こんな本を読んできた1999

こんな本を読んできた2001
こんな本を読んできた2000

★は個人的な興味関心のレベル。★★★が最高。

12月 「アンゲロプロス 沈黙のパルチザン」 ヴァルター・ルグレ著 (フィルム・アート社)★★★

映画監督の中で最も好きなアンゲロプロスについて書かれた本。バイブルになること間違いなし。
かなりの影響を受けた。これほどの衝撃を持つ本を2冊つづけて読めたなんて幸せ。

12月 「部分と全体」 ハイゼンベルク著 ★★★

量子論に興味を持ち、それに大きな影響をもたらしたハイゼンベルクに興味を持った。タイトルは平凡で魅力を感じるものではないが、中身はどうして、凄い本であった。物理学だけではなく、芸術および哲学についての言及が面白いのだ。今年一番影響を受けた本となった。

12月 「物理学の世紀」 佐藤文隆著 (集英社新書) 

 広さは感じても深さを感じない本であった。一般向けの書物なのでそれは致し方ないことだし、こういう本も必要だとは思う。

12月 「超」発想法 野口悠紀雄著

書かれている内容は蓮實重彦著の「知性のために」や「齟齬の誘惑」と変奏である。
詰め込み教育の肯定の姿勢は共感できる。独創など何が独創なのかの区別がつく程度の知性がなくては生まれないのだから。

11月 「現代思想ピープル101」 今村仁司編 ★

この本があったおかげでメイエルホリドを知ることができた。その意味でこの本に感謝しなければならない。
この本にはアルトーも載っている。演出家が思想家の1人として数え上げられた、そんな時代がかつてあったのだと思う。

11月 「齟齬の誘惑」 蓮實重彦著 ★★★

 素晴らしい本だと感じた。これも教育者必読…?

11月   「知性のために」 蓮實重彦著 ★★★

 素晴らしい本だと感じた。蓮實重彦が入学式、卒業式等で話したことが集められている。こんな話が聞ける儀式なら大歓迎(それでも退屈な人は多数存在するはずだが…)。教育者必読…?

11月 「自己内対話」 丸山眞男著

英語の授業での取り組みに自己内対話という言葉を取り入れるようになったのは、この本を読んだことによる。

10月 「熟語集」 中村雄二郎著 (岩波新書)

哲学の用語がわかりやすく書かれている。

10月 「不確定性原理」 都筑卓司著 (ブルーバックス)

 興味を持った量子論の中の不確定性原理、ラプラスの悪魔が壊れていくさまは痛快である。

10月 「10才からの相対性理論」 都筑卓司著(ブルーバックス)

 以前から買ってあったこの本を読んでみた。これだと少しもの足りない。

9月  「図解雑学 量子論」 佐藤勝彦監修 ★

 この本が量子論を説明した中でとりわけ素晴らしいということはないかもしれない。しかし、量子論への扉を開いてくれたのがこの本だったという事実、そんな理由でこの本は素敵な本として記憶に残る。

9月 「図解雑学 相対性理論」 佐藤健二監修

中学1年の頃から興味を持っていた相対性理論。その世界に久しぶりに帰ってきた。なんかとても懐かしい。

9月 「自然保護を問いなおす」 鬼頭秀一著  ★★★

ただ自然保護を訴えるのではいけない。自然保護の歴史を学ばなくてはいけないということを教えてくれる一冊である。守るだけの自然保護はだめだ。人間を視野に入れていない自然保護はだめだ。そんな考えを深めることができた。 

8月 「淀川長治の遺言」 広告批評別冊 ★

淀川氏は爆笑問題との対話で、映画「タイタニック」を見ていない2人に「よかった、あんなの見ないほうが幸せ」といっている。また、キアロスタミの「桜桃の味」を見てないことについて、「死刑だ2人とも、あれを見てないなんて、映画好きなんていえないよ」と笑いながら言っている。ほんと、淀川長治氏と好きな映画の好みがあうのです、僕は。そういえば淀川氏はアンゲロプロスもチャップリンも黒澤明も大好きだった。

8月 「ヴィトゲンシュタイン入門」  永井均著 (ちくま新書)

「論理哲学論考」のヴィトゲンシュタインはどうも好きになれない、それがどうしてかがわかる本。
ただし、後期のヴィトゲンシュタインには惹かれるものがある。なぜ平田オリザは「論考」の方にこだわるのだろう。

