校長講話・折にふれての話題

  

   ぼくの前に道はない
   ぼくのうしろに道はできる


  高村光太郎は「道程」の詩の中に、道のないところに「一歩一歩」切り開いていく、前向きの姿勢の大切さを歌っています。

  これまでは、ご両親、先生方に人としての道を示していただくことが多かったはずですが、 これからは助言を頂きながら、目標を立てて、自分の力で道を切り開いてください。 そのためにも、何か一つ自分の青春を打ち込むものを持つことは、将来のためにきわめて大事なことであると思います。

 それは自分の心にしっかりした核をつくることになります。
 核というのは、いわば雪だるまのシンのようなものであって、そのシンができておれば、はじめはすこしずつしか雪がつきませんが、 だんだんそれ自身に重みがつき、表面積が広くなってゆくにつれて、面白いように大きくなっていくものです。
 
 人生のこと、まさに雪だるまの原理と同様です。
 
 人生の岐路とも言える青年時代に一つの夢を持たずに右に走り、左に転んだりして かんじんのシンを創ることを忘れてしまったら、いつまでたっても人間的に成長するチャンスを失ったも同然です。

 昔から、「一芸に秀ずれば万芸に通ず」といいます。 そんな道が切り開かれますように期待しています。

1.正月、元旦、門松

 「もういくつねるとお正月」という歌がありますが、そういう時期になりました。そこで今日は、そのお正月を迎える心の準備にと思って正月に関するお話をしましょう。

 1月を正月、すなわち「正しい月」とするのは、中国の考え方であって「この月がすべての始まり」と考えました。 特に1月1日を元旦というのは、元は初めですね。すなわち、元に立ち返って再出発という考え方なのです。何かあって道に迷った時は、初めに返れと言われます。人生も同じなのです。

 生産歴の最初である元日を迎えるためにまずなにをするかというと、一番大切なのは家全体を清潔にすることです。なぜ、家を清めなければならないかというと、神様をお迎えすることです。大晦日に大掃除をするのは、このためなのです。更に、大晦日にお風呂に入ってからだを清め、新しい着物に着替えたりするのは、おしゃれのためではなく、新しい年に神様をお迎えするためだったのです。

 正月にはお家によっては、門松を見ることができますが、あの門松は、元日に降りておいでになる神様のための道標なのです。
なぜ門松に松を使うかというと、松ヤニをアルコールに浸して、松酒にして呑むと血圧を下げると言われ、そのような意味から松は不老長寿の薬で、めでたい水だと思われていたからです。

 まもなくやってくる、新しい年が、「今年もよい年」になるように、あるいは「今年こそよい年」になるように、また新しい出発ができるように祈っています。

3.お年玉

 新年おめでとうございます。お年玉、もらいましたか。
 これからお年玉の由来を話しましょう。

 現在は、お年玉というとお金をもらうことを指しますが、昔は魂をあげることを指したのです。この魂を丸餅につけてあげたのです。正月には、互いにこの魂を贈りって、お互いを幸せにしようというのです。こういう人間関係で、年が始まる国は日本だけではないかといわれています。本当によい伝統を持った国だと思います。
そこで年のはじめですので、みなさんへのお年玉にと思い、お話をします。
人間は作りかえることができるという話です。

 私の子どもの頃のブドウといえば、みんな種子があり食べにくかったことを覚えています。やがて苦心して研究した成果でしょう、種のないブドウが生まれました。

  また私たちが毎日食べているお米のなる稲も、もとは熱い南の国の植物だったのです。それを長い年月、大勢の人たちの研究が、寒い北海道でも実るように変えてきたのです。
 人間の工夫や努力によって作り変えられたものはブドウや稲ばかりではありません。私たち人間も作り替えることができるはずです。新たな気持ちでお年玉を育てることです。今がその絶好の機会です。
新しい年の門出に当たって、努力によって新しい自分に作りかえることができる年になれますように。

4.お芽でとう

   みなさん、進級お芽でとう

みなさんは多くの人からも「お芽でとう」といわれましたね。
「お芽でとう」ってなんでしょう。

 みなさんはこれまでに草花の種子を蒔いたり、球根を植えたことがありますか? 最初に土の上に出てきたものは、何が出たといいますか。芽が出たといいますね。
「お芽でとう」は立派に成長して芽が出てきたと言うことです。 芽が出たということは素晴らしいことです。 芽が出なかったら、大きくはなれずに枯れてしまいます。

 緑色をした芽は、はじめは小さいけれど、これから大空に向かって伸びていく大きな力があります。だからやがて葉がいっぱいになり、そして花が咲いて種子や実がなるのです。

 今日のみなさんはちょうどこの植物の木の枝から出た新しい芽のようなものです。 これから、この新しい芽の力で、ひとまわりもふたまわりも大きくなれるはずです。 芽というものは、そんな素晴らしい力を持っています。みなさんもこの目の同じ素晴らしい力がそなわったということです。だから「お芽でとう」です。

  しかし、努力しないと決して芽は伸びません。 努力することを心に誓って、今日から出発しましょう。

5.未来に生きる心  

  4月1日のエーブリールフールには、その人の豊かさを表す、楽しい嘘がつけましたか。 ところで、面白いことに四月一日と書く苗字の方がいます。なんと読みますか?「わたぬき」と読みます。着物には「一重(ひとえ)」、「袷(あわせ)」、「綿入れ」とありました。

  季節の変わり目で、「綿入れ」から「袷」に変わります。その時に「わたぬき」になるのです。 気分を一新して、素晴らしい1年にするためのお話をします。 みなさんは、東京タワーをご存じですね。この土台を建築中のお話です。

  ある人が、そこで働いている大工さんの一人に「どうです、やりがいがありますか」と尋ねました。さてみなさんだったらどう答えますか? 大工さんは、 「まあ、こうやって仕事があるんだからいいようなものの、やっぱり競馬や競輪をやっている方が楽しいね。大きな声じゃ言えねえが要領よくやるにかぎるね。適当にサボっていれば、一日たつからね」という返事が返ってきました。

  更にもう一人の大工さんに同じように尋ねました。すると 「やりがいがありますね。なぜって、ご覧なさい。僕が今こうやって土を掘ったり運んだりしている場所に、世界で一番高い東京タワーが建つんですからね。日本中の人が東京タワーに登るでしょう。世界中からもいろんな人が来て、登るでしょう。その土台を創るんだと思うとやりがいがありますよ。もし子どもができたら、その子どもに胸を張って言ってやれますよ」 と打てば響くように、彼は誇らしげに語ってくれたということです。

  これは同じ仕事でも、ものの見方、考え方によって、明るく見ることもできる、更に出発にああたっての考え方の違いが、後に大きな違いになることを物語っているように思います。 さて、みなさんのこれからの毎日の生活を明るく充実させるのも、素晴らしい未来を生み台のも、まさに出発に当たっての心次第です。心して出発してください。

第1章親と新任教師の参考に

(1)担任の決まる日 ある心理学関係の図書の「担任の決まる日」という所に、こんなことが書いてあった。「教師である私にとっては別に何とも思わないこと…。つまり、学級担任は学校長の指示通りに決まり、それを子供に伝えると言った事が子供達や親達にとっては、大問題なのである。親や子供にとっては、義務教育でなく権利教育である。それにもかかわらず、担任を選ぶ事は出来ない。(親は担任を選びたい心境である)」 この事は相手の心を先ず謙虚に理解してこそ、父母の負託に答えられることになる。又、続いて「僕は先生が大好きだ」という気持が生まれなければ、そこには教育はない。子供が教師を好きになれば、その教師を信頼します。お互いの信頼関係によって子供の力は十分に発揮され、次第に自信が出てくる。担任が替わって急に成長したり、反対になったりする例もある。 別の本に、磁石は鉄を引きつける。何にも目には見えないけれど、見えない力が引きつける。教師が生徒と父母を引きつける。それは教師の誠実な熱意が目に見えない力となって、引きつけるのではないでしょうか。出会いを先ずは大切に。

(2)親の役割 校庭の花壇には、色とりどりの花が咲いています。この花は、寒の内は母のふところの様な土壌に守られてきました。そして今は、春の暖かい日射しを受けて、花を咲かせています。人の心の花が開くのも、この自然の姿と同じだろうと思います。土壌や太陽の役割を果たすのが親であり、その他、地域の方々であります。その為に心得ておきたいことの一部をお話します。 ★教えられた話(三浦綾子「あさっての風」より) 「あたしね、先生も、そりゃすごく大事だと思うわ。でもね、あたし、小学校から、中学三年まで受け持ちの先生が八回も替わったの。それである時、ひょいと考えたんだけど、先生が八回替わったって、非行少女にならないけど、これが、万一お父さんか、お母さんが八回も替わったなら、どんな事になったかしら…」 「なる程、おれなんか、お母さんが一回替わっているけれど、それでだいぶグレちゃったもんな!」 「やっぱり、あたしたち、親がチャンとしてなけりゃだめネ。そりゃ、勉強は学校で教えてもらえるけどサ、でも、家に帰ってお父さんとお母さんがケンカをしていたら、ゆううつになっちゃう」 「僕もそうだ。家のおやじとおふくろは、一日に一度はケンカするんだ。帰りが遅いとか、御飯がうまくないとか言ってさ。あんまりケンカすると、遺言を書いて死んでやるか!という気持になる事があるよ」 「なーんだ、おれと同じだな。おれも親のけんかが一番いやだ。少し位厳しくされてもいいから、親が仲良くしていてくれたら、一番いいな」 「そうよネ、あたしねえ、先生の中でも尊敬できない人がいるけど、自分の親が尊敬できないってもっといやだわ。お父さんはただガミガミ怒るだけだし、お母さんは親戚や近所の悪口を言うしか能がないと思うと、つまんなくなっちゃう」 「だけど、友達のお父さん、お母さんって立派に見えるなあー。俺には、それが一番羨ましいんだよ」 以上の話、つくづく教えられたことであった。子供にとって、母親は暖かい大地のような、存在である。常に、自らの小舟をつないでいる根拠地でもある。

(3)母親は我が子を一生受け持つ先生 知識を与える事を中心に教育するのが学校教育です。教育の基礎になる大切な人間教育は母さんです。先生といえば、学校の先生と思い込んでいらっしゃったお母さん、子供にとって一番大切な先生は、お母さん自身です。お母さんという先生は、誰かに替わることが出来ない。子供にとって、まさにかけがえのない先生なのです。 一人のよき母親は、百人の教師に匹敵する。母親のふところに道徳の源泉がある。親になるのはやさしいが、親であるほど難しい事業はない。一生懸命本当の親になろうと、自分を教育している時だけが、子供を教育することができる。

(4)誉めることから 子供に対しては、まず誉める事から始めるべきである。人間にとって、大切な事は、誇りを持たせる事です。子供は自分が誉められる事によって、いい気分になるだけでなく、むしろ、他人の美点について、目の利く人間になって欲しいのです。子供を奮起させるつもりで、「あなたは駄目だったねえ」とか、「こんなことでどうするの!将来どうなるのか、お先まっ暗ね」などの母親の言い方ほど、子供を駄目にする。

(5)プライド 子供はプライドで伸びる。子供のプライドを傷つけると、伸び方がにぶくなる。家庭では、子供のプライドを育てる努力が必要である。プライドを失わせることは、自信を失わせる事になる。

(6)上手な叱り方、誉め方 上手な叱りは、子供が叱られたと思っている時は、余り強く言わない事である。子供は、一層反省し、再び失敗を繰り返すまいとするだろう。子供自身が悪と思っているのに、親がくどくど言うと、その事に腹を立て、子供は自分が悪かったという反省が消えてしまう。 上手な誉め方は、結果を問題とせず、子供の努力を大いに認めてやることである。 こうした親の扱い方が、子供の人格を良くも悪くも形づくっていく。

(7)美しい心 人々の長所が見える事は、見る人の心が美しいから見えるもの。子供の長所を見ただけで、これを認めてやることから、積極的な性格が伸びて行くのです。欲の深い人ほどよく怒る。

(8)他人の美点 他人の美点の解るのは、才能である。他人の悪い点に気がつくのは、どんな凡人にもできる。

(9)だめな子 だめな子だと思ったら、親たるもの、一層舌によりをかけて誉める事なのである。

(10)誉められた事のない青年 誉められた事のない青年の多くは、秀才でもないだろうが、決して人並み外れた鈍才でもない。普通の青年である。本当の鈍才は誉められるチャンスを待っている。問題は多数を占める、中間層である。つまり、我々の子供達である。 彼らを日向に出してやるか、劣等感につけて日陰に出すかで、良くも、悪くもなる。

(11)北風と太陽 北風と太陽の話は誰でも知っている。北風が吹き飛ばそうとしてうまくいかなかったが、ポカポカと暖かくするだけで、旅人はさっさと着ている物を脱いだ。 これまでの教育は、北風のやり方をとってきた。太陽のやり方は、顧みられなかった。これからは、太陽の原理を取り入れなくてはならない。

(12)すぐれた教育者になった吉田松陰 幕末の長州で、松下村塾を開いて多くの人材を育てた吉田松陰。 伊藤博文も門下生でしたが、松陰は彼の才能を余り評価しなかった。しかし、彼は一つだけ妙な才能があるのに気が付いた。それは、手紙にも残っていますが、「伊藤はだいたい人物ではないが、周旋の才能がある」ということです。 周旋の才能と言うのは、政治家として、最も必要な才能で、それを見ていた松陰はさすがです。後に、明治の大政治家になった門下生は、殆ど誉められています。

(13)過剰期待
教育は人である。を余り強調する立場を取りたくない。先生が万能論に陥る危険がある。教育は人であるを言い過ぎると、先生への過剰期待が生まれる。たちまち、学校非難に転ずるものである。

(14)さし木
さし木をする時に、水を与え過ぎると、決して根を張らない事がある。ところが、水を控えめに与えると、根を張ってくる。人間の成長も同じ。

(15)乞食根性
乞食感情は誰にでもある。それは、ある意味では自然なものである。しかし、それが一つだけ困る点がある。それは「人間は、人からもらう立場にいる限り、決して満足する事もなく、幸福にもなれない」、という現実である。 人間は病人であろうが、子供であろうが、老人であろうが、他人に与える立場になった時、初めて充ち足りる。老人の不幸は、「してもらえない、くれ方が足りない」と言うばかりである。

(16)道草
歩いて帰る子供につきものの、道草というものは実に大切な世界を持っていたのである。子供は、そこでターザンのように、自然を扱うことを覚えるのである。或いは、町を見ながら、歩くことによって自然と人々の生活と、特には心にも触れ得たのであった。雨の日の道草は、晴れた日の道草より、更に面白かった。 私達は長靴で、できるだけ深い水溜まりを進んで渡った。或いは、泥水の流れを板切れでせき止めようとした。 今の親達は、子供からそのような夢を奪うのである。

(17)まいりました
或る先生が、「まいりました」と言える人間にならなければ、とおっしゃいました。私もそう思う。「まいりました」と優れた人物に向かって頭を下げられる人は、実は勝ったように見える人間より、強い場合が多い。 勝つこともよいが、堂々と負けられる人間が好きである。

(18)労働者
教育にたずさわる人が、労働者だと宣言された人に、先生に期待するものは、技術教育だけ、人間教育なんて、とんでもない。

(19)教育ママ
教育ママは太陽の如くでなけらばならない。暖かい光を当て、それによって、若い芽がすくすく成長する。

(20)お手本は高すぎない
最初から、余りお手本を高く示すのは、禁物なんです。モデルはなるべく、身近な自分と距離がない方がよい。

[付1]肌のふれあいと大脳
〇教育ということは、教える先生と教えられる子供の間に連帯があって、初めて可能です。心の連帯は肌の触れ合いです。 〇低学年の子供を叱る場合には、子供の手を握りしめて、叱りたい。〇教える先生と、子供との間に、心と心の一体化がなければ、教育は成り立たない。ある場所が一方では皮膚になり、一方では脳になります。だから、皮膚は脳と同じ性質です。 〇親と子も同じです。言葉で言うより、抱きしめた方が親子の情が通うでしょう。時々は、一緒にお風呂に入って、肌と肌を触れ合わせないと、いけません。 〇生まれて1年〜2年、施設に預けておくと、消極的、激高的であるといった、精神的に不安定な子供になりやすい。 〇ある付属小学校校では、体育を強化することによって、子供の学力向上を目指す教育計画が立てられ、計画は立派な成果を収めたられと聞きました。先生の話では初めは、子供には非常にきつい事でしたが、うまくやっても、やらなくても、ある動作をした後は、必ず「よくやったネと、ほめる事が大切だ」と言う先生の言葉が非常に印象的でした。ほめてやって、喜びの心を子供が体得すれば、その喜びの心は、次のやる気を起こす誘い水になるのです。知能の低い子供達の教育でも同じです。(大脳生理学者時実利彦)

