こんな本を読んできた2000

こんな本を読んできた2001
こんな本を読んできた1999

★は個人的な興味関心のレベル。★★★が最高。

12月 「オーロラ 太陽からのメッセージ」 上井洋介著 (山と渓谷社) ★★★

カナダのイエローナイフで買い求めた本。オーロラの科学的知識と、文化的芸術的知識が同等の価値のもとで紹介されている。科学として解明が進んでも、オーロラの光りがもたらす神秘性は決して減りはしない。

12月 「『哲学実技」のすすめーそして誰もいなくなった…」(中島義道著 角川) 

中島義道著を読む。後味悪し。 「哲学実技」のすすめーそして誰もいなくなった… (中島義道著 角川)を読む。中島義道の著は「対話のない社会」(PHP)を読んで以来気に入っていた。いいにくいことを大胆にいう、きれい事を排するその姿勢に好感を持った。最近彼は次々と本を出している。しかし…。これは後味が悪かった。意図は理解できる。理解した上でげんなりした。きれい事を排し、過激な言説を繰り返すうちに、中島義道は化け物の仲間入りをした。そんな感覚だ。自分の紹介の中から中島義道が好きというのをはずそうかと思う。ここまで来ると、彼を好きという自分の人間性が疑われてしまう。「会話のない…」あたりで止まっていてくれればよかったのだが。彼の立場からすれば、そうもいかないのか。いかないだろうな。

12月 「『相対性理論』を楽しむ本」(佐藤勝彦監修 PHP文庫)

12月 「『量子理論』を楽しむ本」(佐藤勝彦監修 PHP文庫)

 PHP文庫から「『相対性理論』を楽しむ本」と「『量子論』を楽しむ本」がでた。監修・佐藤勝彦という名前に惹かれて買った。インフレーション理論の提唱者として知られる彼が関係する本はとても理解しやすい。内容的には当然新鮮味はないのだが、わかりやすく楽しんで読めた。相対性理論も特殊相対性理論は数式から理解できるようになった。一般まで数式を通して理解できたらどんなに楽しいだろう。「量子論」についても、入門書としては最適の部類ではないだろうか。「相対性理論」と「量子論」、現代物理学の二本の柱といわれるこの理論は、物理に精通していないものにとっても刺激的で面白い(数式を通して全て理解できたら面白さは更に増すだろう)。物理学者だけの面白さに留まっていないというところに魅力を感じる。自分は、自分の作り出す演劇に同様の方向性を求めたい。演劇を知らない人が見ても面白い、しかし、知ってる人が見たらもっと面白い。そんな劇を創りたい(戯曲ではない)。この理論達に触れるたびにその思いを強くする。

12月 「現代の俳句」 平井照敏編 (講談社学術文庫) ★

現代の俳句のアンソロジーである。現代の俳句に触れることができるのがうれしい。映画監督としては全然好きになれない角川春樹の俳句はけっこう好きだ。好きな句が多く見つかったのは鷹羽狩行。

12月 「俳句」百年の問い 夏石番矢編 (講談社学術文庫) 

「俳句とは何か」三十二人の俳論集。富澤赤黄男、高柳重信、金子兜太、中村草田男の俳論が面白かった。

12月 「蝸牛俳句文庫34 加藤楸邨」 

最近は行くに夢中である。加藤楸邨の自然へのまなざし素敵だが、水原秋桜子と比べると…。

12月 「蝸牛俳句文庫13 高柳重信」 ★★

富澤赤黄男とは違って高柳重信の句はどれもが魂に響いてくるわけではない。ただ、彼の俳句に対しての姿勢は共感できる。
彼の句集では最後の句集となった「山川蝉夫句集」が好き。

◆走るなりさうしなければ皆すすき ◆我は少年 刈穂の稲の 夕暮れに ◆われら皆むかし十九や秋の暮

12月 「蝸牛俳句文庫16 富澤赤黄男」 ★★★ 

◆ガラスのコップ 砂漠をよぎる影  ◆蜩がやめば 水色の さざなみ  ◆石の上に 秋の鬼いて火を焚けり
◆一本のマッチをすれば湖は霧 ◆自転車がゆきすぐそのあとを闇がゆく ◆白い幹そのうしろには風ばかり

