越智優さんとの対話 その2
『夏芙蓉』をめぐって

演劇をめぐる対話TOP(越智優さんとの対話1.3)  HOME

遅ればせの感想です。 - 越智 03/02/03(Mon) 18:08 No.1459
    Re: 遅ればせの感想です。 - 大手忍 03/02/04(Tue) 22:56 No.1462
        >大手さんこんばんは - 越智 03/02/05(Wed) 00:06 No.1463
            あわわわわ(汗) - 大手忍 03/02/07(Fri) 23:08 No.1479
                たくさんみることの価値 - 斉藤俊雄 03/02/09(Sun) 14:13 No.1486

感想有り難うございます!! - 服部 恵美子 03/02/08(Sat) 21:25 No.1483
    >恵美子さんはじめまして - 越智 03/02/09(Sun) 04:02 No.1484
        返信ありがとうございます!! - 服部 恵美子 03/02/09(Sun) 21:17 No.1489
            Re: 返信ありがとうございます!.. - 越智 03/02/10(Mon) 13:55 No.1494
                かわりに返信 - 斉藤俊雄 03/02/10(Mon) 21:17 No.1496
                    Re: かわりに返信 - 服部 恵美子 03/02/16(Sun) 22:02 No.1517
                返信遅れて申し訳ありません!! - 服部 恵美子 03/02/16(Sun) 21:15 No.1515

感想ありがとうございます(^o^)/ - 斉藤千裕 03/02/09(Sun) 14:25 No.1487
     割り込み - 斉藤俊雄 03/02/09(Sun) 20:30 No.1488
        Re: 割り込み - 斉藤千裕 03/02/10(Mon) 11:44 No.1492
    >斉藤さんこんにちわ - 越智 03/02/10(Mon) 13:20 No.1493
        返信ありがとうございますo(^-^).. - 斉藤千裕 03/02/11(Tue) 11:19 No.1500


タイトル : 遅ればせの感想です。
投稿日 : 2003/02/03(Mon) 18:08
投稿者 : 越智

「幻の森」の皆様、先日は公演直後のお忙しいところにお邪魔し失礼いたしました。あの後インフルエンザにかかってしまい寝込んでおりました。遅ればせながら『夏芙蓉』の感想を書きます。

「幻の森」による『夏芙蓉』は、舞台全体における丁寧なつくり込みと役者さんたちの強い個性が光る素晴らしい舞台だったと思います。
幕が開き、三年B組の生徒たちの楽しげなシルエットが舞台に浮かび上がった瞬間から、(筋を知っているだけに)ウッと来ました。そしてそのときにもう「ああ、これは良い舞台になるなあ」と確信しました。

この脚本は、前半で思いっきり浮き上がり、後半でどーんと落とす、というわかりやすい構成になっています。
前半での浮き上がり(主に笑い)は、観客数や会場との相性もあって、理想的とまではいかなかったようですが、それでも千鶴のツッコミ具合や、タマイのキャラクターはツボに入りました。(千鶴については脚本のニュアンスを良く掬いとってくれたなあ、という印象。タマイについては、ああ、こんなやり方もあるのか、なるほどなあ、という印象でした。)

中盤から後半にかけて、物語が「沈んで」いく過程は、役者さんたちが非常に丁寧に掬ってくれていました。
ストーリー展開によりかからずに、役者と役者の間の感情の交流、特にセリフ以外のニュアンスを正面に打ち出し、練りこんだ演技を見せてくれていたのがとても嬉しかったです。ストーリーの出来不出来という「縦」の線は主に作者の裁量ですが、それをいかに「横」に膨らませるか、というのは役者さんや演出さんの技量だと思います。後半、特に「事故」のあたりから千鶴と蓮美先生の会話のシーンでの、「沈黙」にいかにたくさんの思いが込められていたかは、あの舞台を見た人全てが感じとってくれたのではないでしょうか。「沈黙」に意味をこめるという作業は、僕も大好きだし表現技術としても重要な意味を持っていると思いますが、下手にやったりやりすぎたりするとイヤみになったり、無意味に難解になってしまったりすることがありますが、今回の『夏芙蓉』はその辺のラインを上手く見極めて成功していたと思います。

次に、ちょっと気になった点について述べます。
まず「笑い」についてですが、この脚本の笑いはいわゆる「前フリ」と「オチ」がわりとはっきりしていると思いますが、「オチ」の前に一呼吸、間をおく演技が多かったように思います。笑いについては好きずきだとは思いますが「オチ」の前に一呼吸あると、「次に何か面白いことを云おうとしているな」というのが読めてしまうし、会話の流れも疎外されるので、もう少し余計な間を詰めてスラスラ行った方がいいんじゃないかと思いました。
それから、会話のテンポについてですが、一人一人の役者さんは非常に良かったと思うのですが、全体として見た場合、各登場人物の「話しのテンポ」に差が少なく、芝居全体を通すと流れがゆるくなりがちだったのではないかと思います。「静けさ」を、舞台全体を統一するムードとして採用する演出意図だったのかも知れませんが、もう少し各役柄の(キャラクターではなく話し方の)差、前半と後半でのテンポの差が大きいほうが、観客としては見やすいんじゃないかと思います。

最後になりましたが、もうひとつ、とても感心したのが、「幻の森」のキャスト・スタッフさんたちの間に流れる「空気」です。舞台直後の少しの間お話ししただけですが、キャスト・スタッフ皆さんが、「良い舞台をつくる」という大目的に対して、真摯な姿勢を持ち、理想的な協力関係にあるというのがはっきりわかりました。集団の仲が良ければそれだけで良い舞台が作れる、というものではないでしょうが、良い舞台をつくっている集団の雰囲気というのは一種独特で、すぐにそれと分かるものだと思います。「この集団なら良い舞台になるはずだなあ」と思いました。

久喜中学に演劇部設立、『夏芙蓉』再演決定、と喜ばしいニュースが続いているようですね。影ながら応援しております。「幻の森」のみなさまとは、またお会いできる日を楽しみにしております。
今度はもう少しじっくり芝居や芝居づくりについてお話できたらと思っております。
それでは。

タイトル : Re: 遅ればせの感想です。
投稿日 : 2003/02/04(Tue) 22:56
投稿者 : 大手忍

お久しぶりです。千鶴役をやらせていただいた大手です。
感想有難うございました!

