七つ森通信・目次

カテゴリー 自然.旅  ●写真・画像あり ●演劇 ●映像芸術・娯楽(映画・テレビ・手品など) 
文藝・哲学 ・美術・音楽 ●教育 ●思索・日常など

2012年

2012.01.08新作『ふるさと』E 今日までの部活

2012.01.07黒い赤とんぼと私たちの劇

2012.01.06新作『ふるさと』D 感動のある劇にしたい

2012.01.05身近なWhat A Wonderful World チョウゲンボウ

2012.01.04身近なWhat A Wonderful World ツミ

2012.01.03新作『ふるさと』C What A Wonderful Worldを描いた劇に

2012.01.02新作『ふるさと』B 『上を向いて歩こう』のように

2012.01.02新作『ふるさと』A 元気になる劇にしたい

2012.01.01新作『ふるさと』@ あったかい劇にしたい

2011年

2011.11.22神奈川県高等学校演劇発表会 最優秀賞

2011.11.21『七つ森 シリーズ・七つ森の子どもたち 斉藤俊雄作品集2』

2011.11.06笑いについて考える 私が好きな笑い『怪談の多い料理店 第4話〜山姥の微笑み〜』

2011.11.05笑いについて考える「ハゲとハナゲ」〜『七つ森』後書きから

2011.11.04『森の交響曲』扉絵

2011.11.03『魔術』扉絵

2011.11.02『怪談の多い料理店』扉絵

2011.11.01『ザネリ』扉絵

2011.10.31『とも』扉絵

2011.10.30『とも』『怪談の多い料理店』感想 その4

2011.10.29 中学生のすばらしさを発信したい

2011.10.28 『とも』『怪談の多い料理店』感想  その3

2011.10.27 『とも』『怪談の多い料理店』感想  その2

2011.10.26 『とも』『怪談の多い料理店』感想  その1

2011.10.25 『七つ森』校正完了

2011.10.24 大手忍

2011.10.23 希望の鐘の響き

2011.10.22 中学校の演劇とスプリング・エフェメラル

2011.10.20 DVDをめぐる話

2011.10.17 三郷北高校演劇部から届いた感想

2011.10.16 新作『ふるさと』 今の私にできること

2011.10.15 あの時から3 〜8月から10月〜

2011.10.14 あの時から2 〜6月から7月〜

2011.10.13 あの時から1 〜3月から5月〜

2011.10.08 旅人

2011.05.14 第5回自然劇場

2011.02.27運のゲーム <

2011.02.26春一番、吹きましたね

2011.02.24画像検索 ● 

2011.02.20ジャパンライム株式会社によるDVD撮影

2011.02.11春一番に向かって歩く(「演劇と教育」2009年8+9月号)

2011.02.10『春一番』あとがき(『演劇と教育』2008年10月号)

2011.02.09「Yes」から見つめる子どもの劇上演(2004/1 『演劇と教育』)

2011.02.07量より質

2011.02.06『魔術』その2

2011.02.05『魔術』その1

2011.02.02私が選んだ花

2011.02.01充電期間と50歳

2011.01.31『とも』に届いた感想

2011.01.30市民芸術祭での『とも』

2011.01.29A2008年の日記に思う

2011.01.29@18年後の答え

2011.01.28こんな表現あり?

2011.01.27思い出を生かす

2011.01.26サンタが町にやってくる3 後日談

2011.01.25サンタが町にやってくる2

2011.01.24サンタが町にやってくる1

2011.01.23フクロウと脚本

2011.01.22白いカラス

2011.01.21関東で3作品

2011.01.19苦しい時こそ我が見せ場5 涙

2011.01.18苦しい時こそ我が見せ場4 ウルトラC

2011.01.16苦しい時こそ我が見せ場3 インフルエンザ

2011.01.13苦しい時こそ我が見せ場2 長い前置き

2011.01.12苦しい時こそ我が見せ場1 短い前置き

2011.01.06今日も涙だった

2011.01.05涙、涙

2011.01.04困ったうれしいこと

2011.01.02『とも』とは?

