魔法」という作品は「バトルロワイヤル」的なものへのアンチテーゼとして作り始めたもの。でも元の作品を読まないでアンチテーゼもないだろうから、苦しさに耐えながら読んでいった。それにしても、この作家ゴールディングの「蠅の王」や永井豪の「真夜中の戦士」を知らないのだろうか。ホラー大賞が文学の賞として存在するなら、落ちるべくして落ちた作品といえる。
新しさを感じない。けど、ゲーム感覚で読書する多くの若者には受けるだろうな。
いかがわしい本と騒ぎ立てる気は毛頭ないが、騒ぎ立てるほどのものではないと思う。

わざわざ騒ぎ立てるから九十五万部も売れてしまいましたね。「いかがわしい」と騒がれたことが、最高の宣伝でしたね。
太東中の3年生もかなりの生徒が読んでいました。

6月 「作者を探す六人の登場人物」 ピランデッロ作 ★

以前から読みたかったピランデッロ作「作者を捜す六人の登場人物」が新水社から新訳で出版されたので、早速買ってきて読んだ。
「舞台をではなく、同じ舞台の姿で創造の瞬間の私のファンタジーを観客に見せる」という姿勢に共感できる。
現実と虚構の融合、今では新しいものではないが、1921年の初演の際には劇場を越えて騒ぎが広まったというのが頷ける。
そんな劇の創造が現代において可能とは思わないが、うらやましいと思う。

6月 「葦と百合」 奥泉光作(集英社文庫) ★

445ページの長編を一気に読み切るのはかなり疲労を覚えたが、それだけ惹きつけるものがあったといってよいだろう。
ミステリーとメタフィクションの完全なる融合という紹介文に吸い寄せられた。

小説の中の「現実」が、小説外の「現実」と同様、「ひとつ」であることに耐えられぬ現代作家としては、おいそれと「真相」を明かすわけにはいかないのであった。

彼の第一エッセイ「虚構まみれ」で「葦と百合」の舞台裏を説明したものだ。
自作は観客を考えると奥泉氏が向き合っている方向には進めそうにないが、共感できる言葉だ。

6月 「百人百句」 大岡信著 ★

「百人一句」の流れで作られた作品。「百人一句」が評判になっただけに、この題名の付け方はどうだったのだろう。

6月 「空の色と光の図鑑」 斎藤文一・文、武田康男・写真(草思社) 再読 ★★

虹についての説明がとても科学的でわかりやすい、他の本では理解できなかったこと(二重の虹のできかた等)がこの本で初めて理解できた。

6月 「色々な色」 近江源太郎監修 (光琳社)

「空の名前」「宇宙の名前」の第三弾として出版された本である。今ひとつ写真と色が繋がらない。どの色が写真のどの色に対応しているのかが明瞭ではないのだ。

6月 「衣匠美」 白州正子著 (世界文化社)  ★

着物の写真が美しい。写真に惹かれて買ってしまった本。「辻が花」に興味を抱いた。
「辻が花」の即興は、演劇の即興にも通じるもの。なんの知識も技もない集団の即興の無意味さに思いは向かう。
本物の即興、「辻が花」万歳!

5月 「火星の人類学者」 オリバー・サックス著 ★★★

最近、脳に関する本を何冊か読んだ。
その中で「火星の人類学者」オリバー・サックス著(早川書房)が印象的だった。
オリバー・サックスは映画「レナードの朝」の原作者として有名。
目が見えるようになるということが単純に幸せなことになるわけではないいうことが衝撃だった。
脚本を書く上で気をつけなくては。

オリバー・サックス氏の「妻を帽子と間違えた男」と「色のない島へ」をインターネットで注文して買ってしまった。

5月 「脳を知りたい!」 野村進著 ★

先日読売新聞の書評でも取りあげられていた「脳を知りたい!」野村進著は興味深い本だ。
特に第五章の「脳と視覚」の章が。こんな本を読むと、いい加減な知識の元で脚本を書くことの恐ろしさを痛感せずにはいられない。