[付2]母性・父性
母性とは家庭の中で、子供や家族を暖かい心で受けとめ、理解し、どんなことも認める力だという。いわば、安らぎの元と言おうか。何があっても、心のより所になる存在である。安心感を与える力がある。母親の優しさ、暖かさ、愛情である。 父性とは、子供に対して、規律、約束、努力などを教えていく力だと言う。大人へと成長していく為に必要なマナーと心がけと言う。しつけに近い。 母性が優しければ、父性は厳しさである。この、どちらも大事な事であるけれど、どちらかと言えば、母性の方が子供には絶対的に必要である。

[付3]心の教育
心の教育は、今の学校教育だけではできない。教育の場を学校だけに託すようになったのは、わずか百年余り前からです。それまでは、教育の大半は家庭や社会、そして、一部が寺院や寺子屋で行われてきました。 子供の教育を学校に託してきた歴史は、同時に家庭における役割を軽視した歴史であった事実を忘れてはなりません。
人間作りの教育は、生まれた時から、或いは胎児の時すでに始まり、生涯にわたって続けられているものです。子供達に徳をつけて、人材として育てていく為には、親達が身を以て教えていく努力が必要です。教育には時期というものがあり発達段階において、最も教育しやすい時期が存在することが、明らかになりました。 いわゆる臨界期(感受性)がそれです。重要なことは、この時期を人間として身につけておかねばならない事が説明されました。人間の教育、心の教育、人間づくりと言い換えても良いのですが、臨界期は受胎から2,3歳の時であると言われています。つまり、学校教育以前で人間形成の基本が出来上がってしまうのです。 その意味でも教育の原点は、乳幼児期における家庭教育、特に母と子との人間的な触れ合いであると思います。実際、家庭内暴力、校内暴力、非行、いじめっ子、いじめられっ子など、いわゆる問題のある子の場合、親子関係や家庭と言ったものの崩壊に、その原因が根ざしているケースが多いということが、最近の臨床医学や発達心理学の研究によって明らかにされています。 第2章折りに触れての話題

(1)道
“ぼくの前に道はない、ぼくのうしろに道はできる” 高村光太郎は「道程」の詩の中に、道のないところに「一歩一歩」切り開いていく前向きの姿勢の大切さをうたっています。
これまでは、御両親、先生方に人としての道を示していただくことが多かったはずですが、これからは、助言を頂きながら、目標を立て、自分の力で道を切り開いて下さい。 その為にも、何か一つ自分の青春を打ち込むものを持つことは、将来のために極めて大事なことであると思います。それは、自分の心にしっかりした核を作ることになります。 核というのは、いわば雪だるまのシンのようなものであって、そのシンができておれば、初めは少しずつしか雪がつきませんが、だんだんそれ自身に重みがつき、表面積が広くなってゆくにつれて、面白いように大きくなっていくものです。 人生のこと、まさに雪だるまの原理と同様です。人生の岐路ともいえる青年時代に一つの夢を持たずに、右に走り、左に転んだりして、肝心のシンを作ることを忘れてしまったら、いつまでたっても人間的に成長するチャンスを失ったも同然です。 昔から「一芸に秀づれば万芸に通ず」といいます。そんな道が開かれますよう期待しています。

(2)松、竹、梅
何千という植物の中で、お目出度い時に使われる植物があります。何という植物でしょう?
お正月時に立てる門松(松、竹、梅)です。見た目にも、なんとなく引き締まって格好がよく、気持がよいものです。
この三つの植物は、日本では古い時代からとてもおめでたい、縁起の良いものとされてきました。それは、いろいろな意味でこの三つの植物は、日本人の誰からも好かれたからでしょう。又、植物としての性質が日本人の気性にぴったり合っているからでしょう。 ・まず、松について
松は殆どの木が葉を落としたり、枯れてしまうのに冬の真っ最中でも青々とした葉をつけています。とても元気な植物です。海の潮風にも負けないで、枝をくねくねと曲げながら、大きな木に成っていく、黒松。高い山の中で、岩や大きな石を包み込こむように根を張ってぐんぐん空に伸びていく赤松。或いは、風雪に耐えて、這ってでも生きていく高山の這い松。 大きな幹の上に大きく枝を広げて大空に伸びている松の木を見ると、本当に、自然と力がわいてくるような気がします。
日本人は昔から、身も心も、夏の暑さにも、冬の寒さにも負けない強い人間になることを心がけてきました。そんな気持がぴったりと松の強さに合うのでしょう。いつも変わらぬ青さというのも、周りのことにふらふらと気の変わらない、強い人間になりたいという希望に合っているのです。 ・次に竹です。
竹というのは、沢山の植物の中で、幹が一直線に空に伸びて、決して曲がらないという性質を持ったただ一つのものです。そして枝を横に広げることがありません。その上、竹は筋が縦に通っているので、縦に割れても、横に割ることは大変骨の折れるものです。 そこで、人の性質をいう時、「竹のような」といえば、曲がったことのきらいな、素直でさっぱりした人のこといいます。そしてあまり細かなことにぐぢぐぢしない、おおようで快活な、物事にこだわらない人のことを「竹を割ったような人」といってほめます。日本人は誰でも、そんな人が好きなのです。 また、竹は土の中に網のような根を張って、大地にがっちりと立っています。地震の時などは、竹林に入るのが一番安全だと、いわれるほど、土の中にしっかりと根を張っています。こんなことも、いかにも、日本人好みと言えるのではないでしょうか。 ・梅
梅は冬のまだ終わらないうちに蕾をつけ、他の木が震えている間に花を咲かせます。春になればたくさんの木や草が花を咲かせますが、その色々な花の先頭に立って、また寒い冬の風の中で、香り高い花を咲かせるのです。しかも、その花は凛として美しい花です。 桜の花のように、ぼうっとした、うっとりするような華やかさではありません。梅の花の美しさは、ピーンと心の引き締まるような美しさです。その全ての花に先駆けて、咲く花が日本の昔の武士が先陣争いに命をかけたような雄々しさ、勇ましさと通じるものがあるのでしょう。 こんな性質も、日本人の好きなものの一つです。しかも、梅は美しい花を咲かせた後は、梅の実をつけます。この梅の実が日本人にはなくてならない大切な食品の一つです。美しい花を咲かせるだけでなく、このように実用的に重要な実を実らせることも、日本人の好きなことでしょう。とにかく、梅も日本人にとっては千何百年という昔から、日常生活の中で尊ばれた植物なのです。 この古い時代から日本人に親しまれ、尊ばれた植物である松と竹と梅とを一つにして、門松としてお正月の飾りにするアイディアは、いつの時代の誰が考え出したかは知りませんが、本当に優れたよい思い付きであったと思います。この松と竹と梅の持つ本当の意味をしっかり考えながら、もう一度門松を見直して見ると、そのすばらしいお正月のめでたさが解るでしょう。 松・竹・梅の持ってる心を何か一つ自分の目標にして新しい一年のスタートをしっかり踏み出したいものです。

(3)正月、元旦、門松
“もう、いくつねるとお正月”という歌がありますが、そういう時期になりました。8つねるとお正月かな。 そこで今日は、そのお正月を迎える心の準備にと思って、正月に関するお話をしよう。まず、一月を「正月」、即ち“正しい月”とするのは、中国の考え(思想)であって、この月がすべての始まりと考えました。特に一月一日を元旦というのは、元は初めですね。即ち、元に立ち返って、再出発という考え方なのです。何かあって道にも迷ったら、初めに返れと言われています。人生もそれと同じなのです。 生産歴の最初である元旦を迎えるために、先ず何をするかというと、一番大事なのは、家全体を清浄にすることです。なぜ、家を清めなければならなかというと、神さまをお迎えするからです。大晦日に大掃除をするのは、この為だったのです。更に大晦日に風呂に入って、体を清め、新しい着物に替えたりするのは、おしゃれの為ではなく、新しい年に神様をお迎えする為で、古来の農業信仰からきているのです。 又、正月には、お家によっては門松が見られますが、あの門松は、元旦に降りておいでになる神様のための標識なのです。なぜ門松に松を使うかというと、松ヤニをアルコールに浸して、松酒にして飲むと、血圧を下げるといわれ、そのような意味から松は、不老長寿の薬で、めでたい木だと思われて門にたてたのです。“注連縄”(しめなわ)とは、“示す縄”ということです。何を示すかというと、「俗界と神聖界」との境界で、外は俗界、中は神様のお住まいになるところだということを示すのが注連縄なのです。 まもなくやってくる新しい年が、今年も、或いは、人によっては今年こそよい年になりますよう、元に戻って新しい出発ができますように、祈っています。 今から、その心がけが大切だと思います。

(4)お年玉
新年おめでとう。元に戻って、新しい芽をそだてよう。 お年玉貰ったかな!今日はお年玉の由来をお話します。 現在はお年玉というと、お金をもらうことを指しますが、昔は魂をあげたのです。この魂を丸餅につけてあげたのです。正月には、互いに魂を贈り合って、お互いを幸せにしようというのです。こういう人間関係で年が始まる国は、日本だけではないかと言われています。本当にいい伝統を持った国で幸です。そこで、年の初めですので、皆さんへのお年玉にと思って、お話します。 人間は作りかえられるという話です。 私の子供の頃のブドウといえば、みんな種子があり、食べにくかったことを覚えています。やがて、苦心して研究した結果でしょう。種子なしブドウに作り替えられたのです。 又、私たちが毎日食べているお米のなる稲も、もとは暑い南の国の草だったのですそれを長い年月、大勢の人達の研究の結果、今では寒い北海道でも実るように変えてきたのです。人間の工夫や努力によって作り変えられたものは、ブドウや稲ばかりではありません。 人間、皆さん自身も作り変えることができるはずです。一新した気持で、お年玉(年魂)を育てることです。今がその絶好の機会です。新しい年の出発に当たり、新しい自分に作りかえる年になれますよう、努力したいものです。

(5)年中行事と食べ物
最近、フキノトウが見られるようになりました。この辺ではフキノトウが立春の近いことを知らせてくれる代表的な植物です。そして今日は節分ですから、立春は明日です。 日本には正月から始まる色々な年中行事がありますが、面白いことにそれぞれの行事に特有の食べ物があります。そのことについて、正月からいくつかのお話をしましょう。 先ず、正月の料理にお節料理があります。これは人々が、正月を祝って食べる料理ですが、元々はお節、つまり、神に捧げるお供え物を指していました。そして、そのお下がりを餅と一緒に煮たものが、雑煮です。従って、お節料理=雑煮を食べることは、神とが同じ物を食べあうという共食信仰からきているのです。 続いて七日を迎えると、七草粥を家族みんなで食べる風習がありました。七草といえば、春の七草のことで、せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草です。七草粥のねらいは、正月から疲れ気味の胃を整え、体力を補強することです。 一月十五日になると、アズキの節供といって、アズキ粥を食べました。これは日本人の食物が玄米食だった頃は心配なかったのですが、十七世紀の頃から、白米になってきた為に、ビタミンBが不足がちになり、それを補うという意味がありました。アズキはすぐれたビタミンBの補給源だったので、これによって栄養の調和をとるわけです。そして今日は節分です。鬼やらい(悪魔を祓う)の後、大豆を食べる習慣があるが、それはこの頃欠乏しがちなタンパク質の重要な補給源というところからきています。やがて、豆と語呂合わせでマメ(まじめ)になる、健康になると言われるようになったのです。 これらのどの行事をみても、神や家族の人々との食事を通して一家の連帯、団結と健康への願いが込められていることがわかります。その他、土用のうなぎ、冬至のカボチャにも同じことがいえます。 これらの年中行事がなぜ起こり、行なってきたかと言えば、健康な社会生活維持の為の生活の智恵であったように思われます。しかも、科学性に富んでいたことが伝統として残ってきた由縁でしょう。 昔から、伝えられてきた生活の智恵を失ったとき、その民族は滅びるといわれていますが、考えさせられる言葉です。日本人の智恵をもう一度再確認することも意味あることかと思います。

(6)福の神 皆さんが、どうか幸福に過ごされるようにと祈って、福の神のお話をしましょう。 皆さんは、若松の恵比寿様にお詣りをしたことがありますか。また、2月の節分に、「福は内、鬼は外」と豆まきをしたことがありますか。日本には昔から福の神について、 おもしろい話がいろいろあります。七福神の中で、一番皆さんに知られているのは、若松の恵比寿様でしょう。 ある人が恵比寿様に「どうぞ私にも、福をお授けくださいまし」と、それはそれは熱心にお願いしたところ、「おゝ、よしよし、汝の願いよく解った。ついてはな、まず、お前の欲を減らしなさい」と言われたそうです。 「もっとお年玉を」「もっとおこずかいを」「もっといい洋服を」などと、誰でも欲望があります。衣食についての欲は際限がありません。恵比寿様や大黒様は、福の神の代表のように言われていますが、これらの神々は、争いや憎しみのある所には、決して訪れないと言われてます。 皆さんも、「笑う門には福来たる」という諺を聞いたことがあるでしょう。幸福の神は、むつまじい笑い声のある所、平和で愛し合う家や職場や学校に訪れるものであることを教えています。こんな歌があります。 “福の神門にたたずみ思案顔、心次第で出入り決めよう” つまり、福の神がぐるぐる回っておいでになる。家庭訪問をなさろうとして、門までおいでになったが、さて、入ろうか、入るまいか、出ようか、どうしようかと考えていらっしゃる。キンキン声のひびく家や、兄弟げんかしている家や、十時すぎまでも、ジャンジャンとテレビをかけている家には決して福の神は訪れません。「勉強ー勉強ーとそうガミガミ言わんでも解ってる」なんて、母や父に口答えする怠慢児の家にも、大黒様も恵比寿様も決して近寄ってはくれません。ことに、七福神の中でも、気性の激しい毘沙門天は「父母をして、悲しましむる不孝物、断じて福を授くべからず」とおっしゃるそうです。

(7)お雛祭り 今年は、暖冬で雪が少ないようです。雪は天然の貯水池とか、白い石炭とか言われています。それがいつもの年の3分の1とか言われています。今年も水不足からくる問題が心配されている。ただ、今年は、万作という花が一斉に咲きました。だから豊作だとも言われています。果たしてどうでしょうか? 先週、知人の家を訪問したら、お雛様が飾ってあるのが目にとまりました。お雛様の季節がやって来たのだなーと感じました。皆さんのお家にも飾ってあるのでは…。もし、あるのに飾ってなかったら、ぜひ飾ってあげてほしいです。なぜ、私がそのように言うかわかりますか?「お節句に飾ってあげないと、お雛様は、一年中箱の中で泣いている」と昔から母親が娘さんに言い伝えられているのです。日本の女性の優しさが、ここに現れているように思います。雛祭りは、本当に美しい日本の行事のように思われます。 正岡子規という俳人がこんな句をよんでいます。 「雛あらば、娘あらばと、思いけり」男ばかりの家、女の子のいない家の雛節句のさびしさを歌ったものです。私の家にも、おかげ様で皆さんと同じような、中学二年の女の子がいますので、日本人のやさしい、美しい心から生まれた雛祭りをすることが出来ます。ただ一つ、お雛祭りで考えたいことは、家々のお雛様に上下の差がありすぎることです。子供のための楽しい行事が華美を競う行事になっているのです。考えたいことの一つです。

(8)芽ぐむ 「わが肩にふれたる枝の芽ぐみたる」ちょうど今頃の季節です。 2月末から3月の初め頃は、木芽時(きのめどき)といって一斉に芽を出し、春の開幕を告げる季節です。 寒中の花は別として、植物が芽ぐむのは、平均気温が5℃以上になってからだといわれます。東京の統計によると、2月20日で5℃を越すようです。日本では、植物の芽を出すことを表現する言葉が非常に多いです。 まず、「芽ぐむ」「芽ざす」「芽ばる」「芽だつ」「芽吹く」「芽ばえる」などがあげられます。生長のわずかな変化に対応して、言葉が生まれたということは春を待つ人々の心を動かしたのでしょう。 「芽ぐむ」「芽ざす」=木の枝の先に、ちょっと、それとおぼしいものが現れた状態 「芽ばる」「芽だつ」=その芽が大きくなった状態 「芽吹く」=遠くから見て、梢一帯がボーと青みを帯びている感じである。 「もえる」=その芽が生長して、そろそろ葉になりかけている時期「芽ばえる」=草にいう言葉で、土の上にひょっこり顔を出した時 このように、沢山の言い方が生まれたのは、日本人の季節に対する感覚が非常に細かいことを表しているように思います。 5℃という気温は、色々な生物の活動に関係があるのです。 平均気温5℃→植物が芽ぐむ、樹液が流れ出る 水温5℃→冬眠状態のコイが水音を立てて、早春を告げる 明け方の最低気温5℃→冬ごもりの地虫が穴から出てくる 自然界の活動は、すでに始まっています。皆さんはこの時期、最後の仕上げのために、励まし合いながら、充実した生活を送ろう。始めと、終わりが大切、けじめが大切。

