演劇をめぐる対話

「降るような星空」の上演に際し、掲示板で交わされた対話を公開

◆東京大学奇術愛好会・野間大輔さんから◆

はじめて書き込みいたします。野間大輔と申します。東京大学奇術愛好会の帽子男と言った方が分かりやすいでしょうか。

今日の公演を見させていただきました。終演後のロビーでは、慌しい中、言葉を交わして下さってありがとうございました。大久保君のすすめで見に来たのですが、彼曰く「この間の発表会(マジック)の演出も斎藤先生の影響を受けているんですよ」とのことでしたので非常に期待しておりました。
実際に拝見した感想としては・・・大きく期待を超える、すばらしい舞台でした。

いくつか強く心に浮かんだことを書こうと思います。

1つめは、役者のみんなの感性を最大限に引き出すための努力・工夫が、舞台の上に見え隠れしている。そして舞台から見えないところでもそういう努力があったにちがいない・・・ということです。
そして、役者の皆さんも、そんな先生の思いに精一杯応えようとしている。そして精一杯、演じている瞬間を楽しもうとしている。そんな空気がびんびん伝わってきました。

演劇としての内容以前に、そういう太東中演劇部にしかない「空気」に触れることが出来てなんだかうれしかったです。

2つめは、秀逸な演出に驚いた、ということです。脱帽です。
舞台装置や客席の使い方、ダンスやマジックなどの要素ひとつひとつはもちろんすばらしかったのですが、客席と舞台の「空気の色」(と、僕は呼んでいます)にあまり差が無いところが、個人的にはよかったなあと思います。

たとえば休憩に入るときにも、本当に舞台上でも「休憩」している。客席もトイレにたつお客さんやらでざわざわし、舞台上は掃除中。でもベルが鳴ると、客席も舞台にも緊張感が走る。そういう「空気のやり取り」がとても楽しかったです。キャストのみなさんも、そのへんを楽しんでいるようでした。

3つめは、「太東中演劇部に入りたい〜〜!」という気持ち、ですね(笑)演劇部紹介を読ませていただきましたが、こんなにいろんなことを体験できる部はそうそうないですよね!部員の皆さんは幸せ者です。本当に。思わず入部手続きをしたくなりましたよ、本当に。

もし機会があれば遊びに行きたいです。埼玉県民ですので割と近いし。マジックならいくらでもやりますので。部員の皆さんの感性を磨けるものなのか、は保証できませんが(笑)
でも演技を学んでいる僕としては本当にいい刺激となりました。ご恩返しできたらいいですね…。

最後に、キャストの皆さんへ。ほんとうにお疲れ様でした。楽しませてくれてありがとうございます。なんだか偉そうなことを書くようで恐縮ですが「今したいことを思い切りやれている」という幸せをかみしめつつこれからも演劇を楽しんでくださいね。舞台の上でしか学べないことは必ずあると思います

長くなってしまいましたね。次回の公演にも是非足を運びたいと思っています。確か夏でしたよね。斎藤先生とも、機会があればゆっくりお話できればと思っております。
本当にいいものを見せていただき、ありがとうございました。太東中演劇部の皆さんにスタンディングオベーション、です!

◆斉藤からの返信 「太東中演劇部に入いって!」そんな気持ちです◆

本日は「降るような星空」をみてくださり本当にありがとうございます。
「空気」という言葉、僕がいつも部員に使っている言葉なんです。

いい演技ができるかどうか、リハーサルの前の「空気」できまる部分がかなりあります。今日はいいのが出きるぞというのが「空気」で伝わってくる、そんな感じです。みんなで星空を眺めた後の演技、明らかに舞台に漂う「空気」が違うのです。そんな「空気のやりとり」を感じてもらえるというのが自分たちの目標でもあったわけで、観客との空気のやりとりを感じていただけたという言葉とてもうれしいものです。

東京大学奇術愛好会の発表会はとても楽しませていただきました。僕も大久保君の紹介で出かけたわけですが、刺激を受けました。彼は自分のホームページに僕のことを初めての師と紹介しているわけですが、あの舞台は師弟という関係が、ライバルの出現に変わったと感じるものでした。

演劇の世界では神様のように思われているスタニスラフスキーという演出家がおり、そこから僕が一番好きな演出家であるメイエルホリドが育つわけですが、メイエルホリドはある時スタニスラフスキーの一門を飛び出し独自の演劇活動を始めます。そして、世界的に評価されていきます。そんな彼が老いたスタニフラフスキーの「カルメン」をみた後で「年とった師から学ぶべきことはまだたくさんある」と感じます。僕としては、彼にまだそんな何かを提示できる自分でありたいという思いを心の片隅に置いていた舞台でもありました。どうだったでしょうかね。

東京大学奇術愛好会の発表はシルク・ド・ソレイユの雰囲気が漂うメルヘンタッチの不思議な世界で個人的にとても気に入りました(あれに猥雑さが加わったらと思うと…怖い、怖すぎる)。ラストの部員紹介の手法には唸ると同時に、なんか胸が苦しくなる懐かしさを感じました(個人的に映画「ウエストサイドストーリー」のラスト、壁に落書きで書かれた役者の紹介を思い出していました、なんか変ですね)。

そうそう奇術愛好会みなさんはシルク・ド・ソレイユがお好きだとうかがっております。僕も大好きで、夜の博士のシーンではラスベガスで演じられている「O」で使われている曲を使いました。気がつかれましたか?