心の奥が苦しくなるような、そんな魂に響いてくる句が多数存在する。一番好きな俳人だ。

11月 「苦悩する科学」 田近伸和著 ★★ 

第一線で活躍する科学者22人に対してのインタビューである。「カオス理論」「複雑系」に興味を持った。特に面白かったのは「二律背反的思考を超えるカオス理論」というサブタイトルで紹介される金子邦彦のインタビューである。金子邦彦氏の本を早速買った。

11月 「帰ってきたファーブル」 日高敏隆著 ★★ 

読了。自然だけではなく、芸術書、教育書として読んでも魅力的。 「帰ってきたファーブル ー現代生物学方法論ー」日高敏隆著(講談社学術文庫) を読み終える。自然関係、特に博物学を扱った書として大変面白く読んだ。特に自分が今考えている環境哲学にとって非常に有益な書であった。それだけでなく、それを芸術に置き換えることによって芸術論としても有益だし(ただし故意に誤読をしている)、教育論としても非常に面白みのある本であった。「学問というものは役に立たなくっていいんだ」と心から思わせてくれる素敵な書だった。それだけに後でゆっくり感想を書きたい。

11月 「聖なる地球のつどいかな」 ゲーリー・スナイダー+山尾三省 著(山と渓谷社) ★★ 

 「聖なる地球のつどいかな」を読み終える。ゲーリー・スナイダーは面白い。先日、最新作「惑星の未来を想像するものたちへ」が出たのでそれも買って、今日から読み始めた。

11月 「ファーブルの庭」 マルティン・アウアー著(NHK出版) 

 「ファーブルの庭」を読み終える。自分はこの作品にダーウィンとファーブルの対話を期待していた。しかし、作品のほとんどが「昆虫記」と「ファーブルの生涯」(ルグロ)からの引用であった。「昆虫記」も「ファーブルの生涯」も読んでいる自分にとっては、新しい発見にかける書であった。読売の書評を見てインターネットで注文して買ったわけだが、この方法だと中身を見ることができないためこのようなことが起こる。

 11月 「レヴィ=ストロース入門」 小田亮著(ちくま新書) ★

「限られた持ち合わせの雑多な材料と道具を間に合わせで使って、目下の状況で必要なものを作ること」を意味するブリコラージュという考え方に興味を持った。制作費などないに等しい中学校での演劇の創作。これこそまさにブリコラージュなのだから。

11月  「ロシア・アヴァンギャルド2 演劇の十月」 (国書刊行会)

メイエルホリドについて書かれている本を見つけたのでインターネットで注文した。スタニスラフスキー、メイエルホリド、エイゼンシュタインの師弟関係を知って驚きを感じた。

11月 「ロシア・アヴァンギャルド」 亀山郁夫著(岩波新書) ★

メイエルホリドを通してロシア・アバンギャルドに興味を持った。

11月 「カルチュラル・スタディーズ入門」 上野俊哉 / 毛利嘉孝著 (ちくま新書) 

 「カルチュラル・スタディーズ入門」を読み終えた。次のような表現に出会えたことがうれしかった。
◆カルチュラル・スタディーズとは一つの統一した体系をもついわゆる「理論」ではない。ここで、カッコつきの「理論」とは歴史的・地理的特殊性を無視して何でも当てはめることができると考えられている古典的な「理論」として使っているが、カルチュラル・スタディーズはそのような非歴史的な「理論」の構築を目指しているのではないのである。カルチュラル・スタディーズが明らかにしようとしたのは、いかなる「理論」も永遠に普遍的ではありえないことだった。「これまでに、全てを説明した正しい「理論」など存在しただろうか?◆
私たちは「あれかこれか(either/or)」の思考から、矛盾した側面を矛盾のまま合わせをもつ「あれもこれも(both/and)」の思考法を獲得しなければならない。「理論」や「あれもこれも」についての思索は、自分が演劇や環境について考える時に用いようとしていたものだ。

11月 「偽善系」 日垣 隆著 

 「偽善系」を読む。主張は同じだが、その主張に導く方法がひどい。感想は「こちら」に。

10月 「野性の実践」 ゲーりー・スナイダー著 ★★★

  「野性の実践」 ゲーりー・スナイダー著(山と渓谷社)を読み終える。 
バイオリージョナリズムという考え方に非常に共感できる。 感想は「こちら」に。

10月 「自然の権利」 (ロデリック・F・ナッシュ著 ちくま学芸文庫)

