自然紀行

北海道・知床半島〜野付半島

2002.8.9(金)〜8.12(月)

北海道  アイヌの神々(ヒグマ、クジラ、シマフクロウ)との感動の出会い  


1日目(8月9日) 羽田から女満別  そして、小清水原生花園、草花との再会

いざ、出発
飛行機が11時半出発なので、朝ゆっくりできてよかった。
家で朝食を取り、いよいよ出発。
行きの電車の中では先日発売された、「ナチ・ドイツと言語」(宮田光雄著・岩波新書)を読んだ。
最近こんな感じの少し難しい本を旅行に持っていくことにしている。
簡単な本は、すぐ読み終えてしまい、次の本が欲しくなる。このての本はあまり厚くないけどじっくり読まなければならないので読むのに時間がかかる(何冊も持っていく必要がない)。更に、読むとすぐ眠気が訪れ、眠りたいときにぐっすり眠れるというメリットもある。
睡眠薬を取るよりも効果的で、健康にもいい、更に脳味噌も鍛えられる、一石三鳥だ。
4日間の旅では読み終えることはできなかった(内容はとても興味あるものだった、それについては違う場で)。

午前中だというのに都内は暑く軽く30℃を超えている。北海道はどうだろう。気がかりだ。
一週間前の予報では、毎日好天になるという予定だった。
しかし…。昨日の予報では連日雨、よくて曇り。そんなばかな!

飛行機に乗り込む前、少し時間があったので、ビールを飲む(もう半ば衝動的)。今日の運転は妻に任せることになった。
羽田から、女満別に向けて飛行機は予定通りに飛び立った。
そして、予定どおり女満別空港に到着。
涼しい、というより肌寒い。
気温はなんと15℃。旅行に北海道を選んだ理由の一つは避暑。しかし、これでは避暑を通り越している。
北海道でも10月の平均気温だという。
いくらなんでも東京と20℃もちがうなんて!もっと長袖のトレーナーをもってくるべきだった。

いつものことだが、団体旅行を嫌う自分たちは、知床を起点としたレンタカーでの旅行計画を立てた。
空港で予約していたレンタカーを借り、いざ出発。
ところが、出発早々トラブル発生。ナビの使い方が理解できない。自分たちが使っているのとタイプが違うのだ。
なんとかかんとか説明書を読みながら、目的地までの検索してみた。なんかおかしい、でも、こんなことに手間取っていては時間の無駄だということでとにかく出発。緑色の道が検索された道だろうと判断し、それを辿っていった。最初の目的は濤沸湖。

そして、しばらくして湖が現れた。ただ、表示されている湖の名は網走湖。
緑の道は主要道道を表す表示だった。そして、目的地までの検索はおこなわれていなかった。
「よかったよ、予定していなかった網走湖が見られて」
「けっこうきれいだしね」
2人で、こうなったことを喜ぶ振りをした。ナビを使わずに目的地に向かうことも考えたが、急がば回れということわざ思い、2人でじっくり説明書を読んだ。そして、しばらくしてようやく使い方を理解した。
いざ出発。

今度はナビの音声ガイドも入り、最短距離で濤沸湖沿いにある小清水原生花園に到着することができた。

◆小清水原生花園
小清水原生花園はオホーツク海と濤沸湖にはさまれた約8qにわたる砂丘にあるお花畑。
「原生花園」といえばここをさすというほど代表的な原生花園である。

実は2人にとって、今回は2回目の訪問。訪問した時期も前回と同じ。しかし、明らかに前回とはちがう。
今回のほうがずっとずっと楽しい。その大きな理由は、草花の知識が格段に増えたことだろう。
この時期は、ハマナスの盛りが終わり、エゾゼンテイカというニッコウキスゲとそっくりの百合の花はすべて枯れてしまっている。
7月に比べると花の種類はずっと少なくなっているのだ。そのため、以前来たときは、「ずいぶん花が少ないね。もっと早く来ればよかった」という感想を持った。
ところが、今回はそうではない。よく見ればたくさんの種類の花が咲いているのだ。
以前は赤い花、黄色い花、白い花、紫の花だったが、今回はちがう。5年前に訪れた霧多布湿原と釧路湿原で花の勉強をしたこともあり、ほとんど(おそらく全部)の花の名前がわかる。
わかると楽しいのは学校の勉強と同じだ。

以前来たときは、黄色い花でしかなかったものはカセンソウ、赤紫の花はハマフウロ、キタノコギリソウ、エゾカワラナデシコ、そしてハマナス、紫の花はナミキソウ、ヒロハクサフジなどとなど。
自然の楽しみはいつでもどこでも存在する。
予定外の網走湖に行ってしまったため、ここを15分で切り上げなくてはならないのがなんとも残念だった。
人がもっと少なければ楽しみは更に増したろう。人が多すぎて鳥の姿はまったく見ることができなかった。

