中学生が演じることで 輝く劇を求めて

七つ森

管理人・斉藤俊雄
昭和35年生まれ。大学時代はマジック研究会に所属。プロのマジシャンと交流を持ち、学生マジシャン代表の一人としてステージに立ったこともある。劇の構成にマジック的な発想があるのはその影響である。 昭和58年に中学校の教員となり、教員2年目から演劇部の顧問となる。翌年から創作を始め現在に至る。教科は英語。日本野鳥の会会員、緑・花文化の認定試験1級。

  脚本・シナリオの受賞歴(最終選考に残ったものも含めて)

  • 夏休み  第16回創作テレビ脚本公募(NHK後援)佳作一席(第2位) (応募数682篇)   「夏休み」選考までの過程を見るには ここをクリック(「シナリオ・マガジン ドラマ1991年11月号」掲載)
  • 降るような星空  1993年子どもが上演する劇 脚本募集 特選・晩成書房戯曲賞
  • 春一番  2008年子どもが上演する劇 脚本募集 入選  
  • 青空    2007年子どもが上演する劇 脚本募集 入選
  • ずっとそばにいるよ 2016関東中学校演劇コンクール 創作脚本賞
  • アトム    2014関東中学校演劇コンクール 創作脚本賞
  • ふるさと    2012関東中学校演劇コンクール 創作脚本賞
  • 化鳥伝説  1996年子どもが上演する劇 脚本募集 入選
  • 遙かなりわが地球 1994年子どもが上演する劇 脚本募集 入選
  • ときめきよろめきフォトグラフ フジテレビヤングシナリオ大賞最終選考(最後の9人 応募数1849篇)
  • LOVE   第44回埼玉県高等学校演劇中央大会 創作脚本賞
  • 山姥伝説   神奈川芸術祭第15回演劇脚本コンクール最終選考   ※「山姥伝説」は現在「赤と青のレクイエム」という題で上演している。

演劇部関係・劇

  • 2015第13回関東中学校演劇コンクール 銀賞 『ずっとそばにいるよ』作・斉藤俊雄 (久喜市立太東中学校)
  • 2015第12回関東中学校演劇コンクール 銀賞 『Happy Birthday』作・斉藤俊雄 (久喜市立太東中学校)
  • 2014第11回関東中学校演劇コンクール 金賞全国大会推薦校 『アトム』作・斉藤俊雄 (久喜市立太東中学校)
  • 2012第9回関東中学校演劇コンクール 金賞全国大会推薦校 『ふるさと』作・斉藤俊雄 (久喜市立久喜中学校)
  • 2011第8回関東中学校演劇コンクール 会長賞 『とも』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
    ※東日本大震災のためコンクールは中止。すべての出場校が会長賞を受賞。
  • 2010第7回関東中学校演劇コンクール 金賞 『七つ森』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
    ※この年から賞が金賞・銀賞・銅賞に変更となる
  • 2009第6回関東中学校演劇コンクール 優秀賞 『ザネリ』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
  • 2008第5回関東中学校演劇コンクール 最優秀賞 『春一番』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
  • 2007第4回関東中学校演劇コンクール 優秀賞 『降るような星空』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
  • 2006第3回関東中学校演劇コンクール 最優秀賞 『青空』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
  • 2005第2回関東中学校演劇コンクール 優秀賞 『なっちゃんの夏』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
  • 2004第1回関東中学校演劇コンクール 最優秀賞 『ときめきよろめきフォトグラフ』作・斉藤俊雄(久喜市立久喜中学校)
  • 彩の国青少年グローリー賞受賞 (久喜市立太東中学校)

演劇部関係・ジャズダンスコンテスト

  • 第3回さいたま芸術文化祭ジャズダンスコンテスト部門 「ラグ・タイム・ダンス」埼玉県知事賞 (蓮田市立黒浜中学校)
  • 第4回さいたま芸術文化祭ジャズダンスコンテスト部門 「サンダーストーム埼玉県教育長賞 (久喜市立太東中学校)
  • 第2回さいたま芸術文化祭ジャズダンスコンテスト部門 「ザ・カムイ」 北川辺教育長賞(蓮田市立黒浜中学校)

自作脚本集

  • 斉藤俊雄脚本集「夏休み〜シリーズ七つ森の子どもたち〜」
    「夏休み」 
    「青空」
    「なっちゃんの夏」
    「ときめきよろめきフォトグラフ」
    「降るような星空」
    「春一番」
    「斉藤俊雄作品集 夏休み」後書き  春一番が吹いた日に〜後書きのためのインタビュー〜 
          晩成書房 2009年3月出版  
  • 斉藤俊雄作品集2「七つ森〜シリーズ・七つ森の子どもたち〜
     『七つ森』
     『とも』
     『ザネリ』
     『怪談の多い料理店』
     『魔術』
     『森の交響曲(シンフォニー)』
          晩成書房 2011年11月出版
  • 斉藤俊雄作品集3「ふるさと〜シリーズ・七つ森の子どもたち〜」  
     「ふるさと」  
     「アトム」
     「Happy Birthday」  
     「赤と青のレクイエム」
     「夏休み」〜戦後七十年改訂バージョン〜【戦争三部作】
     「私の青空」〜「青空」 戦後七十年バージョン〜【戦争三部作】
     「ずっとそばにいるよ」【戦争三部作】
          晩成書房 2016年6月出版