(9)啓蟄 動物たちは、寒い冬から自分を守る為、土の中とか色々な方法で行っている。そろそろ冬ごもりをしていたカエルや虫どもが、地上に這い出して来るのではないかと思います。地上に出てくる標準の日を啓蟄(けいちつ)といいます。3月6日頃です。 今年は暖冬だったので、普通の年より、沢山見られるのではと思います。地中の動物たちは、わずかばかりの地温の上昇を極めて敏感に感じることができると言われています。虫などを観察する、丁度よい時期です。 植物の方は、先ずシダレヤナギが発芽し始めます。校庭のヤナギの芽のる様子を見て下さい。ヤナギの芽の伸びる従って、暖かくなるはずです。暖かさとヤナギの芽の伸び具合を比較してみてください。タンポポ、オオイヌノフグリなども咲き出します。

(10)お芽でとう 皆さん、進級お芽でとう。 皆さんは多くの人からもお芽でとうといわれましたね。お芽でとうって何でしょう。 皆さんは、これまでに草花の種子を蒔いたり、球根を植えたことがありますか?最初に土の上に出てきたものは、何が出たと言いますか。芽が出たといいますね。お芽でとうは、立派に成長して芽が出てきたということです。芽が出たということは、すばらしいことです。芽が出なかったら、枯れてしまい、大きくなりません。 緑色をした芽は、初めは小さいけれど、これから大空に向かって伸びていく、大きな力があります。だから、やがて葉がいっぱいになり、そして花が咲いて、種子や実がなります。 今日の皆さんは、ちょうどこの植物の木の枝から出た、新しい芽のようなものです。これから、この新しい芽の力で、一回りも二回りも大きくなれるはずです。芽というものは、そんなすばらしい力を持っているのです。皆さんも、この芽と同じ、すばらしい力がそなわったということです。だから、“お芽でとう”です。しかし、努力しないと決して、芽は伸びません。努力することを心に誓って、今日から出発しましょう。

(11)緑の募金 毎年四月になると、緑の募金が始まります。皆さんも協力してきました。これはいつ頃、どのようにして始まったのでしょう。 今から40年程前の、日本の山がいたる所ハゲ山で、その為に崖崩れや、洪水(土堤が破れる)で大きな被害を受けていました。利根川の決壊では、38万人(草加市の人口の約2倍)もの被災者を出しました。なぜ、ハゲ山になったのか、それは戦争が原因でした。戦争が終わった時、ハゲ山は岩手県の面積と同じ150fにのぼりました。 昭和25年に第1回「国土緑化大会」が開催され、「全国植樹祭」「緑の羽根」 運動が始まり、わずか6年後に日本は緑と化しました。今考えてみると、当時は食べることさえたいへんな時代でした。それだけに、当時の人々のすばらしさに驚かされます。 最近、埼玉県は十数年間に緑地の1/5がなくなったそうです。原因は家、学校、工場などの建築ラッシュのようです。 これを何とかするのは、今の大人や皆さんだ。昔とは比較にならぬ程恵まれていま す。心次第で回復させることは、たいしたことではありません。そういうことを考え、できるだけ沢山募金をして下さい。

(12)未来に生きる心 ― 東京タワー 4月1日のエープリルフールには、その人の豊かさを表すような楽しいウソができましたか。ところで、また面白いことに4月1日さんと書く苗字の方がいるんです。何と読みますか?“ワタヌキ”さんと読むそうです。 着物には、一重(ひとえ)、袷(あわせ)、綿入(わたい)れとありました。季節の変わり目で、綿入れから→袷に変わる、ワタヌキになる。そこで、気分を一新してすばらしい一年にする為に、お話をします。 さて、皆さんは東京タワーをご存知ですね。この土台を建築中のお話です。 ある人が、そこで働いていた土工さんの一人に「どうです、やりがいがありますか」と尋ねました。さて、皆さんだったら、どう答えますか?すると土工さんは「まあ、こうやって仕事があるんだからいいようなものの、やっぱり競馬や競輪をしている方が楽しいね。大きな声じゃ言えねーが、要領よくやるに限るね。適当にサボっていれば、一日たつからね」という返事が返ってきました。 更に、もう一人の土工さんに同じように尋ねました。すると、「やりがいがありますね。なぜって、ご覧なさい。僕が今こうやって土を掘ったり、運んだりしている場所に、世界でも一番高い東京タワーが建つんですからね。日本中の人が東京タワーに登るでしょう。世界中からも、いろんな人が来て、登るでしょう。その東京タワーの土台を作るのが僕なんだと思うと、やりがいがありあすよ。もし子供が出来たら、その子供に胸を張って言ってやれますよ」と打っては響くように、彼は誇らしげに語ってくれたということです。 これは、同じ仕事でも、物の見方、考え方によって、明るく見ることもでき、更に出発に当たっての考え方の違いが、後に大きな違いになることを、物語っている様に思います。 さて、皆さんのこれからの毎日の生活を明るく充実させるのも、すばらしい未来を生み出すのも、まさに出発に当たっての心次第です。 心して出発して下さい。

(13)エープリル・フール 間もなく、4月1日です。実はこの日に皆さんは、芽出たく進級するのです。新学期の出発点です。ところが面白いことに、その日はエープリル・フールです。考えてみると、何か奇妙な重なり合いのように思います。これも、エープリル・フールは、日本で生まれたものではなく、西洋から、戦後渡ってきたものです。だから、こんな重なり合いになったのでしょう。 エープリル・フールは、特に、その日の午前中に罪のないいたずらで、他人をかつぎ、お互いに楽しむものと言われています。ですから、この一年間が充実していた人にとっては、心にゆとりがをあるから、エープリル・フールを有意義に取り入れ、お互いの関係をより楽しく、深くすることができるのではないでしょうか。 いずれにしても、「ウソ」は「ウソ」でも「明るく楽しいものにして」新しい学年を楽しく出発してほしい。とげとげしい毒のあるウソ、他人に不快感を与えるウソは、いくらうまく言っても、エープリル・フールのウソではない。邪気のない、楽しいウソをつけるか、どうかはお互いによい人柄になるように努力する日でもあるのです。 ある年、東京の西武百貨店が「明るい楽しいウソ」を募集したら、ウソ三千が集まった。秀作は面白いことに、少年少女の部に多かったそうです。 ・「うれしいな!石油不足のおかげで、東名、名神でローラースケートできるんだ!」(小五男子) ・「全国の皆さんへお伝えします。第三次世界大戦は、雨のため中止いたします」(小五男子) ・「最近の研究では、モナリザは、ひざまで画かれていて、その上にマンガの本が一冊乗っていたことがわかりました」(十四歳女子) なるほど、モナリザの微笑はマンガを見ていた為だった。読んでいて、理屈なしに楽しい。空想が奇想天外で、なかなか独創に富んでいる。参考にして下さい。そして、豊かな心を育てる出発点になる力にして下さい。 今年も立派な成果を上げたので、ゆとりを持ってこんな話をする気になれました。

(14)日本の憲法の誇り 5月3日は日本の憲法を記念するためのお祝いの日でした。 それでは、日本の憲法の最大の特色といったら何でしょう? それは第9条に戦争放棄を宣言したことです。この戦争放棄だけは、いまだかつて、どこの国でも規定した憲法はないからです。 この点から考えても、日本国憲法の最も重要なポイントは“平和”を求めていることです。これこそ世界に誇りうるものです。ところが最近の世界情勢を見ますと、イラン、アフガニスタン、カンボジア問題、それに米ソの対立から正常なオリンピックさえ危ぶまれている困った状況が生まれています。このような時にこそ、この憲法の心をふまえて、道を誤らないようにお互い心がけたいと思います。この戦争放棄が憲法にうたわれた時、辛い戦争の犠牲に泣いてきた日本国民大衆の心は、どれほどの希望と喜びを持ったか、計り知れなかったのです。国民の大多数が、昭和に入ってから、ずっと続いた戦争のために、父を失い、兄を亡くし、夫と死別、息子を死なせた悲しい思い出を持っていたのです。しかも、戦争に負け、都会は焼け野原となってしまいました。大事な人人の死は、全く犬死になってしまったのです。仮に勝っていたとしても、死んだ者は再び帰って来ません。何のために死んだのかさえ分からなかったのです。幸いにして生き残った人々も、何の為の苦労だったのか分からなかったのです。 やがてアメリカの占領軍がやって来て、その指示で軍備のすべてが取り除かれ、軍隊がなくなって、まさに日本が平和国家として生まれ変わって行った時に、初めて人々はこの為の苦労であり、犠牲であったのだと理解したのです。 この当時の人々の心を大切にして下さい。こんなことを改めて感ずるこの頃です。

(15)おかあさん読本 5月に入ってからお話しょうと思っていましたが、ちょうど月曜日がお休みになので、今日お話をします。 5月といえば「何の日」を思い出しますか。そこで今日は皆さんにとって大切なおかあさんに関する話をしましょう。「おかあさん」という、言葉がいつ頃、どんなふうにしてできたのか?という話です。この言葉ができたのは、案外新しくて明治30年(今から80数年前)の頃のことです。その頃、文部省で作られた小学校の国語の教科書に、はじめてお目見えした言葉なのです。そこで、この教科書はおかあさん読本といわれたほどめずらしい言葉でした。 その頃、東京の町では士族階級はオカカサマと、町人階級はオッカサンと呼んでいましたが、その中間をとって「おかあさん」という言葉を作ったのです。 「母の日」には、「おかあさん」の言葉の由来を皆さんから夕食のときにでも話されたら、一味おいしい夕食になるのでは・・・。これも親孝行の一つになるかも知れません。

(16)タンポポ 近頃、春の太陽をいっぱい受けて大変暖かくなってきました。野原は、新しい緑(新緑)でさわやかになってきました。道端にも、色々な野の草(野草)が咲き始めました。その中で昔から春の野の花の代表といえば、何でしょう。「すみれ、タンポポ、レンゲソウ」があげられるでしょう。 すみれやレンゲソウは近くでは余り見られなくなってしまったかも知れませんが、タンポポはたくさんありますね。しかし、このタンポポも昔とは大分変わってしまいました。 このことは後で話すことにして、タンポポの仲間はどの位あるかということから話しましょう。日本にあるタンポポの仲間は約20種と言われています。土地によって少し違うところがありますが、主なものは5つ(5種類)で、関東はカントウタンポポ、関西のカンサイタンポポ、北日本のエゾタンポポ、白い花の咲くシロバナタンポポと西洋からやってきたセイヨウタンポポです。 この辺で見られるのは、この中のどれでしょう。先ず、関東ですからカントウタンポポと、少ないですがシロバナタンポポ、それにセイヨウタンポポです。一番多いのはどのタンポポでしょう。元はカントウタンポポでしたが、今では家ができ、道路が舗装されたため、セイヨウタンポポがほとんどです。見分け方は花びらを包んでいた苞の形です。セイヨウタンポポは花の下を丸く包んでいる緑のところが反り返っていて、秋まで花を咲かせます。一方、カントウタンポポはそり返りがなく、花は春だけ咲きます。 タンポポの名の語源は、蕾の形が鼓に似て見えるところから、つづみ草とよばれ、その鼓の音を昔の人は「タンポン、タンポン」と聞きならしたところから、子供たちがタンポポと呼んだのが語源です。

(17)お花見 近ごろは、一雨毎に草や木の芽の伸びる様子がはっきり見られるようになりました。ヤナギに次いで、ケヤキ、ウメ、モミジ、カイドウの順で発芽前線が北上して、桜の開花予想も発表され、東京付近では4月5日と発表されています。今年は桜が例年になく早く開花し、上野は明日が見頃らしいです。 日本人は昔から桜の花が咲くと、お花見をしたようです。お花見には二種類あって、花を外側から眺めるのと、花の下に入って、花と人間が一つになる方法です。外から眺めるのは観賞用の花で、例えば菊や牡丹、バラ、ツツジ等です。それはすべて花を斜め横から見るだけで、それに触れようとはしない。これに対して、もう一つのお花見は、桜のような花の下に入って、花と人間が直接触れ合うことによって、花の生命を自分の体に吸収し、健康になろうとしました。降ってくる花粉の中で飲食すれば食物にも花粉がかかって、これらによって健康になると信じていたようです。 ところが、このことは意外にも現代科学にも合致していることが証明されたのです。花粉が降りかかるということは、燐と硫黄を浴びることであって、これらが呼吸器から人の体内に入ってヘノトキシンという疲労物質を消し、健康体に回復させる作用を持っているというのです。更に、お花見は一人ではなく、友達と連れだったり、家族全員で出かけて、人と人との連携を強めていったのです。 厳しい冬をじっと耐えて春の花が咲くのを待ちこがれていたのです。村中の人々は、みんな健康で仲良く働きたかったにほかならなかったと思われます。そして花が散ると、いよいよ田植えということになりました。そこで農業労働を始める前に体力を作り、心構えも作りました。 この花の季節に皆さんも昔の日本人の心に学んで、4月から立派なスタートが切れるような心の準備をする時期です。これからの一日一日を大切にして下さい。

(18)交通安全 皆さんのお父さん、お母さん、それに先生方が一番心配しているのは交通安全です。そこで今日は交通事故などに合わない為には、どのように心掛けたらよいか、お話しましょう。 福井県に山口稔さんというバスの運転手さんがいます。山口さんは、福井県では一番むずかしいと言われる、数十メートルの断崖の続いているコースを運転しています。毎日トラックや観光バスの転落事故があるところです。山口さんは、そういうコースでハンドルを握ること35年になりますが、今まで無事故という立派なレコードを持っています。 なぜ、こんな素晴らしい運転ができるのでしょう。その心がけは、「まず人様を」ということだと言っています。 狭い道路で他の車とすれ違う時は、必ず自分の車を止めて、相手の車を通してやる。短気な客から「老いぼれ、何グズグズしているんだ」などとどなられることも度々あるそうですが、「まず人様を」という心がけは絶対曲げない。 グズグズしているといっても、せいぜい2分か3分のことでしょう。それだけの時間を譲ることによって、これまで何万人という大切な命を守って来ることができたのです。 皆さんは「まず車を」という「ゆずる精神」で自分も他人も大切にしましょう。友達とのつきあいでもそうです。得ばかりしようとしたら、友人はだんだん離れてしまいます。

(19)夕立 この夏の期間に出先などで夕立にあって困った人もあるかと思います。その夕方についてこんな歌があります。 “夕立と姿を変えて山里を、恵む情けぞ、激しかりける” 慈雨という言葉があるように、雨は確かに恵みです。人々の生活に絶対必要なものです。これが足りなかったら水が飲めなくなってしまう。米も野菜も実りません。長いユーウツな梅雨でも、それがあるからこそ秋に米が実って、私たちは飢えなくてすむのです。だから雨には感謝しなくてはなりません。 ただ夕立というやつはどうだろう。普通の降り方をすればいいのに、なぜ「姿を変えて」あのように激しく降るのだろう。人にとっては迷惑でしかない。それなのになぜあれが「恵む情」なのであろう。 夏の豪雨がないと、田畑を荒らす色々な害虫が猛暑によって急に増え、収穫量を減らしてしまうのです。夕立のおかげでこういう虫が死ぬので、豊かに作物が実るのだとも言われています。 夕立は姿を変えて激しく降るからこそ「恵む情」であるわけです。これからの皆さんの二学期の生活の中にも大変なことが多いと思いますが、困難・困苦こそが有難いのです。それによって「心の害虫(なまけ心)」を取り除いて自分を磨き、成長してゆくことができるのです。苦こそが「恵む情」なのです。 “苦しみて後に、楽こそ知らるなれ、苦労知らずに楽の味なし” “大名の過去は野に臥し山に臥し” “極楽は、はるけき程と聞きしかど、勉めて、いたるところなりけり” 極楽というところは死んでからゆくあの世の世界であるとか、十万億土の西の彼方に浄土がある、など聞いていたけども、悟ってみたら、何のことはない、今すべきことに励んでいることが極楽だった。今ここを極楽にできない人は、この世のどこにも極楽はないぞという教えです。 この二学期が極楽になるもならぬも、お互いの心がけ次第です。すばらしい学期にしましょう。

(20)ミミズの貢献 この頃は、じめじめしているせいか、ミミズを見かけることが多くなりました。そこで今日はミミズの話をします。 さて、ミミズが好きな人はいますか。魚釣り等に使ったりしますが、あまり気持ちのよい生き物ではありませんね。芝生とか畑に土がこんもりと盛り上がっているのを見かけることがあります。あれはミミズが夜、土の中に穴を掘りながら食べたものをフンとして出したものなのです。実はこのことは植物にとっては大変有難いことなのです。 ミミズが土の中に穴をあけることによって、大地は酸素をもらい(呼吸)、更にミミズが出したフンがこの上ない肥料となって、大地を豊かにして植物を育てているのです。美しい森や自然を作っているのです。ミミズでさえ、この世の中で立派な仕事をしているのです。 私達が人に迷惑をかけたり、役に立たなかったら本当に恥ずかしいですね。では、自分の出来ることは何か、もう一度考えて働いて下さい。