> 「幻の森」の皆様、先日は公演直後のお忙しいところにお邪魔し失礼いたしました。
>あの後インフルエンザにかかってしまい寝込んでおりました。遅ればせながら『夏芙蓉』の感想を書きます。

インフルエンザ!今年は本当にはやってますね。
ウチの家族もみんな続々とダウンしています。
・・・なぜか私と父だけは元気ですが(笑)

> 「幻の森」による『夏芙蓉』は、舞台全体における丁寧なつくり込みと役者さんたちの
>強い個性が光る素晴らしい舞台だったと思います。
> 幕が開き、三年B組の生徒たちの楽しげなシルエットが舞台に浮かび上がった瞬間から、
>(筋を知っているだけに)ウッと来ました。そしてそのときにもう「ああ、これは良い舞台になるなあ」と確信しました。

あのオープニング、本当に素敵ですよね。
演じていてもあの雰囲気のよさにちょっとうるっときています(^^)
みなさんのおっしゃってるあのシルエット、私もはやく見てみたいです!

> この脚本は、前半で思いっきり浮き上がり、後半でどーんと落とす、というわかりやすい構成になっています。
> 前半での浮き上がり(主に笑い)は、観客数や会場との相性もあって、
>理想的とまではいかなかったようですが、それでも千鶴のツッコミ具合や、
>タマイのキャラクターはツボに入りました。(千鶴については脚本のニュアンスを
>良く掬いとってくれたなあ、という印象。タマイについては、
>ああ、こんなやり方もあるのか、なるほどなあ、という印象でした。)

有難うございます。
私、越智さんのギャグすっごい好きです(^^)
「七人の部長」の「三百円」とか「グッシシ」とか(あれ?何か違ってたらすみません/汗)
「夏芙蓉」の「ごめんなさい調子に乗っちゃって」とか(笑)
私、素でも「よく突っ込む人」なんで、千鶴の突込みやりやすかったです。
というかやってて楽しかったです(^^)

> 中盤から後半にかけて、物語が「沈んで」いく過程は、役者さんたちが非常に丁寧に掬ってくれていました。
> ストーリー展開によりかからずに、役者と役者の間の感情の交流、
>特にセリフ以外のニュアンスを正面に打ち出し、練りこんだ演技を
>見せてくれていたのがとても嬉しかったです。ストーリーの出来不出来という
>「縦」の線は主に作者の裁量ですが、それをいかに「横」に膨らませるか、
>というのは役者さんや演出さんの技量だと思います。後半、
>特に「事故」のあたりから千鶴と蓮美先生の会話のシーンでの、「沈黙」にいかにたくさんの
>思いが込められていたかは、あの舞台を見た人全てが感じとってくれたのではないでしょうか。
>「沈黙」に意味をこめるという作業は、僕も大好きだし表現技術としても重要な意味を持っている
>と思いますが、下手にやったりやりすぎたりするとイヤみになったり、無意味に難解に
>なってしまったりすることがありますが、今回の『夏芙蓉』はその辺のラインを上手く見極めて
>成功していたと思います。

有難うございます。
「沈黙」って演じるのすごい好きです。
お客さんも役者も何も喋っていないから何も聞こえないのに、
ものすごくたくさんの感情が押し寄せてくるあの空間が好きです。
言葉ってやっぱり限りがあるじゃないですか、でも感情って無限にありますよね。
その無限を伝えちゃう「・・・」ってすごいですよね。大好きな台詞です。
一回、何も喋らない役とかもやってみたいです(^^)☆

私が初めて「・・・」という台詞に衝撃を受けたのが中3の時なんですけど、
斉藤先生に黒澤明監督の「生きる」のビデオを見せて頂いて、
その後その台本を見せて頂いた時です。
すごい「沈黙」の多さにびっくりしました。
あれ以来「・・・」の奥の深さに取り付かれました(^^)
先生覚えてますか?もう3年も経っちゃいましたが(笑)

> 最後になりましたが、もうひとつ、とても感心したのが、「幻の森」のキャスト・スタッ
>フさんたちの間に流れる「空気」です。舞台直後の少しの間お話ししただけですが、キャ
>スト・スタッフ皆さんが、「良い舞台をつくる」という大目的に対して、真摯な姿勢を持
>ち、理想的な協力関係にあるというのがはっきりわかりました。集団の仲が良ければそれ
>だけで良い舞台が作れる、というものではないでしょうが、良い舞台をつくっている集団
>の雰囲気というのは一種独特で、すぐにそれと分かるものだと思います。「この集団なら
>良い舞台になるはずだなあ」と思いました。

あの時はお話できて本当に嬉しかったです。
高校の演劇部の同期に話したらものすごいうらやましがられました(^^)
まさかまさかあの越智優さんにお会いできるとは

「七人の部長」を見て笑っていた頃の私には想像できませんでした(笑)
はい、私もこの集団は本当に素敵だなぁと稽古を重ねるたびに思います。
いろんなとこに書いてますが、ホントにこの中にいられて幸せです。