5月 「脳の中の幽霊」 V.S.ラマチャンドラン、サンドラ・デレイクスリー著(角川書店) ★★★

今度の劇に役に立つかどうかは今のところなんともいえないが、これから使えそうな原石がたくさん詰まった本であった。

幻肢痛(幻の腕が痛む症状)についての記述が面白かった。幻肢痛は演劇通も井上ひさしの「きらめく星座」でご存じであろう。
これがなぜ起こるかの記載は推理小説を読む面白さに通じるものだった。もちろんよくできたそれである。

また今後役に立ちそうなのは第五章の「ジェームズ・サーバーの秘密の生活」で扱われている、幻視・幻覚である。

◆「幻覚にはおかしなことがあって、本物よりよく見えることが多いんです。色が明るくて強くて、異常に鮮明だし、実際に本物よりも本物らしく見えるんです」◆

という幻覚を見る患者の証言は、創作意欲を刺激する。

5月 「魂込め(まぶいぐみ)」 目取真俊著 (朝日新聞社)

97年に「水滴」で芥川賞を受賞した目取真俊の「魂込め」を読んだ。
その現実と虚構との判別できない世界に何か惹かれたのだが…。
読む前に自分が思い描いていたものとはかなり隔たりがあった。
だからいいのだろうし、だから好きになるまではいかなかった。

5月 「ヴァイオリンは見た」 和波孝よし著(海竜社) ★

盲目のバイオリニスト、和波孝よし氏の「ヴァイオリンは見た」を読む。彼の本は「音楽からの贈り物」に続いて2冊目である。
「盲目の天才少年」という評価への反発という彼の姿勢にとても共感できる。
「色」と「夢」という章からは、自分が次に書こうとしている作品のヒントをたくさんもらった。

彼の次のような言葉が心に留まる。

◆◆◆
「時々ハンディを感じされない演奏、などといわれることがあるけれど、感じないのなら最初からハンディなしに扱ってくれれば良いと思っちゃうんですよ」
◆◆◆

5月  「演劇とその分身」 アントナン・アルトー著 ★★★

◆戯曲を決定的で神聖なものと考えていつもそこに戻るのではなく、演劇の戯曲への従属を打破し、動作と思想との途中にある独特な一種の言語の概念を再発見することがなによりも大切なのである。
この言語は、対話の言葉の表現の可能性と対立した、空間における動的な表現の可能性としてしか定義しえない◆

この演劇の戯曲への隷属の打破という姿勢がいい。アルトーが自分が考えていることをこうもうまく言葉にしている人だったとは。
「残酷演劇」という言葉から近づくことをしなかったが、「残酷」をホラーと考えていた自分が愚かだった。

4月  「アントナン・アルトー伝 打撃と破砕」 スティーヴン・バーバー著(白水社) 

アルトーの魅力を伝えてはいないが、アルトーについて自分が考えていたことが誤解であることだけはわかった。

4月  「シネマの快楽」 武満徹vs蓮實重彦 河出文庫 

武満徹が蓮實重彦にずいぶん気兼ねして話しているのが紙面からも感じられる。お互いにずいぶん相手に合わせながら話しているなという感じ。それでも二つの知性の出会いは刺激的ではあったが。

4月  「寺山修司演劇論集」 国文社 ★★★ 

素晴らしい探求に満ちた書である。

◆ 私は、劇場で数千の目に見張られたいのではなく、数千の人と「出会い」たいのです◆
◆ 「いつの場合でも、上演される演劇に戯曲が先行しているが、このことを誰も疑わぬのはなぜだろうか?」と私は言った。「今日の演劇の構造が、つねにエクリチュールの次元でのみ論じられるのは、演劇が<文学としての戯曲>を舞台の上で、人間を使って復元して見せいてるだけにすぎないからです。だが、我々は<文学としての戯曲>を現場検証してみせるために演劇と取り組んだのではない。むしろ、文学などとはまったく別の、日常的現実原則と虚構の現実とのクレヴァスを埋め合わせ、そこに新しい出会いを生成するために、演劇という様式を必要としたのです。何よりもまず、演劇の<文学ばなれ>が必要です◆

寺山修司が面白かったのは、このような考えとともに演劇に向かっていたからだ、と理解する。
演劇は文学に隷属などしてはいけない。脚本は舞台設計図の一部でしかない。舞台ならではの言語の発見、自分なりにそれに取り組みたいと思う。