(21)原爆の子
今から38年前の8月6日はどんな事が起きた日でしょう。 広島に世界で初めての原子爆弾が落ち、広島の市民14万人の人が犠牲になった日です。そして、3日後の9日には長崎にも投下され、6〜7万人の人々が犠牲になりました。その後はこの恐ろしい爆弾はどこにも落ちていませんが、アメリカやソ連、その他の国々ではたくさん持っていて何か心配です。この爆弾を無くす為の運動を日本人が中心になってやってきましたが、この運動は今世界中の人々にまで広がっています。 今日は、原爆で父と姉を失った、小学校6年生の藤田真知子さんが「原爆の子」という本のはじめに書かれた内容をお話します。原爆がどの位恐ろしいか知っていただきたいと思ったからです。 建物の疎開の跡を片付けに行った、市立第一高等女学校の生徒600名のうち、593名が死んで、あとの7人が生き残ったそうです。その7名の生徒も1週間ほどして皆死んでしまい、引率していた先生も皆生徒と一緒に亡くなられてそうです。又、せいがん寺の前の大きな水槽には、燃えてくる火から4人の生徒をかばいながら先生が生徒に覆いかぶさるようにして、5人一緒に死んでおられたそうです。聞けば聞くほど悲しいことばかりでした。 戦後の私達日本人は、原爆体験からスタートして、又ここに戻り、暴力を憎み、戦争を憎み、人命尊重を、しっかり自分の心に刻み込まなければならないと思います。

(22)平和の盆道(迎え火)
「盆と正月が一緒に来たような」というたとえがあります。非常に忙しかったり、嬉しいことが重なった時を言うのですが、この盆と正月は季節の祭りの代表とも言えるものです。 お盆は7月15日ですが、各地とも「月遅れ(8月15日)」で行うようです。この行事は家族に亡くなった方がいませんとできません。知らない人がいるのではと思いお話をします。 お盆になりますと、あの世に行かれた家族が帰ってくるのです。その通り道を草刈りなどをして迎えるのです。この道を盆道と言います。また、秋の七草のキキョウとかハ ギなどの「盆花」も摘んでくるのです。更に亡くなられた方の好きだった料理を用意して、一緒に食べます。日本は農耕民族ですが、その優しい気持ちがにじみ出た行事と言われています。 8月15日といえば、終戦の日です。広島(1945年8月6日)、長崎(同年8月9日)の原爆で大きな犠牲を最後に敗戦した日です。しかし、貴重な平和を迎えた日です。それからの8月15日は、戦火で死んだ人たちのためにも平和に至る「盆道」を心の中に築く日であるように思います。そんな心を築いて、心に平和の砦を築いていきたいものです。

(23)自然の力
スズムシやコオロギなどの虫の音が聞かれる季節になりました。ファーブル昆虫記に虫が天気の変わるのを予知する話が出てきますが、その的中率を調べたということはなぜか聞いたことがありません。 虫の音を聞くと秋を感じます。例年、鳴き終わるのが10月末ですから、当分虫の音楽会の季節ということになります。 私の子供の頃を思うと、ハエはめっきり少なくなって、探すのも大変なくらいですが、蚊となるといまだに毎晩悩まされています。その蚊に刺されながらふと考えました。 蚊は口があんなに細くて、しかも上手に血を吸うことが出来るのだろうと感心させられます。もし人間がこんな細い管を作ろうとしたら、随分大変だろうと思います。これだけでも自然の力には驚かされますが、長い期間をかけて人間まで生み出した力には更に驚かされます。しかもその人間はまだまだ動物以上に不完全なところが多いですが、 それをだんだん補って、完全なものにする能力が多量に与えられているのにまた、驚くのです。 何十億年前にこの地球上に単細胞の生命が出現しましたが、その単細胞の生命の中にすでに人間にまで生長し得る、或いは進化し得る能力が与えられていた自然の力にはただただ驚嘆の他ないですが、同時に皆さん一人一人の中にも、これから成長できる力が自分でも想像できないほど、素晴らしいものであるはずです。そんな力がひそんでいるはずです。

(24)勉強の方法
いよいよ明日から夏休みです。そこでこの一学期の教科の学習成績が通知表に評価されていますが、満足のいく人は比較的少ないものです。その原因の最大のものは、忍耐強くコツコツ努力したかどうかです。ただ、中には比較的時間をかけた割にそれ程の成果を上げることができなかった人もいると思います。 そこで今日は学習の方法について反省し、効率的な学習方法を身につけ、夏休みの家庭学習や二学期からの学習に生かしてほしいと思います。 学習したことをどれくらい覚えているかというある実験の結果では、単語の学習をして止めたとき、すぐに正しくできた数を100として、日数がたつにつれ、どれくらい忘れていくかを調べたものです。 1日目は25%(1/4)忘れる。 2日目は5%忘れる。 3日目以降、忘れ方はもっと少なくなる。 一度読んだ文章では 1日目は26%忘れる。 10日目は40%忘れる。 30日目は50%忘れる。 その後はあまり変化がない。 単語も文章も最初に多く忘れてしまうが、その後はそれほどでもないとことが共通しています。そこで、ちゃんと記憶しようと思ったら、どうしたら良いかということがお分かりになるでしょう。 それには先ず、一日後に25%(1/4)も忘れることを防ぐ方法を確実に実行することです。その方法は、とにかく早めに復習することが短時間で忘れるのを防ぐことにつながるのです。具体的にいうと、復習は先ずその日のうちに行うのです。そして、一週間後、一ヶ月後、1学期後、と繰り返すなら完全に脳に刻まれることになります。それが時間的に最も効率的であるのです。

(25)線香
仏様に御馳走をあげたことのある人は、手を上げて下さい。どんな御馳走をあげましたか・・・。お茶、水、ご飯類、お菓子、果物・・・。仏様の好きな物なら何でもよいのです。日本の仏様に共通して好きな御馳走は、線香です。この香りがご馳走です。 線香は臭いといって嫌がる人がいます。これは「線香なら何でもよいのだと思って、安物を買ってくるから臭いというより煙いのだ」と薬師寺の田好胤という偉いお坊さんが言っていました。いいお線香は一束で千円、千五百円はするでしょう。しかし、これが何よりの仏様への御馳走なんだそうです。三つか四つに折って使えば、三ヶ月から四ヶ月もの長い間、御馳走ができますから、決して高くはないようです。安い線香をたくさんあげるより、高い線香を少し・・・。火の心配も少ないです。外から帰って来た時、よい線香の香りが漂っていると、いい気持ちです。仏様を家族として皆で大切にしていることですから、そういう家庭は間違いなく仲のよい平和な家庭のはずです。 9月23日は秋分の日です。御先祖様をうやまい、亡くなった人を偲び、おいしいお線香の御馳走をあげてください。家に仏様のいない人は、親戚、友達の家の仏様にあげてもよいです。このような習わしは、昔から伝わってきたものです。本当に良い風習 です。このようなことを大切にする人は、心も平和ですから家の中や社会、学級まで和やかにします。線香をあげる時は、今日の話を思い出して下さい。皆さんからお家の人にこの話をしてもてはいかがですか。喘息などでどうしても線香が合わない人は、線香でなくてもよいのです。

(26)彼岸花
根っこと茎と花だけがあって、葉のない植物って何だろう。秋に咲く花です。田の畦道や川の土手、野原やお寺の墓地のまわりにたくさん咲いています。30p位の細長い茎の先に5〜6個の美しい花をつけています。もう分かりましたね。ヒガンバナです。この花は茎と花があるだけで、葉が一枚もありません。球根は食べるとお腹が痛くなる毒が入っています。でも、昔はゆでて毒を取り、食べることもありました。 「ヒガンバナ」という名はどうしてついたのでしょうか。それは「秋の彼岸」の頃に咲くのでついたと言われています。ヒガンバナはきれいな花なのに、昔から好かれていません。それは墓地の近くに多いからのようです。 ヒガンバナは他の草花とはまるで違った成長をします。普通の植物は、葉(春)→花→実(秋)→枯(冬)と移り変わりますが、ヒガンバナはその反対です。他の花が枯れ始める秋の終わり頃から葉を出して、寒い冬の間に育っているのです。そして、春になると葉の色が黄色くなり、だんだん枯れて夏も近くなる頃には、一枚の葉も見られなくなります。夏の間は姿を消して眠っているのです。だから、秋になって花が咲くまでは、どこにあるのかさっぱりわかりません。 ヒガンバナの球根は丈夫です。日照りで乾いても枯れません。地面に転がっていても、根だけは土の中に伸びていきます。球根をぐんぐん地中に引き込んでしまいます。どんな所でも根強く育つことができるのです。不思議な植物の一つです。

(27)雲
真夏の雲から、秋の雲に変わっています。入道雲でなくて、魚のウロコのような、羊の群れのような雲が流れるようになりました。雲を見ているだけでも、飽きないことがあり ます。色合いや形が様々に変化して、動物や妖怪に見えたりすることがあるものです。 お天気博士の藤原さんは「厚さ100メートル、広さ1平方キロメートルの雲の上昇力と、人間一人の目方は同じだ」と語っていました。そこで、この雲に目方のない袋を被せることができて、人間がそれに乗ると丁度つり合って、ふわりふわりと天空を遊べることになります。 実際にはできないことですが、こんなことを科学的に考えてみるのも面白いです。 皆さんも何か夢みたいなお話を考えてみるのも素晴らしいことですから、作ってみたらどうですか。

(28)読書
長い休暇は読書にはまたとない時期です。読書の大切さについて、児童文学者の石森延男さんが次のようにまとめています。 第一に、なるべく多く読む習慣をつけること。多く読む癖がつけば、ひとりでに早く読むことができるようになる。気に入った著者の作品をたくさん読むようにすると、読書力というか、考える力が養われるようになる。 第二に、人生には限りがある。図書には限りがないから、一冊でも多く良書を選んで読む工夫が大切だ。本を読むことは、作者とさらに主人公と二重に巡り合えることになる。良書を読むことは、素晴らしい人と巡り合うことになる。 第三に、物知りになるためだけを目的に読書するのでなく、自分の生活の一部に消化し、人間として豊かに成長するために読書してほしい。文字の表面だけでなく、文字を通して私達に呼びかけているものを感じ取って、自分らしい考えを作り上げることに役立ててほしいと言っています。 このような読者ができれば、新鮮な感覚をいくつになっても保てるでしょう。本にもいろいろあります。教科書、文学書、マンガ、教養を高める書などです。これらの種類の本を食べ物にたとえるなら、教科書は主食(米、パン)に当たり、生きるため絶対必要なもの。文学書等は副食物(肉、卵)で、良い体を作る物で、心の豊かさを育てます。マンガはおやつに当たり、健全な余暇の活用に当たるでしょう。副食物としての読書を中心にお話しました。

(29)紅葉
秋の自然といえば先ず紅葉が浮かんできます。そして、私はこんなことを考えます。 植物はその葉を落とす前に、どうして紅葉という美しい色を見せるのだろう。もういらなくなった筈のものが・・・。だからこそ素晴らしいと思う。人間社会もこうありたいと。 高い山ではすでに紅葉の時期を過ぎて、落葉の時期に入っています。平地ではこれからなので、私どもが住んでいる平地に合わせて、紅葉の話をします。 実は紅葉は、山頂から始まるのです。そして、一日50mのスピードで里に下ってきます。2000m付近で紅葉するのが10月初め、平地では11月に入ってからという計算になります。 外国暮らしを終えて帰って来たある人が、日本の紅葉を見る度に「美しい国だ」とつくづく思うそうです。 欧米の紅葉や黄葉は、全山が一色になるそうです。これも見事だそうですが、日本の様に深い色合いを持つ紅葉の味わいは、又格別だと言っています。赤、紅、黄、褐色、緑、それが濃淡様々あるのは、日本の森林の種類が如何に多いかを表しています。 行く秋を惜しみながら、思いにふけるのも、味わい深い人生になるかと思います。日本人は昔から、世界に類のないほどいたわりの心を持った、素晴らしい民族であることに誇りを持っています。その心も美しい国土(自然)によって養われたかも知れません。私は日本に生まれて幸せです。

(30)体育祭
第7回の体育祭を開会するに当たって、人間の競争心について、少々考えてみようと思います。人間には生まれながらに互いに競争し合う心が与えられているのです。つまり、他人よりも優れた人間になりたいという本能が与えられているのです。これは大事な本能です。その逆で、怠けてしかも安楽に暮らしたいという本能も同時にあります。すると、そこで大切な事は、他人に勝つ為にという努力する本能が、逆の怠けたいという本能に打ち勝つことが、一人一人を成長させることになります。そういう意味でこの体育祭を大切にして、成長の機会にしてほしいです。 ある人がスポーツという競争を通して得られる最大の物を次のように言っています。それは「練習の鬼になり、勝って成せば成ると確信することよりも、努力しても才能に限度のあることを知り、常に自分の前に強者がいて自分に砂埃をかけて行くのに耐えて、自分を見失わない事である」と。 一位とか二位とか、或いはラストとかいう外面的な評価も誰しも興味があり、楽しくもあったり、辛くもあったりしますが、それらを通して、それ以上に大切な内面的な心の成長を身につける機会になるのだろうと思います。充分な力を出し切れない不安もあるでしょうが、一人一人の若い気力とチームワークで最大限の集中力を発揮するならば、恐れることは何もないと思います。 失敗もあるでしょう。しかし、恐れず、照れることなく、若さと気力溢れる健闘がグランドに繰り広げられることを期待します。

(31)体育祭講評
プロ野球の巨人というチームを知っていますね。その巨人の監督であった川上哲治さんが、「ランニングは母なる大地から力をもらい受けるのです」と言っていますが、本日の皆さんの健闘ぶりにそれが見られたように思います。それも開会式で話をした、競争する心があればこそ、母なる大地からの力をもらい受けることができたのだと思います。更に本日の競技を通して、皆さん一人一人の心が一段と高められるよう望みます。 今日の運動会を通して、良い点、悪い点が共にあったと思います。そこで思うことは、人の欠点というものは、努力しなくても見えるものです。欠点だらけのつまらぬ人間ほど、他人の欠点を指摘すると言います。逆にレベルの高い人ほど他人の長所をたたえます。従って、相手の長所を発見したり、たたえるということは、努力しなければできないということです。今日一日の生活を通して、お互いにたたえ合う心を育てて頂きたいのです。 また、或る先生がこんなことを言っておられました。「参りました、と言える人間でなければいけない」と。私も本当にそう思います。「参りました」と優れた人物に向かって頭を下げられる人間は、勝ったように見える人間より素晴らしい場合もあります。 勝つこともいいが、私は堂々と負けられる人間が好きです。本当の人間的魅力はここにあるかも知れないです。とにかく一人一人、今日の一日の活動を静かに振り返って自分を見つめる機会にもしてほしいと思います。

(32)月と兎、萩(優しい心
)今日から二学期です。萩の花が目にとまる季節になりました。「万葉集」という書物に一番多く出てくる花の名が梅で、萩は二番目だそうです。ハギという漢字は、くさかんむりに秋という字を組み合わせた所を見ると、ハギは日本の秋の花を代表する意味がありそうです。しかも、この秋という字は日本で作られたものだそうですから、なおさらです。 9月といえば、お月さまの月です。「月見る月は、この月の月」と言われるほどです。旧暦の8月15日は中秋の名月といって、色々お供物をする行事が昔からありました。お月様は人間に幸せを与えて下さるものという思想があったからです。インドでは月のことをシャシンといいます。これは、「うさぎを抱いているもの」という意味だそうです。中国では、月を「玉兎」といい、日本に来ると「お月さんでうさぎが餅をついている」という様になります。 お月様には共通に兎が出てくるのは何故だろう。この事についてお話します。 インドの山の中で、兎と狐と猿が仲良く暮らしていました。ある時、インドの帝釈天という神様が、あの中で一番優しい心を持っているのは誰だろう、試してみたいと思い、おじいさんの姿になって、三匹が暮らしている山の中へ出かけて行きました。神様は三匹に出会うと早速、「私はどうも歩きすぎて、お腹がペコペコなんだが、何か御馳走してはもらえまいか?」と言いました。兎も狐も猿も皆心が優しい動物達でしたから、「わかりました」と言って食べ物を探しに行きました。 狐は、川のほとりに行って魚を捕って来ました。猿は、山へ行って木の実を取って来ました。「さあ、おじいさん。どうぞお上がりなさい」と狐と猿が勧めました。ところが、兎は何のご馳走も探せずにしょんぼり帰って来ました。そして兎は言いました。「私はおじいさんにご馳走するような物を持って帰ることができませんでした。でも私には、私の考えがあります。おじいさん、木の実もおいしいでしょう。魚もいいでしょう。でも、誰が何と言っても兎の肉は一番おいしいです。私は自分の体でおじいさんにご馳走いたします」と言って自分の肉をおじいさんに食べさせてあげたということです。 自分の体で人の為につくす。これは尊いことです。この尊い兎の心を皆によく見えるように顕揚しなければならないと考えたおじいさんは、たちまち元の帝釈天の姿になって、兎を抱いて月の世界に連れて行ったということです。月と兎の話はここから生まれたようです。 月を眺めながら、お互い思いやりのある優しい心を育てることができれば、お互い幸せです。私は何もないけれど、この体でできる事だったら喜んでやれることは、いくらでもあるはずです。