> 久喜中学に演劇部設立、『夏芙蓉』再演決定、と喜ばしいニュースが続いているようです
>ね。影ながら応援しております。「幻の森」のみなさまとは、またお会いできる日を楽し
>みにしております。
> 今度はもう少しじっくり芝居や芝居づくりについてお話できたらと思っております。
> それでは。

是非是非、またお会いできたら嬉しいです(^^)
19日はわざわざ足を運んで頂いて有難うございました。とっても嬉しかったです。
では、今年の風邪はしつこいようなので、体調には気を付けて頑張って下さい☆

タイトル : >大手さんこんばんは
投稿日 : 2003/02/05(Wed) 00:06
投稿者 : 越智

お久しぶりです。先日はどうもありがとうございました。

> 有難うございます。
> 私、越智さんのギャグすっごい好きです(^^)

ありがとうございます。僕は自分の脚本のどこを誉めてもらうよりも、笑いを誉めてもらうのが一番嬉しいです。正直に告白すると、シリアスなシーンとか削られても平気なのですが、笑いの箇所を削られるとガーンと落ち込んでしまいます。あなたのツッコミはとても素敵でしたよ。

> 私が初めて「・・・」という台詞に衝撃を受けたのが中3の時なんですけど、
> 斉藤先生に黒澤明監督の「生きる」のビデオを見せて頂いて、
> その後その台本を見せて頂いた時です。
> すごい「沈黙」の多さにびっくりしました。
> あれ以来「・・・」の奥の深さに取り付かれました(^^)

「生きる」! いいですよね!
僕は高校二年生のとき初めて観て、「なんか地味なしみったれた映画だなあ、白黒だし」とか思ってました。その後、二十歳を超えたごろに見直して「なんでこんな良いものが理解できなかったんだ、自分のバカ!」と頭をかきむしった経験があります。それから黒澤映画にハマりました。いいですよね、黒澤明。

> はい、私もこの集団は本当に素敵だなぁと稽古を重ねるたびに思います。
> いろんなとこに書いてますが、ホントにこの中にいられて幸せです。

そういう気持ちは、僕もよく理解できます。単なる仲良しグループというのではなくて、良い芝居をつくるという共通の目的に対して互いに協力し、刺激しあう関係というのは、体験した人にしかわからないし、一度経験するとやめられないですね。
繰り返しになりますが、あなたの千鶴は、賢こそうで、舞子たちに対する愛情と悲しみにあふれていて(そしてツッコミのキレが良くて)、とても素敵でした。再演でも頑張って下さいね。

タイトル : あわわわわ(汗)
投稿日 : 2003/02/07(Fri) 23:08
投稿者 : 大手忍

実は4日のあの書き込みをした次の日にとうとう自分も風邪をひきました(汗)
幸いインフルエンザではなかったのでよく寝たら直りましたが・・・
その間にこんなにツリーが伸びていてびっくりしました!
今日一気に読みました(^^)

越智さん、私の千鶴、褒めていただいて有難うございます!
ものすごく嬉しいです☆特にツッコミを褒めてもらえて(笑)
はい!再演も頑張りたいと思います!

みなさんがお話している「生きる」ですが、
「沈黙」の多さも驚きましたが、
「Happy birthday to you」はホントすごいですよね。
いや、もちろん最初見たときはまったく気が付かなかったんですが、
斉藤先生に教えていただいて(汗)初めて気が付きました。
あれは本当にびっくりしました。凄すぎです!!

あ、あと、ちょっと(かなり?)話がずれますが、「風の谷のナウシカ」で、
「途中で着替えたナウシカの赤い服がオウムの血で青く染まる」という演出、
私これ斉藤先生にお聞きするまでまったく気付かなかったんですよ(汗)
これも斉藤先生に教えていただいてからホント驚いて、
当時家にあったビデオを何度も見直してしまいました(^^)

他にもたくさんビデオを見させていただきましたよね。
こう考えると中学時代、(卒業してからもいろいろとかりていますが^^;)
ホント先生にいろいろ教わっていたんだなぁとしみじみ思います。
3年間も先生のワークショップを無料で受けていたなんて、
とっても得した気分です☆

あ、あと皆さんの話題の中にある「笑い」ですが、
私は斉藤先生の「化鳥伝説」に当時本当に笑いました(笑)
同期の何人かで泊まった時に夜中まで何度も繰り返しビデオを見て笑ってました。
その後に「次の公演はこれがやりたい!」と先生に交渉に行ったほどです(笑)

・・・う〜ん・・・私の知識が足りなくて、
先生と越智さんのお話とまったく関係ない書き込みをしてしまいました(汗)
でも大久保先輩もおっしゃってますが、このツリー、ホント読んでいてゾクゾクします(^^)
とっても勉強になります。
ではでは、再演にむけて頑張ります!!!
さぁ〜体調管理体調管理(汗)

タイトル : たくさんみることの価値
投稿日 : 2003/02/09(Sun) 14:13
投稿者 : 斉藤俊雄

>あ、あと、ちょっと(かなり?)話がずれますが、「風の谷のナウ
>シカ」で、「途中で着替えたナウシカの赤い服がオウムの血で青く染ま
>る」という演出、私これ斉藤先生にお聞きするまでまったく気付かなか
>ったんですよ(汗)
>これも斉藤先生に教えていただいてからホント驚いて、
>当時家にあったビデオを何度も見直してしまいました(^^)