4月  「寺山修司の宇宙」 市川浩、小竹信節、三浦雅士著 (新書館) 

演劇、短歌、俳句、文学、映像…。寺山修司という男はそれ自体宇宙だと思った。彼を論じることは簡単ではない。

4月 「魔女幻想」 度会好一著 (中公新書) ★

新作のために読んだ。魔女という概念について学ぶところが多かった。

4月 「凡庸なる芸術家の肖像」 蓮實重彦著(ちくま学芸文庫) ★★

読み始めてからどれくらいかかったろう。800頁以上あるこの本は、少なくともやさしい本ではなく、眠る前に読むと睡眠薬代わりとなることもしばしばあった。
凡庸な芸術家マクシム・デュ・カンを過去の人ではなく、現在至る所に存在する芸術家と重ね合わせて描く異端の芸術論。
自分がいかに凡庸かを突きつけられる恐ろしい本だ。

4月 「シベリウス 写真でたどる生涯」 マッティ・テットゥネン著(音楽之友社)

大好きなクラシック音楽の作曲家シベリウス。
けど彼についての本はそれほど多くはない。
彼の本が音楽之友社から出版されたので買って読んだ。
こんな文章があった。

◆「第4交響曲」でシベリウスはシェーンベルクやリヒャルト・シュトラウスが数年前に到達したモダニズムの地平線に近づいたのだった。
いまや、かれはどちらの道を選ぶべきかの分岐点に立っていた。シェーンベルクのように、新しい音楽の未知の領域で発見の旅を続けるか、シュトラウスのように、より伝統的な語法に立ち返るかであった。
シベリウスは後者の道を選んだ。◆

そう、そしてそのため現在シベリウスは音楽史の中で冷遇されている。
しかし、だからこそ、僕は彼の音楽が好きなのだ。

4月 「ドストエフスキーの詩学」 ミハイル・バフチン著(ちくま学芸文庫) ★★★

ミハイル・バフチン著「ドストエフスキーの詩学」を読了。
ドストエフスキーの小説を「ポリフォニー小説」と「カーニバル文学」という概念から論じた書である。
自分が考えている演劇の方向と本当によく一致する。
これから書く脚本はこの書に影響下におかれることは間違いなさそうだ。

4月 「宮沢賢治」 吉本隆明著 (ちくま学芸文庫)

吉本隆明著「宮沢賢治」を読了した。
内容的には満足ではない。
板谷栄城氏の「宮沢賢治の見た心象」「宮沢賢治の宝石箱」「素顔の宮澤賢治」を読んだときの衝撃からは遠い。
しかし、考えさせる点はあった。

3月 「青の美術史」 (小林康夫著 ポーラ文化研究所)

「青の美術史」(小林康夫著)を読む。
もちろん新作のためである。
新作では青という色が重要な要素の一つとなる。
青について考えを深める必要がある。
青という色、今までの自分の劇に何度も登場してきた色。
大好きな色だ。

3月 「一色一生」 志村ふくみ著 (講談社)★★★

3月 「色を奏でる」志村ふくみ著 (ちくま文庫)★★

掲示板で紹介され、興味を持って買ってみて、読み始めたら止まらず一気に読み終えた。


色はただの色ではなく、木の精なのです。色の背後に、一すじの道がかよっていて、そこから何かが匂い立ってくるのです。
私は今まで、二十数年あまり、様々の植物の花、実、葉、幹、根を染めてきました。
ある時、私は、それらの植物から染まる色は、単なる色ではなく、色の背後にある植物の生命が色をとおして映し出されているのではないかと思うようになりました。
それは植物自身が身を以て語っているものでした。
こちら側にそれを受け止めて活かす素地がなければ、色は命を失うのです

最後の一行、まさに色を生徒と考えると、教育と一致すると感じた。
自分に教育者としての生徒の個性を受け止めるだけの素地がなければ、生徒は命(その良さという意味で)を失う。
そんな感じを持った。

勢いに乗って、志村ふくみ著「色を奏でる」(ちくま文庫)も読み終えた。
新作が色についての物語となる予定なので、色について認識を深めることができた。
紹介されている写真も美しかった。

3月 「森の人 四手井綱英の九十年」 森まゆみ著 (晶文社)