(33)修学旅行(土産・宮笥)
旅行に「みやげ」はつき付きものです。おそらく皆さんも「みやげ」を買うだろうと思います。買うことは楽しいものです。日頃のお礼とか、喜んでいただける行為ですから。そこで今日はこの「みやげ」の由来についてお話しましょう。 昔、「伊勢兄弟」という言葉がありました。これはお伊勢様を信仰している団体の中から、毎年2〜3人が選ばれて、その代表としてお参りに行くのですが、その一緒に行った仲間どうしを「伊勢兄弟」と言いました。 代表が決まると、ご苦労様と名残を惜しみながら、私の分も拝んで来て下さいと言って餞別を渡しました。餞別を頂いた代表は、お宮でお札だのお守りを買って、村に帰って皆に渡しました。これが「みやげ」の始まりです。 「みやげ」という言葉を今は「土産」と書きますが、元々は「宮笥」と書きました。これはお宮さんからいただいた箱という意味だったのです。「みやげ」というものはこのようにして、始まったと言われています。餞別があるから、「みやげ」が生まれたわけです。これが礼儀だったのです。皆さんはお小遣いの中から工夫してください。世界中で日本人ほど「みやげ」を買う民族はいないそうです。然し、歴史的に見て、素晴らしいことです。 日本の修学旅行が始まったのは、明治18年だそうです。上野の不忍池で行われた日本勧業博覧会を宇都宮の学校の生徒が見に来たのが修学旅行の始まりです。アメリカや西洋にはありません。アメリカあたりの生徒はお行儀が悪くて連れて行けないそうです。日本の子どもはそれだけ素晴らしく、幸せです。思い出多い、楽しい旅行になるように、先生方が今年の旅行はあまり苦労がなかったと思うようなら、皆さんにとっても素晴らしい旅行になっているはずです。

(34)ノーベル賞
アルフレッド・ノーベルは、1833年スウェーデンに生まれた偉大な科学者である。また、実業家でもある。新しい火薬を発見し、ノーベルダイナマイト・トラスト会社を作り、一流の資産家になりました。しかし、ノーベルは鉱山開発とか、鉄道建設など人間生活を幸福なものにするために発明したダイナマイトが、恐るべき戦争に使われ、多くの尊い人命を消し去ったことが耐えられぬ悩みでした。 ノーベルの願いは、初めから科学を進歩させ、人間を幸福にすることにあったのです。それが裏切られたので、償いの為にも自分の遺産を基にして世界の平和と、科学の進歩に尽くした人達に毎年基金を出すことにしたのがノーベル賞です。日本にも、又諸外国にも、様々な賞がありますが、世界中で最も権威あるのがノーベル賞です。 ノーベル賞は、人類の幸福に最も具体的に貢献した人々を次の5部門に分け、金メダル、賞状、基金を贈ることになっています。それは@物理賞A化学賞B医学・生理学賞C文学賞D平和賞で、各部一人とは限っていません。時々、該当者のいない部門は平和賞です。戦争がなくなり、平和であるようにとのノーベルの念願は、また私達の願いでもあります。

(35)国民の祝日
4月29日は天皇誕生日、5月3日は憲法記念日、5月5日は子供の日で日本国民がお祝いをする日です。 日本人は元々争いの嫌いな平和な国民ですから、美しい風習(ならわし)を育てて、豊かな生活のできる社会を作ろうといって、全ての日本人がこぞってお祝いして、記念する日を決めました。これが日本の祝日です。これは国民の祝日に関する法律第1条に書いてあります。 天皇誕生日は、その名の通り、天皇の誕生日を国民がこぞってお祝いする日です。日本の天皇は、日本のシンボル、或いは日本を代表している人と言ってよいと思います。その証拠というか、なるほどと思われる話があります。 昭和50年の秋、日本の天皇がアメリカへ招待された時、アメリカの民衆から日本人が驚くほどの大歓迎を受け、丁重なもてなしを受けたことでも解ると思います。なぜ、こんなに素晴らしいもてなしを受けたのだろうと首を傾げた程でした。それは、2000年も前の大昔から続いている伝統の重みではないだろうか。3人に一人がテレビにかじりついて見ていたほどです。そして、日本とアメリカの友好関係が更に強くなって、日本もアメリカも幸せになったことを思い出します。 イギリスも古い国で国王がいます。そしてイギリスの人はこんなことを言っています。「最後に5つの王様が世界に残るだろう」と。 さて、どこの国かな? 日本の天皇もこの中の一つに入っているのかな? 「トランプの王と英国の王だ」というイギリスの人もいます。すると、日本の天皇はなくなることになる。世界の国々の国王は段々なくなってきた。ところが、イギリス人は国王との親密さを誇りにしている。 私は日本の天皇もイギリスの国王と同じく、なくならないと思います。天皇は昔から国民を思う心があったからです。第二次大戦直後、自分は死刑でも国民を救ってくれと言ったそうです。すると、最後に6つの王様が世界に残ることになるでしょう。

(36)冬至
ところで、最近は大分寒さも加わり、日も詰まってきました。今年の冬至は今月の22日です。あと11日後ですね。暑い夏の始まりを夏至と言うように、冬至は冬の始まりを意味しています。 今日は冬至に関する話をしましょう。季節の移り変わりは、健康に影響するので、いろいろと生活上の注意が必要だったのです。まず、食べるものに気をつける、寝具を取り替える、着物を着替えるということもやりました。これらのことは、皆寒さに対する準備です。特に冬至にはできるだけ珍しい物を食べる習慣が生まれました。今も残っているのが、カボチャを食べる習慣です。このカボチャは珍しい食べ物の代表で、しかも高カロリーで、保存に耐えるので、冬に備えて残して置いたのだそうです。特に冬に向かって体力をつける為に、栄養のある物を食べる必要性をこのような行事を通して教えられたのでした。 カボチャの名の由来は、原産地がカンボジアなので、カボチャといい、しかも珍しかったことが解るでしょう。 冬至の日には、食事をしながら、カボチャの話でも皆さんからされると、暮れのひとときが少しでも和やかになるのではと思います。

(37)除夜の鐘
落葉樹の木の葉がすっかり落ちて、明るくなりましたが、冬枯れの眺めは何か一抹の淋しさを感じます。そして、間もなく大晦日の除夜の鐘を聞きながら、新しい年を迎える時期になりました。そこで今日は、この除夜の鐘についてのお話をします。 除夜の鐘はいくつ打つか知っていますか。百八つですね。なぜでしょう。仏教では、人間には百八つの煩悩があるとしています。煩悩とは悩み、こだわり、罪、汚れなどですが、百八ということは、単に数が百八あるというよりも、数が多いという意味で、これらの煩悩を一年の終わりにすっかり払い落として、新しい年を迎えようというわけです。 このような除夜の鐘の発想は日本独特のもので、中国にもなければ、インドにもありません。元来は神道の神社でやっている大祓(おおはらい)の形が変わったものと考えられています。この大祓は大晦日に人形を流したり、焼いたりすることによって、煩悩を払うわけですが、その代わりに、寺に行って鐘をつくか又は鐘の音を聞けば、それで煩悩が除かれるということなのです。 寺の釣り鐘には、周りにイボイボが付いていますが、あの数が百八あって、それを付くと百八煩悩がつき出されて、なくなってしまうという信仰ができたそうです。人々は寺に鐘をつく順番を申し込んでおいて、大晦日につきに行くのです。そして、自分で鐘をつけば完全に煩悩が消え、目出度い幸せがやって来て、いいお正月が迎えられるというのです。 この除夜の鐘は鎌倉時代から続いていますが、その頃は一般大衆は参加できませんでした。一般大衆が参加できるようになったのは、江戸時代からです。 日本人は、他国の宗教である仏教を受け入れて、そこにはない日本人の心に合った新しいものを作り出して来たのです。この頃では、こうした信仰が徐々に薄れてきたとはいいながらも、やはり除夜の鐘の音を聞いたりすると、今年も暮れて行くのか、又新しい年が来るのかという感慨を覚えるものです。やはり日本人だなあと思います。こんな事を思いながら、除夜の鐘を聞いて新年を迎えるのも、意味あると思います。

(38)愚公山を移す
これから「愚公山を移す」というお隣りの中国に昔から伝えられるお話をします。 昔、愚公という老人が住んでいました。愚公とは文字通り、愚かなお方という意味です。その老人の住んでいる土地は、太行山と王おく山という二つの山に挟まれていて、よそとの往来が不便で仕方ありませんでした。そこで愚公は家族一同を集め「皆の力を合わせて、山をどかしてしまおうではないか」と提案しました。 皆も賛成しましたので、それから毎日せっせと土を掘り、石を割り、それを渤海まで捨てに行くという作業を続けました。なにしろ渤海というのは、一年に一往復しかできないという遠方にあるのですから、全く気の長い話です。それを見て、黄河の辺に住む智叟(ちそう)という老人があざ笑いました。智叟は愚公に向かって、「いくばくの余命もないお前さんのやせ腕で、どう頑張っても無駄なことだよ」と言いました。すると愚公は即座に答えました。「あんたの様な小利口な人間が考えるのは、それ位のことだ。わしが 死んでも、子や孫いる。子々孫々、たゆまずやってくれれば、何時かは必ずやり遂げられる理屈ではないか。山はこれ以上増えはしないのだから」というお話です。何を意味していると思いますか。 まとめてみると、 @何事も、目標を立てて A助け合って B粘り強く、根気良く努力するなら、何でもなし遂げられる。 ということを物語っています。 すでに亡くなられましたが、現在の中国を築いた毛沢東の好きな言葉だったそうです。苦しい時にはこの言葉を思い出して、これからの一年を大切に歩んでください。

(39)地獄・極楽
地獄の食堂をのぞいてみると、ガヤ、ガヤ、ワア、ワア大騒ぎです。長いフォークが手にくっついていて、フォークが長すぎて、食べ物が自分の口に入らないからです。いくらもがいても、せいぜい目の先から鼻の先までしか持ってこられず、騒ぐばかりで、食べ物は口に入りません。 極楽の方をのぞいてみると、長いフォークが手にくっついているのは同じですが、実に静かです。自分のフォークに刺した物を、隣の人の口に入れてやり、静かに、しかもお腹いっぱい食べています。 この仏教での言い伝えを聞いて、これは私達の社会も同じだと思いました。己の利益ばかり貪る者は、自滅するしかなく、我利我利亡者、利己主義者と言います。反対に他人に親切な人、思いやりのある人は、自然と他人が寄ってきます。 私達の国には古くから仏教の教えがしみ込んでいます。仏教の中心思想は「慈悲」であり、「己いまだ渡らざるに、先に他を渡す」です。他人を先にし、己を後にする。他人を先に悟りの境に渡らせることです。

(40)世界一こわい動物
アメリカのある動物園に「世界一こわい動物」という札のかかっている室があるそうです。恐る恐る覗いて見ると、何もいないで自分の顔が写る鏡が置かれていて、そして「そこに写っているあなたがそれです」とあるそうです。 素晴らしいアイディアです。確かに人間は地球上の全人類を何度も殺せるほどの原水爆を作っては脅かし合ったり、一年以上も人質にしたり、公害で大気、川、海は汚れ、地震が起これば火の海になるような都会を作ったり、戦争も絶え間なくどこかで起こっています。確かに人間は、地上の動物のうちでは世界一こわい動物になってしまった様にも思われます。 もう少し私共の日頃の生活を振り返ってみると、意外に色々な事を人に依頼し、求める気持ちが強く、満たされないために不満を抱いている人々の多いことに気付きます。 例えば、いつも言葉をかけてくれなかった、優しくしてくれなかった、ねぎらってくれなかったと人々がしてくれなかったことだけを数え上げ、愚痴ばかりこぼして生きている人がいます。あなた方はどうですか? そうかと思うと、これとは逆に人に会ったら、自分の方から先に言葉をかけ、場合によっては慰めたり励ましてあげたり、何かにつけて、何かして上げたいと心がけている人がいます。この様な人に限って、感謝の心が深く、幸せをかみしめている心の豊かな人のようです。 この事から言えることは、何もしてくれないと考えるか、逆にいつも何かしてあげたいと考えるか、この生きる姿勢如何によって、幸、不幸は決まってきます。 皆に幸せになって欲しいと願うのは、ただ求むることではなく、与えることなのです。そこに動物にはない、人間ならではの素晴らしい行為があるのです。言葉をかえて言えば、その最大の行為は弱者を助ける行為でしょう。共同募金、歳末助け合いもその一つの表れでしょう。 聖書にも「受けるより、与える方が幸いである」とあります。この時、「世界一こわい動物」は「世界一優しい動物」と動物園の札も書き換えられるでしょう。 この年の暮れ、皆さんの心がけで、周囲の人達も皆さんも少しでも幸せを感じられますようにと思います。

(41)伝世の文化
エジプトには五千年前の古い文化遺跡があります。ペルシャ、ギリシア、ローマには二千年の文化があります。日本の文化と比べると、大分古いです。ところが、これらの文化は、みな発掘された文化です。掘り出されるまでは、地下に眠っていた文化であり、さもなければ、放置されていたが石であった為、崩れずに残った「廃墟の文化」です。それに、エジプト文化と言っても、現在はそこにいる人々が作り上げた文化ではありません。 ところが、日本の文化は、各時代の我々の先祖達が命をかけて守って来たものです。受け継いで来たものです。こういう文化を「伝世の文化」と言います。世界の中で伝世の文化を持つのは、唯一、日本にあるだけだそうです。それに日本民族の情熱の歴史が流れている文化なのです。 これから旅先で見学する日本の古い文化遺産である建造物は、すべて木造建築ですが、木造の建物は五十年経つと、相当に激しく傷みます。百年も放って置いたら見る影もなくなるそうです。2000年も放置されたら、跡形もなく消えて、ここに柱が建っていましたという礎石が残るだけになるのは当然です。薬師寺の三重の塔でも、五十年に一回はかなりの修理をしなければ、ならないそうですが、今日本に残っている建物は、全てそうやって手を加えながら、伝え守って来ました。先祖の心遣いの賜物なのです。 五十年、百年持つか、持たないかという木造の建物が、1300年以上もった今、東大寺、薬師寺、法隆寺、唐招提寺など幾つも残っているのです。ことに、法隆寺などは、ほとんどそっくり完全に残っています。これは、世界の奇蹟と言われていますが、そこに日本の歴史には外国にない特殊性があるのです。 京都・奈良で仏様を見て、帰りに仏々言いながら、帰ることのないように。互いに仏心で帰れたら自分は勿論、周囲の人々もどんなに幸せか。幸せは手の(しわ)を合わせて、先祖の姿に拝む気持から生まれると思います。

(42)楽
青年期の山は、峰は鋭く、谷は深く、一番険しいです。時には遭難者を出す危険な山です。そこで、人間誰しも何とか楽な方法はないものかと考えがちです。さて、あるでしょうか? ある人がある画家に「あゝ楽だなーと思われる状態を絵に表して下さい」と頼みました。どんな絵が画かれたと思いますか? 山登りをしていると、よく重い荷を山頂まで運んでいる人に出会います。その人が山腹で岩に荷物を寄りかけて休んでいる姿を画いたそうです。 なるほど、私も山登りの経験があるので、その時の気持がよくわかります。汗をふきふき登ってきて、寄りかかった時の楽なこと。皆さんも経験があるんじゃないかな。本当の楽は、辛抱の後に来るのです。三年後、この楽の味を味わうために辛(心)棒という心の棒で、中学校という山を皆で助け合い、励まし合いながら登って行きましょう。そんなことを皆さんに期待して、お祝いの式辞といたします。

(43)蜘蛛の網
「クモの網」のお話をします。ある人が蜘蛛という動物は、蜂や蟻に比べると非常に怠けもので、いつでも自分の巣のまん中に大あぐらをかき、偶然に飛び込んでくる虫だけを捕って生きている。と言っていたそうですが、考えてみると、その怠けものの蜘蛛は実は網を張るだけの用意と努力があってこそ、偶然飛び込んでくる虫を捕らえることができるのです。 何の用意も努力もなしでは、偶然の虫がたとえ何億飛んで来ようと、蜘蛛はその中の一匹さえ捕らえることが出来ないでしょう。我々は、ただ偶然を待って網を張らない蜘蛛になってしまってはならないと思います。より多くの偶然を捕らえるためには、無論、より多くの用意と努力を積まなければなりません。 これを蜘蛛の場合で言いますと、その張りめぐらす網が大きければ大きいほど、それに引っかかる偶然の虫が多くなる。もし蜘蛛がどんな虫でもくぐり抜けることの出来ない程、目の細かい網を宇宙の隅々まで張りめぐらすことが出来るとしたら、宇宙の全ての虫を残らず網の中に捕らえることができるでしょう。そうなると、虫が蜘蛛の網に飛び込むのは、もはや一つとして偶然ではなくなり、必然だということなります。