演劇指導・上演劇DVD◆詳しくはジャパンライム社の演劇サイトで

  • 『感情に台詞を乗せる!即興を活かした演劇指導術   
         〜久喜中演劇部・斉藤俊雄先生の取り組み〜』
      ジャパンライム社から2011年6月に発売
  • 斉藤俊雄の 私の脚本のつくりかた教えます
     〜演出の可能性を引き出す!学校演劇のための脚本づくり〜」
    ジャパンライム社から2012年10月18日に発売
  • Live 中学校演劇シリーズ 舞台「ふるさと」
              (作・斉藤俊雄 上演・久喜中学校演劇部)
     ジャパンライム社から2012年10月18日に発売

演劇脚本集収録脚本集・雑誌

  • 演劇と教育No.447 (晩成書房・1993.7) 「降るような星空」子どもが上演する劇 脚本募集・ 晩成書房戯曲賞・特選作品として
  • 演劇と教育No.451(晩成書房・1993.11) 「狐」脚色 南吉童話を劇化する。
  • 演劇と教育No.462 (晩成書房・1994.9) 「遙かなりわが地球」子どもが上演する劇 脚本募集入選作品として
  • 演劇と教育No.475 (晩成書房・1995.8.9)「森の交響曲」脚本と実践記録(ただしこの実践記録は斉藤が突然入院したため、 電話で話した内容をかめおかゆみこさんがまとめたものである )
  • 演劇と教育No.487 (晩成書房・1996.10)「化鳥伝説」(上) 子どもが上演する劇 脚本募集 入選作品として
  • 演劇と教育No.488 (晩成書房・1996.11)「化鳥伝説」(下) 子どもが上演する劇 脚本募集 入選作品として
  • 演劇と教育No.538 (晩成書房・2001.10) 「雪物語」 子どもが上演する劇 脚本募集 準入選作品として
  • 演劇と教育(晩成書房2004年10月号)「ときめきよろめきフォトグラフ」
  • 演劇と教育(晩成書房・2005年10月号)「なっちゃんの夏」子どもが上演する劇 脚本募集 準入選作品として 
  • 演劇と教育(晩成書房・2007年8+9月号)「青空」 子どもが上演する劇 脚本募集 入選作品として
  • 「中学生のドラマ7(晩成書房2006年) 」「ときめきよろめきフォトグラフ」収録
  • 演劇と教育(晩成書房・2008.10月号)「春一番」 子どもが上演する劇 脚本募集 入選作品として
  • 最新中学校創作脚本集2009(晩成書房・2009年3月)「ザネリ」 収録
  • 『中学校たのしい劇脚本集 英語劇付T』(国土社、日本演劇教育連盟・編 2010年)「魔術」 収録
  • 『中学校たのしい劇脚本集 英語劇付V』(国土社、日本演劇教育連盟・編 2011年)「七つ森」 収録
  • 演劇と教育(晩成書房・2012.4月号)「ふるさと」
  • 「中学生のドラマ10 絆 北から南から」( (晩成書房2012年)「ふるさと」収録
  • 演劇と教育(晩成書房・2013.6月号)「応援歌」
  • 最新中学校創作脚本集2014(晩成書房・2015年3月)「アトム」収録
  • 最新中学校創作脚本集2014(晩成書房・2016年3月)「Happy Birthday」収録

演劇関係・エッセイ、インタビュー、受賞関連記事

  • シナリオ・マガジン ドラマ1991年11月号 (映人社)  創作テレビドラマ脚本公募受賞作発表
          「夏休み」佳作一席受賞  作者の言葉と選考過程  
  • シナリオ・マガジン ドラマ1994年2月号  (映人社)フジテレビヤングシナリオ大賞受賞作発表    
          「ときめきよろめきフォトグラフ」の最終選考に残るまでの選考過程と批評。
  • 宮澤賢治童話劇場2「銀河鉄道の夜」(1996 国土社) 川村光夫・作「銀河鉄道の夜への旅」の解説と演出ノートを担当
  • 演劇と教育No.556 (晩成書房・2003.7)『ドラマ・スキル』(レスリー・クリステン著)の書評
  • 演劇と教育(晩成書房・2004年1+2月号)エッセイ「Yesから見つめる子どもの上演劇」
  • 演劇と教育(晩成書房・2009年8+9月号) エッセイ 「春一番に向かって歩く」
  • 演劇と教育(晩成書房2011年10月号) 架空脚本講座「子どものための脚本の書き方〜七つ森の子どもたちを通して〜」
  • 日本照明家協会雑誌 2012年5月号 巻頭特集 インタビュー
  • 久喜 地域みっちゃく生活情報誌 クッキーズ2016年7月号 巻頭特集・中学生演劇の輝き 久喜市立太東中学校