2011.01.01新作『とも』

2010年
2010.03.22第3回自然劇場 フクロウを見に行く

2010.03.21第2回自然劇場 白鳥舞う多々良沼

2010.03.20第1回自然劇場 昭和池

2010.03.19すてきな遠回り

2010.01.17「七つ森」に届けられた感想 その2

2010.01.16「七つ森」に届けられた感想 その1

2009年
2009.09.0517年前の思い出との出会い

2009.09.03『春一番』 二つで一つ

2009.09.02 『春一番』 2人の裕美

2009.09.01 『春一番』 本当の涙がこぼれる理由のひとつ

2009.08.31 『春一番』  オオルリとカワセミ

2009.08.30 全劇研〜「春一番」に寄せられた感想の数々〜

2009.08.29 全劇研〜私の紹介〜

2009.08.13 二つの『春一番』

2009.08.12 劇の世界のペイ・フォワード

2009.08.11 劇の感想に関してのすてきな感想

2009.08.10 東京でのワークショップ その4 よし出し

2009.08.09 東京でのワークショップ その3 モティベーション

2009.08.08 東京でのワークショップ その2 台本渡し2日後で通せる秘密 

2009.08.07 東京でのワークショップ

2009.08.06 『春一番』に届けられたすてきな感想

2009.07.30 読売新聞 「彩の人」 に紹介されました

2009.04.25 Z会月刊誌 Z CLUB4月号 特集・部活に燃える2009に久喜中学校演劇部が紹介されました

2009.04.18 『斉藤俊雄作品集 夏休み〜シリーズ・七つ森の子どもたち』出版

2009.01.31 『ザネリ』はどんな物語なのか 〜カットした台詞から〜

2009.01.30 『ザネリ』 届けられたアンケート

2009.01.11 『ザネリ』 関東中学校演劇コンクールへ

2009.01.08 『ザネリ』 部長からの手紙

2009.01.07 『ザネリ』 2009年1月4日〜1月7日の部活

2009.01.06 『ザネリ』 初稿完成から2008年最後の部活まで

2009.01.03 2009・冬期埼玉東部地区・茨城中学校演劇発表会

2008年
2008.06.09関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その3

2008.05.03 関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その2 

2008.04.29 関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その1

2008.04.27 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」

2008.02.26 暴風の日光

2008.02.23 『春一番』 市民芸術祭を終えて

2008.02.03 学び 〜たとえば四万温泉で〜

2008.01.30 『武満徹対談集』を読んで 長生きする劇について考える

2008.01.27 『春一番』のイメージ画

2008.01.26 『春一番』に寄せられた感想 その2

2008.01.25 回顧2007 旅

2008.01.24 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年

2008.01.23 回顧2007 心に残ったTV番組 ハゲタカ、点と線…

2008.01.22 回顧2007 演劇4 宝塚花組・春野寿美礼

2008.01.22 回顧2007 演劇3 劇団桟敷童子

2008.01.21 回顧2007 演劇2 ラーメンズ

2008.01.20 回顧2007 演劇1 私と演劇

2008.01.19 『春一番』に寄せられた感想

2008.01.17 『春一番』 死から遠く離れて

2008.01.13 『春一番』 〜関東大会へ〜

2008.01.10 Little DJ 小さな恋の物語

2008.01.07 『春一番』〜ここ数日の練習〜

2008.01.07 夢は夢見ることから始まる〜山陰を旅して思うこと〜

2008.01.06 2007年に自作を上演してくれた学校

2008.01.04 七つ森という世界と「人間喜劇」

2008.01.03 『春一番』〜完成に至るまでの読書〜

2008.01.02 『春一番』〜台本完成から初めての通しまで〜

2008.01.02 『春一番』〜友情物語を拒む中で生まれた友情物語〜

2008.01.01 『春一番』

2007年
2007.08.15
青空

2007.06.09 アカショウビン 奥胎内にて

2006年
2006.10.11
那須の紅葉 姥ヶ平〜朝日岳

2006.09.18 自作『降るような星空』 韓国で上演予定

2006.09.17 ブラスト2:MIX( blast!)  稲垣正司の超絶技巧バトンに感動

2006.09.10 溝口健二 没後五十周年に思うこと

2006.09.05 ブルーノ・ムナーリ展−アートとあそぼう−

2006.08.06 尾瀬2日目 尾瀬ヶ原一周 

2006.08.05 尾瀬1日目 至仏山登山  オゼソウとアリドオシラン

2006.07.30 「エルミタージュ美術館秘蔵 エミール・ガレとドーム兄弟」

2006.07.29『青空』 横浜での上演

2006.07.23 『夏休み』&『サチとヒカリ』

2006.06.13武満徹 『Vision in Time』展 

2006.05.20 スミレいろいろ 今年出会ったスミレたち 

2006.05.13 メジロ 堂ヶ島温泉にて 

2006.03.31 『青空』2006関東中学校演劇コンクール 最優秀賞受賞 

2006.02.13 旅・井頭公園・羽田沼 水鳥を楽しむ 

2006.02.07 『12人の優しい日本人』笑いの神髄 

2006.02.05 『学力を育てる』(志水宏吉 著) 叱るのではなく怒る

2006.02.03 『学力を育てる』(志水宏吉 著) 太陽であると同時に大地である教師

2006.01.31 『時効警察』 クスリ、クスリのよい薬

2006.01.31『五輪書』〜再度『スイングガール』的な笑いについて考える〜

2006.01.30 『笑い』(ベルクソン著)と『スイングガール』との親和性〜笑いについて考える・その2〜

2006.01.29 『スイングガールズ』〜笑いについて考える〜

2006.01.28 『リンさんの小さな子』  号泣という宣伝が似合わない号泣本

2006.01.27 浪漫(ゆめ)〜さらば昨日よ〜 

2006.01.25 肩書きについての考察〜学校カウンセリング上級研修会終了〜

2006.01.24 雪の菅平 〜美は到るところにある〜

2006.01.21 雪に白鷺

2006.01.19 食の素材と演劇の関係 『魯山人味道』

2006.01.18 『KITCHEN』 蜷川幸雄 美しい舞台

2006.01.17 『あらしのよるに』 続編がなければ

2006.01.16 『サバンナ 命を育む神秘の樹』 正月のテレビで一番心を動かされた番組

2006.01.15 オオタカ現る!

2006.01.15 ハワイ紀行6(ハワイで考えたこと) 〜贅沢は素敵だ〜

2006.01.14 富嶽三十六景

2006.01.14 ハワイ紀行5(ハワイで考えたこと) 〜ハワイ固有の自然を求めて2〜

2006.01.13 ハワイ紀行4(ハワイで考えたこと) 〜ハワイ固有の自然を求めて1〜

2006.01.12 ハワイ紀行3(ハワイで考えたこと) 〜ハワイで出会った星たち〜

2006.01.11 ハワイ紀行2(ハワイで考えたこと) 〜ハワイで出会った美しくも悲しい自然〜

2006.01.10 『青空』に寄せられた感想

2006.01.09 ハワイ紀行1(ハワイで考えたこと) 〜味覚と料理・感性と劇〜

2006.01.08 『青空』 2006関東中学校演劇コンクールへ

2006.01.06 『青空』 完成までの読書と戦争の夢

2006.01.05 『青空』 今日までの道程

2006.01.04 『青空』

2005年
2005.11.23 『LOVE』 ナット・キング・コールの歌と創作

2005.11.20 アオサギ

2005.11.15 ガラス細工の蜻蛉

2005.11.14 ススキ・スキ〜箱根・仙石原〜

2005.11.13 『太平洋戦争下の学校生活』(岡野薫子 著)読了

2005.11.13 紅葉を捕まえた

2005.11.07 天狗の葉団扇 〜塩原〜

2005.11.03 足下の紅葉

2005.10.23 紅葉と雪の那須

2005.10.17 『西の魔女が死んだ』 銀龍草(ギンリョウソウ)

2005.10.16 『西の魔女が死んだ』 キュウリグサ〜さりげない自然への愛〜

2005.10.16 ハロルド・ピンター ノーベル文学賞受賞 20年前のアンダーライン

2005.10.15 『映像詩 里山〜命めぐる水辺』 しずくの中の世界

2005.10.14 『ハルとナツ』 静かで深い感動

2005.10.12 錦秋の那須・姥ヶ平

2005.10.11 東京大学奇術愛好会第35回学外発表会「Magic meets Arts」

2005.10.10 田園の散策

2005.10.10 『ハルとナツ』 第1回「姉妹」 

2005.10.09 『白線流し〜夢見る頃を過ぎても〜』 深みのあるドラマ

2005.10.08 『なっちゃんの夏』そして次回作

幻の森通信2005年7月〜2005年10

2005.10.2(日)A 里の秋

2005.10.2(日)@ 美しい罠 アヅチグモ

2005.10.1(土)A 秋を感じる旅  尾瀬ヶ原

2005.10.1(土)@ 谷川岳

2005.9.30(金)A 花々の夢 ヒメアカタテハ

2005.9.30(金)@ タコノアシ 地味な絶滅危惧種

2005.9.29(木) へんないきもの 〜ハナホウキタケ〜. 『女王の教室』

2005.9.27(火) A 100q 丸山弁護士の挑戦に涙

2005.9.27(火) @ 水のある風景   安達太良山の思い出 その3

2005.9.26(月) ほんとの空    安達太良山の思い出 その2

2005.9.25(日) 霧雨の贈り物  美しいクモの巣   安達太良山の思い出 その1

2005.8.20(土)A アオスジアゲハ〜青の飛翔〜

2005.8.20(土)@ 3校合同発表会から繋がるもの

2005.7.28(木) ブライアン・ウェイへのアンチテーゼとして

2005.7.26(火) 「日本の英語教育」(山田雄一郎 著 岩波新書)

2005.7.24(日) 第39回さいたま市中学校演劇発表会浦和大会

2005.7.23(土) 笑い と涙のリハーサル

2005.7.10(日) 久喜市演劇部3校合同練習会

2005.7.9(土) 秋津島 トンボの世界 ●

2005.7.3(日) 『バッテリー』(あさのあつこ・著 角川文庫) 感動

2005.7.2(土) 幻もあるべし 〜アゲハ

幻の森通信2004年1月〜2005年10

2005.6.19(日) 素敵な出会いはどこでも

2005.6.18(土) あこがれの花 〜イワウチワ

2005.6.15(水) 開校記念日はギリシア悲劇で

2005.6.12(日) 『新しい人よ眼ざめよ』(大江健三郎 著 講談社文庫)
           『カラスの早起き、スズメの寝坊 文化鳥類学のおもしろさ』(柴田敏隆 著 新潮選書) 読了

2005.6.11(土) 亜麻色 〜アマサギ

2005.6.7(火)  野外観察

2005.6.5(日) エゴツルクビオトシブミ

2005.6.4(土) 経過報告

2005.6.3(金) がまくんとかえるくん

2005.5.30(月) ユーリ・ノルシュテイン

2005.5.29(日) 夕焼け

2005.5.23(月) 地元の自然も

2005.5.21(土)〜22(日) 九州・宮崎県御池の森

2005.5.17(火) 遠方からのお客様 〜ムナグロ

2005.5.15(日) 龍王峡から日光へ 2日目  ベストショット! 

2005.5.14(土) 龍王峡から日光へ 1日目 

2005.5.8(日) 雪の谷川岳  

2005.5.3(火)〜5.5(木) 土湯温泉〜いわき湯元温泉 温泉と自然の旅  

2005.5.1(日) ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展とゴッホ展  

2005.4.30(土) オシドリ夫婦  

2005.4.29(金)A 「肩にベニシジミがとまっているぞ」  

2005.4.29(金)@ 水が生み出す魔法  

2005.4.27(水) ジグモの巣を探せ!  

2005.4.23(土) ツミの巣 完成  

2005.4.16(土) 五月雨に鳰の浮巣を見にゆかん  

2005.4.10(日)B 今日の罪、いえいえ今日のツミ 

2005.4.10(日)A 色彩のハーモニー  

2005.4.10(日)@ 春の 七種  

2005.4.9(土) 朝の散歩  

2005.4.8(金) 野の花を飾る 

2005.4.3(日) 福島への旅 その3 野口英世と英語  

2005.4.2(土)A 福島への旅 その2 ラーメンと福寿草  

2005.4.2(土)@ 福島への旅 その1 割れたゴムボールのようなキノコ    

2005.3.31(木) 発熱  

2005.3.29(火) 2005関東中学校演劇コンクール 第2日 「なっちゃんの夏」優秀賞受賞  

2005.3.28(月) 2005関東中学校演劇コンクール 第1日 「なっちゃんの夏」上演 

2005.3.21(月) 反応の固定化 

2005.3.19(土) 「なっちゃんの夏」 二ヶ月ぶりの通し練習 

2005.3.13(日) ツミな奴  

2005.3.12(土) 今朝も霧

2005.3.10(木) 悔し涙からうれし涙へ

2005.3.6(日) 霧の朝

2005.3.5(土) 雪の翌日

2005.2.11(金) シラコバト 埼玉県の鳥 . 『森の瞬間』 林明輝 写真集 / ルーブル美術館

2005.1.30(日) 「ハウルの動く城」

2005.1.29(土) 白鷺

2005.1.23(日)A

2005.1.23(日)@ 『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』

2005.1.16(日) 『なっちゃんの夏』

2005.1.10(月) 埼玉東部地区+古河市中学校演劇冬季発表会2005

2005.1.9(日) 冬の中に春を見つける

2005.1.8(土) 「ぜいたくに磨きを掛けなければいけない」by青山二郎

2005.1.7(金) 「なっちゃんの夏」

2005.1.4(火) カワセミ撮った!