7月 「劇的言語」 鈴木忠、中村雄二郎著

演出家による演劇論を無性に読みたくなりこの本を手に入れた。哲学と演劇の結びつきに興味を持った。

6月 「マーラー」 アドルノ著 ★★ (みすず書房)

 最近哲学関係の書や演劇や音楽論を読みまくっている。よい評論家、またはよい演出家は哲学を勉強しているということが分かる。マーラーもニーチェに興味を持っていた。鈴木忠も西洋哲学をよく研究している。哲学の理論を演劇に取り入れている。それは平田オリザも同様であったが…。映画でもタルコフスキーなどは哲学の用語で映画論を語っていた。映画も哲学的である。自分も、そんな芸術家と対等に芸術論を闘わせることができるように哲学と演劇、その他の芸術の勉強をしなくてはならない。 
「否定弁証法」の哲学者アドルノによるマーラーは、大変参考になるものだった。ポリフォニーとは何かということ、それを追求して脚本を書かなくてはいけない。

6月 「マーラーの交響曲」 金子健志著 ★

「森の交響曲」が交響曲形式で創られた作品となるため、交響曲について知りたいと思いマーラー関係の本を3冊買った。
今回は6楽章形式の交響曲となる、6楽章の交響曲というとマーラーの交響曲3番、彼の長大な交響曲を知ることがこの作品を作り上げることのヒントとなる。そう感じたのだ。

6月 「マーラー」 マルク・ヴィニヤル著 (白水社)

全然だめ。とにかく訳文がだめ。参考にならなかった。

6月 「二十世紀音楽入門」  河野保雄著

現代の演劇を書くために現代の音楽理論を知っておきたいと思いこの本を読んだ。
河野氏の書いた内容にはあまり共感しなかったのだが、彼が引用した作曲家の言葉には共感する内容が多かった。

6月 「時間の園丁」 武満徹著 (新潮社) ★★★ 再読

「森の交響曲」作成のため「時間の園丁」を再読する。何度読んでも武満徹は面白い。

6月 「音楽を呼びさますもの」 武満徹著 (新潮社) ★★★ 再読

「森の交響曲」作成のため「音楽を呼びさますもの」を再読する。何度読んでも武満徹は面白い。

5月  「母と神童 五嶋節物語」 奥田昭則著 小学館 ★

五嶋みどりと母、節の親子関係を「森の交響曲」のみどりと響子の親子関係にそっくり使いたいと思っていたときに、この本がでたので飛びついた。
とても参考になった。

5月  バーンスタイン 音楽を生きる 

とにかく最近音楽関係の本を読みまくっている。インタビュアーがバーンスタインの良さを引き出していないと感じた。期待はずれ。

5月 「絶対音感」 最相葉月著 (小学館) ★

五嶋みどりと母の関係について触れられたところに興味を持った。新作を書くためにとても参考になった。

5月 「嬉遊曲、鳴りやまず」 斎藤秀雄の生涯 中丸美え著

斎藤秀雄という存在、日本の音楽教育を語るときに書くことができないその存在。音楽家として、教育者としてのそのひととなりに興味を抱いた。
日本のそうそうたる演奏家を育て、尊敬されると同時に嫌われている彼の存在、そんな存在に惹かれるものがある。

5月 「作曲家の世界」 パウル・ヒンデミット ★★

立ち読みでペラペラ読んでいたらとてもひかれる言葉にあたり、買ってしまった。ヒンデミットの曲はまだ聞いたことはないのだが、彼の作品を聞いてみたくなった。

4月 「知られざる傑作」 バルザック著 (岩波文庫)

バルザックの「知られざる傑作」を読む。老人が描いた絵は、キャンパスにはなかった。これを描いた映画「美しき諍い女」でも、最後に完成された絵は映し出されなかった。壁の中に埋められることによって封印されてしまった。もし、映し出されたならば、観客の想像力はそこでたたれてしまい、想像力の停止が起こる。それではカンヌ映画祭グランプリはとれなかったろう。しかし、映さないで封じ込めるということは作者としては楽をしてはいないか。楽をしてその方が想像力の喚起に繋がるとほめられるのだから良い方法なのかもしれない。しかし、この方法もいい加減、使い古されてはいないか。別の方法があるのではないかと思う。 今回の「森の交響曲」では戯曲はラストシーンまで提示される。観客の心の中に任せることはしない。しかし、「森の交響曲」がそこで終わるわけではない。 