  「自然の権利」 ロデリック・F・ナッシュ(ちくま学芸文庫)を読み終える。感想は「こちら」に。

10月 「日本殺人事件」 (山口雅也著 角川文庫) ★

山口雅也の「日本殺人事件」を読む。この人の推理小説は推理小説らしくないところがいい。以前読んだ「ミステリーズ」も面白かった。 この小説の内容は次のようなものだ。 アメリカ人らしき著者が怪しげな資料を使って書いた誤解と誇張に満ちた小説が存在する。アメリカ人の主人公東京茶夢が日本を訪れ、事件を解決する。それに興味を持った山口雅也がそれを翻訳し「日本殺人事件」という探偵小説にして出版したという趣向である。 

虚構である推理小説の虚構性を露わにしたこの話は、きっと作為的という批判を受けるだろ。けど自分はどうもこの作為というやつが好きなのだ。作為と虚構に満ちた不思議な世界は、「鏡の国のアリス」「ツィス」「エロス」の作家・広瀬正の世界に触れたときに似た読後感を与えてくれた。虚構性を露わにした自作とも通底するものがある。 小学生の時にマジックに興味を持った自分は、その時以来ずっと不思議な世界に魅せられ続けている。

10月 「ぼっけえ、きょうてい」 岩井志麻子著

 「ぼっけえ、きょうてい」(岩井志麻子)を読む。第六回日本ホラー大賞を取った作品である。語りの文学、好きです。結末に思ったほど怖さを感じなかったのは、遊女の寝物語を聞きながら遊女に興味を持った男性ほど、遊女に感情移入ができなかったためだと思う。だからといって醜女として描かれているこの遊女ををとびきりの美女にしてしまえば作品は成立しない。 結末を読んで同じ小道具を使った手塚治虫の「ブラックジャック」の一編を思い出した。 この作品を「きょうてい」とは思えたが「ぼっけえ、きょうてい」と思えなかったのは作品の問題ではなく、それを読む私個人の問題か?私がこの遊女に魅力を感じる性格の持ち主なら、ラストは何倍も「きょうてい」ものになっていたはず。

10月 「わたしのグランパ」 筒井康隆著 (文藝春秋)

これが読売文学賞?読みやすかったけど…、楽しかったけど…、読売文学賞ってなに?

10月 「十五少年漂流記」 ジュール・ベルヌ 著

日本では名作と呼ばれているこの作品を今まで読まなかったのは、きっとこの作品が自分を呼んでいなかったから?どうしてこれが名作なのか不明。こんな状況で子供たちが2年間も生きていられるという認識はどこから来るのか。特に誰も病気にかかりもせず、誰も死なない。あまりにも予定調和的。どうやらベルヌ自身もこれを代表作とは思っていないようだが。

9月  「四十六番目の密室」 有栖川有栖著 (講談社文庫)

 これが傑作とはいったいどういうこと。福田和也の評価もまったく当てにならない。「天上の推理小説」「地上の推理小説」の推理小説論は凡庸だ。今だ現れてもいない推理小説だと、馬鹿いっちゃいけない。こんなもの書けるはずない。現れたときそれは地上の推理小説になるのだから。こんな推理小説論にどんな価値があるというのか。「四十六番目」が明らかにならないのも(当然できないわけだが)作者の能力のなさを露呈させている。この手の小説は本当に安易でずるい。

9月 「オイディプス王」ソフォクレス著 (ちくま文庫) ★

これだけの古典に感想を書くなんて…。もっと早く読んでなくてはいけない戯曲であった。

9月 「エレクトラ」 ソフォクレス著 (ちくま文庫) ★

ラストのエレクトラの台詞は立場が違うと意味の捉え方が違っているという、スリリングな言葉の使い方が巧くはまっている。 「オイディプス」は父殺し(意図的ではない)、子殺し(未遂)の物語であり。「エレクトラ」は母殺しの物語である。現在、親殺し、子殺しが世間をにぎわしている。家庭の崩壊、母性の喪失などと叫ばれているが、長い歴史を眺めてみれば現代だけの問題とはいえない。ギリシャの昔から存在している問題なのだ。 

8月 「思考の用語辞典」 中山 元著 (筑摩書房)

哲学の概念を手っ取り早く知るにはとてもよい本だ。たくさんの哲学者の考えが紹介されているところがいい。

8月 「斎藤慎爾全句集」 斎藤慎爾著 (河出書房新社) ★★

「百人一句」を読んだことで俳句に興味が沸き本屋で見つけたこの本を衝動的に買ってしまう。
    ◆抽斗に蛍しまいし夜の火事  ◆万緑やピアノが弾きだす死の主題  ◆一睡やわが身の中の花野行
などなど、気に入った句が数多くある。