2005.1.3(月) 今日もまた

2005.1.2(日) 朝の鳥見

2005.1.1(土) 霜が作り出す美の世界

2004年
2004.1231(金)B 雪の中に美を捜す 

2004.1231(金)A この一月をふり返って 福島への旅

2004.1231(金)@ この一月をふり返って 『なっちゃんの夏』

2004.11.14(日) 「絆」〜ともに育む子どもたちのために〜 

2004.11.12(金) 久方ぶりの更新 

2004.9.19(日)〜2004.9.20(月) 鬼怒川温泉 

2004.9.18(土) 燕温泉 硫黄の匂いの凄まじさについて

2004.9.17日(金) 今日までのことを振り返って

2004.8.28(土) 雨のすてきな森歩き

2004.8.26(木) ヨットのようだ

2004.8.25(水) 今日までのこと。

2004.8.10(火) 「ときめきよろめきフォトグラフ」 再上演  〜新宿 ●

2004.8.8(日) 5ヶ月ぶりの「ときめきよろめきフォトグラフ」

2004.8.1(日) メールで在宅授業

2004.7.30(土) 話し合いについて学ぶ

2004.7.29(木) うれしいこと

2004.7.28(水) 「ファインディング・ニモ」大傑作!

2004.7.27(火) 「ラブストーリー」

2004.7.25(日) 第1回久喜市3校合同発表会・大成功

2004.7.23(金) 教室上演

2004.7.16(金) いいぞ!

2004.7.15(木) うれしいこと

2004.7.10(土) 世界をつくる

2004.7.4(日) ラーメン

2004.7.3(土) 鳥の写真家

2004.7.2(金) 台本完成 / 「雨のくに」(佐藤秀明・写真 PIE BOOKS)

2004.6.26(土) 久喜市演劇部3校合同練習会 / 教え子・紀伊国屋ホールデビュー

2004.6.24(木) マジックブーム

2004.6.20(日) 草取りをしながら

2004.6.19(土) また旅 〜駒止湿原

2004.6.15(火) 開校記念日 〜塩原温泉へ

2004.6.13(日) 中文連・総合文化発表舞台部門に自作『生命の交響曲(シンフォニー)』が

2004.6.6(日) 関東中学校演劇研究協議会第2回総会

2004.6.4(金) 久し振りの運動

2004.6.1(火) 部活動保護者会と1年生との3回目の部活動

2004.5.30(日) 演劇のワークショップ / 『山の雨 上高地・幽玄森閑』

2004.5.29(土) 全世界を異郷と思うものこそ

2004.5.24(月)満開のツツジの道にて 泉鏡花の世界がここに  〜八幡温泉〜

2004.5.23(日)B山ほととぎすほしいまゝ  〜三斗小屋温泉〜

2004.5.23(日 A ヒメツチハンミョウ ファープル昆虫記とのリンク  〜三斗小屋温泉〜

2004.5.23(日) @ 霧の中のオーケストラ 〜三斗小屋温泉〜

2004.5.22(土) 体育祭

2004.5.21(金) 新入部員8人

2004.5.20(木) カッコウ / 「オリエンタリズム」(サイード著)読了

2004.5.16(日)D 「ハリー・ポッター 秘密の部屋」と「バグズライフ」

2004.5.16(日)C 心に残った自然・芸術   〜この2週間を振り返って〜

2004.5.16(日)B 地味な花   〜この2週間を振り返って〜

2004.5.16(日)A 銀竜草(ギンリョウソウ)から思い出すこと   〜この2週間を振り返って〜

2004.5.16(日)@  落とし文   〜この2週間を振り返って〜

2004.5.3(月)  美をたずねて 「栄光のオランダ・フランドル絵画展」「エミール・ガレ展」 

2004.5.2(日)  ハイキング 塔のへつり〜湯野上温泉 

2004.4.30(金)  エッセイ - 入院中の読書  、そしてそこから導かれるある過去 

2004.4.29(木)  エッセイ - 入院、そして復帰までのこと

2004.4.11(日)  クライアントについて書かない〜河合隼雄の本を読んで

2004.4.10(土) A 青い花  - 花と温泉の旅 龍王峡から川治温泉 - 其の二

2004.4.10(土) @ ネーミングの面白さと「めずらしさ」についての思考 
- 花と温泉の旅 龍王峡から川治温泉 - 其の一

2004.4.5(月) 手品の番組から昔を懐かし む 〜ランスパートンそしてナポレオンズ〜

2004.4.4(日) 「悲劇の誕生」(ニーチェ著 ちくま学芸文庫)読了

2004.4.3(土) ハイキングに温泉〜桜山と八塩温泉〜

2004.4.1(木) ハシボソガラス

2004.3.29(月) 『ときめきよろめきフォトグラフ』関東中学校演劇コンクール最優秀賞受賞

2004.3.26(金) 『ときめきよろめきフォトグラフ』部室での最後の通し

2004.3.25(木) 新入生歓迎会実行委員会

2004.3.24(水) 置き手紙

2004.3.23(火) 『ときめきよろめきフォトグラフ』自分たちだけの通し練習は…

2004.3.21(日) 『ときめきよろめきフォトグラフ』 一週間ぶりの通し

2004.3.18(木) 「白い巨塔」と「壬生義士伝」

2004.3.15(月) 色紙

2004.3.14(日) 「ときめきよろめきフォトグラフ」に送られてきた感想

2004.3.13(土) 1ヶ月ぶりの「ときめきよろめきフォトグラフ」 / 「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」

2004.3.12(金) 複雑な思い

2004.3.6(土)B 久喜市演劇部第1回合同練習

2004.3.6(土)A 三年生を送る会 有志202人

2004.3.6(土)@ 今日までのこと

2004.2.16(月) 「BORN TO LOVE YOU」と「プライド」

2004.2.15(日) 合同発表会

2004.2.11(水)F この三週間を振り返って その7  「市民芸術最後の練習と長崎からの訪問」

2004.2.11(水)E この三週間を振り返って その6  「雪に眠る町 山寺から」

2004.2.11(水)D この三週間を振り返って その5  「13歳のハローワーク」

2004.2.11(水)C この三週間を振り返って その4  「高校演劇2003」

2004.2.11(水)B この三週間を振り返って その3  「読書と映画鑑賞」

2004.2.11(水)A この三週間を振り返って その2 「メソードアクティングに触れて」

2004.2.11(水)@ この三週間を振り返って その1 「ときめきよろめきフォトグラフ」

2004.1.14(水) たのくるしい思い

2004.1.10(土) 太東中・久喜中演劇部合同演劇発表会

2004.1.1(水) 今年もよろしくお願いいたします

幻の森通信2003年7月〜12月

2003年
2003.12.31(火) オジロビタキ

2003.12.28(日)〜2003.12.30(火) 温泉三昧 作並温泉〜秋保温泉

2003.12.27(土)  『ときめきよろめきフォトグラフ』2回目の通し練習

2003.12.24(水) ありふれた素材による新しい物語

2003.12.23(火) 重松清

2003.12.22(月) 合同発表会

2003.12.20(土) 決定稿

2003.12.19(金) ゴイサギの死

2003.12.7(日) 『ときめき よろめき フォトグラフ』

2003.11.19(水) What is this? 英語と総合学習を繋ぐもの

2003.11.14(金)〜11.16(日)B 疑問解消  〜絵描き虫〜

2003.11.14(金)〜11.16(日)A ナガコガネグモの卵のう  

2003.11.14(金)〜11.16(日)@ NACS-J自然観察指導員講習会  

2003.11.12(水) 「Yes」から見つめる子どもの劇上演  ー原稿完成 

2003.11.10(月) 研究授業

2003.11.9(日) レンブラント展

2003.11.3(月) アトラクション「ふるさと」

2003.11.1(土) 初の休日練習 ▼ 多忙

2003.10.31(金) テストの静けさとジョウビタキ

2003.10.24(金) 今日までの一週間 ポプラ祭への取り組みと本番

2003.10.18(土).〜10.19(日) 親孝行の旅 諏訪峡〜猿ヶ京〜法師温泉 ◆演劇部に新しい仲間

2003.10.14(火) 『メソードへの道』(リー・ストラスバーグ著 劇書房)読了 Dr.コトー』最新作に?