僕が演出するときに使う「絵語り」という概念を伝えるのに、ナウシカのこのシーンはもってこいですからね。

>他にもたくさんビデオを見させていただきましたよね。
>こう考えると中学時代、(卒業してからもいろいろとかりていますが
>^^;)
>ホント先生にいろいろ教わっていたんだなぁとしみじみ思います。
>3年間も先生のワークショップを無料で受けていたしなんて、
>とっても得した気分です☆

たくさんのビデオをみて、自然観察を含む多様な取り組みをしたのは、たくさんの表現を知った上で個性というものをみつめてほしいと思ったからです。
僕が嫌いなものまで紹介したのもそのためです(キャラメルボックスとか・笑・そういえば大手はキャラメルも嫌いではなかったですよね。ああそういえば今日キャラメルボックスの初期の代表作『銀河旋律』と『広くてすてきな宇宙じゃないか』をBSでやりますよ。妻と二人でみにいって、二人とも思い切り疲れて帰ってきた作品です。でもみておいたほうがいいですね)。

それは僕の狭い知識の中で劇を行い、毎日が同じ練習の繰り返しでは(同じ練習も必要ではありますが)、みんなが「ミニ斉藤俊雄」になってしまうのを恐れたからということもあります。もちろん、それでも僕の影響は受けますが。たくさんの劇をみること、劇以外のことを知ることで「僕の影響だけ」受けずにすんだのではないかと思います。

俳句の正岡子規はその著『俳句大要』でこんなことを言ってます

◆なまじひに他人の句を二、三句ばかり見聞きたるときは外に趣向なき心地す。十句、二十句百句と多く見聞く時はかへつて無数の趣向を得べし。古人が己の意匠を言ひをらん事を恐れて古句を見るを嫌うが如きは、耳を被ふて鈴を盗むよりも尚可笑しき技なり。◆

これから自分がどんなことを読みとるかといえば。
演劇部の1年生にとって尊敬する先輩が演じた2・3の劇を知っているだけだと、狭い知識の中でこれが演劇だと思ってしまう。そしてほかの演劇は演劇ではないと思ってしまう。
例えば先輩が○○という劇を上演したとすれば、先輩が上演した○○以外は○○ではないなどと感じてしまう。これでは1年生の劇世界があまりにも狭隘になってしまう。
更に10、20、100の演劇をみていくとどうなるか。自分たち独自の表現はますますしにくくなるだろうか。そんなことはない、「なるほどこんな表現もあるのか」とか「あんな表現もあるのか」ということを知ることができ、そのため自分たちが作るときにも創造の幅が広がるのだ。
もし▲▲という作品を上演するとき、自分たちの演出と同じであることが怖くて、以前▲▲を上演して成功した劇団のそれをみることを躊躇するというようなことは、賢い選択ではない。

というようなことです。
ピーター・ブルックの『ハムレット』をこれからみるとおもいますが。
あのよさは100、1000の劇を楽しむ中で生まれる面白さなのかもしれません。
劇をみてない人たちからオリジナリティーのある劇など生まれないでしょうね。生まれたとしたらそれは単なる本人達の思いこみです。

>あ、あと皆さんの話題の中にある「笑い」ですが、
>私は斉藤先生の「化鳥伝説」に当時本当に笑いました(笑)
>同期の何人かで泊まった時に夜中まで何度も繰り返しビデオを見て笑っ
>てました。
>その後に「次の公演はこれがやりたい!」と先生に交渉に行ったほどです(笑)

ありましたね、そんなこと。
最初の時も大手達のときも女子のみのメンバーでの公演でしたね。
みんな結構教室ではおとなしかったし、
1年を含めて全員役者として出すという縛りを自らに課していたし。
あの頃は部員もずいぶんたくさんいたし。

その状況で笑いを取るために奮闘したことは、僕にとっても本当に勉強になりました。
本番よくあれだけ笑いがとれたなと思います。そこにたどり着くまでは苦しかったけど。
大手の楠木という役、千鶴とは全然違う役でしたね(笑)。
よく考えてみると、あのときがあったからこそ今があるんですよね。
まだまだ勉強不足だけど。

タイトル : 感想有り難うございます!!
投稿日 : 2003/02/08(Sat) 21:25
投稿者 : 服部 恵美子

舞子役をやらせていただいた恵美子です。(蓮見先生役の服部先輩と私と、服部が二人いるので、斉藤先生には恵美子とよばれているのです)
ずぅううっと家のパソコンが使えなくて、最近やっと使えるようになったと母から聞かされ、速攻この掲示板を開いてみました。斉藤先生や大手、そして、越智さんがわたしにはとうていおよばないような深いやりとりをしていて、ホント自分が恥ずかしく感じました(汗)

越智さんの感想、本当に嬉しかったです。私なんて大手達と違って演劇に関する知識や技術が乏しくて、斉藤先生や越智さんの会話に入っていくのが恥ずかしくてたまらないのですが、あんなに長い感想を入れてくださったことが嬉しくて書き込みをしてしまいました。

「笑い」に関して、ほんとおっしゃる越智さんのおっしゃるとおりだとおもいます。「間」なんですよね。そして、今回学んだのは、ある意味カリスマ的とでもいうような、観客を引っ張っていける存在感が大事なんだということでした。笑いが取れているか自分でビクビクするということは、その時点で観客に負けていたのだと気づきました。舞子は、中学のときとちがって、一番親近感のある役でもあり、一番つかめない役でした。社会的な立場はすごく近いのに、背負っているものがとても重くて、ラストにグンと落ちるところがまだまだあまかったとおもいます。