「森の人 四手井綱英の九十年」を読み終えた。
四手井綱英という人、プロジェクトXで感銘を受けた南極探索の西堀栄三郎なんかとも関係があるのを知った。

今でこそ有名になった「里山」という言葉は、この四手井綱英の造語である。
特に子供にとっての自然の大切さを書いたところに共感した。
自然保護ではなく自然を教えよということだ。

3月 「平然と車内で化粧する脳」 澤口俊之・南伸坊著

最近、脳の科学で注目を集めている、澤口俊之氏の「平然と車内で化粧する脳」を読んだ。
「恥知らずの日本人」について脳の世界からのアプローチがなされている点で面白かった。
けどもっともっと痛烈にやってほしかったけど。

2月 「ビタミンF」 重松清著

直木賞受賞作「ビタミンF」を読む。
「ナイフ」や「エイジ」等、以前から注目もしてたし、本も買ってあったのだが、この作家の作品を読むのはこれが初めて。

2月 「ロスト・イン・アメリカ」 青山真治・阿部和重・黒沢清・塩田明彦・安井豊・他 ★

 「ロスト・イン・アメリカ」を読了した。
現代のアメリカ映画についてなされた対話を記録した、400頁を越える分厚い本だ。
シネフィルと呼ばれる人達の、アメリカ映画の肯定は意外でもあり、興味深かった。
僕の大嫌いな「タイタニック」を昨年カンヌで認められた新鋭・青山真治が肯定していたのにも驚きだった。
「タイタニック」をめぐる、青山真治と塩田明彦の論争は一読の価値ありでしょうか。

2月 「人間は笑う葦である」 土屋賢二著(文春文庫) ★

 「人間は笑う葦である」を読む。かなり笑った。
本を読んで笑うことは久しぶりかもしれない。
この作者の笑いには知性がある。
偽悪的なところは中島義道に近いがユーモアに満ちている点でこちらの方が読後感が爽やかだ。

2月 「どんどん橋、落ちた」 綾辻行人著

 「館シリーズ」で有名な綾辻行人の「どんどん橋、落ちた」を読み終える。
全体として繋がりを持った作品集としてまあまあ楽しんだ。
好みとしては最後の作品「意外な犯人」がよかった。
推理を虚構としてしっかりとらえているところに共感した。

1月 「カオスの紡ぐ夢の中で」 金子邦彦著(小学館文庫)

 「カオスの紡ぐ夢の中で」金子邦彦著(小学館文庫)。
決定論的系にありながら確率論的にしか結果を予測できないカオスの世界。
「演劇とは○○だ」という言説が大嫌いな自分にとって、それがとっても素敵な世界に見える。

1月 「ジャンプ」 佐藤正午著 ★

 午前中、空いた時間は読書に使った。佐藤正午の「ジャンプ」を読み終えた。殺人事件が起きない推理小説。
殺人事件が起きない推理小説、けっこう好きですね。楽しめた方だと思う。

1月 「惑星の未来を想像する者たちへ」 ゲーリー・スナイダー著 ★★

アーバン・バイオリージョンという考え方に触れてとてもうれしかった。ゲーリー・スナイダーの著書は逃すことができない。

1月 「名句 歌ごよみ 冬・新年」 大岡信編(角川文庫) ★★

1月 「名句 歌ごよみ 秋」 大岡信編(角川文庫) ★★

1月 「名句 歌ごよみ 夏」 大岡信編(角川文庫) ★★

1月 「名句 歌ごよみ 春」 大岡信編(角川文庫) ★★

角川文庫から大岡信編の名句集が出たのですべて読み通した。山本健吉編とかなりの句が重なる。現代の句も取りあげられているのがよかった。

1月 「句歌歳時記 冬・新年」 山本健吉編(新潮文庫) 再読★★ 

1月 「句歌歳時記 秋」 山本健吉編(新潮文庫) 再読★★ 

1月 「句歌歳時記 夏」 山本健吉編(新潮文庫) 再読★★ 

1月 「句歌歳時記 春」 山本健吉編(新潮文庫) 再読★★ 

山本健吉編集によるアンソロジーをすべて読み直す。好きな俳句にまるをつけていくと、どうも同じ俳人のものに好きなものが多いことがわかる。

Top

Home