2003.10.9(金) 久喜中1年生の総合学習が記事に モズとともに秋が来た

2003.10.4(土) うつのみやジュニア芸術祭 学校演劇祭

2003.10.2(木) タラコの雲に感激

2003.9.29(月) 私の魂の根源は、この森の奥深くにある  エミール・ガレ

2003.9.28(日)  劇集団・幻の森『夏芙蓉』 作者・越智優さんからのメッセージ 

2003.9.27(土)  体育祭のこと

2003.9.25(木)  小石川高校からの便り

2003.9.24(水)  オオタカ(大鷹)  

2003.9.23(火)  関東中学校演劇研究協議会  

2003.9.21(日)  『Dr.コトー 診療所』(山田貴敏 作 小学館)  

2003.9.17(水)A  中学教育10月号(小学館)に自作脚本の紹介

2003.9.17(水)@  久喜中の女郎蜘蛛

2003.9.15(月)  身近な自然の素晴らしさ 

2003.9.14(日)  曼珠沙華とジャコウアゲハ

2003.9.13(土)  訪問者

2003.9.12(金)A  コガネグモ騒動

2003.9.12(金)@ 久喜中演劇部に2つの発表の機会が

2003.9.11(木)  総合的な学習の時間・発表その1

2003.9.9(火)  ランデブー

2003.9.6(土)A  『HERO 英雄』チャン・イーモウ監督への期待が大きかっただけに

2003.9.6(土)@  朝のカワセミ

2003.9.4(木) 「クモも雲もいいなぁ」 総合学習の発表に向けて

2003.8.31(日) 写真でたどるこの夏

2003.8.27(水) 火星大接近

2003.8.26(火) 切なさに… 講習最終日

2003.8.20(水) 群馬大学よいところ

2003.8.19(火) 教科書、自然、教育について 

『虚妄の正義』萩原朔太郎・著(講談社文藝文庫) を読んで

2003.8.11(月)  思い出すこと 〜カラスウリの花から

2003.8.9(土)  第2回さいたま市中学校演劇中央発表会

2003.8.8.(金)  銀のクモと青い蝶

2003.8.7(木)  思い出すこと 〜セミの羽化に命の不思議を感じながら〜

2003.8.6(水)  クモを見て楽しむ朝

2003.8.4(月)   『魅力的なプレゼンテーションができる話し方研修会』を終えて

2003.7.29(火)  生涯学習

2003.7.27(日)  魅力的なプレゼンテーションができる話し方研修会

2003.7.26(土)  前橋文学館で萩原朔太郎にふれる

2003.7.22(火)  赤城の自然

2003.7.20(日)B 久喜中演劇部初舞台

2003.7.20(日)A とり

2003.7.20(日)@ 霧の朝の楽しみ クモの巣の美しさ

2003.7.18(金)  この夏はキノコ

2003.7.13(日)  再びネーチャー・フォトグラファーへの道

2003.7.12(土)  ネーチャー・フォトグラファーへの道?

2003.7.10(木)   「1:30に飛び立ちました」

2003.7.9(水)  久喜中演劇部 初舞台に向けて

2003.7.6(日)  沈黙の価値

2003.7.5(土)  身近な自然と地球

2003.7.4(金)  静かな学校礼賛

幻の森通信2003年1月〜6月

2003.6.30(月)  良寛からつながること

2003.6.29(日)  『さくら』(ケラリーノ・サンドロビッチ演出)をみて  

2003.6.27(金)A  蜘蛛の子の旅立ち

2003.6.27(金)@ 美女の罠

2003.6.26(木)A 蜘蛛博士誕生

2003.6.26(木)@ うれしいメッセージ

2003.6.19(木)  ふるさとの自然〜身近な生きものを通して〜 筑波大学名誉教授関口先生の講演

2003.6.17(火)  ルリタテハの死から命を思う

2003.6.13(金)  予感

003.6.12(木)  掲示板のない心地よさ

2003.6.10(火) 光と影 『ゲド戦記』と『バトルロワイヤル2』

2003.6.7(土)   『はるかなる心の自然』(関口晃一筑波大学名誉教授著)

2003.6.6(金)  掲示板について思うこと

2003.6.5(木)  総合学習 身近な自然を生徒とともに楽しむ

2003.6.4(水)  カッコウの声で目覚める朝 カッコウから道徳を論じる愚かさを思う

2003.6.1(日)  My Heart Leaps Up - 虹

2003.5.29(金)  久喜市の自然もすてたもんじゃない

2003.5.25(日)  クモの巣の不思議 

2003.5.24(土)A 「世の中にはいろいろな人がいるのね 」

2003.5.24(土)@ 光と影の詩人 藤城清治影絵展 

2003.5.19(月)A さいとうとしお 

2003.5.19(月)@ 怪しいスパイダーマンとして 

2003.5.17(土)  朝の散歩 

2003.5.11(土)〜12(日)  日光自然観察会 

2003.5.10(金)A 本入部

2003.5.10(金)@ ミミズ登場

2003.5.8(木)  ミミズから広がる世界

2003.5.7(水)  ここ数日の読書など 『ファーブル昆虫記』『欲望という名の電車』『オケピ!』

2003.5.3(土)〜5.5(月)  飛島への探鳥旅行

2003.5.1(木)  『虫たちを探しに 自然から学ぶこと』(篠原圭三郎 著 NHKブックス)読了

2003.4.30(水)  『自然のこころにふれる旅 (ネイチャー・ゲーム・ガイドブック』(ジョセフ・コーネル著) 読了

2003.4.29(火)  オオルリに会いに 

2003.4.28(月)  『ドラマ・スキル』読了 ドラマ教育の未来を照らす書

2003.4.27(日)  『ケビンの里山自然観察記』読了・共感また共感 

2003.4.26(土)  船橋市中学校演劇部春の発表会 

2003.4.25(金)A 久喜高校演劇部との交流の第一歩 

2003.4.25(金)@ 一年のブランクとこむら返りの関係 

2003.4.24(木)  『君の手がささやいている』(軽部潤子 作 講談社漫画文庫)  テレビドラマの原作は期待通り! 

2003.4.22(火)  仮入部開始

2003.4.20(日)  雑誌『SIGHT』の特集 『何故、手塚治虫はアトムが嫌いだったのか』を読む

2003.4.19(土)   『QUIDAM キダム』CIRQUE DU SOLEIL 公演 泣けるサーカス

2003.4.17(水)  NHK教育 『わくわく授業 私の教え方 〜5分きざみで英語が好きになる』をみて

2003.4.16(水)   『ドラマ・スキル 〜生きる力を引き出す〜』その2 遊びと勉強

2003.4.15(火)  書評の依頼  『ドラマ・スキル 〜生きる力を引き出す〜』その1

2003.4.14(月)  カーテンコール

2003.4.13(日)   『青の炎』(蜷川幸雄 監督) ロケの場所は久喜中

2003.4.12(土)  不毛な対話 森澄雄vs長谷川櫂

2003.4.11(金)  『ロード・オブ・ザ・リング』から子どもの劇を考える

2003.4.10(木)  演劇部始動

2003.4.2(水)  『ポビーとディンガン』(ベン・ライス著)   『講談社選書メチエ・フーコー』(桜井哲夫 著 講談社)読了

2003.3.31(月)  戻ってきた時間  『虹の解体』(リチャード・ドーキンス著)読了

2003.3.30(日)  二つの意味の卒業式を終えて

2003.3.29(土)  『夏芙蓉』 本番・徒然なるままに

2003.3.27(木)  『夏芙蓉』 本番まで後2日

2003.3.25(火)  涙

2003.3.24(月)  整理券

2003.3.23(日)  さいたま市・春の演劇祭に参加して

2003.3.22(土)  劇集団 『幻の森』最後の通し練習

2003.3.21(金)  ぎっしりと中身のつまった三連休の始まり  
          〜劇の練習・バードウォッチング・東放学園の劇〜

2003.3.20(木)  『チェンジ・ザ・ワールド』をもう一度

2003.3.18(火)  本当は書かない方がいい話

2003.3.16(日)  自作上演の連絡2件

2003.3.15(土)   『幻の森』全員集合!