斉藤先生もおっしゃっていた、舞子とさえの差についても、練習してるときに同じことを考えていたんです。さえのキャラクターがどうかではなくて、私がもっと独立したキャラクターをつくらなければと、すごく悩みました。千鶴ができあがっていくのをみてよけいに(汗)だから、次、私が取り組むべき課題はそこだとおもっています。

なんか、私の一人だめだしになってしまいましたね(汗)越智さんの感想が嬉しくて投稿しているのに・・・でも、いままで、引っ込み気味になっていたわたしのありかたを変えようとおもいます。もっと舞子をみがいていきます!!次回の夏芙蓉を期待していてください!!ぜったい、よい舞子をみせたいです。

タイトル : >恵美子さんはじめまして
投稿日 : 2003/02/09(Sun) 04:02
投稿者 : 越智

こんばんわ。上演後はあまりお話できませんでしたね。返信して下さってありがとうございます。

> 「笑い」に関して、ほんとおっしゃる越智さんのおしゃるとうりだ
>とおもいます。「間」なんですよね。そして、今回学んだのは、
>ある意味カリスマ的とでもいうような、観客を引っ張っていける
>存在感が大事なんだということでした。笑いが取れているか自分で
>ビクビクするということは、その時点で観客に負けていたのだと
>気づきました。。。舞子は、中学のときとちがって、一番親近感の
>ある役でもあり、一番つかめない役でした。社会的な立場はすごく
>近いのに、しょっているものがとても重くて、ラストにグンと落ちる
>ところがまだまだあまかったとおもいます。

恵美子さん(とお呼びしていいですか?)の舞子は、気取らないざっくばらんな感じと他の三人(特に千鶴)との関係の取り方がすごく良かったと思います。人物同士の関係性が良く出ていたと思います。
脚本を読んでもらうとわかると思うんですけど、舞子はこの芝居のなかで圧倒的にセリフが多いんですね。そして、「笑い」を受け持っている箇所も圧倒的に多い。それから前書いた「前フリ」と「オチ」ということに関して、舞子は一人でそれをやる箇所が多いんです。自分でフっておいて、自分でオトす(例えば、「長かったよね、校長先生の話」と自分で云い出しておいて「あれホントはロボットなんじゃないの」とか「NASAが開発してるんじゃないの」とか云う)というパターンが多い。これはこの脚本の欠点です(書いた後に気付いたんですごめんなさい)。この構造だと、「フリ」と「オチ」の間に複数の人間が関わっている場合と比べて、笑いがワンパターンになるし、舞子に技術的なプレッシャーがかかりすぎるんですね。
だから舞子という役は、この芝居の中で一番技術的に難しい役だと思います。
「笑い」の練習はしんどいですよね。シリアスなシーンとかだと上手くいかないで沈殿した雰囲気を演技に活かす、ということも出来るんだけど、「笑い」が上手くいかないとどんどん沈んでいっちゃったりするでしょう? だから苦しいとは思うんですけど、頑張って下さい。
出過ぎたことかもしれませんが、参考までに、
・「笑いのパート」と「笑い以外のパート」を意識的に分けない。
 「ここは笑わせなきゃ」という意識を持つと知らず知らずに演技に力が入って微妙に客席に伝わるものだし、笑いを意識しすぎることで演技に統一性がなくなったりするので、「客を笑わせること」より「相手に話しかけること」を常に意識の中央に置く。
・笑いは「意外性」「観客の予想を裏切ること」が王道だと思うので、セリフのニュアンスや間の取り方に徹底的に執着して変化をつける。
 何度も演技を見て、オチも知っている演出家や他の役者、スタッフは、笑わせるのが最も難しい相手だと思うので、その人たちの予想を裏切れるような演技を毎回試みる。
・自分の面白いと思う役者、芝居を繰り返し見て、どこが、なぜ面白いのかを徹底的に考える。また、その演技を真似してみる。
というようなことが役に立つのではないかと思います。

> 斉藤先生もおっしゃっていた、舞子とさえの差についても、練習してるときに
>同じことを考えていたんです。さえのキャラクターがどうかではなくて、
>私がもっと独立したキャラクターをつくらなければと、すごく悩みました。
>千鶴ができあがっていくのをみてよけいに(汗)だから、
>次、私が取り組むべき課題はそこだとおもっています。

なるほど、舞子のキャラクターづくりですね。
舞子というキャラクターは、千鶴との関係を抜きにしては成立しないと思うんです。気付かれているかもしれませんが、舞子は、サエとタマイがいる前では千鶴のことを「千鶴」と呼びますが、千鶴と二人っきりになると「ちー」と呼んでいるんです。千鶴にとっては、サエもタマイも大事な友だちなんですけど、舞子と千鶴の関係というのはやはり、それより一段深いところにあると思うんです(少なくとも、僕はそう思って書いています)。それが、ラストシーンでサエとタマイが出てこなくて、舞子だけが出てくる、ということの理由でもあります。
もちろん、役作りは作者の意図通りにする必要は全然ありません。ですが、舞子のキャラクターに関しては、常に千鶴との関係を念頭においてつくっていくのがいいんじゃないかと思います。

> なんか、私の一人だめだしになってしまいましたね(汗)越智さんの感想が嬉しくて投稿しているのに・・・でも、いままで、引っ込み気味になっていたわたしのありかたを変えようとおもいます。もっと舞子をみがいていきます!!次回の夏芙蓉を期待していてください!!ぜったい、よい舞子をみせたいです。

いえいえ。すごく的確に自分の役について分析してらっしゃると思いますよ。大手さんもそうだけど、皆さん、自分の役や演技に対してちゃんと言葉にしていてすごいなあ、と思います。
次の『夏芙蓉』、さらに良い舞台になることを祈っております。