(44)年輪
年輪の狭く偏った部分は、北風を受けて苦労しているので強く、柱に使用される。 皆さんは年輪というのを見たことがあるでしょう。木の切り株に同心円のように幾重にも筋が入っていますが、それです。この年輪はどうして出来るか、皆さんはよく知っていると思います。 ところで、この年輪をよく見ると、中心は真ん中でなく一方に偏っています。山に生きている木の切り株の芯は、皆同じ様に北側に寄っています。なぜでしょう 南風と太陽を一杯受けて育った南側は、肉付きも良く、豊かに成長します。だが、季節風を受けて生きる北側は、寒さから自分を守るために、厚い皮を付けて戦うのです。従って年輪の幅が狭く芯がその方へ寄って行きます。 だが、伐採されて用材として利用される時になると、太陽の光をいっぱい受けて育った南側の部分は製材所に送られて、板にされてしまう。一方、北風を受けて育った芯の寄った方は、角材、つまり「柱」になります。柱というものは、家を建てる時、ここに一番重力がかかるという所に用いられる。つまり、逆境を生き抜いた人間は、板にはならないが、柱になれるというものです。 人間も苦労は無駄じゃない。逆境と戦い、苦労に打ち勝ってこそ役に立つ人間になれるのです。

(45)協力の力
動物の中には、草などの植物を食べて大きくなっていくもの(牛、馬などの草食動物)と、肉を食べて大きくなっていくもの(ライオン、トラなどの肉食動物)とがあります。人間は両方に当てはまります。 草食動物と、肉食動物ではどちらが強いと思いますか?肉食動物です。ところが草食動物も簡単には負けません。結構、強いオオカミを追い払っているのです。草食動物も協力の仕方で強い力を出し、オオカミもどうにもなりません。日本にはオオカミはいませんが、外国では牧場の牛や馬を襲いにやって来ることがあります。 牛や馬は、オオカミの声を聞くと、さっと立ち上がり、あっという間にひとかたまりになって、円陣を作ります。 円陣の作り方 牛…お尻を中央に、頭は外側、角で突き上げる。 馬…牛とは逆に、後足が強い武器になる。オオカミやライオンの顔の骨やあばら骨を簡単に折ってしまう。円陣の中央には弱い病気の者や子供を入れて守る。 結束していると、オオカミでもライオンでもどうにもなりません。一人の力は弱くても、協力の仕方ではこんなに素晴らしい力が出るのです。一頭でも隙や油断があると、そこから円陣が崩され、皆やられてしまう。 このような協力の力の大切さを、色々な生活を通して学んでいくと、それだけ毎日が楽しくなると思います。

(46)見えざるものへの努力薬師寺三重塔
昭和36年9月16日にかつて例のないような瞬間最大風速75mを記録した大暴風雨(第二室戸台風)が関西大和地方を襲ってきた時の話です。 台風で薬師寺では、164本の樹が根こそぎ倒れ、近鉄沿線の近代的な家が次々に倒れたほどのすさまじさでした。 住職の田好胤さんは、釘を一本も使っていない、しかも最も古く、最も高い塔が間違いなく崩れると思い、その最後の姿をこの目で見届けようとまで観念した塔が、瓦一枚飛ばされずに毅然と立っていた。「それは、どういう事を意味するのでしょう」と言っています。 同じ薬師寺の建物でも、それより600年新しい鎌倉時代のものは、400〜500枚の瓦が飛ばされ、370年前の金堂は千枚以上の瓦が飛ばされた。また、百年前の仏足堂と講堂は、棟が折れて落ち、3年かかって修理したとのことです。近鉄沿線も、格好のいい建物ほど、賢い人の建てた物ほど、見るも無残な姿でひっくり返っていたそうです。 新潟地震(昭和39年東京オリンピックの年)の年に信濃川に昭和大橋ができましたが、その年の地震で橋がポッキリと折れてしまいました。橋は構造力学的に太鼓判が押されていました。しかし、その隣の古い万代橋は大丈夫でした。 昔の建築と現代の建築を比較すると、昔の建築は目に見えない天井裏などにものすごく材料を使っています。今の建築家にあれと同じだけの材料を使わせたら、同じ形の同じ大きさの建物を二つか三つ、場合によっては四つでも作ります。と言う訳です。それで、その建物が薬師寺の三重の塔より立派であれば文句を言う筋合いではないのですが? 現代人は、どうも見えざるものへの努力というものが、不足しているのではないかと思います。目に見える所だけ綺麗に、華美に飾り立てていないか。見てくれは良いが、中身はカラッポ。こんな差が、薬師寺がいささかもゆるぎなく雄々しい姿を残し、古い橋は大丈夫なのに近代建築の粋を集めたはずの新しい橋が駄目だったということになったのではないかと思います。 見えない所に向かって無限の努力をする。見えない所を大切にする。それが宗教心です。そういう宗教的な心を大切にした私達の祖先が、法隆寺、東大寺、薬師寺など、あの時代の輝かしい世界的な文化を作り上げたのです。 今日の世の中は、余りにも最小の努力で最大の効果を狙う者が多すぎます。努力するのはなるべく少なく、得るものはなるべく多く、これが能率主義の名の下に行われています。だが、最小の効果をあげる為にも、最大の努力を惜しまない、その精神の大切さを、あの台風の時三重の塔の姿から教えられました。その日から目に見えないものに向かって、無限の努力、目に見えない所を大切にする気持ちを大事にしたいものです。

(47)征服欲
15人の日本女性が見事にエベレスト登頂に成功した。世界の人は、さぞびっくりいているだろう。大勢の登山家がエベレストを夢見て出かける。しかし、最後に頂上に立つのは、隊員の中の一人か二人だ。今度も、8848mの頂上に立ったのは、副隊長の田部井淳子さんと、シェルパの2人だった。だがそれは、登山隊全員の喜びであり、名誉となる。 エベレスト初登頂は、英国隊によって成し遂げられた。隊員のヒラリーとシェルパのテンジンが山頂を極めた。 この時の英国隊に、ノイスという人がいた。第三次の頂上攻撃のメンバーとされていたが、第二次のヒラリー・テンジン組を成功させるために、彼は全力を尽くした。他の誰よりも高い所まで酸素を用いず、重荷を運び上げた。ノイスはその著「エベレスト」の中で、「エベレスト隊に加わりながら、心中密かに自分があの頂上に立ちたいと思わぬ登山家がいるだろうか。だが、そうした個人の欲望を抑えねばならぬと自分に言い聞かせて、頂上を諦める。エベレストの場合、征服という言葉は私にとって、私の謀反気を征服したいという意味だった」と述べている。 女性として史上初めての記録を打ち立てた田部井さんは、立派だったが、それを支えた14人の女性に拍手を送りたい。

(48)日本人の大脳と勉強
これから山に登ろうとします。山頂まで行くのに、車やケーブルカーを使って行くのと、自分の足で歩いて行くのと、どちらが得だろうか。歩くのは、時間もかかるし、疲れます。しかし、一年後の思い出の質と量となると、もう歩いた時の方が圧倒的に鮮明だ。勉強の場合も回り道が大切なことは同じだろう。おっくうがらずに辞書を引く。本を読むだけでなく肌で確かめる。教科書を離れて、音楽を聴く。絵を描く。座禅を組む。風の音や鳥の声に耳を傾ける。そういう無用の用が後で生きてくる。これは日本人の脳の働きを研究している角田忠雄医学博士が言っていることだ。 実は、人間の大脳は、左と右に分かれていて、その働きを異にしている。論理的思考や数学の証明などの知識などは、左側に詰め込まれる。それに対して、右脳は直感的、非言語的世界を司る。 左脳に詰め込まれた知識を、いかに独創的に利用するかは、右脳の働きにかかっている。右脳を働かせるには、非言語的世界 ― クラブ活動とか音楽を聴くとか、お寺で禅を組むとかということが大切になる。それによって、左右の大脳が調和の取れた発達をするようである。 とかく日本の社会は、左脳偏重、右脳冷遇の傾向がある。秀才(知識)は育つが、独創力の優れた人物は生まれない。有名大学の学生たちの脳の働きを詳細に調べると、左脳に偏っているという。 しかし、皆さんはもう少し左脳を鍛えないと、バランスが取れないと思います。勉強をもっともっとしないとだめである。鍛えるべき時に、鍛えることが、肝要です

(49)生かし生かされている人間 ―ありがとうの心
人々はこの世の中で、お互いに「生かし生かされている」のだということを正しく知らねばならないと思う。ところが、世の中にはそのことに気がつかないで「自分は一人の力で生きている。誰の世話にもなっていない」と思い込んでいる人が少なくないようです。思い上がりも甚だしいです。そういう人達は、一度無人島にでも渡って、たった一人の生活を体験してみるとすぐ分かるはずです。恐らく、二、三日もしたら、みじめな生に悲鳴をあげてしまうに違いない。自分一人では米一粒、マッチ一本、ナイフ一丁も作ることが出来ないのを思い知るはずです。 そう考えてみると、我々人間は、一人では誠に無力な存在であって、毎日、こんなに豊かで楽しい生活が出来るのは、全ての人々に生かされているからです。 それに気づくはずです。この事実に気がつけば、「人々に生かされていることが、本当に有難い」という感謝の心が生まれると思います。感謝の心の生まれた人は、それに報いるべく、今度は人々を生かす為に尽くさなければならない。という思いやりの心が生まれるはずです。そうした心が生まれないとすれば、それはまさしく乞食根性です。 皆さんは昨年度、立派に成果を上げて、ここに進級、入学した生徒です。ですから、新入生も上級生もお互い「ありがとうという感謝の心と、人に尽くすという思いやりの心を」をより育て、充実した中学校生活を送っていただきたいです。 その心によって、成績もより向上し、規則も守られ、人への心配を少なくし、よりきれいな学校になって行くだろうと思います。そして、より多くの幸せを皆が感じるはずです。「友情」もこんな生活の中から生まれるはずです。 「良き友は、心の花の添え木かな」、「友は心のともしび」

(50)欠陥補償の法則
一学期の生活を振り返ってみて、自分の生活に自信が持てた人はどれくらいいますか?その逆に自信を持てなかった人は? そこで今日は、欠点があるから向上するのだ。欠点のない人は向上しないという話をしよう。劣等感で自信が持てない人は、自信が持てるようにしてあげたいからです。 まず、心得ておいてほしいことは、人間は一人残らず未完成ですから、欠点のない者はいないということです。従って、多少の劣等感を持つことがあるはずです。 人間には二つのタイプがあって、一つ目は劣等感が原因で卑屈になり、絶望的になる人です。二つ目は欠点を自覚して、それを乗り越えて人間的に向上していく人です。これを「欠陥補償の法則」と呼びます。 人間には、欠陥を自然に補償し合うという素晴らしい機能があるのです。身体的に一つの器官に故障があった場合、他の器官がその機能を代行するようになります。例えば、目の悪い人は、耳を中心に生活するようになります。 雄弁の神様と言われるデモステネスは、少年の頃はドモリで、ものもはっきり言えなかったといわれています。彼は、自分の欠点を克服する為に、毎日、海岸に出て、血を吐くまでに雄弁術の訓練をしたといわれています。 音楽界の第一人者、ベートーベンの場合は、音楽に最も必要な耳の故障を乗り越えた結果、音楽家として傑出した人物になったことはあまりにも有名です。 これらの方々は、特例のように思われるかも知れないが、ともかく、人間は、不完全な欠点のある動物であることを自覚できる能力を持っている為に、色々な文化を生み出して来たことは事実です。 もし、私達が万能の力を持っていたならば、文化の創造も、発展も必要を感じなかったはずです。私達は、不完全であったればこそ、それを補うために常に向上・進歩が必要となったのです。電話もテレビも飛行機も皆私達の不完全さを補うために、作り出された物であると言えます。 人間が犬や猫のように鋭い目を持っていたならば、顕微鏡もその必要を感じなかったかも知れません。また人間が、動物のように厚い毛皮に被われていたならば、衣服の進歩もなかったし、鳥のように羽があって大空を飛べたなら飛行機の発明すらもなかったでしょう。 人間は、不完全であったが故に、今日の文化が生まれてきたのであると、考えてさしつかいないでしょう。すると、デモステネスも、ベートーベンも特例ではないのです。有名になるか、ならないかは別として、その人なりに、欠点があるが故に、幸せをつかむことができるはずです。まず、そういう自分を信じて、根気良く努力してみることです。この長い休みは、それと取り組む絶好の機会です。生まれ変わる転機にして欲しいです。

(51)お早うと、ありがとう
東大の学長だった茅誠司という先生がいます。この先生が言いました。「私が死んでもし地獄の閻魔様に、お前は生きている時に、何か良い事をしたか」と聞かれたら、『私は少しでも世話になった人には必ず“ありがとう”と言ってきました』と答えます。タクシーを降りる時にも、本、新聞を渡してくれる時にも、お店の人が買い物を包んでくれた時にも、忘れずにおりがとうと言います」ということでした。 私達は、こんな簡単なことでも、言いそびれるか、なかなか言えない。それから、人から「ありがとう」と言われて、「どういたしまして」ということもなかなか言えませんね。外国の人達は、それをすぐ言うそうです。 「ありがとう」「どういたしまして」は気持が良い。知らない人同士でも、お友達になった様な楽しい心になる。 そこで、もう一つ大事な言葉があります。それは「お早う」と「さようなら」です。知っている人と朝会った時、「お早う」、夕方別れる時「さようなら」です。この言葉を言うか、言わないかで、お互いの心の中が大変違います。 「お早う、ありがとう、どういたしまして、さようなら」この四つの言葉を、これから忘れずに使いましょう。

(52)エジソン
今日は発明の話をしましょう。発明王といったら、誰の事でしょう。エジソンです。エジソンは白熱電球、蓄音機、活動写真、その他数々の画期的発明を次々に成し遂げました。このエジソンを天才と呼ぶことに躊躇する人は誰もいないはずです。ところが或る時、そのエジソンが天才と称えられたのに対して、こう言ったというのです。「天才とは、1%の霊感と、99%の汗のことである」と。 我々から見れば、素晴らしい発明というものは、天才的(生まれながらの)頭脳であって、初めて作り出せるものと思いがちですが、エジソンに言わせれば、それは決して天才的なものでなく、汗、すなわち、努力の所産だと言っている。実際に、エジソンが如何に努力家、勉強家であったかを示す話は、枚挙にいとまがないと言われている。ひとたび実験に取りかかれば、文字通り、寝食を忘れ、時間を超越して、それに没頭したといいます。 「成功の秘訣は」と聞かれると、「時計を見ないことだ」と言ったとも伝えられている。その位ですから、夜が来て、暗くなると、実験が出来なくなるのが非常に困ったわけです。その困った事が、電燈を発明する大きなきっかけになったと言われています。 小学校の頃は、知恵遅れの子と思われて、退学させられたエジソンが、発明王と言われるまでになったのは、やはり、エジソンの言う努力の結果なのだと思います。 私達はともすれば、自分の才能の不足を嘆いて、成果の上がらないのをそのせいにする。確かに、素質とか、才能とかいったものもある。これは非常に大事だが、素質、才能の不足を言う前に、どれだけの努力をしたかを先ず、自分に問うことが大切ではないか。

(53)松の根
先ず最初に「松の根」のお話をしましょう。それは大きな松の木がある崖に生えていたそうです。それが或時の夏の干魃で、付近の草木はほとんど枯れそうになっているのに、この松だけは緑の色も鮮やかに、生き生きとしていたのです。また、秋のひどい台風で、大部分の木は根こそぎ倒れるか、中ほどから折れてしまうような状態であったのに、この松だけは平然と立っていたというのです。 そこでどうしてこの松の木がこんなに強いか不思議に思ったり、驚きもしたうそです。その秘密を探ってみると、崖の上の松の根は風や雨でえぐられていたそうですが、大小無数の根が網の目のように広がり、更に地下深く張りめぐらされていた、ということでした。 だから、干魃の時でさえも、多くの根がせっせと養分を送ったり、ひどい台風の時もこの無数の根がしっかりと大地にしがみついていたので、倒れず、平然としていることが出来たのです。つまり、この松の木は、常日頃から目立たぬ所で、地下の営みを休まず続けていたのです。だから、地上に高く伸び、たくましく生き続けることが出来たのです。自分の力で自分の未来を開き続けることが出来たのです。

(54)近江の商人
江戸時代に、信濃の国(長野県)へ行って行商する人達が、口を揃えてこんなことを言っていました。信濃の国で行商するには、碓氷峠を越えなければならない。これが容易ではない。ですから碓氷峠の中途で休息しながら多くの商人が「この峠がもう少し低ければ、行商もしやすいのだが」と愚痴をこぼしたそうです。ところが、近江の国(滋賀県)の商人は「いや、もっと高ければ、誰も信濃の国へ行って行商しないから、一人で行って多くの利益を得られる」と言ったそうです。この近江商人の逞しい心がその後の日本の経済を左右するまでになったことは有名です。 車にしても、心棒が弱ければすぐに折れてガタガタになってしまうでしょう。人間も辛抱が大切ですね。 初心を忘れず、忍耐強く中学校生活を送ってこそ、充実した楽しい生活になります。そして、三年後に立派な花を咲かせ、実らせてください。こんな事を期待して、お祝いの言葉と致します。