◆オシンコシンの滝
次に訪れたのがオシンコシンの滝。
ここも2回目の訪問だ。ここも人が多い。どうも人が多いところは苦手だ。

ここの周辺にはエゾニワトコの赤い実がたくさんみられ印象的だった。葉をもんで匂いを嗅いでみた。本州にあるニワトコと同様のピーナツバターの匂いがした。

◆ウトロ
今日の最終目的地ウトロ温泉に向かう。
今日の宿泊は知床グランドホテル北こぶし。なんかすごく豪華な響きがある。
部屋にはいると、すぐテレビをつけた。今日の高校野球の第4試合で、地元埼玉の浦和学院がこの春の優勝校報徳学園と試合をするからだ。
テレビをつけたときは1対2で浦和学院が負けていた。

野球も気になったが、それ以上に気になるのが食事。食事を美味しく食べるための準備。
料理を美味しく食べるための鉄則、それはいかにビールを美味しく飲むか。僕はそう考えて生きてきた。ビールを美味しく飲むためのからだ作り、そう、それは食事の前に温泉につかること。
自分が中学の時は、高校野球にすっかりはまり、一日中テレビをつけてみていたが、今は、たとえ地元の学校が出ていても、ビールの魅力に勝つことはできない。ホテル8階にある温泉に出かけた。いい湯だった。
風呂から戻ってくると、最終回。なんと浦和学院が勝っているではないか。
そして、春の優勝校を破ってしまった。

風呂はよかった上に、浦和学院の勝利、最高の気分で食事に出かける。
食事も海の幸がふんだんに出てとても満足した。

翌日はボンズホームという民宿がおこなっている、小型ボートでの知床の自然ウォッチングに参加する予定だ。
ヒグマが見られることがあるということで人気だという。
今回の目的の一つはそのヒグマを見ること。明日のために早く寝ることにした。

2日目(8月10日) ホウェールウォッチングと知床五湖

天候によって中止もあると説明書には書いてあるが、今日の天気は曇り、波も高くない。これなら大丈夫と準備を進める。催行決定は8時ということで、8時ちょうどに電話で確認。そしてびっくり、がっかり。なんと今日は中止だというのだ。
目の前が暗くなる。ヒグマが…。この目的のために知床に連泊することにしたのに…。

急遽、予定変更。羅臼の民宿まるみに電話をかける。
ここが行っているホウェールウォッチングを今日行うかどうかを尋ねた。明日参加する予定だったものだ。
今日は催行されるということなので予約を入れる。
出発は9時。ただ、ここから羅臼までは自動車で40分近くかかる。
これは時間との勝負だ。

事故に遭わないように注意しながら、急げるだけ急ぐ。羅臼までの道は知床横断道路しかない。
途中まではすれ違う車も少なく、快適だった。しかし、この道の最高所にある知床峠にさしかかあたりで状況は一変する。
霧で前が見えないのだ。こんな時焦ると事故に遭うことはわかりながらも、焦る、焦る。
ライトをつけゆっくりゆっくり走った。9時が迫る、スリルとサスペンスのドライブだったが、何とか9時前に目的の羅臼港に着くことができた。

◆ホウェールウォッチング
妻も僕もクジラを一瞬だけなら見たことがある。
オーストラリアのグレートバリアリーフにいったとき、ツチクジラが海に潜る瞬間を見たのだ。テレビでもよく紹介される尾ビレを振り上げて海に入っていく様子だ。
それ以来、僕らはクジラに魅せられた。クジラが見たい!

昨年の夏、バンクーバーでクジラを見る予定を立てた。
ところが、とんでもないことが起こってクジラどころではなくなってしまった。
バンクーバーに行く前のこと、カナディアンロッキーで乗馬をしていたときのことだ。
妻が暴走する馬から振り落とされて頭を強く打ち、意識を失い、救急車で病院に運ばれたのだ(海外でも二人だけの旅をしている僕ら、あのときほど自分が英語が話せることが役立ったことはない)。
妻はしばらくの間意識がなかった(今もその時のことは記憶から抜け落ちているという)。
もちろん、その後予定していたホウェールウォッチングは中止に。
幸い、というか指の骨折はあったのだが、妻の命に別状はなく今に至っている。