タイトル : 返信ありがとうございます!!
投稿日 : 2003/02/09(Sun) 21:17
投稿者 : 服部 恵美子

さっそくの返信、ありがとうございます!!何回もよみなおしたくて、プリントアウトしてしまいました。

> 脚本を読んでもらうとわかると思うんですけど、舞子はこの芝居のなか
>で圧倒的にセリフが多いんですね。そして、「笑い」を受け持っている
>箇所も圧倒的に多い。それから前書いた「前フリ」と「オチ」というこ
>とに関して、舞子は一人でそれをやる箇所が多いんです。自分でフって
>おいて、自分でオトす(例えば、「長かったよね、校長先生の話」と自
>分で云い出しておいて「あれホントはロボットなんじゃないの」とか
>「NASAが開発してるんじゃないの」とか云う)というパターンが多い。
>これはこの脚本の欠点です(書いた後に気付いたんですごめんなさ
>い)。この構造だと、「フリ」と「オチ」の間に複数の人間が関わって
>いる場合と比べて、笑いがワンパターンになるし、舞子に技術的なプレ
>ッシャーがかかりすぎるんですね。
> だから舞子という役は、この芝居の中で一番技術的に難しい役だと思い
>ます。

 そうですね・・・だから難しく感じるのでしょうか・・・正直、代役をすることになって、台本を頂いたとき、台詞の量に驚きました。玉井のように笑いキャラではないのに笑いをうけもっていること、そしてがさつな役なのに繊細な演技を要することにも。。。でも、作者である越智さんに 「一番難しい役」といわれると、逆にやる気がでてきます!!(笑)

> ・「笑いのパート」と「笑い以外のパート」を意識的に分けない。
>  「ここは笑わせなきゃ」という意識を持つと知らず知らずに演技に力
>が入って微妙に客席に伝わるものだし、笑いを意識しすぎることで演技
>に統一性がなくなったりするので、「客を笑わせること」より「相手に
>話しかけること」を常に意識の中央に置く。

そうなんですよね、斉藤先生にも言われていました・・・力が入りすぎていると。ほんとおっしゃるとおりです。じぶんでは無意識のうちに力が入っていることがまたやっかいなんです。これはほんとに練習に練習を重ねていこうと思います。そのためにも、いろんな役者さんのお芝居を見てみたいなぁとおもうんです・・・

越智さんがこれは勉強になるんじゃないかという映画や役者さんをもしよかったら教えてください!!私は、知識がまだまだ浅いので進められた物をみて、それをきっかけに、これはどうかな?じゃぁこれは?と世界をひろめていけたらとおもうんです・・・ずぅずぅしくてすみません(焦)

>気付かれているかもしれませんが、舞子は、サエとタマイがいる前では
>千鶴のことを「千鶴」と呼びますが、千鶴と二人っきりになると「ち
>ー」と呼んでいるんです。千鶴にとっては、サエもタマイも大事な友だ
>ちなんですけど、舞子と千鶴の関係というのはやはり、それより一段深
>いところにあると思うんです(少なくとも、僕はそう思って書いていま
>す)。それが、ラストシーンでサエとタマイが出てこなくて、舞子だけ
>が出てくる、ということの理由でもあります。
> もちろん、役作りは作者の意図通りにする必要は全然ありません。です
>が、舞子のキャラクターに関しては、常に千鶴との関係を念頭において
>つくっていくのがいいんじゃないかと思います。

 「ちー」と「千鶴」・・・・きがつきませんでした!!そうか・・・そうだ!!でも、その関係の深さの違いよくよく分かります。関係の深さについてはわかっていましたが、呼び方のことはきずきませんでした。またひとつ、舞子にちかずけたきがします。
 本当に深いですね・・・そして、おもしろいですね。スルメみたいです。噛めばかむほど味が出る・・・あっ・・すみません(焦)つまり良いってことです。私の読みはまだまだ甘いです。あと、越智さんにお聞きしてもいいですか?舞子はいつ、過去を思い出したんでしょう?

私は、さえが事故にあったといった瞬間だと思ってたんですけど。事故という一言ですべての記憶の断片がつながったのだろう・・・。でも、いまおもうとその時点では、舞子の頭の中で事故=死ではないきがするんです。なぜなら、舞子は事故にあった次の日までいきていたからです。事故がきっかけで死んだのでしょうが事故=死にすぐむすびつくのでしょうか。。。事故ということばをきっかけに過去をおもいだす絵語りのような時間の中できずくのではないかと・・・わたしにはその絵語りのようなものがなかったなぁとおもうんです。
なんか、意味がわからないことをいっていますよね(焦)こんなつたない文章しかかけなくて申し訳ないのですが・・・越智さんの考えをきいてみたかったんです。
 越智さんの夏芙蓉についての意見やアドバイスをもらえるなんて本当に感激です。もしお時間がありましたら、返信してくださると光栄です。では・・

タイトル : Re: 返信ありがとうございます!!
投稿日 : 2003/02/10(Mon) 13:55
投稿者 : 越智

>「ちー」と「千鶴」・・・・きがつきませんでした!!