マジックを見せに来ていただけたら本当にありがたいです。感性豊かになります。自然もマジックも演劇も僕にとってはどれも不思議で美しいもの。感性が育たないはずがないですし、多様な価値観を持てるということがなにより素晴らしい。そう思っています。本当に来ていただけないですかね、また大久保君と、大歓迎です。もっとたくさん話がしたかったですし。

ある人に「最後にもう一度みんなに出てきてほしかった」といわれましたが、あのラストシーンはあそこで星を見ながら去っていくしかなかった。野間さんにもきっとそう思っていただけると思います。でも、こんな形でスタンディングオベーションがいただけるということ、これほどうれしいことはないですね。ありがとうございました。

◆野間さんからの返事◆

> 「太東中演劇部に入って!」そんな気持ちです(笑)

ありがとうございます!何だか、非常にうれしいお言葉で つい、ニコニコしてしまいました。
でも、自分が中学生だったらなぁ!!…と思ったのは本当ですから(笑)

> マジックを見せに来ていただけたら本当にありがたいです。感性豊かになります。自然もマジックも演劇も僕にとってはどれも不思議で美しいもの。感性が育たないはずがないですし、多様な価値観を持てるということがなにより素晴らしい。そう思っています。本当に来ていただけないですかね、また大久保君と、大歓迎です。もっとたくさん話がしたかったですし。

こちらこそ、いつでも、
誘っていただけるなら大喜びで出かけていきます!むしろこちらからお願いしたいくらいなのです。
純粋に斉藤先生や部員の皆さんとコミュニケーションをとってみたいとも思いますし、若い感性を僕も分けていただきたいと思っていますので…、メールで連絡していただければ武蔵野線ですっとんでいきます(笑)

> ある人に「最後にもう一度みんなに出てきてほしかった」といわれましたが、あのラストシーンはあそこで星を見ながら去っていくしかなかった。

僕はあのラストシーン大好きです。キャストのみんなには確かに星が見えていたように僕には思えたし、「空気」が、ほわっと緩んでいく感じが舞台中に広がり、そして客席にも広がったのを、僕は確かに感じたのです。
「どこまでが舞台で、あなたは役者で、僕は観客・・・・」みたいなものがすべて、いい意味であやふやにされた、不思議な空間がとても好きでした。

◆東京大学奇術愛好会 大久保です。◆

太東中演劇部の公演は毎回楽しみにしておりまして、いつも見に行っています。

> > マジックを見せに来ていただけたら本当にありがたいです。

行きます!是非是非。

> > あのラストシーンはあそこで星を見ながら去っていくしかなかった。

僕もあのラストは素晴らしかったと思います。感想は先日先生のほうに直接メールしましたが、折角掲示板があるので他の観客の皆さんとも感想を分かち合いたいと思い、こちらにも書くことにします。本番前、実際に生徒みんなで星を見た、というお話を伺って、ああ、やっぱりな、と思いました。

5人で空を眺めるシーンが、ひかりが手直しする前と、台風の夜のシーンと2回ありましたが、2回目が1回目とあまりにも違って見えたのが印象的でした。この子達には星が見えてるんだな、というのが、本当に伝わってきた気がしました。ひかりが直接手直ししたのはポーズだけですが、あの2回の間に起きた様様な出来事と、嵐によってもたらされた星空が、人物達の心を変えたのですね。実際は、「劇中劇」ですから、嵐で上演が中止になったことも、星空が見えたことももちろん架空なんですが、それが架空とは思えないような説得力がありました。

実際に部員の皆さんは、努力して、練習を積み上げて、みんなで夜空を眺めたときのことを思い出していたんだと思います。

今後ことあるごとに僕は夜空を仰ぎ、この話を思い出すようになるに違いありません。多分僕だけではなく、ほとんどの観客が同じように感じたことだろうと思います。

◆斉藤からの返信◆

 こんな感じで劇のことを語り合えるということが、掲示板を設けたときの理想でした。この対話の中にももっともっと多くの方が割り込んできてくれたらと思います。

 「手品を見せに来てくれるかも」という話を部の連絡に来た部長(シホです)に話したら大喜びでした。今日は進路の仕事があって部活にでられなかったので、明日全員に話そうと思います。というよりもう部長が話しているでしょうけど。きっとみんな大喜びすることでしょう(というよりもうしている)。なんか自分もわくわくしてきました。