妻は二度と馬には乗らないというが、クジラはどうしてもみたいらしく、今度の旅行も妻の第一の目的はクジラだった。
事故にあった時着ていた服を今も平気で着ているところが彼女のすごいところで、変に縁起を担ぐような所がない。
今回ヒグマを見にいくということでは、あんた去年のことで懲りないの?と実家の母から言われている。

今回は無事ホウェールウォッチングにたどり着けた。一年前を思い、それだけで感動だった。
今日の気温は13℃。船の上は風が強く、体感温度は10℃以下という感じだ。万一のためにもってきた防寒具が役に立った。
しばらくして、イルカの群が現れた。黒い胴体に白のストライプが入っているイシイルカの群だ。
イルカのスピード感あふれる泳ぎは、何度見ても感動する(イルカはずいぶんいろいろなところで見ている)。

しかし、なかなかクジラは現れない。説明書にも「クジラは野生動物ですので、必ず見られるとは限りません」と書いてある。
昨日のホウェールウォッチングでは、運転している主人だけクジラがもぐるところを見たそうだが、他のお客はみんなは寒くて船内に入っていたため一人も見ることができなかったという。その後クジラは現れず終了したのだそうだ。
そういうことは聞いては船内にいるわけにはいかない。ずっと外でがんばった。波がけっこう荒かったため、船酔いする人もでて、船内で転がっているカップルもいた。
そんなとき、遠くの方で潮が噴き上がるのが見えた。
「クジラだ」船長が叫んだ。

双眼鏡で見ると背ビレも見える。マッコウクジラだった。
クジラが沈んでしまわないようにボートは背後から静かに近づいていった。
そして、肉眼でもその全身が確認できる距離まで近づいた。かなり大きい。
クジラは豪快に潮を噴き上げながら(呼吸をしながらといった方が正確か)、悠然と泳いでいた。しばらくして、尾ビレを高く跳ね上げクジラは海に潜っていった。
感動のひとときだった。

◆トド肉料理
昼食は日本でただ一軒海馬(トド)の肉を食べさせる店という、海馬屋たかさごに入った。
僕らは食べたことのない食べ物を食べてみたいという強い欲求をもっている。オーストラリアではワニとカンガルーの肉を食べた。カナダではエルクを、有明海ではイソギンチャクを、千葉県の和田ではクジラの睾丸も食べた(もちろん料理したものだが)。
珍しい食べ物を見つければ食べてしまう。僕たちは食にも強い関心を持っている。

自分たちが頼んだのはトドとエゾシカの肉を陶板焼き定食、名付けて馬鹿陶板焼き定食。トドは海馬、それと鹿をかけた洒落た?ネーミング。このネーミングにひかれて頼んだようなものだ。トドの姿からはなんかチューインガムのような噛みにくい肉なのではないかと思ったが、思ったよりやわらかく美味しかった。
食べ終わったあと馬鹿陶板焼き定食を食べたという証明書をもらった。
うれしい、生涯宝物にしよう、と思いはしなかったが。

◆知床五湖〜フレベの滝(乙女の涙)
午後は知床五湖に出かける。
最初は五湖全部を見て回る予定だったが、三湖から五湖に向かう道はヒグマが出没しているため通行禁止となっていた。
観光客が多いため、これではヒグマと出会う心配はないなと安心する。いつもは人が多いのは好きではないが、ヒグマと出会うよりはまし。
ヒグマは見たいのだが、ばったり出会う状況では見たくはない。ヒグマに襲われて命を落とすという展開はなんとしてもさけたい。

一湖に向かう。霧がかかっていることが神秘さを増した。
霧が歩いている人の姿を隠してくれる。そのために風景は幻想的に。

左の写真は二湖を写したもの。二湖はネムロコウホネの黄色い花が水面から顔を出し慎ましく咲いていた。それが霧の中に見え隠れする様は、まさに幽玄の美であった。
知床五湖に関しては、今日の天候の悪さに感謝した。
エゾミゾハギとサワギキョウの紫も美しかった。
湖の上にマガモの雌がゆったりと浮かんでいた。

帰り道、エゾシカの大群に出会う。列をなして道を渡るところであった。
向こうから来た観光バスも停車して乗客が夢中で写真をとっている。
それにしても、シカの数が多い。人を恐れず我が物顔で道を渡っていくその姿、あまりに人慣れしていて感動が次第に薄れていく。
それが正直な気持ちだ。

その後ネーチャーセンターにより、その裏側に設けられた遊歩道を歩いてフレベの滝に向かう。
この滝は川の水ではなく、雪や雨が浸透して集まった地下水が流れ出してできたものだ。
歩いている途中で、雨が降ってきた。
この感じだと、明日も雨だろうか。ヒグマを見るのはむずかしいかもしれない。
そんな気持ちでホテルに向かった。