まあ、完璧に書き分けてるわけじゃなくて例外の箇所もあるんですけどね。最初のシーンで早く千鶴の名前を呼ばせた方が観客の頭に名前が入りやすい、というところとか。でも、四人一緒にいるときに「ちー」と呼んだ場合は、千鶴との関係がより濃密になった瞬間、あるいは舞子の「素顔」に近い心情のときです。あ、でもあんまりこういうことは額面通りに受け取らないで下さいね。「自分で読みとったこと」が一番大事だから。

>舞子はいつ、過去を思い出したんでしょう?
> 私は、さえが事故にあったといった瞬間だと思ってたんですけど。
>事故という一言ですべての記憶の断片がつながったのだろう・・・。
>でも、いまおもうとその時点では、舞子の頭の中で事故=死ではない
>きがするんです。なぜなら、舞子は事故にあった次の日までいきてい
>たからです。事故がきっかけで死んだのでしょうが事故=死にすぐむ
>すびつくのでしょうか。。。事故ということばをきっかけに過去をおもいだす絵語りのよう
>な時間の中できずくのではないかと・・・わたしにはその絵語りのようなものがなかった
>なぁとおもうんです。

うーん、難しい質問ですね。基本的には「今年の卒業式は・・・朝起きて・・・」あたりからぼんやりした記憶がだんだんはっきりしていって、それを順番に口にしていく、という形なわけですよね。まあ、解釈次第なんですけど、自分はやっぱり「事故にあった」で記憶のピースが完成するのが良いんじゃないかと思います(つまり、ここで全て思い出すわけですね)。でもやっぱり自分が死んでることをはっきり認める、そしてそれを口に出してしまうことって、恐ろしいと思うんです。それにかかる時間が「血がついてたんだ」から「ちーアタシたち死んでる」までに流れているんじゃないでしょうか。
こんな答えでいいですか?

> 越智さんがこれは勉強になるんじゃないかという映画や役者さんをもしよかったら教えてください!!

舞子はなんといってもセリフの技術が一番必要だと思います。自分がセリフ術が上手いと思う役者さんで作品が手に入りやすいのは、唐沢寿明(三谷幸喜の『出口無し!』という芝居は御存じでしょうか? これに限らずですけどこの人のセリフのキレ、演技の乾き方、というのはすごいと思います)。後、女性だとナイロン100℃の松永玲子という女優さんが上手いと思います。ナイロン100℃は正直云ってケラの笑いに役者の技量が追い付いてないと思うんですけど、この人だけはセリフを自分のものにしていると思います(岸田戯曲賞を取った『フローズン・ビーチ』などがビデオでは手に入りやすいと思います)。映画は人に紹介するほど見てないんです、すいません。

タイトル : かわりに返信
投稿日 : 2003/02/10(Mon) 21:17
投稿者 : 斉藤俊雄

> 舞子はなんといってもセリフの技術が一番必要だと思います。自分がセリ
>フ術が上手いと思う役者さんで作品が手に入りやすいのは、唐沢寿明(三
>谷幸喜の『出口無し!』という芝居は御存じでしょうか?
 

恵美子達の代はみたかどうか疑問だけど、
蓮見先生こと服部 愛、オープニングの金子、高木、佐竹、美術担当の宮本はみてますね。特に佐竹はこの作品の大ファンではなかったですか?
この当時ダニエル・キイスの『24人のビリー・ミリガン』がはやったせいで、演劇界でも多重人格者が数多く上演されました。
多重人格者を演じるということで、一人の役者がさまざまな役を演じるのをみることができるという点で勉強になるでしょうね。

>女性だとナイロン100℃の松永玲子という女優さんが上手いと思います。ナ
>イロン100℃は正直云ってケラの笑いに役者の技量が追い付いてないと思う
>んですけど、この人だけはセリフを自分のものにしていると思います(岸
>田戯曲賞を取った『フローズン・ビーチ』などがビデオでは手に入りやす
>いと思います)。

中学生には三谷幸喜は紹介できてもナイロン100℃は紹介できないでいましたが、「幻の森」では紹介できますね。
大好きな「天井桟敷」も紹介できるかなと。
もし興味があるなら、貸し出ししますよ。
僕は勉強する役者が好きです。

ある演出家にとって役者は演出家の思うとおり動けるのが理想なようです。
余計なことをいわずに、ただ演出家のいうとおり従う役者。
演出家の要求する動きに対応できる身体、表現力は確かに必要ですが、創造せずに演出家の操り人形としての役者はつまらないですね。
僕の求める役者は、勉強し知識を身につけ、演出家とともに創造できる役者です。そんな役者と劇を創りたいですね。

僕は恵美子の勉強したい、もっとうまくなりたいというその気持ち、とてもうれしく感じます。
再演が楽しみですね。大手の返信にも書いたけど、劇をみればみるほど、世界は広がり深まります。

タイトル : Re: かわりに返信
投稿日 : 2003/02/16(Sun) 22:02
投稿者 : 服部 恵美子

> 僕は恵美子の勉強したい、もっとうまくなりたいというその気持ち、とてもうれしく感じます。
> 再演が楽しみですね。大手の返信にも書いたけど、劇をみればみるほど、世界は広がり深まります。

 ありがとうございます(涙)恵美子はまだまだ知識が足りないので、いろんな人のえんぎをみてみたいです!!なので、どうか、「出口なし!」をかしてください!責任もってお返しいたしますので・・・

タイトル : 返信遅れて申し訳ありません!!
投稿日 : 2003/02/16(Sun) 21:15
投稿者 : 服部 恵美子

いま、猛威をふるっているインフルエンザにかかっていました(泣)大学のテスト期間に合わせるように感染してしまって悪夢のようでした。でも、再試になると、劇の練習とだぶってしまうので無理矢理受けたんですけど・・・(笑)またまた、ほんとうに丁寧な返信をいただいて心からうれしくおもいます!前回の公演のビデオを観ておもったんですけど、ラストの流れ(私の演技全体にいえることなのですが・・・)、もっと間を大事にしようとおもいました。台詞と台詞の間の「間」という台詞がだいじなんだなぁと・・・事故にあって死んだなんて、あんないくつかの言葉で表せるほどかんたんなものではないし、言葉にできない感情のほうが多いと思うんです。うまり「間」で表現する感情や状態のほうがおおいのだと、当たり前なことにきづいたんです。死を表すにはそれにあった間と絵語りを丁寧に仕上げていくしかないとおもいました。死んだことに気づく間。死を受け入れる間。だいじにします!!越智さんからいただいた返信、何回もよんで自分なりの死をあらわしてみたいとおもいます。