4月 「音楽の余白に」 武満徹著 (新潮社) ★★★

 大変参考になった。武満徹の理論は説得力がある。 彼の文章の鋭さには圧倒される。

4月 「死ぬ瞬間」 キューブラー・ロス著 読売新聞社

いくら新作「森の交響曲」のためとはいえ、これだけ死を見つめる本を続けて読むとなんか気が滅入ってくる。

4月 「よく死ぬことはよく生きることだ」 千葉敦子著 (集英社文庫) ★

乳ガンに倒れたジャーナリスト千葉敦子の本。自分の病気を見つめつつ書き記したこの本には、不思議なほど悲壮感がない。
悲壮感なくここまで書きつづった彼女に畏敬の念を抱く。

 4月 「生死半々」 淀川長治著 ★

またまたこのての本を読む。彼の死生観は素晴らしいの一言。こんな風に生きられたらと思う。

 4月 「死の医学」への序章  柳田邦男著 (新潮文庫) ★

最近、このての本が本棚を飾っている。読んでいて重苦しくなるが、新作のため。
この本も素晴らしい本であった。

 4月 「死の医学」への日記  柳田邦男著  (新潮文庫) ★

「森の交響曲」は「死」を通して「生」を見つめる作品になる。その参考にするために読んだ。
「生きる」ということはどんなことか真剣に考えさせられた。黒沢明の映画を観て以来のことかもしれない。

3月 「日本人はなぜ英語ができないか」 鈴木孝夫著(岩波新書) ★★★

素晴らしい本だった。英語教育の未来を見つめる深い眼差しを感じた。
共感するところが非常に多い本であった。

3月 「医者が末期がん患者になってわかったこと」 岩田隆信著

 「森の交響曲」の参考になるのでは、と思って読んだ。グリオブラストーマという言葉をこの本で知った。「生きる」という意味を考えさせる本であった。 

3月 「医者の夫をがんに奪われて知った愛と真実」 岩田規子著

 「森の交響曲」の参考になるのでは、と思って読んだ。この本からは夫への愛が伝わってこない。

3月 「劇的ルネッサンス 現代演劇は語る」 扇田昭彦編  ★

扇田昭彦による現代演劇人のインタビュー集を神田の古本屋で見つけて買ってきた。だから厳密には現代演劇人へのインタビューではないのかもしれないが、蜷川幸雄や寺山修司の考えは今でも新しいと思うのだが。

3月 「映画狂人日記」 蓮實重彦著 (河出書房)  ★★

大好きな監督テオ・アンゲロプロスとアッバス・キアロスタミが評価されている文章に喜びを感じる。
最近は自分が好きな映画を蓮實重彦だったらどう解釈するかという視点が無意識の中に存在している。

3月 「物には決まったよさはなく…」 吉田秀和著 (読売新聞社) ★★

グレーン・グールドについて書かれたエッセイに次のような文章がある。

◆この人は、バッハやベートーヴェンがすでに作ってしまった作品を楽譜に沿って音にしているというのでなく、他人の曲を演奏するのと自分の音楽をつくり出すのとが、二つでなく、一つになっているのを身を以て実行しているのを知る。◆
◆私たちは、グールドを通じてバッハの音楽がいま新しく誕生しているのだという、逆説的真実に立ちあう◆

脚本と演出(上演)の関係もこうあるべきなのだと思った。

2月 「タルコフスキー好き イメージフォーラムNo.80」 ★★

タルコフスキーに捧げられた本。でも一番面白かったのはタルコフスキーへのインタビューであった。

2月 「タルコフスキーの世界」 アネッタ・ミハイロヴナ・サンドレル編  ★★

タルコフスキーは以前から大好きだったのだが、「タルコフスキー日記」を読みその存在は揺るぎないものとなった。
この本を読み更にタルコフスキーが好きになった。

2月  「タルコフスキー日記」 ★★

 「タルコフスキー日記」を読む。政府の圧力と闘い、いかに映画を作っていったかの闘いの記録である。どうして、優秀な作家ほど創作が困難なのだろう。黒沢も後年、映画を作るのが困難だったが、タルコフスキーはそれ以上だ。黒沢が日本より世界で認められたように、タルコフスキーもソビエトではまったく相手にされなかった。いや相手にされていたのだ。ソビエトはその芸術を恐れていたのだ。そのエネルギーは本当にすごい。タルコフスキー日記を読むと賞を取ることは必要なのだと感じる。