3日目(8月11日) ヒグマとシマフクロウ

朝5時に目が覚める。昨日からの雨が降り続いている。昨日よりも状況は悪い。気持ちは一気にあきらめモード。
いろいろ考えてもしかたがないということで、また眠りにつく。
7時に目が覚める。雨はやんでいるが、天気予報は一日中曇り。これは昨日と同じ状況だ。
催行決定は8時ということだが、これはきっと駄目だろうということで、気持ちが萎えていく。出発の準備をやめた。
ホテルでしばらくのんびりして今日の予定を考えようということになる。
とにかく朝食は取ろうということで食堂に出かけた。

聞いても無駄だと思いながらも、とにかく聞くだけは聞いてみようということで、8時ちょうどに妻に電話をかけてもらった。
「えっ、やるんですか」という妻の声。催行されるのだという。これは大変だ。民宿ボンズホームの集合時間は8時20分。出発は8時25分。
ネーチャーウォッチングの案内には、「遅れた人はおいていきます」と書かれている。
どうせ中止だろうと思い何も準備していない。

これは大変だ、あと20分で準備して、ホテルのチェックアウトをして、さらにコンビニで昼食を買わないと。
ネーチャーウォッチングの終了時間は午後2時30分。昼食なしではちょっときつい。昼食は各自で用意と書かれている。
妻にチェックアウトは任せて、僕は昼食を買いにコンビニに向かった。
集合時間に滑り込みセーフ。けっこうたくさんの人が集まっていた。

◆出発
このボンズホームのネーチャーウォッチングボートはウトロ港から知床半島の先端部にある知床岬までをおよそ6時間かけて往復するものだ。先端部は、原生自然が守られている場所で、立入禁止区域。この聖域を侵すことなく、その自然の素顔に海から迫ることができるというのが、この企画の売りだ。

今日の気温は13℃。船の上は肌寒い感じ。
8時30分。いよいよ、出発。

昨日見てきたフレベの滝や昨日行けなかったカムイワッカの滝を海側から眺めることができる。
大型船でないため、断崖絶壁の真下に迫れることで、知床の荒々しい自然を間近に感じることができる。
あたりに張りめぐらされた魚を捕る網も、小型船なのでするりするりとかわしていくことができる。

しばらくすると笹原の広がる海岸が見えてきた。船長の話だとこのあたりでヒグマを目撃することが多いのだという。
みんなが双眼鏡を手に取り、なめるように海岸線を見始めた。
こうなると日本野鳥の会で鍛えた目。誰よりも早くヒグマを探してやろうという気持ちが沸き上がってくる。

◆ヒグマ発見
そしてついに茶色い物体を発見。
「ヒグマ!」反射的に叫んだ。緊張が走る。みんなが双眼鏡で僕が指さす方向を眺める。
茶色の岩だった。
野鳥の会の探鳥会では、鳥を見つけたらすぐ知らせなくてはいけない。その癖で、目的のものを見つけるとすぐ叫んでしまう自分。
すぐ知らせないと鳥は逃げてしまうから。
しかし、ヒグマは鳥ではない。飛び立ってしまうことなどない。まして、茶色い岩は動きもしない。
しばらくの間、居心地が悪かった。

しばらくして船長の声がマイクを通して流れてきた。
「あれ、ヒグマじゃないですかね。動いてないけど」
ボートが海岸に近づいていった。
そこに母子2頭のヒグマがいた。
餌らしきものを掘り出しているところだった。

見ることができないこともあるというヒグマに、けっこう簡単に出会うことができた。
うれしい。
しばらくして、今度は3頭の母子連れに出会う。こちらは先ほどの熊より一回り大きかった。
ウォッチング開始1時間で2回もヒグマを見ることができ、気持ちに余裕ができた。
あとの5時間、知床半島の風景を楽しみながら大好きな海鳥を探すことにした。

知床半島の断崖にはウミウとオオセグロカモメが多い。
ほとんどこの2種が占領しているといってもいい。
断崖ではこの2種以外の鳥を確認することはできなかった。
海の上ではウミネコ(カモメの仲間では小さい方)、ウミスズメ、ウトウ、ケイマフリという鳥を見ることができた。

しばらくして、足に何かをぶら下げて飛んでいる鳥を発見した。かなり大きい
オジロワシ!」
野鳥の会の癖でまた反射的に叫んでしまった。
しかし、誰も双眼鏡で見ようとはしない。オジロワシがどんな鳥かわからないのだからしかたがない。