◆さいたま市宮前中演劇部佐藤さんからのメッセージ◆ 

お久しぶりです。宮前中の佐藤です。『降るような星空』見に行きました。
 すごく楽しかったです。どの役もいきいきしていて見ていてあきませんでした。
照明もさすがという感じでしたし、音響も場の雰囲気にあってました。

今回の大道具は脚立でしたね。毎回、太東中は大道具がとてもシンプルで、なおかつそれを上手く使っているので今回は何を使うのかなぁ〜と思ってました。
生徒のイスや博士のイス(?)、一番驚いたのが飛行機でした。私たちがやった時は、飛行機をダンボールでやりました。(苦笑)案の定よれよれで、支えなくてはならないような状態でした;なので、今回の脚立飛行機を見て、なるほどな〜と思いました。
私たちでは、大道具に脚立、なんていう発想は出てきません;

役のほうでは1年生が結構重要な役をやっていたのではなかったかなと思います。あとホールの人なんかは、ぱっと見ただけで「あっ!ホールの人だ!」って分かりました。確かにあんな感じですよね。(笑)
あとウィンディーの衣装がつなぎで、私としてはとても嬉しかったです。

そういえば、劇の途中、博士が傘を出すシーン。すごかったですね!おもわず友達とすごいねって話してました。
最後のダンスもみんなよく足が上がるなぁと感心してしまいました。
終わり方も、挨拶のあと仲良くみんなで去っていき後ろの星が目立つ、という感じですごくよかったと思います。

一つ気になったのが会場のマナーが少し悪かったかな、と思います。携帯電話の音はなるし子供は泣き始めるし…子供は仕方ないとして携帯電話は電源を切ってほしかった、と顧問と話しました。
あれではせっかくの劇が台無しですよね。

なにはともあれ劇は本当によかったです。とても感動しました。また次のも観に行きたいと思ってます。本当にお疲れ様でした。

 ◆斉藤からの返信◆

ーイマジネーションについてー
脚立の使い方をこれほど気に入ってくれたということ、とてもうれしいです。
僕は観客のイマジネーションを信じています。飛行機舞台に登場させるとき、飛行機そのものを登場させるのは難しいことです。
そんな中、本物の飛行機のイミテーションを作る方向に目を向けると、イメージが貧困になってしまうと思うのです。 
僕はそうするよりも観客のイマジネーションによってイメージが膨らむ素材を提示したい、そう思っています。 
それが今回は脚立であり、森を作るときのただ垂れ下がっているだけの布なわけです。 

それぞれがそれぞれの心の中でそれぞれのイメージをつくり出す、自分はその手助けをする、それが今回はとてもうまくいった感じがしています。
観客の持つイマジネーションを馬鹿にしてはいけませんよね。 

ー観客のマナーについてー
 観客のマナーについてですが、それは静かな環境で観てもらいたかったです。特にラスト近くでの子どもの泣き声、携帯電話は残念だったというのが本音です。 
子どもには責任はないですよね。ただその時の張りつめていた空気ははっきり崩れます。
あの時、電話の場面の台詞が聞き取れた観客はほとんどいなかったと思うのです。 

彼ら/彼女たちはこれ一度しか発表の機会はないんですよね。この劇に関してはこれが最初で最後の舞台なんです。あそこで演じていた水木役の生徒はあのシーンを(あのシーンは星川さんのお母さんとの電話のシーンでしたが)相手がどんな言葉を話しているかも想定して、表情の付け方等も工夫しそれはそれはよく練習していたんです。だからこそ静かな中でその演技を演じさせてあげたかった。

演出家というよりも教師としての素直な気持ちです。
でもしかたないよな、という気持ちでいます。 
無料の市民芸術祭という場で、子どもを連れてでも見たいという方の存在を否定することはできません。今後は託児所を設けるなど(もしかして設けてあったのかも、その場合はその周知)という方向で話が進んでいけばよいと考えています。   

それ以上に観客の多くの方が腹を立てていたのが携帯電話を鳴らした大人に対してです。
なんとその方はラストの静まりかえった空気の中で、携帯を切ることもせず鳴らしたままホールを出ていったとか(マナーを理解した方でしたら恥ずかしさにいたたまれなくなるはずです。
少なくともその方はすぐ切ろうという意志はなかったのです。これに観客が怒りを覚えたのは至極当然と思われます)。 
そのマナーの悪さを指摘しているのが中学生の佐藤さんであるというのが僕は痛快です。
きっとその大人のような人が「14才」とか「17才」とか「今の子供たちは」なんていうんでしょうね。
少なくともその大人には輝く14才、ひたむきな14才がみえていない。
演じているのが「たかが子ども」だから切らないのです。 
ただ、僕らはそのような話題を今まで全然していません(現状は僕らより観客の方が怒っているようです)。
それはそんなトラブルがあっても客席の雰囲気は全然壊れなかったからです。
星川ひかりが赤いリボンをしてシホに変わっていくときにはホール全体に張りつめた沈黙が存在しましたし、ラストのダンスでの自然に沸き起こる拍手と手拍子には観客との一体感を感じ、そのうれしさが心の大部分を占めているからです。 