2003.3.14(金)  涙・涙の卒業式

2003.3.11(火)  『チェンジ・ザ・ワールド』上演・挫折そしてその先に見つめるもの

2003.3.8(土)  上演ホールの下見と回りの自然の下見

2003.3.7(金)  『チェンジ・ザ・ワールド』初の通し練習

2003.3.6(木)  『Truth』(キャラメル・ボックス)をみて

2003.3.3(月)  『チェンジ・ザ・ワールド』の上演許可

2003.3.2(日)  『ピーター・ブルック回想録』(ピーター・ブルック著 白水社)読了

2003.3.1(土)  『夏芙蓉』整理券受付初日

2003.2.23(日)  中学生の演劇部の状況 〜埼玉

2003.2.22(土)  『夏芙蓉』再演に向けてのスタート

2003.2.21(金)  『夏芙蓉』 ビデオ完成

2003.2.15(土)  『イリ・キリアン ダンスフェスティバル2002』をみる。異化された肉体に酔う。

2003.2.12(水)  『ライフ・イズ・ビューティフル』(ロベルト・ベリーニ監督・脚本・主演)をみる。幻滅。

2003.2.11(火)  雨にて 『夢の美術館 国宝百選』

2003.2.10(月)  Atok16の文語モード

2003.2.8(土)   『幻の森』第一回企画会議

2003.2.5(水)  豊穣な単純さ 鴻上尚史の文章から  

2003.2.4(火)  沈黙と間についての考察

2003.2.2(日)  オオカラモズにコミミズク

2003.2.1(土)  『半落ち』(横山秀夫 講談社)読了、素直に感動

2003.1.30(木)  久喜中に演劇部誕生

2003.1.26(日)  『夏芙蓉』上演から一週間

2003.1.25(土)  夏芙蓉が登場する小説『奇蹟』(中上健次 著 小学館文庫)読了

2003.1.22(水)  『夏芙蓉』 本番を終えて

2003.1.18(土)  いよいよ明日

2003.1.17(金)  語りえぬことがらを表現し、隠れたものを顕在化させる

2003.1.16(木)  コンヴィヴィアリティの魅力

2003.1.15(水)  夜の魅力

2003.1.13(月)  『夏芙蓉』 久喜高校でのリハーサル。課題克服。

2003.1.12(日)  照明リハーサル できは上々

2003.1.11(土)  なぜピーター・ブルックに惹かれるのか

2003.1.9(木)   『陰翳礼賛』(谷崎潤一郎著 岩波文庫)と『大衆の反逆』(オルテガ著 中央クラシック)読了

2003.1.5(土)  いい感じになってきた!東放学園の生徒たちが劇集団 『幻の森』に参加することに!

2003.1.3(木)  舞台神聖祝典劇 『パルジファル』

2003.1.2(水)  今年は 『夏芙蓉』で始まる

幻の森通信2002年7月〜12月

2002年
2002.12.31(火)  大晦日はやっぱり紅白歌合戦

2002.12.30(月)  ピーター・ブルックの 『ハムレット』

2002.12.29(日)A 点火装置としての劇

2002.12.29(日)@ セイレーンの響き キャスリーン・バトル

2002.12.27(金)〜12.28(土)  鬼怒川温泉へ

2002.12.24(火)  日常性に即しながら、日常性を乗りこえる 『芭蕉入門』(井本農一 著 講談社学術文庫)読了

2002.12.23(月)  『夏芙蓉』 フルメンバーでの初の通し練習

2002.12.22(日)  劇集団 『幻の森』・はじめての通し練習

2002.12.21(土)B 劇集団 『幻の森』4回目の集まり

2002.12.21(土)A 好きな俳句、千句を越える

2002.12.21(土)@  この一週間の読書など 『検索名句秀句』『生と死の歳時記』『表層批評宣言』(蓮實重彦 著)『映画狂人のあの人に会いたい』(蓮實重彦 著) 『地獄の季節』(ランボー著)『モダン都市と現代俳句』(川名大 著)『夜長姫と耳男』(坂口安吾 著) 

2002.12.14(土)  東放学園の冬宝祭で演劇に触れる

2002.12.8(日)  芸術に触れ、進路事務を行い  『トポロジーの発想』『GO』(行定 勲 監督)

2002.12.2(月)  ウミトゲアリに畏敬の念

2002.12.1(日)A ナギナタコウジュ

2002.12.1(日)@ 放蕩息子への憧れ   『知』的放蕩論序説 (蓮實重彦・著河出書房新社)読了

2002.11.30(土)A 関東中学校演劇コンクールについて

2002.11.30(土)@ 『小綬鶏の家』(萩原葉子・萩原朔美・著 集英社)

2002.11.29(金)   『病床六尺』(正岡子規・著 岩波文庫)を読み終えて

2002.11.28(木)A 子規に夢中

2002.11.24(日)  体調くずして芸術三昧 『道徳の系譜』(ニーチェ著)『歌よみに与ふる書』(正岡子規 著) 『教祖の文学』(坂口安吾 著) 『百年の孤独』(天井桟敷公演) 『今日は、母さん』(永井愛 脚本) 

2002.11.23(土)   『夏芙蓉』・東洋と西洋の出会い

2002.11.22(金)  劇集団 『幻の森』、市民芸術祭出場決定

2002.11.20(水)   『俳諧大要』(正岡子規・著 岩波文庫)読了

2002.11.17(日)  萩原朔美さんと天井桟敷の話を

2002.11.16(土)   『悪の華』(ボードレール著 ちくま文庫)読了

2002.11.15(金)   『15歳 天井桟敷物語』(高橋咲・著 河出書房新社)読了

2002.11.14(木)  東京都町田市の演劇発表会

2002.11.13(水)  武井信義先生の思い出

2002.11.10(日)   『幻の森』第3回目の集まり

2002.11.9(土)  町田市の中学校演劇部の発表第一日目に講師として参加・中学演劇の楽しみに触れる

2002.11.8(金)   『善悪の彼岸』(ニーチェ著 ちくま学芸文庫)読了と道徳研修会への参加

2002.11.4(月)   五感でとらえる  『俳句の達人30人が語る『私の極意』(村上譲・編 講談社文庫)を読んで

2002.11.2(土)〜11.3(日)  秋を探しに渡良瀬渓谷

2002.11.1(金)   『マグリット』(ジャック・ムーリ著 タッシェン・ジャパン)、 『いき』の構造』(九鬼周造・著 岩波文庫)の2冊読了

2002.10.31(木)  小学生による自作上演

2002.10.29(火)  太東中演劇部 『二重唱(デュエット)』上演

2002.10.27(日)  劇集団 『幻の森』二回目の練習

2002.10.26(土)  雨の日の楽しみ

2002.10.25(金)   『風土 人間学的考察』(和辻哲郎 著 岩波文庫)読了 ここからバイオリージョナリズムを考える

2002.10.23(水)   『20世紀美術』(高階秀爾 著  ちくま学芸文庫)読了

2002.10.21(月)   『やってみなければだめ』プロジェクトXで砂漠を緑にする取り組みを見て

2002.10.20(日)   『南洋くじら部隊』(燐光群 坂手洋二作・演出)をみる

2002.10.19(土)  ふじたあさや氏と演劇を語る

2002.10.18(金)   『ファンキー・宇宙は見える所までしかない』(松尾スズキ著 白水社)読了

2002.10.17(木)   『うちやまつり』(深津篤史著 白水社)読了

2002.10.14(月)  ケラリーノ・サンドロピッチの世界に触れる1日

2002.10.13(日)  劇集団 『幻の森』結成

2002.10.12(土)  午前中は自然観察、午後は演劇、夜は飲み会

2002.10.5(土)  懐かしさと熱い思いに出会うとき 東京大学奇術愛好会発表会

2002.10.1(火)  自作の上演

2002.9.30(月)  体育祭

2002.9.29(日)  芸術の秋 と 秋の自然

2002.9.28(土)  蜘蛛づくしの1日 関口晃一先生とともに

2002.9.26(木)   『化鳥伝説』

2002.9.25(水)   『天皇と接吻』(坂手洋二著 カモミール社)読了

2002.9.22(日)  わからないという呟きに共感  『意味という病』(柄谷行人著 講談社学芸文庫)読了

2002.9.21(土)  芭蕉に惹かれる  『俳句の世界』(小西甚一著 講談社学術文庫)読了

2002.9.20(金)   『演劇実験室 天井桟敷の人々』(萩原朔美・著 フレーベル館)読了

2002.9.19(木)  危うさの魅力 梶井基次郎

2002.9.18(水)  ハリガネムシ この生命の不思議

2002.9.17(火)   『ら抜きの殺意』(永井愛 著)読了 +俳句の本ばかり

2002.9.12(木)  俳句に夢中

2002.9.10(火)  ほっとする絵本『もりのなか』(マリー・ホール・エッツ著)