妻だけが「ほんとオジロワシ」と反応してくれた。ぶら下げているのはしとめたウミウだった。
先ほど茶色い岩をヒグマと間違えた名誉挽回のチャンスと、蘊蓄を傾ける。
「えーと、オジロワシはですね。主に冬鳥で、北海道の一部でだけ繁殖する実に珍しい鳥で、国の天然記念物に指定されています」
天然記念物ということでみんなが興味を持って双眼鏡で覗いた。
ただ、ヒグマとちがって空を飛んでいるので、なかなか双眼鏡に入れるのが難しいようだった。

この日、オジロワシは2回見ることができた。

◆トラブル発生
知床岬を眺めて帰路につく。
往路は半島の前掲を把握するため沖合を通っていった船は、復路には沿岸を走る。
そこで、またヒグマを発見した。今度は海岸線を歩く3頭の母子連れだ。
ボートは一気に近づいていった、100メートルくらいまで近づいただろうか。
双眼鏡で見ると視野いっぱいにヒグマの姿が入ってくる。
(写真の中央の小さい3つの物体がヒグマの母子)
しばらくすると、母親がこちらの方を気にしだした。
そして、なんと海の中に入って泳ぎだした。
「まさか、こっちまで泳いでくるのでは」
しかし、泳ぎは上手くとも、泳ぐスピードは速くはない。
もし泳いできても、余裕で逃げることができる、そう感じた。

しばらく母親は海中に入っていた。どうやら、こちらに来るのではなく、海の中の魚を捕ろうとしていたらしい。
その姿はとてもほほえましかった。十分ヒグマを堪能し、いざ出発。
ところが、ボートが動かない。
なんと、海岸に近づきすぎたためスクリューに魚を捕る網を支えるロープが絡まってしまったのだ。
絡まり方はかなりひどいようで、ほどくことができない。

大変なことになった。もし、ヒグマがこの状態に気がついたら…
これは壮絶な戦いが始まるぞ。先程まで「カワイー」を連発されていたヒグマが、一気に「コワイー」存在になった。
10分たっても、進展なし。これは、救助船を呼ばなければならないか。そんな空気が漂い始めた。
ロープを切るための道具の先の鈎状のものが外れて海に落ちていったとき、目の前が暗くなる気がした。
それはもう一本あったのだが。
少しずつ絡まったロープを鎌で切っていき、ようやくエンジンが掛かりスクリューが動き出す。
「助かった」、みんな胸をなで下ろした。

船長の声がマイクを通して流れてきた。
「わたしも15年この仕事をしていていますが、熊があんな形で海で泳ぐのを見るのは初めてのことです」
自分たちがそんな貴重な瞬間に出会えたのだと思うと、このトラブルもしかたないかという気がしてくる。
乗客からは「そう思わすための作戦じゃないの」という声も聞こえてきたが、
僕たちは船長の言葉を信じる方を選択した。
その後は、岸に近づくたびに乗客に緊張が走る。その緊張の中で見る知床の大自然は、格別だった。

大型船知床観光船おーろらが沖合を進んでいった。
船の中の快適さは観光船の方が優れているが、自然を楽しむということと、スリルを味わうことでは比較にならない。
もちろんこのボートの方が優れている。
トラブルがあったせいもあり、15分遅れの2時45分に港に着いた。
空は、晴れ間が出てきていた。

◆裏摩周展望台
次の目的地は摩周湖。
メジャーな第一展望台ではなく、その反対側の裏摩周展望台を目指した。
目的地に着いたときには、天気はすっかり回復し、青空の部分が、空の半分を占めるくらいになっていた。
ここは、以前訪れた第一展望台に比べて人の数はずっと少ない。それでいて風景の美しさは変わることはない。
静かな分、僕はこちらのほうが好きだ。

夕日を浴びた湖のなんともいえぬ美しさ。
夕日を浴びて裏摩周をバックに立っている自分。映画の主人公になったような気分だった。
しかし、どうも顔がひりひりする。
妻の「ねえ、顔真っ赤だよ」という一言が、映画の主人公気分をうち砕く。
しまった、日焼けだ。曇り空ということで油断してしまった。
海の上は陸上よりはるかに紫外線の量が多いということを忘れていた。

トイレの鏡で自分の顔を見てびっくり。映画の主人公どころではない。これは別人だ、自分ではない。
顔全体が火傷状態、どうみても酔っぱらいのおじさんだ(お兄さんではないところがつらい)。
夕日を浴びた顔は、更にグロテスクだろう。さっきまでのスター気分は木っ端微塵となった。