観客は素晴らしかったと思います。「14才」が14才を代表などしていないように、「観客」は観客を代表していないわけですから。 
だから僕たちの気持ちは、一部の観客を非難するより、そんな一瞬よどんだ空気を払拭しようと劇に集中してくださった多くの観客の方に向かっています。感謝の気持ちです。
だからこそより一層大きな声でいいたいと思います。「ありがとうございました」 

◆かめおかゆみこさんからのメッセージ◆

「徒然なるままに」で、スタニスラフスキーのことについてふれていたので、ひとこと。 新劇=スタニスラフスキー、というのは本当におかしな誤解ですが、残念ながらそれがまかり通っていますよね。

 3年くらい前かな、『演劇と教育』で、高山図南雄さんが、そうした誤解をとくような連載をしてくれていましたね。 あれも読み返すとおもしろいかもしれませんよ。 それにしても、斉藤さんは勉強家だよねえ。あらためて感心します。 

公演の感想、ほんとにたくさん寄せられていますね。 赤ちゃんの件に関しては、「託児所」の案に一票。 前から、あのアナウンス(赤ちゃんが泣いたら…の)は、個人的には好きではなかったので。 

私は、けっこうレツアクな環境で芝居をつくってきて(笑)、 それでも集中してみてくれる観客のほうを信頼しています。
そのうえで、環境整備も同時に考えていくべきと思っています。 

ケイタイについては、何をかいわんや。 でもね、そういうことに配慮しないですむ教育や、生活を送っているということです。 少なくとも、あの会場で話を始めなかったということは、そのおとなも、 全く悪いと思っていなかったわけではない、と解釈することにしましょうか。 

本当に、子どもにたいして説教なんかできないおとなが多すぎますね。 

◆斉藤の返信◆

ー スタニスラフスキーについて ー
 高山図南雄氏の連載、今とても読みたいんです。でも、引っ越しの時にあの当時の「演劇と教育」を全部処分してしまったんですね(涙)。本にでもならないかなんて思っています。そうそうスタニスラフスキーについて興味を持つきっかけとなった、「スタニスラフスキー伝」は高山図南雄氏の翻訳でした。 「俳優修業」を読むと、自分が演出するときに伝えたいと思いながら言語化できない隔靴掻痒状態のものが、実に見事に言語化されているんですよね。何度も何度も読み直して身体に染み込ませているところです。 

ー マナーについて ー
 えーとですね。本当はこの話はあまり進めたくないのですよ。場内アナウンスと諸注意は本当はしたくないんですね。じゃあやめればいいじゃないかといってそれもできない苦しさ。
とにかくこの話題は自己矛盾が顕在化されるのでしていて苦しいのです。 
自分の劇をずっと観ている方なら、自分がいつの間にか始まっていつの間にか終わっていく、そして、演じる側と観る側という壁が無効化される劇を指向しているということは分かると思うんです。
本音を言うともっともっと無効化したいのです。 場内アナウンスと諸注意は自分の意図からは逆効果のものだからこそ、苦しいんです。でも、「注意は静かなときにもっとしっかり聞こえるよういってください」という要求も届いている。
「僕自身がでるべきだ」という意見もある。
でも、そこまではしたくない。が、しかし、そういってくれる人も自分たちの劇を愛してくれる大切な存在である。 

注意はいらないというかめおかさんも、もっとしっかりという方もどちらも自分の劇を愛してくれるということが苦しいのですね。 
自分の劇は後半無音の状態が非常に多い。
本音を言えば無音は無音で張りつめた空気として存在させたい。これが演出者としての自分。 
子どもへの注意なんて大人げないぞ、これが教育者の自分。 

僕も見てくれる観客を信じたいし、今回もそんな観客がほとんどだったんですが。なんせ自分が観客で劇を観るときそんな素晴らしい観客でないもので…。僕は、子どもが泣いたり、前の人がいびきをかいていたりすると、集中がとぎれ感動がなくなってしまう、そんな人なんですね。 
映画でも演劇でもその時の観客席の空気にずいぶん影響されてしまうのです。修業が足りないですね。 でも最終的には演じている子供たちへの思いなのかな。 泣いている子どもへの注意は好きでないと思う人の気持ちがわかるだけ、注意の言葉は選んではいるんですね。
 託児所、それが一番ですね。 ジレンマですね。

Top