2002.9.8(日)  感動に継ぐ感動 高校演劇 『チェンジ・ザ・ワールド』

2002.9.7(土) A   『北の国から 遺言』

2002.9.7(土) @   『現代俳句 上・下』(川名 大著 ちくま学芸文庫)読了

2002.9.6(金)   『舞台は語る〜現代演劇とミュージカルの見方』(扇田昭彦著 集英社新書)読了

002.9.5(木)  ビデオの感想 と 休憩のこと

2002.9.4(水)  トンボ dragonfly 

2002.9.3(火)  ゴキブリ cockroach

2002.9.1(日)  ライトスタッフの三田さんからの電話

2002.8.31(土) A  『しのだづま考』(ふじたあさや作・演出)を考える

2002.8.31(土) @  『ウォーターボーイズ』

2002.8.26(月)   『雪物語』の上演依頼が  

2002.8.25(日)  長い長い一週間を終えて  

2002.8.24(土)  町田市でのワークショップ  

2002.8.21(水)   『ナチ・ドイツと言語』(宮田光雄著・岩波新書)読了+『ハリー・ポッター』をビデオでみる

2002.8.20(火)  さいたま市大宮地区でのワークショップ  

2002.8.16(金)〜8.18(日)  立山への旅  

2002.8.9(金)〜8.12(月)  北海道  アイヌの神々(ヒグマ、クジラ、シマフクロウ)との感動の出会い  

2002.8.8(木)  埼玉新聞にさいたま市の発表会の記事が。非常に高い評価にうれしくなる

2002.8.7(水)  演劇部OGの訪問

2002.8.6(火)  第1回さいたま市中学校演劇中央発表会 

          静かに強く訪れる感動、素敵な子どもたちの笑顔と涙

2002.8.2(金)〜8.4(土)  全劇研に参加して -共感と希望

2002.7.31(水)   『化鳥伝説』本番から3日

2002.7.29(月)A  上演依頼が更に2校

2002.7.29(月)@   『化鳥伝説』本番翌日に思う

2002.7.28(日)   『化鳥伝説』本番

2002.7.26(金) A 『化鳥伝説』最終リハ・笑いの渦と啜り泣きで包まれた

2002.7.26(金) @ 第20回大宮地区中学校演劇部合同発表会・講師にて参加

2002.7.25(木)  『化鳥伝説』空気の震える通し稽古

2002.7.23(火)  眠い…

2002.7.22(月)  『化鳥伝説』照明リハ

2002.7.17(水)  アクセス20000か…  全国大会の常連・薬園台高校で自作が上演される

2002.7.13(土)  『ハイヌミカゼ 』元ちとせ・のアルバムを聴く

2002.7.11(木)  『怪談の多い料理店 』はじめての上演依頼

2002.7.10(水)  そりゃないでしょ

2002.7.8(月)  今日も鳴く鳴くカッコウが

2002.7.6(土)  『化鳥伝説』の練習、学級文庫のために本屋に 『あらしのよるに』

2002.7.5(金)  中学生の演劇とファンタジーの親和性

2002.7.3(水)  講師とワークショップの依頼

2002.7.2(火)  メッセージ 『赤と青のレクイエム』

幻の森通信2002年1月〜6  

2002.6.30(日)  『朝の読書の原点を求めて〜生きる力を育む授業 』(林公著 メディアパル)読了

2002.6.29(土)A  すてきなメッセージ

2002.6.29(土)@  身近にあるすてきな場所

2002.6.28(金)  創作について考える日々

2002.6.23(日)A  『蠅の王』(ウィリアム・ゴールディング著)読了

2002.6.23(日)@  上演依頼が次々と

2002.6.22(土)  『化鳥伝説』練習初日

2002.6.20(木)  軌道に乗ってきた学級文庫

2002.6.19(水)A  またまたでました逆差別

2002.6.19(水)@  『日本の教師に伝えたいこと 』(大村はま著)読了

2002.6.16(日)  劇団四季 『ライオンキング』

2002.6.15(土)  『化鳥伝説2002』とりあえず完成

2002.6.14(金)  プロの教師として

2002.6.10(月)  『化鳥伝説2002』

2002.6.4(火)  『秘密は何もない』(ピーター・ブルック著 早川書房)読了

2002.6.1(土)  『教えるということ』(大村はま著 ちくま学芸文庫)読了

2002.5.31(金)  夢窓疎石

2002.5.26(日)  カッコウ

2002.5.25(土)  初のワークショップ

2002.5.24(金)  ハシブトガラス、ハシボソガラス 妻の学校の校外体験学習でのお話

2002.5.23(木)  上演依頼

2002.5.21(火)  『環境倫理学のすすめ 』(加藤尚武著 丸善ライブラリー)読了

2002.5.20(月)  地球不思議大自然『好きです東京・カラス軍団の秘密 』を見て

2002.5.18(土)〜5.19(日)  戸隠森林公園探鳥会

2002.5.17(金)  『教室をいきいきと2 』(大村はま著 ちくま学芸文庫)読了

2002.5.14(火)  香取公園で総合学習

2002.5.12(日)  『教室をいきいきと1 』(大村はま著 ちくま学芸文庫)読了

2002.5.11(土)  オーディションとは?

2002.5.10(金)  『野生のうたが聞こえる 』(アルド・レオポルド著 講談社学術文庫)読了

2002.5.9(木)  太東中のPTA歓送迎会に出席して

2002.5.7(火)  『博物学の巨人アンリ・ファーブル 』(奥本大三郎著 集英社新書)読了

2002.5.6(月)  青年団『冒険王』(平田オリザ作・演出)をビデオでみる

2002.5.3(金)〜2002.5.5(日)  対馬探鳥旅行

2002.5.1(水)  離任式

2002.4.29(月)  @旅鳥のムナグロがやってきた A原山中の劇を楽しむ 

2002.4.28(日)A  『ワークショップ〜新しい学びと創造の場〜 』(中野民夫著 岩波新書)読了

2002.4.28(日)@  自然観察に

2002.4.27(土)  船橋の演劇部春の交流会をみにいく

2002.4.26(金)  アボルファズル・ジャリリ監督の映画 『少年と砂漠のカフェ』

2002.4.25(木)  絵本から

2002.4.24(水)  文化芸術振興基本法

2002.4.22(月)  ワークショップに早速依頼が

2002.4.21(日)  『演技・創造の実際・スタニスラフスキーと俳優 』(ジーン・ベネディティ著 晩成書房)読了

2002.4.20(土)  『モンスターズ・インク 』をみる けっこう楽しめた

2002.4.16(火)  生徒との一週間

2002.4.14(日)  チェーホフの読み直し 新しい視点で

2002.4.13(土)  SHIGE先生が太東中に

2002.4.11(木)  『自然へのまなざし』(岸由二著)読了。行動に共感、ただ…

2002.4.10(水)  楽しみが戻ってきた

2002.4.9(火)  Monster(浦沢直樹著) 全十八巻読了 やっぱりこうだったか…

2002.4.8(月)  今年も3年3組

2002.4.6(土)  久喜市の自然を尋ねて  カワセミ出現!

2002.4.5(金)  びっくり!

2002.4.4(木)  現況 

2002.4.3(水)  太東中の演劇部は

2002.4.1(月)  久喜中に着任

2002.3.31(日) 太東中最後の自然劇場

2002.3.30(土) 異動

2002.3.18(月) 桜開花 ハシボソガラスは…

2002.3.17(日) 『知的複眼思考法』苅谷剛彦著(講談社)読了

2002.3.16(土) 卒業式 ー響き渡る歌声、そして涙ー

2002.3.12(水) ウグイスの囀りで目を覚ます喜び

2002.3.11(火) 笑・笑・笑・ 『ザッツ・エンターテイメント』

2002.3.8(金)  涙・涙・涙・三年生を送る会

2002.3.5(火) 太東中の樹、ケヤキにハシボソガラスが巣作り

2002.3.3(日) 自然劇場・多々良沼 白鳥とオオタカの舞い

2002.2.27(水) 『降るような星空』のビデオができてきた

2002.2.23(日) 北海道鳥見の旅 二日目  憧れのクマゲラに出会う

2002.2.22(土) 北海道鳥見の旅 一日目  オオワシ発見

2002.2.17(日)  『山と渓谷 三月号 博物学登山のススメ』

2002.2.16(土) マジックを堪能

2002.2.13(水) 『演劇の革新』ワフターンゴフ著(群像社)読了

2002.2.11(月) 自然劇場・多々良沼に白鳥を見に

2002.2.10(日) 『教育改革の幻想』(苅谷剛彦著 ちくま新書)、

『論争・学力崩壊』(中井浩一編 中央公論)読了

2002.2.9(土)A  ソルトレイク・オリンピック開会式、かなり気に入った

2002.2.9(土)@  三連休初日 読書の冬

2002.2.8(金)  『20世紀少年』第4巻まで買って読む

2002.2.7(木)   『Monster』『20世紀少年』

2002.2.6(水)  歯の手術。歯の痛みと演劇、文学、哲学との関係に思いが

2002.2.5(火)  『立花隆先生かなりへんですよー教養のない東大生からの挑戦状 』谷田和一郎著 読了

2002.2.4(月)  スタニスラフスキーとメイエルホリドを読み返しまとめている

2002.2.1(金)  緑・花文化試験、一級を取った

2002.1.30(水)  その時歴史が動いた『吉田松陰の青春 』を見て

2002.1.29(火)  『人がやらないことをやろうとする学生は宝だ 』に共感

2002.1.28(月)  三番瀬

2002.1.27(日)A 『俳優修業・第二部 』(スタニスラフスキイ著・未来社)読了

2002.1.27(日)@  暗示、簡素、不均整、無情、日本の美の4つの要素

2002.1.26(土)A 知を創る・冨田勝氏についての記事から

2002.1.26(土)@ 『シテール島への船出 』(テオ・アンゲロプロス監督)をみる

2002.1.25(金)  『俳優修業・第一部』(スタニスラフスキイ著・未来社)読了  

なんで今まで遠ざけていたのか!