◆養老牛温泉のシマフクロウ
最終目的地、養老牛温泉のホテル大一に向かう。
この旅館はJTBが発表している満足度90点以上の旅館に選出されている。
実際、素晴らしい旅館だった。
風呂がいい、料理がいい、旅館のサービスがいい、何から何まで素晴らしかった。リピーターが多いというのが頷ける。

実はこのホテル、野鳥の会では有名である。それはシマフクロウを見ることができるから。
シマフクロウは日本最大のフクロウで(本によっては世界最大と書いてある)、日本では北海道の東部にだけ生息し、生息数は百数十羽程度といわれている希少種だ。
野生の状態で見ることはきわめて難しい鳥なのだ。
アイヌの人達はこの鳥をモシリコルカムイまたはコタンコルカムイと呼び、神としてあがめたという。
 
このシマフクロウがこの旅館が川沿いに作ってある生け簀に魚を取りに来るのだ。
それも毎晩必ず。
この1週間の訪問状況を見ると、1日1回夜中の1時から3時くらいに訪れているようだ。
日によっては、3度も4度も訪れているときもあるようだが、それはそんなに多くない。遅くまで起きてシマフクロウの訪問を待つ覚悟を決めた。
もしも、運良く早い時間に訪れるようなことがあったら部屋に電話してくれるという。
ということで安心して部屋で食事をとることができた。

いつものことながら、まずは入浴。ここの露天風呂は標津川の支流、モンシベツ川の渓流沿いにあり、石を積んだ縁ののすぐ向こうを渓流が流れている。そのせせらぎを耳にしながら、あふれる緑の中ゆったりと温泉につかることができる。小鳥の囀りも聞こえてくる。
いつまでも入っていたくなるそんな素敵な温泉だった。

温泉で汗を流したあとのビールが上手い。そして食事。これは素晴らしいというよりもすごい。
やまべ(やまめのこと)の活き作り、塩焼き、天ぷらと各種のやまべ料理に加え、ギョウジャニンニク等の山菜を使った山の幸の数々、養老牛の陶板焼き、花咲ガニを一匹ゆでたもの(蟹ミソがなんとも言えないおいしさだった)と書ききれない、食べきれない。
食事は19時から始まった、始まってすぐ部屋に電話が。
電話に出た妻が「えっ、来てるんですか!」と叫んでいる。シマフクロウが生け簀に来ているのだという。
今日はいつもよりずっと時間が早いぞ。双眼鏡をつかんで駆け足でロビーに向かう。

生け簀の前にシマフクロウがとまっていた。
黄色く輝く鋭い目、魚を鷲掴み(フクロウ掴み?)にする鋭い爪、肉眼でもじっくり見ることができる。
しばらくして生け簀に飛び込み、魚をつかまえると飛び去っていった。

深夜まで粘ろうと思っていたのに、ずいぶんあっさり見ることができてしまったものだ。こんな早い時間に現れるなんて、最近の記録では全くなかったことなのに。ついている。
昨日までずっと天候が不順だったこと、今日久しぶりに天候が回復して青空がのぞいたことと関係があるのだろうか。
少なくとも僕がここに来たことには関係はないだろう。

意気揚々と鼻歌を歌いながら部屋に戻り食事の続きをした。
鼻歌だが、最近頭から離れないのが「とんとんともだち」。理由は平田オリザの「動物園再々々襲撃」をみたこと。
この劇の中で「とんとんともだち」が何回か歌われる。あの作品を見てから、気がつくとこの歌を口ずさんでいる。
妻が「それなんていう歌?」と聞いてきた。同じ年代なのに妻はこの歌を知らなかった。
この歌は作詞・サトウハチローと作曲・中田喜直の名コンビによって作られた名曲(他に「ちいさい秋みつけた」がこのコンビついでに「夏の思い出」の作曲が中田氏)。
この歌を教えるということは輝ける日本童謡史の一端を伝えることだという責任感のもと、妻にこの歌を教えた。

「とんとんともだち みんなでくにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろちゃん ろくんぼ ななちん やっちゃんこ に きょうどんどん だれかがしかられた みんなで ごめんなさい」

素晴らしい響きだ。妻は笑っていた。

そして、再び食事の続きを。
食事が終わってからはNHK教育の「日曜美術館」をみる。今日はロシアのカンディンスキーの特集。最近このカンディンスキーに興味を持っている。
今日取りあげていたのはその「コンポジションZ」という抽象画であった。一見わけがわからない絵だが、魅力的だ。隣で妻が「きれいな絵ね」といっている。

彼が既成の美術に飽きたらず、「青騎士」という表現主義を代表するグループを立ち上げたことが僕を一番惹きつける。
彼は既成の権威からまったく認められなかった。これも自分が共感するところだ。
僕も既成の子どものための演劇(子どもといっても僕が考えているのは中学生なのだが)には思うところがたくさんあるから。
そして、新しい子どものための演劇作りを目指しているから。