8月 「百人一句 俳句とは何か」 高橋睦郎著(中公新書) ★★

この本で俳句の歴史を知ることができた。富澤赤黄男と高柳重信を知ることができたのが最大の収穫だ。

8月 「多文化主義社会の到来」 関根政美著 ★

 「多・文化主義」ではなく「多文化・主義」というラストの結論は説得力がある。そこに至るまでが長すぎる。ラストだけで構成できる本なのだと思う。 

8月 「バイバイ・エンジェル」 笠井潔著 (創元推理文庫)

 現象学を使う日本人の探偵が出てきても、やっぱり他の推理小説と変わらないな。結局都合がよくできているだけとしか思えない。

8月 「セザンヌの画」 内田園生著 ★★

 セザンヌという画家が自分にとってとても大きい存在だということがこの本を読むとわかる。特に絵画理論と自然とのかかわり方という点で。

7月 「暗き天才メイエルホリト」 ユーリー・エラーギン著 (みすず書房)★★★

 訳文はかなりひどいが、メイエルホリトについて知るという意味で立つ本である。メイエルホリトは今まで知った演出家の中で一番自分に近い存在であった。こんな人物がいたとは。彼のことをもっともっと知りたい。

7月 「『「会話』のない社会」 中島義道著 (PHP新書)★★

 大変面白かった。中島義道氏に興味を持った。

7月 「光をもとめて」 蓮實重彦著 ★★★

 アンゲロプロスとダニエル・シュミットのインタビューがとてもよかった。自分の演劇に参考になる意見ばかりだった。

7月 メルロ=ポンティ コレクション(ちくま学芸文庫)

 セザンヌの言葉で使えるものがある。

6月 「二十歳のころ」 立花隆著 ★

 坂本龍一のページが面白い。彼の友達という存在を論じたところなどとても面白い。同感である。

6月 「青春漂流」 立花隆著  ★

この前書きがなんともいえずよい。生徒に紹介したい文章である。

6月 「日本人の不安」を精神分析する 岸田秀著 ★

 本屋でパラパラっとめくったところに面白い考え方が載っていたので買って読んだ。
岸田秀とビートたけしには教育に関しての考え方に共通しているところが多い。

6月  「ミステリーズ」 山口雅也著 (講談社文庫)

 このての手法大好きです。ちょっと変わった風味の推理小説でした。

6月 「おじいちゃん」 ジョン・バーニンガム作 (ほるぷ出版) ★★★

読み終わった後胸が苦しくなる。おじいちゃんがいなくなった後の、主を亡くした椅子の絵。
文章と絵が生きている。押しつけがましくなく、生命の大切さが伝わってくる傑作。

6月  「作家の値打ち」 福田一也著

 一気に読んだ、とても面白かったが、無責任な本だとも思った。福田一也が石原慎太郎に高い点を与え、大江健三郎に極めて低い点を与えるのは、それは個人的な好き嫌いの問題でしょ。ノーベル賞選考委員がそんなお馬鹿さんばかりということはありえないのですよ。

5月 吉田秀和全集3 ★★★

現代音楽とは何かという問を真摯に問いつめた本である。多くの示唆を与えてくれた。音楽だけではなく小説、映画、演劇にも通じる内容であった。

5月 「音、沈黙と測りあえるほどに」 武満徹著 (新潮社) ★★

 素晴らしい本である。しかし、武満徹はこれ以降、次第次第に思索は深くなっていく。一番の本は「時間の園丁」である。

5月  「倫理21」 柄谷行人著 ★

 前半はよくできているが、後半話が天皇制に移ってからは興味を失った。

5月 「世紀末毒談」 ビートたけし 小学館文庫 ★

何が中学生をだめにしているかについてのたけしの意見、面白い。

5月 「やっぱり私は嫌われる」 ビートたけし 新潮文庫 ★

「教育でオレのいいたいこと」の章など痛快である。教育者がいいたくてもいえないことを見事に語っている。

5月  「だから私は嫌われる」 ビートたけし 新潮文庫  ★

嫌われるようなことを書きつつ、愛されてしまうビートたけし。
普通の人ではいいにくいことを、ずけずけ言い、その上で愛されてしまう彼。うらやましい。

5月 「みんな自分がわからない」 ビートたけし 新潮文庫  ★

ビートたけしが書く教育論は、正論だと思うことが多い。教育だってきれい事だけでは成り立たない。でも、それを自分が主張すれば袋叩きにあう。今、苦しんでいる教育者には道徳的で立派な本よりも、こちらの本の方が救いとなってくれるはずだ。

