『ドラマ・スキル』の著者、レスリー・クリステンが行っているドラマの授業は実に多様だ。「数字で集まれ」「リーダー当て」などのゲーム、即興、リラクゼーションとビジュアライゼーション、マイムのエクササイズ、テコンドーのエクササイズ、『七人の侍』や『黄金狂時代』などの名画をみること、劇のプロデュースとその上演(上演劇はシェークスピア作『夏の夜の夢』)等々。

クリステンはこのような多様な取り組みをどのような考えのもとに行っているのか?彼女はこの著書の前書きに次のようなことを書いている。

芸術を創造性や自己表現と同一視するとらえ方は、主要教科を一生懸命に学ぶ代償として生徒達に提供される「息抜き」としての位置づけを与えてしまいました。さらには、芸術、中でも特にドラマは、主要教科のクラスにはついていけないような子どもたちにとってこそ価値があると思われています。しかしながら、芸術の一つであるドラマは、独特の能力を使う活動なのです。

クリステンは、ドラマの教育を「息抜き」ではなく、独特の能力を使う活動であると認識している。そして、ドラマの教育が主要な教科として位置づけられるべきだと主張する。彼女はただエクササイズを思いつくまま羅列するのではなく、熟考されたシラバスのもと、一つ一つのエクササイズが子どもたちの何を伸ばそうとしたものなのか、またその取り組みの中で教師はどんなことに気を配ったらよいかを、明確に語っている。

クリステンは『ドラマ・スキル』をきわめて個人的なドラマのとらえ方(人間をトータルなものとしてとらえるホリスティックな教育の観点)にもとづいて書いたと述べている。この著作の中で彼女がトータルなものとしてとらえているのは人間だけではない。ページの隅々にまで、トータルでとらえる眼差しが注がれているといってよいだろう。
 「ものごとをトータルでとらえようとする眼差し」とは、「影の部分を排することによって、ものごとを限定する眼差し」の対極となるものだ。著者がル=グウィン作『ゲド戦記』やゴールディング作『蠅の王』をレッスンに取り入れているのも、これらのドラマが人の影の部分をしっかりみつめて書かれているところに惹かれたためであろう。
 クリステンはドラマの教育も同様の眼差しで見つめている。彼女は劇を上演する過程でのうまくいかなかった点も正直に告白をしている。しかし、そのマイナス面だけを見つめ、台本の存在や観客の前で劇を上演することを、子どもたちの自由な発想や創造的な表現を妨げるものとして排除することはしない。

この著作の原題はDrama Skills for Life(生きていくのに必要なドラマのスキル)である。この著作は「ドラマの教育は、すべての子どもたちの生きる力を引き出すという点で大変有効である」という考え方で貫かれているが、それは演教連が主張している「すべての子どもにドラマの教育を!」というメッセージと重なりをもつものだ。

「生きる力」の必要性を打ち出しながらも閉塞状況に陥っている現代日本の教育に、ドラマの教育は風穴を開けることのできるものであることをクリステンは実践を通して力強く語っている。