>自分がセリフ術が上手いと思う役者さんで作品が手に入りやすいのは、
j>唐沢寿明(三谷幸喜の『出口無し!』という芝居は御存じでしょうか? これに限らずですけどこの人のセリフのキレ、演技の乾き方、と>いうのはすごいと思います)。

 「出口なし!」中学の時部活で斉藤先生に見せていただきました!!あれをみてから、唐沢さんのファンにもなってしまいました!!5重人格ですよね?演技にきれがあって観客に飽きるひまをあたえない空間を感じたのをおぼえています。・・・・またみたいなぁ・・・斉藤先生に頼んでかりてみます!!

>後、女性だとナイロン100℃の松永玲子という女優さんが上手いと思います。ナイロン
>100℃は正直云ってケラの笑いに役者の技量が追い付いてないと思うんですけど、この人
>だけはセリフを自分のものにしていると思います(岸田戯曲賞を取った『フローズン・ビ
>ーチ』などがビデオでは手に入りやすいと思います)。

 「フローズン・ビーチ」ですか・・・演劇なのかしら・・今メモったのでビデオやさんでさがしてみます!!
あぁ、嬉しいなぁ!なんか、自分の世界を広げられるのって本当にワクワクします!!そしてこういう出会いに感謝します。私がこの劇にでなかったら、越智さんの演劇にいついてのおはなしをきけなかったでしょうし・・・越智さんのように、知識の豊富なかたとおはなしできることは、私にとって財産です。それは、斉藤先生にたいしても思っていることなのですが、自分より知識のあるひととおはなししているだけで、私の世界は広がるし人生の財産もふえるとおもうんです。それがたとえば、何か一つの分野だけ得意な方であっても、その分野についての知識を吸収できるわけですから、本当に尊い出会いだとおもいます。越智さん、お丁寧な返信に感動しました有り難うございます!!また、なにかありましたら、かきこみさせてください!!しして、越智さんもおひまがありましたら、ぜひ、いい演劇や映画の紹介なり雑談なりかきこんでいただけると幸いです!では・・・

タイトル : 感想ありがとうございます(^o^)/!!
投稿日 : 2003/02/09(Sun) 14:25
投稿者 : 斉藤千裕

玉井役をやらせていただいた斉藤千裕です☆玉井役はかなり自分と近い役でみんなみたいに技術とかすごい事はしてないんです…(汗)でも越智さんが想像してたのとはちょっとずれてたのかもしれませんね(>_<)まず、背が一番でかいし、天然の可愛い子っていうよりむしろただのアホアホになってしまって…(笑)元々笑いの役が大好きなのでやってて楽しかったです!みんなの演技力には到底およびませんが… 次の公演にはもっと中身の濃い玉井になりたいと思います!携帯からでよくわからない文になってしまってすみません。では失礼します☆

タイトル : 割り込み
投稿日 : 2003/02/09(Sun) 20:30
投稿者 : 斉藤俊雄

越智さんの感想を期待してたかもしれないけど、ちょっと割り込み。

> 次の公演にはもっと中身の濃い玉井になりたいと思います!

タマイは中身がないのが特徴だから、中身が濃くないタマイがいいのではないのですか(笑)
中身のないタマイを演じられる、中身の濃さは追求していこう。

タイトル : Re: 割り込み
投稿日 : 2003/02/10(Mon) 11:44
投稿者 : 斉藤千裕

わぁおw(゜o゜)wそうかぁ… そうですか☆中身のない玉井、中身の濃い役者ですか!!あたしにはそんな力があるかわかりませんがとことんやってみようと思います!!ここまできたら極めないとですよね(^-^)♪♪ありがとうございますo(^-^)o

タイトル : >斉藤さんこんにちは
投稿日 : 2003/02/10(Mon) 13:20
投稿者 : 越智

確かにタマイって中身の無いやつですね(笑)。タマイのキャラクターは千鶴のツッコミと共に一番笑いました。おっきいタマイ、というのも妙にツボにはまったし。
タマイはセリフが少ないのでその分動きに重点をおいていけばいいんじゃないでしょうか? 後はクライマックスの「舞子ちゃん、アタシなんか恐い」というセリフが、唯一タマイのキャラクターが一面的でなくなる瞬間なので、そこを丁寧につくっていくといいんじゃないかと思います。

タイトル : 返信ありがとうございますo(^-^)o
投稿日 : 2003/02/11(Tue) 11:19
投稿者 : 斉藤千裕

せっかく返信していただいたのに遅くなってすみませんm(__)mなんせ携帯からですので…(泣)はい!!そうですね!動きかぁ… あまりにも自分のままでやりすぎて動きに気を抜いてたかもしれません(汗)バカっぽい動きもどこまでも追求していこうと思います!真の玉井になります!最後のとこの台詞は私もどういったらいいかいまいちわからなくてつまづきました。ひとつひとつ情景を思い浮かべて気持ちを入れてった練習をしたいと思います。普通の状態からではあの台詞は言いにくいので(^^;)すごく勉強になりました!ありがとうございます♪

TOP 

演劇をめぐる対話TOP

HOME