5月 「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」 遙洋子著 ★

面白い。知性がないとケンカができない。いやケンカをするなら知性を使ったケンカをしたいと感じる本であった。

 4月 「ストップ・the・学級崩壊」 とびた貞子著

 いやぁ、どうしようもなくつまらない本であった。校長ともあろうものがはどうしてこうもつまらないものを書くのか、校長だからこんなにつまらないのか。こんなもの読んでどうして学級崩壊がなくなるのだ。当たり前すぎて「馬鹿にしとるんか」と叫びたくなってしまう。卒業式や運動会での来賓の話のような(あくまでも一般的な意味で)、知性の感じられない本であった。 
しかし、現代はこの当たり前すぎることさえも当たり前ではないのだろうか。

4月 「弱者とは何か」 小浜逸郎著 (PHP新書)  ★

言いにくいことを良くいっている。これがいえないようでは本来はいけないのだ。それこそ差別なのだ。

4月  「ヴィトゲンシュタインの知88」 ★

 おもしろい本であった。実証主義の親玉に担ぎ出された前半のヴィトゲンシュタインは好きになれないが、後期ヴィトゲンシュタインの考えはかなり自分と重なるところがある。家族的類似の考えなど。 

4月 「普通の子が壊れてゆく」 千石保著

 教育書としてはなんともつまらない本であった。話の進め方に難がある。ポストモダンの哲学に依拠しながら、言葉を作りだしていくが、その言葉そのものに力が備わっていない。 すぐに消えて行く本となることだろう。

4月 「だからあなたも生き抜いて」 大平光代著 ★

 どういうわけか感動してしまった。とにかく、これが実話であるということはすごいことだ。だからこそ、誰でもこんなことができるわけではない、いや日本にこんな人は一人しかいないから話題になるのだということを理解しなくては。人生を踏み間違えてしまったら、なかなかこうはいかない、しかし、人生を踏み間違えそうな人は、踏み間違うのを思いとどまるかも。そんな意味で大切な本に違いない。 

4月 「ハリー・ポッターと賢者の石」 J.K.ローリング著

児童書としては面白いのだろう。自分としては善悪の区別がはっきりしすぎていてもの足りなかった。同じ児童書でも「はてしない物語」などのような一人の人物が多面体として描かれているものの方が深みがあってよい。「ソフィーの世界」などの方が自分には合っている。しかし、「ソフィーの世界」はエンターテイメントとしては難があるかもしれないが。

3月 「20世紀の思想(マルクスからデリダへ)」 加藤尚武著(PHP新書) 

20世紀の思想をざっーと眺めるにはよい本だったと思う。次は深く知ることだ。

3月 「私の目は死んでいない」 妹尾和弘著 ★★★

高校生が書きつづる思索そのものには新しさも深さも感じないのだが、この取り組みには新しさも深さもある。
教育としての試みに共感した。画期的な取り組みだ。ここから太東中の「心の宇宙」が誕生した。
はっきり言って模倣ではあるが、素晴らしい取り組みはどんどん模倣しつつ自分のものにしていくべきだと思う。
学校が荒れてどうしようもないと感じているのなら、教育の荒廃に心身が疲れ切っているのなら、きれい事満載の道徳的教育書など読まず、これを読むことを薦める。解決のヒントがここにある。 

3月 「相対論対量子論」 メンデル・サックス著

3人の対話の形で考えを深めていく、お互いの違いを尊重しながら、違いを確認していく作業、プラトン、ガリレオが利用した対話篇。この手法はとても理解の助けになる。

3月 「クレーの絵と音楽」 ピエール・ブーレーズ著 筑摩書房  ★

ブーレーズはクレーを評し「技術的な問題を熟考することによって貧しくなるどころか、逆に絶えず豊かになる」と評している。そして、次のようなことを主張する。

◆「私の想像力は実に豊かなので、あらゆるものが努力も意図もなく沸き上がってくる!」と自分でいう人がいる。私はそのような無邪気な想像力を否認する。この種の想像力はせいぜい潤色された記憶の想起に基づいているにすぎない。◆