(55)友情
ミュンヘンオリンピック男子バレーチーム優勝監督の松平康隆さんは、「私はよく、君の人生の宝は何だと人から聞かれることがある。私は躊躇することなく『素晴らしい人との出会いだ』と答えることにしている。素晴らしい感動や、勇気や知恵を与えられることが多かった。それがミュンヘンオリンピックの優勝につながった」と言っておられる。 そこで「友情」ということについてお話します。武者小路実篤さんはこんなことを述べています。 「友情の価値は、お互いの独立性を傷つけずにつき合えるという点にあります。お互いに自己を偽って仲良くなっているのだったら、その友情はお互いに害があるのです。お互いが自我を守り、お互いが自己を生かし、それで益々お互いに信頼でき、尊敬できる所に美しい友情は成り立つのです。甲は十分自分を生かし、乙はまた十分自分を生かして、それで益々仲良く出来る所が友情の面白い所であり、また価値のあるところです」 甲が7分自分の我を通すと、乙は3分きりしか我が通せなくなる。そこで、乙は3分の我で辛抱し、甲は7分の我で押し通す。そこで友情がやっと保てるとしたら、友情とは馬鹿げたものです」と。 こんな歌があります。「よき友は、心の花の添え木かな」。 人生の宝(出会い)と言えるこんな関係をお互い育てたいものです。

(56)千人針
木の葉が落ちて、庭が明るくなりましたが、冬枯れの眺めには、どこか一抹の寂しさを覚えます。ところで、今日は12月8日、40数年前の今日未明、太平洋戦争に突入した日です。 なぜ今さら、こんな話を思い出して話したくなるのかと言えば、今、どうも世界の国々の思わしくない情勢が日本にも影響して、騒がしくなってきたからです。 もし、戦争でも起こったら、と思っただけでも、恐ろしい気がします。我が子に死んで欲しいと願う親がこの世に一人でもいるはずがない。我が子だけは弾丸が当たらないように、無事に帰って来るようにと、戦争中は皆そう思っていました。一人に一針ずつ糸の結び玉を作ってもらう、あの千人針を作ったのです。千人もの人に一針、一針を頼むことは、どんなに時間がかかり、どんなに忍耐のいることかと思います。また、自分の子が、自分の夫が無事に帰るようにと、朝早くお百度参りをした人たちも沢山いました。 しかし、我々庶民の間には、お互い敵国はない、あってはならない、どこの国の人であっても、お互いに憎むことはできないはずです。だから、戦争で命が奪われることほど無意味なものはないのです。 キリストの言葉に「剣を取る者は、剣によって滅ぶ」というのがありますが、この言葉の持つ意味は深いのです。剣を取ること自体に、人間性が滅ぶことを意味しています。人間らしいということは、他の動物の持たない哀れみを持っていることです。知性を持っていることです。剣を持つ時、人間は非常となり、自分が人間であることを捨てることです。小春日和から、毎日本当の春の様な平和を求めてやみません。

(57)生物的誕生と人間的誕生
フランスにルソーという立派な人がいました。そのルソーがこんなことを言っています。「人間は二度誕生する」と。一生の間に二度生まれると言います。 先ず、最初の誕生は、皆さんのお母さんから生まれた時で、生物的誕生と言います。次の二度目の誕生は何年でしょう?それが、今日から3年乃至、6年かけて生まれ変わるというのです。つまり、中学校・高等学校時代の生活を通して、動物から人間に生まれ変わると言うのです。これを人間的誕生と言います。中には、家庭内暴力、校内暴力を経験する場合もあるでしょう。何事もそうですが、勉強・スポーツ・仕事などで素晴らしいものを生み出す時ほど、それを生む人が苦しむことになります。 皆さんという宝物を最初に生んだ時は、誰が苦しんだのでしょう?お母さんが苦しんだのです。では、二度目の誕生で苦しむのは誰か?つまり、一人前として自立できる人間に生まれ変わる力は、皆さん自身です。生まれ変わるために苦しむのは皆さん自身です。 これまでの皆さんの成長は、殆ど親の力によります。だから、お互い大きな開きはありません。これからの成長は、皆さん自身の力にかかっている所が大きいのです。

(58)五本の指
今日は五本の指というお話をしましょう。 最近の工場では、ロボットが人間に代わって色々な物を組み立てていますね。 東京工業大学の先生で、ロボットの研究をしている方が、ある時、同じ長さの五本の指のロボットを作って、仕事をさせようとしたら、何の役にも立たなかったそうです。さて、人間の指の長さが同じだったら? 一本一本違った性質を持って、それぞれが自分の役割を果たすことによって、はじめて役に立つということになるのです。 皆さん一人一人も、それぞれ役割があるはずです。自分に得意なもの、あるいは出来て役に立つものが、いくらでもあるはずです。 それぞれの学年に、それぞれの役割もあります。五本の指に学んで、少しでも自分の出来ることを果たして、両新田中学校を更に盛り上げてください。

(59)仕事の尊さー郵便配達
毎年、これまでに素晴らしい仕事をした方々を天皇陛下がお招きになる園遊会というのがあります。この中に、清水亀之助さんという方がいました。清水さんは、31歳で郵便局に雇われるまでは、ゴム工場の工員でした。清水さんは好き好んで配達夫になったわけではありません。従って、配達夫になったものの、毎日誰と口をきくわけでもなく、黙々として、郵便物を配達して歩きまわる仕事の単調さに、忽ち嫌気がさして、一年も経たない内に転職を考える様になりました。 そんな気持の落ち着かないある日のことです。今日限り辞表を出そうか、そんなことを思いながら仕事を終えて、清水さんがふと大きなカバンを覗くと、一通の封書が底にこびり付いていました。宛先が薄れて、所番地が判然としない、薄っぺらな封筒でした。「よし、この最後の一通を配達したら、それでやめよう」。こう決意した清水さんは、宛名人を探しにかかりました。この一通の届け先を探すのは容易ではありませんでした。何時間も尋ね歩き、人に聞いたりして、辺りが薄暗くなった時、ようやく目的の家を探し出すことが出来ました。やれやれと思いながら玄関を開け、「郵便です」と声をかけると、いきなり一人の青年が居間から飛んで来ました。「郵便屋さん、ありがとう」と清水さんの手を握らんばかりにして、「合格通知だ」と叫びました。 こぼれるような笑顔、明るい声、そして家中にどっと上がった歓声。その時、清水さんは配達夫になって初めて自分の仕事の意義を発見したのでした。そして、「私は配達夫をやめはしない。私によって配達される一枚の葉書でも、その家に幸福をもたらすことになるかも知れないのだ」と思いました。清水さんの胸は大きく膨らみました。自分の仕事の尊さを、今にして目覚めたのでした。 それから25年間、清水さんは無欠勤でした。一介の配達夫として、仕事一途に勤め続けたのでした。

(60)種子の寿命
稔りの季節になりました。色々な種類の植物が未来に向かって、それぞれの種子を実らせています。そこで今日は、この種子について考え、自然界の不思議とも思える偉大な力を、味わってもらいたいと思います。 ・小豆の種子 小豆あんの入っている和菓子を食べている時、ふと硬い粒が歯に当たることがあります。これは煮ても柔らかくならなかった豆粒で、植物学的には「硬実」と言われるものです。これは完全に成熟した種子ですが、種皮が水分を通さないので、長い期間生きてはいるが、発芽できない状態におかれた物です。種子の中の若い芽は、充分に成長する能力をもっているので、種皮に傷をつけるとか、長い期間水につけておくとかして、水分を与えさえすれば、容易に芽を出してきます。 ・なぜ硬実があるのか 畑で植物を栽培している人にとって、こんな種子が交じっていると、発芽が一斉に揃わないので、邪魔物扱いにされますが、“植物の種類の保存”という点から考えると、ある年に全部の種子が芽を出さないで、何年も、何十年もかかって、ボツボツ発芽していく方が有利なのです。これで、不適当な天候の年とか、災害でその種子が全滅することを免れることが出来るのです。種子の寿命は普通数年種子の寿命は何年であるかは、一概には言えませんが、草花でも樹木でも、まず数年、ヤナギはどのように成熟して数日のものもあります。長寿でよく知られた種子はハスです。二千年以上昔の花が開いたことがあります。 ・いつかは芽を出す種子 今日、芽が出なくても、やがては立派な芽が出ます。みなさん一人一人が持っている種子を大事に育てて下さい。私はそれを期待しています。

(61)名字(みょうじ)の話
4月の新学期には、三年生や五年生はクラス替えをしましたので、たくさんの新しい友達ができたと思います。一年生も新しい友達がたくさん出来ましたか。お友達の名前(みょう字)もすっかり覚えましたね。 ところで、皆さんが「みょう字」を持っているのは、当たり前ですが、誰もが「みょう字」を使うようになったのは、そう遠い昔のことではないのです。 昔は、偉い人(公家や侍)はちゃんと「みょう字」をつけていました。例えば、藤原とか、源とか、徳川などです。でも、日本人の大部分の農民や商人は、特別の許しのない限り、「みょう字」を使うことは、出来ませんでした。武士の時代が終わって、明治になって初めて「みょう字」をつけてよいことになりました(1870.10.13)。ところが、一般の人達は当時、「みょう字」がなくても困ることがないので、つけない人がたくさんいました。明治8年になると、今度は必ず付けなければいけないことになりました。 そこで、住んでいる土地の名前をとったりしました。川の近くの人は、川上、小川など、山に住んでいる人は、森、大山とか考えてつけたようです。自分でつけられない人は、お寺の坊さんや神主さんに頼んでつけてもらったそうです。農民や町人はほとんど字など書けなかったので、大変だったそうです。 さて、そこで自分の「みょう字」を考えてみるのも面白いでしょう。「田」や「畑」のつく人は、昔はお百姓さんだったかも知れません。こんなふうに想像してみてください。

(62)メタセコイア
防球ネットの後ろと、バックネットの後ろに、真っ直ぐに伸びている大きな木があります。これは去年、子供が卒業するので、これからの西町の子どもが、この木のように真っ直ぐに育つようにと言って寄付してくださったものです。植物の名はメタセコイア(アケボノスギ)と言います。実はこの木は、昭和20年に中国で発見されたのです。それまでは化石で発見されていて、実際には生きていないと思われていました。日本にも化石は出てきます。 発見されてから間もなく、アメリカから苗木100本が日本へ送られてきました。この苗木を元に、何とか増やそうと努力して、さし木が行われました。さし木の楽な種類であったので、成功しました。 最初は100本の苗木から、今では何万本に増えたかわからない程になりました。そして、見事な並木を作っている所もあります。

(63)地震予知と動物の超能力
八百屋さんの店先に、サクランボやビワが見られるようになりました。この季節を代表する味覚の一つです。昔は、「初物を食べると命が延びる」と言って、季節の食物を大事にしました。最近は、農業の近代化で物によっては、一年中出回って季節感が失われる傾向にありますが、それでは豊かな心がはぐくまれないのではとも言われています。 ここ数年来、東海地震の心配が生まれ、常日頃からの心得が叫ばれています。1977年の暮れに近い頃の伊豆での話ですが、その柿は少々渋いので、例年、熟して甘くなるのを待つのですが、秋から冬にかけてやって来る、鳥のお腹に収まってしまう。人間にとって丁度食べ頃になるまでには、柿は数えるほどにしか残らない。ところが、この年に限って、不思議なことに、鳥が柿を食べに来なかった。全て無傷のまま、熟していたといいます。 それから一ヶ月も経たない1977年1月14日に、伊豆半島に激しい地震が起こりました。マグニチュード7、死者は20名を越えました。この地震の直前に、ある水産試験場のナマズが異常な行動を示したというのです。すると、鳥も早くから地震を察知して、避難したということが十分考えられることです。その当時、伊豆半島では、数年の間、地震が続いていましたが、それにともなってか、動物の異常な行動が報告されています。例えば、ゴキブリやネズミがいなくなった、ミミズがやたらに目についた、ヒグラシが地面に落ちていたなどだ。 動物たちはどうして地震が起こるのを知ることができるのだろう?はっきりしたことは、まだ解っていない。地震というのは、地球内部の地殻(地中の固い部分)にひずみが出来、地殻が壊れることが原因で起こるらしい。動物たちは、この時のわずかな震動をとらえることができるのかも知れない。或いは、化学成分を感じるのかもしれない。 地震がいつ起きるかを知る為には、地震そのものをよく知ること、動物達がどうして地震を知ることができるかを調べるのもきっと役に立つはずである。 中国では、「動物と地震」という小冊子を発行し、一般に配布し、地震予知に役立てているそうです。この本に ・犬は地震の30分前から、落ち着きを無くして、悲しげに吠える。 ・ニワトリは一、二日前からエサを食べなくなり鶏小屋を嫌がり無闇に鳴く。・パンダは数時間前から、ぼんやりし始め、前足で頭を抱えこんだりする。 といった動物の行動が80種余りも書かれている。 日本でも、動物の異常行動から地震を探ろうとする試みが始められています。とかく人間はこの地球上で一番優れた生き物であると思い込んでいるが、動物の素晴らしい超能力が宇宙に広がる天体の数ほどに無限なものであるに違いないと思うと、人間が見、聞き、感じる世界がこの世の真実の世界であると思ってることの愚かさを知らされます。そして人間はおのずから、謙虚にならざるを得ないことを知る。そして、地震予知を動物に学ぶ日が来るかも知れないです。 第3章折にふれ、その時々の言葉

(1)思いやる心
水分がなくなれば、土はバラバラになり、だんだん細かくなって、ちょっと風が吹いても、まるで砂漠の様に舞い上がってしまう。うるおいのない、バサバサ、ポクポクの田舎道のようなもの。 では、人と人をつなぐものは、お互いに相手のことを「思いやる心」だと思います。ちょっとした事にも、「思いやる心」から、泉がにじみ出てまいります。その潤いがなくなったとき人と人との間は、バサバサ、ポクポクの土の粒子のような、何のつながりもない人間の寄り集まりになって、ちょっとした事にも個々ばらばらに舞い上がってしまいます。 どっしりとした、大地を支えるものは水です。どっしりとした人間の共同生活を支えるものは「他を思いやる心」と思います。世の中がどんなに変わっても、お互いにこの心の泉までも涸らしたくないです。そんな職場、仲間ありたいです。

(2)苺艾(いちごもぐさ)
今日は母親らしい母、父親らしい父とは? をある漢字から考えてみましょう。 母親らしさを表している植物は何か?それは苺です。 父親らしさを表している植物は何か?それは艾です 苺といえば、皆に愛されて親しまれています。甘くて、少し酸っぱくて、色といい形といい、味といい、それはあのなつかしい、優しさがいっぱい、そんな感じを母に求めているのです。 艾という字は、ヨモギの葉で作って、お灸をすえるあのモグサです。従って、父親には急所にお灸をすえる役目があるという教えから、生まれたのです。父親が「馬鹿者!」 と叱ったら、母親は後ろへまわって、「お父さんは、あなたに強い立派な人になってもらいたいと願って、叱って下さっているのよ」と、父と母の豊かな愛情を取り持つ役目を果たすのがお母さんです。

(3)頭を下げられる人 頭を下げられる人間は、実は、勝ったように見える人間より、素晴らしい場合もある。勝つこともいいが、私は堂々と負けられる人間が好きである。本当の人間的魅力は、ここにあるのかも知れない。

(4)動と静の原理
世の中は、波からできている事を忘れてはならない。自然界には心臓、呼吸、脳波光、音、気分などがある。人間の生活には動と静、昼と夜のリズムが不可欠である。静の時に動のエネルギーが蓄積される。夜に昼活動するときのエネルギーが蓄積される。例を挙げると、 〇アルキメデスがアルキメデスの原理(浮力の原理)を発見したのは、風呂に入っていて、無我の境地で裸で庭へ飛び出したそうだ。 〇湯川秀樹の中間子理論は、カゼをひいてコタツに入っているときだった。 〇岡潔数学者)は、努力したあと、長時間(何ヶ月)ボーとしているときだった。 教師も父母も、心にゆとりを持たないと、忙しくなると、心が亡びることになる。忙しいという字は、心が亡びることから生まれたのです。

