校長講話・折にふれての話題

  

   ぼくの前に道はない
   ぼくのうしろに道はできる


  高村光太郎は「道程」の詩の中に、道のないところに「一歩一歩」切り開いていく、前向きの姿勢の大切さを歌っています。

  これまでは、ご両親、先生方に人としての道を示していただくことが多かったはずですが、 これからは助言を頂きながら、目標を立てて、自分の力で道を切り開いてください。 そのためにも、何か一つ自分の青春を打ち込むものを持つことは、将来のためにきわめて大事なことであると思います。

 それは自分の心にしっかりした核をつくることになります。
 核というのは、いわば雪だるまのシンのようなものであって、そのシンができておれば、はじめはすこしずつしか雪がつきませんが、 だんだんそれ自身に重みがつき、表面積が広くなってゆくにつれて、面白いように大きくなっていくものです。
 
 人生のこと、まさに雪だるまの原理と同様です。
 
 人生の岐路とも言える青年時代に一つの夢を持たずに右に走り、左に転んだりして かんじんのシンを創ることを忘れてしまったら、いつまでたっても人間的に成長するチャンスを失ったも同然です。

 昔から、「一芸に秀ずれば万芸に通ず」といいます。 そんな道が切り開かれますように期待しています。

1.正月、元旦、門松

 「もういくつねるとお正月」という歌がありますが、そういう時期になりました。そこで今日は、そのお正月を迎える心の準備にと思って正月に関するお話をしましょう。

 1月を正月、すなわち「正しい月」とするのは、中国の考え方であって「この月がすべての始まり」と考えました。 特に1月1日を元旦というのは、元は初めですね。すなわち、元に立ち返って再出発という考え方なのです。何かあって道に迷った時は、初めに返れと言われます。人生も同じなのです。

 生産歴の最初である元日を迎えるためにまずなにをするかというと、一番大切なのは家全体を清潔にすることです。なぜ、家を清めなければならないかというと、神様をお迎えすることです。大晦日に大掃除をするのは、このためなのです。更に、大晦日にお風呂に入ってからだを清め、新しい着物に着替えたりするのは、おしゃれのためではなく、新しい年に神様をお迎えするためだったのです。

 正月にはお家によっては、門松を見ることができますが、あの門松は、元日に降りておいでになる神様のための道標なのです。
なぜ門松に松を使うかというと、松ヤニをアルコールに浸して、松酒にして呑むと血圧を下げると言われ、そのような意味から松は不老長寿の薬で、めでたい水だと思われていたからです。

 まもなくやってくる、新しい年が、「今年もよい年」になるように、あるいは「今年こそよい年」になるように、また新しい出発ができるように祈っています。

3.お年玉

 新年おめでとうございます。お年玉、もらいましたか。
 これからお年玉の由来を話しましょう。

 現在は、お年玉というとお金をもらうことを指しますが、昔は魂をあげることを指したのです。この魂を丸餅につけてあげたのです。正月には、互いにこの魂を贈りって、お互いを幸せにしようというのです。こういう人間関係で、年が始まる国は日本だけではないかといわれています。本当によい伝統を持った国だと思います。
そこで年のはじめですので、みなさんへのお年玉にと思い、お話をします。
人間は作りかえることができるという話です。

 私の子どもの頃のブドウといえば、みんな種子があり食べにくかったことを覚えています。やがて苦心して研究した成果でしょう、種のないブドウが生まれました。

  また私たちが毎日食べているお米のなる稲も、もとは熱い南の国の植物だったのです。それを長い年月、大勢の人たちの研究が、寒い北海道でも実るように変えてきたのです。
 人間の工夫や努力によって作り変えられたものはブドウや稲ばかりではありません。私たち人間も作り替えることができるはずです。新たな気持ちでお年玉を育てることです。今がその絶好の機会です。
新しい年の門出に当たって、努力によって新しい自分に作りかえることができる年になれますように。

4.お芽でとう

   みなさん、進級お芽でとう

みなさんは多くの人からも「お芽でとう」といわれましたね。
「お芽でとう」ってなんでしょう。

 みなさんはこれまでに草花の種子を蒔いたり、球根を植えたことがありますか? 最初に土の上に出てきたものは、何が出たといいますか。芽が出たといいますね。
「お芽でとう」は立派に成長して芽が出てきたと言うことです。 芽が出たということは素晴らしいことです。 芽が出なかったら、大きくはなれずに枯れてしまいます。

 緑色をした芽は、はじめは小さいけれど、これから大空に向かって伸びていく大きな力があります。だからやがて葉がいっぱいになり、そして花が咲いて種子や実がなるのです。

 今日のみなさんはちょうどこの植物の木の枝から出た新しい芽のようなものです。 これから、この新しい芽の力で、ひとまわりもふたまわりも大きくなれるはずです。 芽というものは、そんな素晴らしい力を持っています。みなさんもこの目の同じ素晴らしい力がそなわったということです。だから「お芽でとう」です。

  しかし、努力しないと決して芽は伸びません。 努力することを心に誓って、今日から出発しましょう。

5.未来に生きる心  

  4月1日のエーブリールフールには、その人の豊かさを表す、楽しい嘘がつけましたか。 ところで、面白いことに四月一日と書く苗字の方がいます。なんと読みますか?「わたぬき」と読みます。着物には「一重(ひとえ)」、「袷(あわせ)」、「綿入れ」とありました。

  季節の変わり目で、「綿入れ」から「袷」に変わります。その時に「わたぬき」になるのです。 気分を一新して、素晴らしい1年にするためのお話をします。 みなさんは、東京タワーをご存じですね。この土台を建築中のお話です。

  ある人が、そこで働いている大工さんの一人に「どうです、やりがいがありますか」と尋ねました。さてみなさんだったらどう答えますか? 大工さんは、 「まあ、こうやって仕事があるんだからいいようなものの、やっぱり競馬や競輪をやっている方が楽しいね。大きな声じゃ言えねえが要領よくやるにかぎるね。適当にサボっていれば、一日たつからね」という返事が返ってきました。

  更にもう一人の大工さんに同じように尋ねました。すると 「やりがいがありますね。なぜって、ご覧なさい。僕が今こうやって土を掘ったり運んだりしている場所に、世界で一番高い東京タワーが建つんですからね。日本中の人が東京タワーに登るでしょう。世界中からもいろんな人が来て、登るでしょう。その土台を創るんだと思うとやりがいがありますよ。もし子どもができたら、その子どもに胸を張って言ってやれますよ」 と打てば響くように、彼は誇らしげに語ってくれたということです。

  これは同じ仕事でも、ものの見方、考え方によって、明るく見ることもできる、更に出発にああたっての考え方の違いが、後に大きな違いになることを物語っているように思います。 さて、みなさんのこれからの毎日の生活を明るく充実させるのも、素晴らしい未来を生み台のも、まさに出発に当たっての心次第です。心して出発してください。