このカンディンスキーが描いた「青騎士」のポスターに描かれている馬に乗る騎士を引用して、手塚治虫が鉄腕アトムの代表作「青騎士」を作ったことは明らかだ。
アトムに登場する「青騎士」も既成の枠から外れた新しい世界を築こうとするロボットであった。(先日のNHKBSがおこなった「鉄腕アトム」の投票では「青騎士」はベストテンに入る人気であった)。この「青騎士」の目指す方向性が、自分が今取り組もうとしている方向性と妙に一致する。今日の番組の中でも「青騎士」について触れられていた。

と、シマフクロウから話がずいぶん飛んでしまったが…。けっこう自分の中ではこんな全然関連性がないような世界が繋がっているのだ。
僕は自分の中にある多様性を大切にしている。

この番組を楽しんでいると、再び電話がかかる。シマフクロウが今度は川向こうの木にとまっているという。
再び猛ダッシュでロビーに向かう。その時はカンディンスキーはどこかに飛んでいってまった。

暗闇の向こうにシマフクロウの目が不気味な光を放っている。
しばらくして、生け簀に飛んできた。そして、魚取りに挑戦。しかし、2回試みて2回とも失敗した。
この写真は、その失敗したときのものだが、シマフクロウがどこにいるかわかるだろうか。
(ちなみにここはフラッシュをたいた写真撮影をかたく禁じている)
ばつが悪いといった顔をして(自分にはそう見えた)、シマフクロウは飛び去った。
見物人の多くは、その姿はじっくり見ることができたので、満足して部屋に戻っていった。
しばらくして、ぼんやり飛び去った方を眺めていたら、なんとシマフクロウが奥の奥の木にとまっていた。

せっかくだからということで、ずっとそのシマフクロウの様子を見守っていた。
見守ることおよそ30分。シマフクロウがこちらの向かって飛んできた。
そして、すぐ目の前を羽ばたいて闇の中に消えていった。

さて、この自然状況をどう考えたらよいだろう。
難しい問題だ。しかし、僕は必要悪として肯定したい。いや、悪でもないかもしれない。
「こんなの野生じゃない、邪道だ」という人もいるだろう。
でも僕はそんな人に「あんまり堅いことばっかりいいなさんな。そんな堅いことばっかりいっていると逆に自然のよさが伝えられませんよ」と言ってしまいそう(でも、そういう堅い人がいてもいい)。

先程も述べたように、シマフクロウは道内で百数十羽しかいないといわれている。川を遡る鮭を、溯る前にすべてつかまえて人工孵化するために、上流で鮭をつかまえていたシマフクロウの餌が不足してしまうのが第一の原因。もう一つは、開発のためシマフクロウが巣を作るための大木が失われ棲むところがなくなってしまったということだ。
こんな状況できれい事をいっていてはシマフクロウは絶滅してしまう。
なかなか見ることができないシマフクロウ、それががどんな素晴らしい生きものか知らないうちに、いつのまにやら絶滅ということも十分考えられる。
今現在野生で見られることが非常に困難なシマフクロウをここで多くの人にみてもらうことでシマフクロウを知ってもらうことは悪くない。

あまりにも勝手な解釈だが、シマフクロウが人間を利用して生きていると考えればいい。シマフクロウを見る楽しさを知った人間を利用した新たな戦略、と考えることだってできる。
ホテルで餌を用意してくれるうちは、シマフクロウにとって餌がなくなるということはないわけだ、人間も毎日シマフクロウを見ることができる、これはお互いにとってメリットがある。
野生に戻れなくなるなどという心配もあるだろうが、そんな心配をしている間にも次々と野生のシマフクロウは数を減らしているのだ。
シマフクロウの素晴らしさをここで知ってもらい、それからシマフクロウを守る活動を知ってもらえばいい。できれはそれに参加してもらうといい。シマフクロウを救うためには、まずシマフクロウの素晴らしさを知ってもらうことから始めなければ。

シマフクロウを知らなければ、彼らが棲む森を痛みを感じることなくなくせてしまう。
しかし、そこに自分が知っているシマフクロウがいることがわかれば、簡単には森をなくすことはできないはず。
ホテル大一の取り組みを支持する。今度は両家の親を連れてこようという話になった。

ちょっと、話がかたくなってしまった。

4日目(8月12日) 野付半島 トドワラとナラワラの幻想美

最終日、澄みきった青空が広がっている。
昨日遅くまで見ていた人達の記録から、全部で5回シマフクロウが現れたことを知る。昨日はシマフクロウにしても特別な日だったようだ。