(5)植物の宿命 生物の中で、最もきびしい我慢を強いられているのは、植物である。移動能力を持たない植物は、芽を出した場所が、すでに他の植物に占められていても、他へ逃げ出す事はできない。 移動能力を持たない植物の社会では、数十年、時には数百年も辛抱強く我慢のできた植物だけが、次の代の高木層の優占者になれる。 (6)仲間 研修といえば、自発的な自らの研修が最も大切なことは言うに及ばないが、それを基礎にお互いに磨きあう研修が、より効果をあげるはずです。3人寄れば文殊の知恵と言われる由縁です。 自然界に例を求めるなら、植物の種子が発芽し、成長する時、一人ぼっちよりも、身近に仲間がいた方が成長が早い。原理に通ずるものがこの研修会にあると思う。競争相手がいる時の方が早い。 (7)チーム・プレー 巨人軍の元監督、川上哲治がV9(9連覇)の偉業を成し遂げた。その力を生んだものは「チーム・プレーだった」と言っている。そして、高度のチーム・プレーをするには、個々の選手の技術のレベルアップ。その裏付けは、心技両面を基とする、確固たる精神、心であると言う。 「チームの和」というものは、一定の所に満足することなく、前進する所におのずから和が生ずると言っている。 (8)松平康隆の話 私達がたどりついた結論は、誰がミスして負けても、「あいつがミスをしたのなら、仕方がない」とお互いに言い合えるような普段の生活と、練習態度、これが一番肝心だということになった。 勝負をやる以上、負けることが半分、あるいは世界一に成ろうとするならば、負けることが99%だとすれば、負けたときに納得できる人間関係をお互いに作っておこうじゃないか…。その為に、厳しい生活をし、苦しい練習をし、つらいことに耐えるという覚悟を持とう。 (9)長所、短所 人の欠点というものは、努力しなくても見えるものです。欠点だらけのつまらぬ人間ほど、他人の欠点を指摘するといいます。逆に、レベルの高い人ほど、他人の長所をたたえます。相手の長所を発見したり、たたえるということは、努力しなければ出来ないということです。 (10)美しい心 美しいものほどかくれている、とある人が言っていた。自然も、歴史も、人間の心も。山を例にとって、登るにつれて、平地では隠れて見えなかった美しい景色が見えてくる。3000m級のアルプスの山頂の眺めは最高に美しい。山頂まで汗を流し、努力した人だけ、美しいものを発見できる。 人間の場合も同じで、皆良い物を持っている。人の心の美しさが見られる。人は心の高みに登った人のみに出来ること。 (11)はたらく この働きの度合い(量と質)は、私自身で計ることは出来ない。それは周囲の方々が感じとって下さるのだと思います。なぜなら、“はたらく”という語源がそう言っているように思います。 “はたらく”とは、はた様を楽にさせる事だからです。すると、私の働きがどれだけ周囲の人々を楽にさせてあげる事が出来ただろうか、ということになります。どれだけ貢献できたかです。 (12)澄む?濁る? 池田弥三郎(慶応大学教授)は次の様なことを言っている。 ★世の中は、澄むと濁るで大違いケハに毛がありハゲに毛が無し 人は茶をのみ蛇は人をのむフクに得ありフグに毒あり ★しかし、その逆節もある 澄んでいる水に魚は住まない濁りの中にこそ活力となる栄養豊かな心も育まれる (13)童心(わらべ心) ある人形研究家がこんなことを言っています。「偉い人、第一人者となる人、自己の持てる力を出し切る人は、いくつの年になっても、心の奥に童心を持ち続けているようだ」と。そして、こういう人は生命力がたくましく、自ずと人の心を打つものがあって、無言の うちに教えられると言っている。 童心を持つということは、幼稚とはちがう。タネを中核として、年齢どうりの年輪を重ねてゆくのである。そのタネを失った人が、幼稚で成熟しにくいのかも知れない。 (14)ほんものとにせもの 「本物」「偽物」の区別はどこにあるのか。ほんものはいつも控え目で、しかも内容が充実いている。それに反してにせものは、いつも大げさだと、言っていいのではないかと思う。 谷崎潤一郎さんの言葉の中に、「本当に上手な俳優は、喜怒哀楽の感情を表すのに、余り大げさな所作や表情をしないものであります」と書かれた一文を思い出す。 (15)緑の芽 この緑の芽は、実は大きな力を宿しています。広い大空に向かって、ぐんぐん伸びていこうとする力を持っている。どんな雨にも、どんな風にも耐え、伸び上がり、葉を茂らせ、花を咲かせてやろうと、そんな力をいっぱい貯えている。どの芽も小さな芽だが、すばらしい意志と希望にふくらんでいる。しかし、大地からの栄養分と、太陽のエネルギーを吸収してこそ、自分の意志や、希望の通り、葉を茂らせ、花を咲かせることができるのです。 皆さんは、丁度この木の芽みたいなものです。 (16)人生 人生においては、いやな時、苦しい時はありますが、決して、そのままという事はありません。苦あれば、楽ありで必ず春が巡ってくるものなのです。 しかし、よく考えてみると、冬の間に本当の成長の原因が、作られているのです。たとえば、草木は冬の厳しい最中にもせっせと養分をとり、来たるべき春に備えて、準備を怠らないからこそ、春の訪れとともに芽を出し、美しい花を咲かせるのです。 人生においても同様で、苦しさにどれだけ耐えられるかで、その人間の価値は決まり、人生の花の咲き方も違ってくるのです。すばらしい花を咲かせる機会にしてください。 「闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番、本当の光の有り難さが解るんだよ」 (17)安らぎ 本当の安らぎとは、或る人がこんなふうに表現しています。「それは動きの中にある調和であると思う」と。 一人一人の創造の働きが、まわりの人の創造の働きとの間にかもし出す、ハーモニーである。丁度、音楽における和音にたとえる事ができると思う。幾つかの楽器が音色の違った音を同時に出して、それがピタリと調和している時に、我々はいうに言われぬ快い安らぎを覚えます。 (18)酔い 赤ちゃんの時はゆりかご、幼児になると、ブランコが好きになる。揺れるという感触は、存在が安定しないから、少し不安定である。しかし、何とも言えない気分のようです。大人になると、「ゆれ」の代わりに「酔い」に身をまかせる。酒だけでなく、仕事に、歌に、恋に酔うわけです。酔うことによって自己を没頭させ、その中で人生の「何か」をつかんで行くのだと思う。 人生とは、揺れるものであり、静止は墓場にほかならないと思う。 (19)奥ゆかしさ、忍ぶ心 美しいものほど、かくれている。自然も歴史も人間もそうである。美しい働きほど、かくれているはずです。しかし、かくれている美しさがあるからこそ、心を引かれるのです。 奥ゆかしさとは、見えないところに努力を惜しまない。そして、美しさを外に出さずに、むしろ、それを包み隠す、言い換えれば忍ぶ心の美しさこそ、日本の伝統美と言われています。本校には、現代ではとかく失われがちな、日本古来の心が生き続いて、しかもその心が本校をこれまでにしてきたと思います。 (20)和 チームワーク、「和」の精神の大切さは、言うに及ばない事です。ところが、最も当然に見えて、最も至難なのが、この「和」に生きることであるとも言われます。事実、そうです。国内を見ても、家庭を見ても、他民族との交わり、職場、国際関係を見ても、然りです。だからこそ、聖徳太子は十七条憲法の冒頭にこのお言葉をおかれ、それが「信」の深さによって、初めて、全きことをおさとしになられたと言われている。 (21)体育 世界的大脳生理学者であった時実利彦さんは、こう言っている。「全ての教科の中で、『育(そだてる)』のつくのは、体育だけである」。この意味は、心を育てることを意味している。即ち、「体」と「心」を育てるのが、体育です。その証拠に、体育の充実している学校は、生徒指導が充実していることを見ても明らかです。 (22)ノーサイド 「ノーサイド」とは、ラグビーやサッカーで言う試合終了のことです。戦いが終われば、敵味方の別はないというスポーツマンシップを感じさせて、すがすがしい言葉です。 「我はたたえつ彼の防備、彼はたたえつ我が武勇」という心境になれたかどうか?これは、精一杯堂々とやれたかどうかで、決まるのでは? (23)一味同心 昔から、一味同心ということが言われます。一緒に同じ味を味わって、同じ心になることの大切さを表しています。 同じ料理を味わい、酒をくみ交わしながら、せめて相手を思いやる心だけは、同じになって、お互いを大切にしようというのが、歓送迎会の意味するところだったのだろうと思います。又、これが今後に向けての出発の基本かと思います。 人と人とをつなぐものは、お互いに相手の事を思う「思いやる心」以外にはないと思います。ちょっとした事にも、「思いやる心」から泉がにじみ出てきます。 (24)無用の用 「無用の用」と言うことがいわれます。合理的という見地から見るならば、一見何の用も無い様に見える事でも、人の心をどんなにか和ませる場合があります。 ユーモアが、そうだろう。 (25)ふるさとの木 これからは、これまでの歴史の上に何を築くべきかを模索していただいて、急がず、ゆっくり育ててほしいと思います。 コンクリートの命は百年、鉄は四百年だそうです。では、木の命は?千年のヒノキには、千年の命がある。法隆寺がそれを物語っている。ふるさとの木は、ゆっくり成長するとも言います。だから、害虫にも強く、たくましい大樹に育っていくのです。 (26)春秋の七草 (春)せりなずなごぎょう はこべらほとけのざ すずなすずしろこれぞ七草 (秋)はぎのはなおばな くずばななでしこの花 おみなえしまたふじばかまあさがおのはな これは、春の七草と秋の七草を個人が歌に詠んだものです。野の草にも心を寄せ豊かな自然を味わいながら、自分の人生を大切にしてください。 (27)竹の節 竹という植物は、特異な形(喬木、灌木状)で、イネ科の植物で大方は草状です。 モウソウチクは12mにも達する。しかも、抵抗力が強く、強風や雪にも強い。それは何故か?どこにその力が潜んでいるのか? もし、竹に節がなかったら、すぐに割れるだろう。大きく成長するためには、丈夫な節 が必要なのだ。 生長→節→生長→節→生長 働く→休養→働く(勉強)→休養 我々、人間の生活も、これと同じ。 (28)忍耐 マラソンに限らず、人生は忍耐への挑戦であり、自分との勝負である。 忍耐とは、苦しさで涙がこぼれそうになった時、それに耐えて辛抱することである。 (29)ほんとうの教育者は、と問われて 「ほんとうの教育者は、と問われて」という書物があります。107人の知名人がそれに答えている。 ほんとうの教育者として出てくる教師には、恩師もいれば、書物で巡り合った先生もいた。唯一、特徴的なことは、有能な校長や教頭もいたであろうに、そのような管理者を懐かしんだ思い出は一つもなかった。 末川博さん(京都大学教授)は、本当の教育者に吉田松陰をあげ、人間と人間の触れ合いの中で、信頼と愛情の大切さを説いている。また、その時、最大の効果を発揮するとも言っている。 107人のうち、80%の人は、人間の心の触れ合い、人間的結びつき、人間的暖かさなどを求めていた。その上に、テクニック、研究の深さ、厳しさを訴えていた。 今日の子供との出会い、そして親との出会いを大切にして下さい。 (30)武田信玄の兵法 戦国の武将、武田信玄の兵法に、?啄同時の機というのがある。親鳥に卵が暖められて、雛にかえる時→生きるか死ぬかの境目を指している。親と子、親と教師、教師と子のタイミングの呼吸の合わせ方。即ち、協力が大切だ。。 (31)センター中心 センターと言えば、給食センターから文化センターに至るまで、何かとセンターを好んでつける。 こういった現象は、日本人の生活に本当の中心意識がないから、勝手に誰もが中心を名乗るのだと、言われています。このような生き方は、「自分がその中心で、世の中のことは、すべて自分のまわりをまわっている」と思い込む、精神分裂病の患者に似ていて健全でない。 (32)ゆっくりたゆまず ある日、都心の池袋の近くの舗装道路が盛り上がっていた。何事かと思って見るとキノコが群生していた。 一つ一つはどんなに弱くとも、多勢で結束して伸びる力は、驚くほどの力になることを、目の当たりに見せてくれた自然現象である。 (33)果実 果実は、その生命の最後のものであり、また、最初のものである。 果実の美しさは、最終の目的を果たした美しさであり、また、新しい生命が始まる門出の美しさである。最終の美=新しい出発の美だ。 (34)スター リーダーは、スターになってはならない。 (35)ミックス、結束の力 ウィスキーにしても、煙草にしても、よい味を出すには、古いものと、新しいものとをミックスしているそうだ。 古い煙草の葉と、新しい煙草の葉というように、この職員室にも、こくのあるベテランと、新鮮味あふれる若手がおりますが、その為に、すばらしい味が出せるはずです。 (36)動と静のリズム 岡潔さんの「心といのち」という本の中に、ある未解決の研究に取り組んで、三ヶ月ほどたって、どうにもこうにも疲れ果て、どんな試みも考えられなくなった。放心状態の時、そんな状態が続いていたある日、中谷宇吉郎さんの家に朝食に呼ばれた。 朝食後、応接室で考えるともなく考えているうちに、考えが一つの方向に向いて、内容がはっきりしてきた、と言っている。また、努力しても、努力しても解らない時期が続いた。その後、眠っているような放心状態があった。 この二つの過程が、発見にとって大切だったに違いないと言っている。考えてみれば、アルキメデスにしてもそうだったし、湯川さん、朝永さん、その他偉大な業績は、そのような過程(歩み)の中から生まれている。 動と静のリズムである。 (37)間 昔から日本人の生活を見ると、「間」というものが大切にされたように思う。即ち、生活の間です。日本の芸術を見ても、言えるそうです。歌、おどり、建築にも、絵画にも「間」をつくる事を忘れなかった。 言葉をかえて表現するなら、動と静のリズムかと思う。静があってこそ、動が生きるわけです。動だけの人生は、馬車同然の人生ですから、内的生長はないのです。 (38)人間の特徴 これからも、歩みはゆっくりでいいと思う。実は、このゆっくりが過ちを起こさないことになり、最大の力になるのではと思う。 「ゆっくり」とは、よくよく考えてみれば、根気のいる事業だ。それに対して、急ぎ過ぎると、「ひずみ」「公害」(高度成長)が起こる。 「人間の特徴は、いい、悪いは別として、間違えることにあるのだ」と思う。更に、私達の強みは、間違いを認められるところにあるのかも知れない。 これが大切、最小の誤りで済む。自分が更に大きく成長するカギにもなる。 (39)集団と暴走 人間は集団になると、幼稚になる。幼い感情に戻ることが、彼等にとっては嬉しいのだ。幼稚になれない人間は、集団の中で孤立する。 人間は、一人だと暴走しないが、集団だと暴走することがある。 (40)ユダヤ人の教育観 ユダヤ民族の諺に、「ボートを漕いで前に進むときは、後ろをふり返りながら進め」と いうのがある。 この意味を、子供の教育の場に当てはめるなら、何時の時点でも、希望を与えながら、信頼して歩むことが、ささやかでも前に進むことになるという意味になる。 そこで、ユダヤ人は具体的にどうしているのだろう。 よくこんな事が言われる。「教育は人である」と。 「人」=「学校の先生」、これは大きな間違いだ。ユダヤ人は、この「人」を両親と考えている。教育の中心は家庭と考える。学校は補助的なものと考えている。 家庭ほど重要な学校はない。親は、一生子を受け持つ先生である。 (41)心あたたまる正月一日(松にたとえて) 竹に節がなければ、ズンベラボーでとりとめがなくて、風に耐えるあの強さも生まれてこないであろう。竹にはやはり節がいるのである。 同様に、流れる歳月にもやはり節がいる。ともすれば、取り留めもなく過ぎて行きがちな日々である。せめて年に一回は節を作って、身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。正月元旦をこんなふうに考えたい。その意味では、お正月は意義深く、おめでたく、心も改まる。 (42)美 苦労して、汗水流して、あえぎながら、高い山に登ると、その苦労に比例して、見える範囲が広くなる。それだけ多くの美しいものを発見し、接することが出来る。 それと同じ様に、苦労して立派になった人ほど、言い換えれば、心の高みに登った人ほど周囲の美、つまり他人の心の美しさ、美点がわかる。また、自分の足りなさもわかる。深みのある、楽しい生活になる。 (43)埋み火 火鉢の中に火は見えなくとも、ヤカンからは湯気を出し、ちょっと灰をかければ火種を出し、体と心を暖める。そんな、日本固有の心を洗わす言葉である。 (44)人生の宝 “人生の宝は、すばらしい人との出会いである” これは、ミュンヘンオリンピックで優勝した、バレーボールチーム監督の松平康隆さんの言葉である。 (45)将棋 人間に似ているというか、まことに興味深いが、歩には歩の、金には金の個性がある。一歩ずつしか前に進めない歩が、敵陣に入り込むや否や、一躍、金の能力に昇格できるという意外性もある。 しかも、時には敵陣に入りながら、あえて昇格しないでいる方がいい場合もある。だから面白い。更に面白いのは、個々の駒に能力差があり、しかもそれぞれに必ず泣き所があるということだ。 “へぼ将棋、王より飛車をかわいがり” の川柳が生まれるほど、駒の中で飛車が最も強大である。だから、へぼな者ほど飛車を大事にする。特に、「歩」という弱い駒を大事にすることが、肝要なのだそうだがつくづく人間社会のあるべき姿を思わせる。 将棋のおもしろみは、底の知れない深さがある。