2002.1.23(水)  『降るような星空』反響続々

2002.1.20(日)  『降るような星空』舞台に星空が見えた?

2002.1.19(土)  降るような星空

2002.1.17(木)  『降るような星空』自分たちの星を探せ

2002.1.16(水)  『降るような星空』朝日新聞に紹介される

2002.1.11(金)  『降るような星空』埼玉新聞に紹介される

2002.1.10(木)  いい曲が見つからない!

2002.1.9(水)  『降るような星空』朝日新聞社と埼玉新聞社が取材に

2002.1.8(火)  新学期スタート

2002.1.5(土)  部活開始『降るような星空』

年末から正月にかけて その4  『スーパー歌舞伎 新・三国志 』をみる 殺陣が素晴らしい

年末から正月にかけて その3  『鼓童 アクロポリスライブ 』に感動

年末から正月にかけて その2  『スタニスラフスキー伝 』(ジーン・ベネディティ作 晶文社)読了

年末から正月にかけて その1  『君の手がささやいている 最終章 』感動につぐ感動

幻の森通信2001年9月〜12月

2001年
2001.12.25(火)
  『降るような星空』〜とりあえず流れるようになる

2001.12.23(日)  『降るような星空』〜劇が形になってきた

2001.12.22(土)  さいたま市内谷中演劇部公演を見に行く

2001.12.14(金)  『降るような星空』〜チラシデザイン到着、今回も素敵

2001.12.1(土)  『降るような星空』〜ダンス確定 でも1人足りない

2001.11.28(水)  『降るような星空』〜台本配布

2001.11.25(日)  銀の鷹を見た ーハイイロチュウヒIN渡良瀬ー  

2001.11.24(土)  『降るような星空』の新しい台本、ほぼ完成

2001.11.21(水)  ダンス練習本格的に ただ部活にあまり出られない毎日

2001.11.18(日)〜19(月)  降る星空! 獅子座流星群

2001.11.17(土)  『降るような星空』オーディション終了

2001.11.14(水)  県民の日 日光での自然観察 ヤマドリそしてアオシギ

2001.11.11(日)  『民主主義とは何なのか 』(長谷川三千子著 文春新書) 読了

2001.11.10(土)  寅さん記念館と日本科学未来館

2001.11.7(水)  『降るような星空』のオーディション練習が本格的に始まる

2001.11.5(月)A  『メイエルホリド・ベストセレクション 』(メイエルホリド著)、読了

2001.11.5(月)@  『帰ってきた映画狂人 』蓮實重彦著、読了

2001.11.4(日)  アクセスが一万を超えた

2001.11.3(土)  横浜市青葉区小中高校生ミュージカル『手古奈』

2001.10.31(水)  最後のロードラン

2001.10.30(火)  クラスの生徒と最後のロードラン

2001.10.27(土).28(日)  中伊豆へ

2001.10.26(金)  『白線流し・旅立ちの詩 』予想通りの結末なのに感動している自分

2001.10.24(水)  まだやれる?

2001.10.23(火)  揺らぐことを恐れない信念

2001.10.21(日)  草取りそれから五qコースに

2001.10.20(土)  日本演劇教育連盟事務所に、作者と語る会に参加

2001.10.19(金)  『ルネ・マグリット』(マルセル・パケ著)読了

2001.10.18(木)  『紅いコーリャン』(チャン・イーモウ監督)をみる

2001.10.16(火)  再びクラスの生徒とともに走る

2001.10.14(日)  タイムアップ

2001.10.13(土)その3  本を買いまくる

2001.10.13(土)その2  東京大学奇術愛好会第31回学外発表会 『てじなみたいな』

2001.10.13(土)その1  次回作『降るような星空 』に決定

2001.10.11(木)  今日も走る

2001.10.10(水)  引退式 新しい代の部のスタート

2001.10.9(火)  生徒とロードレースの練習

2001.10.7(日)その2  5Km走る

2001.10.7(日)その1  一昨年の高校演劇をビデオで

2001.10.6(土)  陣馬山(陣馬高原)登山

2001.10.3(水)  教育映画『うちの子にかぎって 』 この手の映画、嫌になる

2001.9.30(日)  筋肉痛

2001.9.29(土)  『七人の部長』、初めて高校演劇で感動を味わった

2001.9.28(金)  『雪物語』演劇と教育10月号に掲載される

2001.9.27(木)  久しぶりの縄跳び

2001.9.24(月)  図解雑学『わかる微分・積分 』(ナツメ社)を読む

2001.9.23(日)  『蝶の舌』と『千と千尋の神隠し 』の二本立て

2001.9.22(土)  『大江健三郎・再発見』(大江健三郎・すばる編集部編、集英社)読了

2001.9.21(金)  コンピュータ室で

2001.9.20(木)  『八月の魔法』 ガンダム?

2001.9.18(日) その2  太東祭 その2  『八月の魔法』

2001.9.18(日) その1  太東祭 その1 合唱コンクール

2001.9.16(日)  41

2001.9.15(土)  高校演劇の大会を観てきました

2001.9.14(金)  ブタクサの季節がやってきた

2001.9.11(火)  台風

2001.9.9(土)   『八月の魔法』通し練習

2001.9.7(金)   歌声の響く学校

2001.9.5(火)   高校生の演劇をテレビで。千葉県立薬園台高校 『やっぱりパパイヤ』

2001.9.4(月)   『なにもない空間』ビーター・ブルック読了 共感・感動。そして?

2001.9.2(日)   『八月の魔法』リニューアル

2001.9.1(土)   始まりました 新学期

2001.8.28(火)  自作を新しい形で発表

2001.8.26(日)  『屋久島世界遺産講演会』を聴きに

2001.8.25(土)  『三文オペラ』蜷川ベルトルト・ブレヒト作、蜷川幸雄演出

2001.8.24(金)  全国中学校文化連盟第9回総合文化発表会を観て

2001.8.23(木)  『ペイ・フォワード』(ミミ・レダー監督) 期待したが、かなりがっかり

2001.8.22(水)  テレビ埼玉でのインタビュー 恐怖の 8秒

2001.8.21(火)  新しいコンピュータ

2001.8.20(月)  『初恋のきた道』を観て 感動が襲う 最近見た中でピカイチ

2001.8.16(木)   カナダから帰って

2001.8.7(月)    『リセット』(北村 薫著 新潮社)読了

2001.8.6(月)   どなたが訪れているの?

2001.8.5(日)   カナダの準備

2001.8.4(土)  その  『アンケート』を読み返して

2001.8.4(土)  その1  うれしいこと三つ 『八月の魔法』

2001.8.3(金)   『タイタス』(原作・ウィリアム・シェークスピア、監督・ジュリー・テイモア)を観る

2001.8.2(木)   創作で苦しんだ理由を見つめる

2001.8.1(水)   『AI』(スピルバーグ監督)  かなりがっかり

2001.7.29(日)   『八月の魔法』本番

2001.7.27(金)   『八月の魔法』2日前

2001.7.25(水)   『八月の魔法』4日前

2001.7.22(日)   『八月の魔法』本番一週間前

2001.7.21(土)   『八月の魔法』第一回目の通し練習終了 笑い、そして涙

2001.7.19(木)   虹

2001.7.17(火)   『八月の魔法』ラストシーンを作る

2001.7.15(日)   『八月の魔法』ついに台本完成

2001.7.9(月)   『八月の魔法』とりあえず練習開始

2001.7.1(日)   創作漬け

幻の森通信2001年1月〜6

2001.6.17(日)   一日中、創作活動。苦しい、苦しすぎる

『作者を探す六人の登場人物』ピランデッロ作・読了  

『葦と百合』奥泉光作(集英社文庫)読了

2001.6.9(土)   オーディション終了

2001.6.4(金)   ドラマ『ある日、嵐のように 』終了 かなりよい出来だったと思う

2001.6.1(木)   オーディションの練習開始 練習がいつのまにやら自然観察会に

2001.5.30(水)  一日中台本作りの開校記念日

2001.5.29(火)  明日は開校記念日

2001.5.13(日)  『脳の中の幽霊』V.S.ラマチャンドラン、サンドラ・デレイクスリー著(角川書店)読了

2001.5.9(水)   自然劇場に向けて

2001.5.6(日)   『子どもから学んだ 』灰谷健次郎インタビュー(読売ジュニアプレス)を読んで

2001.5.5(土)   『魂込め(まぶいぐみ)』目取真俊(朝日新聞社)を読む  新作は?