 2月 「新しい文学のために」 大江健三郎著 (岩波新書)

大江健三郎のこの本を一日で読んでしまった。ミラン・クンデラ等を強く意識していることがわかる。引用がおおいのだが、その引用が今ひとつうまく作用していない感じがした。それは、「私という作家の作り方」を読んだときにも感じたことだ。大江健三郎の戦略は非常に参考になるのだが、どうも、自分の求めている世界とは違うような気がしてならない。 

2月 「百年の孤独」 ガルシア・マルケス著 ★★★

「百年の孤独」をついに読了する。最初の方はもう一度読み直す必要がありそうだ。はじめのうちはこの本の本当の面白さを理解していなかった。最後まで読んでこの本の素晴らしさが理解できる。いくつかの印象的なシーンを記憶にとどめておく必要がある。 

2月 「ガリレイの生涯」 ブレヒト著

ブレヒト作品の中では面白い方だった。

 2月 「セツィアンの善人」 ブレヒト著

 ブレヒトの代表作を戯曲で読む。寓話劇である。観客に最後の解釈は委ねられるというが、作者の意図は見えている。善人だけでは生きられないということだ。すごい劇という感想はとても持てない。神が現れるということで、子供の劇のような印象を持つこと、それが拭いきれない。理論は素晴らしいが実践としては素晴らしいとはとても思えないのだ。千田是也の訳の問題なのだろうか。それだけではないと思う。 

1月 「文学部唯野教授のサブテキスト」  筒井康隆著

「一杯のかけそば」批判は楽しい。はじめから大嫌いだった「一杯のかけそば」。あんな偽物に踊らされていた大衆というのはなんなのだろう。あれだから、道徳的な話は眉唾なのだ。道徳臭があるものは要注意だ。

1月 「文学部唯野教授」 筒井康隆著

 「文学部唯野教授」のシニフィエとシニフィアン。あれは、あのままではいけないのではないか。ここで文学理論を覚えるものは間違ったまま理解してしまう。

  1月 「神童」 

「森の交響曲」の参考に読んだ。手塚賞受賞のこの作品、五嶋みどりの世界を素に作り上げた凡庸な作品としか思えなかった。

 1月 ゴーマニズム宣言「戦争論」 小林よしのり著

 いいたいことは分かる(共感するということではない)。だだし、形容詞を使いすぎ。事実を伝えようとするには形容詞は極力排除する方向性を持つべきではないか。漫画というものは、けっこう恐ろしい力を有することがわかる。この本に説得力があることは認めないわけにはいかないだろう。
太東中生でも夢中になっているものもいるようだし。

 1月 「ゆき」 ユリ・シュルヴィッツ作 (あすなろ書房) ★

きれいな絵本である。幻想的だ。しかし、よい絵本の多くがこのパターンの変奏曲であることが気になる。
でも…好き。この作家の「よあけ」も美しい作品だった。さりげなく温かいところがいい。

 1月 「肝っ玉おっ母とその子供たち」 ブレヒト著 

戦争を否定しながら、戦争なしでは生きていけない家族を描いている。しかし、一つ気になるのは、肝っ玉が始まり早々誰が死んでいくということをトランプ占いで予言してしまい、それがことごとく当たってしまうことだ。これが、この物語に入り込むのを拒む原因の一つになっている。 ブレヒトが決定論を劇に持ち込むとは。これではブレヒトが揶揄しているオディプスと同じ方向性をもたせてしまっているではないか。

1月 「演劇入門」 平田オリザ著 ★

これも読んでいて「違う、違う、違う」と叫び続けてしまう本。でも、「嫌いだ」と捨てておくことはできないものがある。
表現したいという気持ちには共感が持てるし。
自分の演劇に対しての考えをしっかりしておこうという決心をさせてくれたという意味で大切な本である。

1月 「現代口語演劇のために」 平田オリザ著 ★

読んでいて「違う、違う、違う」と叫び続けてしまう本。でも、「嫌いだ」と捨てておくことはできないものがある。

 

Top

Home