◆野付半島・トドワラ
今日は野付半島に出かける。
野付半島は全長二十八キロメートル、最小幅五十メートル、最大幅3.5qの日本最大の砂嘴である。
砂嘴とは沿岸流によって運ばれた砂礫されきが湾口の一方の端から海中に細長く堆積して堤状をなすもので三保の松原が有名だ。

海の近くということとこの晴天、大量の紫外線を浴びることが予想される。
昨日の反省を生かし、紫外線防止のクリームを入念に塗った。
もう塗りすぎて顔が白くなってしまうほど塗った。
妻が「それじゃ今度は皮膚呼吸ができないんじゃないの」と心配している。

ここで一番有名な場所はトドワラ。この風景ができたのは太古の昔というわけではない。
なんと昭和29年の洞爺丸台風の際、トド松林に海水が流れ込んでできたのだという。
写真にあるような荒涼とした風景からは歴史を感じたのだが、そんな長い歴史が作り出した風景ではないのだ。

以前の写真と比べて、明らかに枯れたトド松は風化し、自然に帰っている。
この風景が見られるのはそんなに長くはないだろう。

このあたりは、非常に多くの花が咲いていて楽しめる。咲いていた花をあげるとこんな感じだ。
キク科
エゾコウゾリナ、オオダイコンソウ、キタノコギリソウ、ヤマハハコ(本州では高山で見られる)、エゾオグルマ、エゾノサワアザミ
マメ科
フタバハギ、クサフジ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ
バラ科
ナガボノシロワレモコウ、エゾツルキンバイ、キンミズヒキ、ハマナス
その他の科
ノカラマツ、ノハナショウブ、シオガマギク、ツリガネニジン、エゾオオヤマハコベエゾカワラナデシコ、エゾカワラマツバ、ノリウツギ
センダイハギ
などなど。

鳥も多く、次のような鳥を見ることができた。
オオジュリン、ノビタキ、ノゴマ、キアシシギ、キョウジョシギ、アオサギ、オジロワシ、カワラヒワ、ベニマシコ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ハクセキレイ

ついでといってはなんだが、キタキツネの子どもにも出会うことができた。なんともかわいい表情だった。

◆標津湿原(ポー川)
時間が余ってしまったための時間つぶしという感じで標津湿原を訪れた。
標津湿原は、国指定の天然記念物になっいる。
伊茶仁川(いちゃにがわ)支流のポー川に沿って、約2qに渡り発達している。
台地上に1200あまりの竪穴遺跡があり、湿原とあわせて「ポー川史跡自然公園」として整備されている。

入り口で入場料を払い中に入る。その時に、鈴を渡された。
ヒグマよけの鈴という説明を受けた。こんな町中にある平地の湿原なのに?
キャンプ場の向こうではヒグマが出没する可能性があるのだという。一気に緊張が高まる。

中に入って驚いた。人が全然いないのだ。1q以上続いている木道を人一人歩いていない。
竪穴遺跡を見るためには、木道の更に向こう側にいかなくてはいけない。
せっかくだから行くことにした。ヒグマに出会わないことを祈って。

木道が終わると樹木が生い茂り、一気に見通しが悪くなる、ヒグマとばったりということも考えられるような場所だ。1q以上歩いてきたにもかかわらずすれちがう人は一人もいない。鈴の音を響かせ響かせ歩いた。でも怖い。歌を歌おうということになった。
もちろん歌った歌は「とんとんともだち」

「とんとんともだち…」

妻も歌に合いの手を入れてくれる。標津湿原に「とんとんともだち」が響き渡った。
と、突然道の向こうから年輩のご夫婦が現れた。「こんにちはー」
ここに来て初めての人間との出会い。僕らはうれしかったが、相手はどうだったろう。
こんな歌を歌って歩いている2人組は、ヒグマより恐ろしかったかもしれない。

幸いヒグマには出会わなかった。生きていることの幸せをかみしめた。

◆4日間を振り返って
僕らはこの旅行で様々な自然に出会うことができた。
その中で特に印象的なのがヒグマ、シマフクロウ、クジラとの出会い。
アイヌの人達はこの3種類の動物を陸,空,海の動物神のうちでもっとも重要な神とみなしていた。
今回の旅はアイヌの神達に出会う旅だったということができそうだ。
なんか自分たちの旅行が神々しく感じられてきた。とにかく、楽しかったー。それに尽きる。

書いている今、顔の皮がボロボロ剥がれてきた…

Top

「自然紀行」Top