クレーを愛するものとして、彼が音楽をこよなく愛し、植物を愛した(身近な植物の名前はほとんど言い当てることができたそうだ)ことを知ると、本当にうれしくなる。

3月 「郵便的不安たち」 東浩紀著 朝日新聞社 ★★

彼の処女作「存在論的、郵便的」という本は三分の一まで読んだところで中断されている。哲学の専門用語が解説なく提示されているため内容が理解できなかったためだ。「郵便的不安たち」は「存在論的、郵便的」の発刊記念の講演が収録されており、これを読むことによって「存在的、郵便的」がどんな本なのか少し見えてきた。
この本は「新世紀エヴァンゲリオン」についても語られている。哲学者によるこのアニメへの言及は一読の価値あり。
福田一也の分析も頷ける。知性溢れた素晴らしい批評がここにあると感じた。

2月 「学校はいかにして壊れたか」  諏訪哲二著 (ちくま新書) ★

同様にプロ教師の会のメンバーによって書かれた本。哲学的内容に知性が感じられるが、「生徒は敵である」という内容は同意しかねる。 

2月 「学校崩壊」  河上亮一著 ★

生徒指導なんて自分にあってるとは思えない担当になったことから、このての本ばかり読んでいる。この本はかなりインパクトが強かった。正直いって面白かった。ただ彼の書き方だと書かれている生徒が特定できてしまう。
書かれることになる生徒はそれを望んでいないであろうに。

2月 「量子の謎を解く」 F.A.ウルフ著 (ブルーバックス)

かなり難解。ここまでのレベルに来ると量子論もちょっとつらい。

2月 「クォーク」 南部陽一郎著 (ブルーバックス)

かなり難解。読み通して頭に浮かんだのは ?

2月 「相対論のABC」 福島肇著 (ブルーバックス) ★

この本を読んで初めて特殊相対性理論を式の上で理解することができた。その意味で画期的な本となった。
ますます相対性理論の世界に興味がわいてきた。

 1月 「ハイデガー入門」 青田青嗣著  (講談社選書メチエ) 

どうもハイデッガーは自分にはあっていないらしい。

1月 「フーコー入門」  中山元著(ちくま新書) ★

武満徹がフーコーの哲学に興味を持ったと書いているので、フーコーという哲学者を覗いてみたくなった。「本質」について述べられたことが興味深かった。

1月 「ニーチェ入門」 竹田青嗣 (ちくま新書) ★★

かなり面白い本であった。 ニーチェという哲学者、一つ間違えると恐ろしいことになりそうな何かを秘めている。
パンドラの箱ではないが、蓋を開けたくなる魅力に満ちていると感じた。

1月 「文学批評序説」 蓮實重彦著 (河出文庫) ★

大江健三郎と中上健次について書かれた部分が非常に面白かった。

1月  「枯木灘」 中上健次著  (河出文庫)★★★

凄い作品を読んだという感じだ。暴力を描いたというより、小説そのものが暴力を秘めている。
キレるってある日突然ではないのだよ。これを読みながら、そんなことを感じていた。

1月 「意識の進化とDNA」 柳澤桂子著

まったく同じ考えを持った2人の会話でこれは対話ではない。自分の中の自分による自己内対話でもこうはいかない、自分自身の中にも普通葛藤があるわけだから。なぜこの形式でなくてはいけないかの追求がなされていない。科学者のお遊びでしかない。 
彼女のエッセイはとても楽しく読んだのに。

1月 「学ぶ」から「使う」外国語へ 慶應義塾藤沢キャンパスの実践 関口一郎著(集英社新書) 

慶応大学教授の鈴木孝夫氏の外国語教育に興味を持ったため、同じ慶応大学の関口氏の本を読んでみた。しかし…。鈴木孝夫以上の何かをそこに見つけることはなかった。

1月 「英語達人列伝〜あっぱれ、日本人の英語」 斎藤兆史著(中公新書) ★★★

痛快な書物だ。新渡戸稲造、岡倉天心、斎藤秀三郎、鈴木大拙、白州次郎の生き方、痛快きわまりない。自分の英語を誉められてカチンときた白州次郎のようになりたいと思うのであった。
新しい英語教育に対しての批判・オーラル・コミュニケーション偏重など(「「幣原喜重郎」「岩崎民平」の章)、ディベート批判(「鈴木大拙」の章)など、自分の考えと重なるところが非常に多かった。

1月 「芸術の哲学」 渡邊二郎(ちくま学芸文庫) 

ニーチェ、ハイデッガー、カントの芸術論を論じながら、芸術に哲学的考察を加えている本。ニーチェの芸術論に興味を持った。

Top

Home