2001.5.4(金)   『太陽は、ぼくの瞳 』マジッド・マジディー監督を観る 

2001.5.3(木)   『サイレンス』モフセン・マフマルバフ監督を観る 

2001.5.2(水)   『ヴァイオリンは見た 』和波孝よし著(海竜社)を読む 

2001.4.29(日)   『凡庸なる芸術家の肖像 』蓮實重彦著(ちくま学芸文庫)読了 

2001.4.27(金)   新入部員11人 

2001.4.17(火)   『シベリウス 写真でたどる生涯 』マッティ・テットゥネン著(音楽之友社)読了

2001.4.5(水)   『ドストエフスキーの詩学 』ミハイル・バフチン著(ちくま学芸文庫)読了 すごい本を読んだ 

2001.4.4(火)   読売新聞こころの四季 『灰谷健次郎』を読んで  …うーん

2001.4.3(月)   『宮沢賢治』吉本隆明著(ちくま学芸文庫)読了 

           『生命の交響曲』を書き直す決意をする 

2001.3.29(木)   『アンブレイカブル 』を観る ー手品の視点からこの映画の罠を語る 

2001.3.28(水)   『青の美術史』(小林康夫著 ポーラ文化研究所)を読み始める 

2001.3.27(火)  『一色一生』『色を奏でる 』志村ふくみ著 読了 

2001.3.26(月)  心地よくだまされた  

2001.3.25(日)  太東中吹奏楽部の定期演奏会  

2001.3.24(土)  新作への道 

2001.3.19(火)  蜷川幸雄演出『マクベス 』 

2001.3.19(月)  『HERO』最終回。最近のドラマでは珍しく最後まで楽しめた 

2001.3.17(土)  『森の人 四手井綱英の九十年 』(森まゆみ著 晶文社)を読み終える 

2001.3.16(金)  太東中学校卒業式

2001.3.10(土)  久保田一竹美術館で一竹辻が花を楽しむ

2001.3.9(金)  三年生を送る会、感動の中終了

2001.3.4(日)  ダンスの練習開始

2001.3.3(土)A  『平然と車内で化粧する脳 』澤口俊之・南伸坊著 読了

2001.3.3(土)@   『文教大学吹奏楽部発表会 IN太東』

2001.2.25(日)  『ブラックボード ー背負う人ー 』(サミラ・マフマルバフ監督)を観る

2001.2.24(土)  『サークル』(シャファル・パナヒ監督)を観る

2001.2.23(金)  『三年生を送る会 』に向けて ダンスのオーディション終了

2001.2.20(火)  プロジェクトX『極寒・南極越冬隊の奇跡 』を見て ー自分の気持ちとこんなに重なるなんて

2001.2.19(月)  『HERO』、今日のは面白かったぞ

2001.2.13(火)  『ビタミンF』重松清著 読み始める

2001.2.12(月)A  『HERO』おまえもか?

2001.2.12(月)@  『ロスト・イン・アメリカ 』青山真治・阿部和重・黒沢清・塩田明彦・安井豊・他

           アメリカ映画についての対話に目から鱗

2001.2.11(日)  『人間は笑う葦である 』土屋賢二著(文春文庫)読了 日本にもこんな笑いを生む人が生まれたか

2001.2.8(木)〜2.10(土)  スキー体験学習

2001.1.31(水)  『夏休み』朝日新聞埼玉少年少女スポーツ紙に紹介される

2001.1.30(火)  『どんどん橋、落ちた 』綾辻行人

2001.1.28(日)  あれから一週間。のんびりした一日

2001.1.23(火)  人間ドック 血圧の低さにびっくり

2001.1.21(日)  『夏休み』上演。悪条件の中来てくれた熱い観客に支えられた熱い舞台

2001.1.20(土)  『夏休み』前日準備  雪が…

2001.1.15(月)  『HERO』を見て

2001.1.14(日)  ドラマ『白い影』での面白いシーン

2001.1.8(月)  『夏休み』雪の日のリハーサル  佐藤正午 『ジャンプ』読了

2001.1.5(金)  『ダンサー・イン・ザ・ダーク 』の批評と、テレビでの宣伝に思うこと ー見方の違いー

2001.1.4(木)  新作に向けて始動

2001.1.3(水)  『バトル・ロワイヤル 』に入れませんでした ーおじさんがみるには勇気がいる

2001.1.3(水)午後  『ダンサー・イン・ザ・ダーク 』(ランス・フォン・トリアー監督)を見て。多義的に酔う

2001.1.3(水)午前  箱根駅伝を見て

2001.1.1(月)  21世紀最初の日 でもいつもと変わりない自分

幻の森通信2000年10月〜12

2000年
2000.12.31(日)
  20世紀最後の日 恒例の紅白歌合戦を楽しむ?

2000.12.30(土)  『哲学実技』のすすめーそして誰もいなくなった… 中島義道著を読む ー 後味悪し

2000.12.29(金)  『相対性理論』と『量子理論 』の本を読む

2000.12.24(日)〜2000.12.28(木)  カナダ、イエローナイフへのオーロラ紀行 

           マイナス40℃の寒さの中、神秘の輝きに酔う

2000.12.21(木)  『夏休み』通し練習 第一回目

2000.12.17(日)  『夏休み』のちらし完成

2000.12.16(土)  関東大学奇術連盟発表会を見て

2000.12.10(日)  『夏休み』上演確定

2000.12.9(土)  『グリーン・マイル』を見て(ビデオ)

2000.11.30(木)  『帰ってきたファーブル 』日高敏隆著 読了

           自然だけではなく、芸術書、教育書として読んでも魅力的

2000.11.28(火)  『夏休み』の台本を配布

2000.11.27(月)  『夏休み』新しい台本完成

2000.11.26(日)  『海の上のピアニスト 』をビデオで観る

2000.11.25(土)  『カリスマ』(黒沢 清 監督)を観て  うーん

2000.11.24(金)  『トイ・ストーリー2 』を観て  面白い!

2000.11.19(日)  『ネット・バイオレンス 〜名も知らぬ人々からの暴力〜 』野沢尚脚本 を見て

2000.11.18(土)  『夏休み』オーディション終了

2000.11.17(金)  『聖なる地球のつどいかな 』 ゲーリー・スナイダー+山尾三省 著(山と渓谷社) 読了

2000.11.16(木)  にんげんドキュメント 『心の音を奏でたい』を見て

2000.11.15(水)  『ファーブルの庭』 マルティン・アウアー著(NHK出版) 読了

2000.11.14(火)  カルチュラル・スタディーズ入門 上野俊哉 / 毛利嘉孝著 (ちくま新書) 読了

2000.11.13(月)  エンヤ『a day without rain』、タン・ドゥン+ヨーヨー・マ 『グリーン・ディスティニー』を聞いて

2000.11.11(土)12(日)  足尾銅山を訪れる 〜環境問題を考える〜

2000.11.10(金)  第24回関東甲信越地区中学校英語教育研究協議会埼玉大会に出席して

            〜英語教育におけるディベートに思う〜

2000.11.4(土)  演劇部保護者会 オーディションの内容配布

2000.10.31(水)  市内音楽会

2000.10.30(火)  『野性の実践』 ゲーりー・スナイダー著 読了

2000.10.29(月)  『自然の権利』 ロデリック・F・ナッシュ著 読了

2000.10.28(日) 午前  大宮市民演劇祭を観て 自作 『夏休み』『Love』が上演される

2000.10.26(木)  Cogitoについてのコギト

2000.10.15( 成川美術館 関口雄輝 『白い花』をみて

2000.10.14(土)  テレビドラマ『君の手がささやいている 』への反響から思うこと

2000.10.9(月)  『日本殺人事件』山口雅也

2000.10.7(土)  『ばっけえ、きょうてい 』岩井志麻子

2000.10.6(金)  演劇部3年引退式

自然のたより 2001年1月〜12月

自然のたより 2000年9月〜12月  

Top HOME