夏休み

 

登場人物 

 

大場憲一(現代・昭和十一年)

高田一郎

遠野みどり

大岩洋子

天野満夫

青柳こだま

 

宮澤治子先生

 

山父

傘化け1〜5

カシャボ1〜4

 

戦時中の子どもたち

 

少女

 

 

 


◆現代の夏休みのある日

七つ森の入り口

 

舞台は七つ森の入り口。

響き渡る蝉時雨。

降り注ぐ夏の日差しを浴びて、一人の老人が舞台中央で後ろ向きに立っている。

老人の名前は大場憲一。

 

大場(現代) (後ろ向きで)もういいかい。

声 まあだだよ。

大場(現代) もういいかい。

声 まあだだよ。

大場(現代) もういいかい。

声 もういいよ。

 

その声に大場が振り返る。

彼は手に真っ赤なかざぐるまを持っている。

 

大場(現代) そうだ、ここだ、ここだった。思い出したぞ。そう、あれは昭和十一年、私たちは七つ森小学校の六年生だった。あの日私たちはみんなでかくれんぼをしてたんだ。あの時一緒だったのは……

 

一人の少年が現れる。

その少年はかくれんぼの鬼になって、数を数える。

 

少年 七、八、九、十。よーし、見つけにいくぞ。

 

そう言って走り出そうとする。その走り出しの姿勢で少年は静止する。

 

大場(現代) 高田一郎。いつも私たちのまとめ役だった。みんなからはターちゃんって呼ばれていた。

 

高田、隠れている友だちを捜しに行く。

 

高田 みーつけた。

 

一人の少女が可愛らしく出てきて、静止する。

 

大場(現代) 遠野みどり。みんなからは、みーちゃんて呼ばれていた。かわいらしくて、みんなから好かれていた。とても歌のうまい子だった。

 

かくれんぼが続く。

 

高田 みっけ。

少女 くそっ、みっかったか。

 

一人の女の子が、のっしのっしと出てくる。そして静止する。

 

大場(現代) 大岩洋子。みーちゃんとは正反対で気が強くてまるで男のようだった。大岩って名前からオイワって呼ばれていた。

 

かくれんぼが続く。

一人の少年が今見つかった子どもたちの中に入り知らん顔をしている。

しばらくして高田がその少年に気づく。

 

高田 みっけ。

 

その少年が「見つかったか」というポーズをして静止する。

 

大場(現代) 天野満夫。いつも人のやることと反対の事ばかりやっているんで、みんなから天邪鬼って呼ばれていた。私をからかうのはいつもあいつだった。

高田 さ、みんな見つかったぞ。おい、バケ、次は一緒にやろうぜ。

 

昭和十一年の大場憲一が登場する。

みんなが大場を囲んだ形で静止する。

 

大場 そしてこの私、大場憲一。名前を短くするとオバケ。更に短くしてみんなからはバケって呼ばれていた。でも、そのあだなは、そんなに嫌いじゃなかった。私はお化けのことが大好きだったから。

 

現代の大場が去る。

 

高田 な、やろうぜ。な。

 

この瞬間、舞台は昭和十一年となる。

 

◆昭和十一年七月二十三日

七つ森の入り口

 

大場 嫌だよ、だって夕方かくれんぼをすると隠し神にさらわれてしまうんだよ。

天野 (笑って)隠し神だってよ。そんなのいるわけないだろ。

大場 隠し神を信じないと今に大変なことになるよ。

天野 (笑って)馬鹿とはつき合いきれないね。

大場 なんだとー。

遠野 あっ。(祈る)

高田 何してんだい。

遠野 流れ星に願いをかけたの。流れ星が落ちた後に願いをかけると、その願いがかなうって言われているのよ。

天野 迷信だよ、そんなの。あんな水素とヘリウムの塊に、願いをかけたって何になるんだい。今の世の中に……そんな……古くさい。

大岩 天邪鬼は夢がないわね。あたしは信じる。早く落ちないかな。落ちろ。こら落ちろ。(ドスン、ドスンと地響きを立てる)あっ、落ちた。

 

大岩が祈る。遠野、大場、高田も祈り始める。

天野は祈らず、大場の横で、聞き耳を立てている。

 

天野 (突然)ははははは、ははははは。聞いてくれよ、バケの奴、お化けに会いたいだってさ。馬鹿じゃねーか。この科学の時代にお化けなんてよ。おめー六年生のくせに考えてることは、一年生と同じか、それ以下じゃねーの。

大場 なんだとー。

高田 まあまあ。どんな願い事をかけようとその人の勝手だろ。喧嘩はそこまで、もう一度かくれんぼしよう。今度はみーちゃんが鬼だよ。バケもやれよ。

大場 でも隠し神が……

高田 大丈夫だよ。じゃあ始めるぞ。

遠野 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十。

 

かくれんぼが始まる。

全員見つかる。

今まで五人だった子どもたちが六人になっている。

 

高田 あれー。一、二、三、四、五、六……一、二、三、四、五、六……俺たち六人だったかな。五人じゃなかったっけ。

遠野 そういえばそうね。でもその一人は誰。

大岩 でもみんな最初っからいたよ。 

大場 座敷童子だ。

みんな 座敷童子?

遠野 座敷童子って何。

大場 妖怪だよ。

天野 また始まった。

大岩 でもおもしろそうじゃない。座敷童子ってどんな妖怪なの。

大場 例えば五人で遊んでるとするだろ、ふと気がつくと人数が一人増えて六人になっているんだ。みんな知っている顔なのにどう数えても六人いるんだ。誰が後からやってきたんだか考えてみても、みんな最初からいたものばかりなんだ。でも最初は確かに五人だったんだ。その増えた一人が座敷童子さ。

高田 この中に一人座敷童子がいる。誰だ!

天野 ターちゃんまで変なこと言うなよ。

高田 さてはおまえが。

天野 馬鹿なこと言うなよ。科学に強い天野満夫を忘れたのかよ。

高田 冗談だよ。

大場 僕だって初めからいたさ。

天野 覚えてないな。

大場 さっきけんかしたばかりだろ。

遠野 私もはじめからいたわ。さっき流れ星に願いをかけたばかりだもの。

高田 そうだよな。じゃあ君だ。(と言って一人の少女を指差す。その少女が増えた一人であるが、誰もそれに気づいていない。この後、その少女は青柳こだまと呼ばれることになる)

青柳 馬鹿言わないでよ。私だって流れ星に願いをかけたし、みんなと一緒にかくれんぼもしたじゃない。

高田 そうだよな。それじゃあ……(みんなが大岩を疑いの目で見る)

大岩 何よー。それじゃあたしが妖怪だって言うの。

高田 もうよそう、どうやら俺の思い違いだったようだな。

天野 そうそう、この世の中に妖怪なんているわけないもんな。

大場 そうかなー。

大岩 バケ、まだあたしを妖怪にしたいの。(大場に迫る)

大場 そ、そういうわけじゃないけど。

遠野 (大岩をなだめるように)ね、お星様がとっても綺麗よ。まるで星の野原にいるみたい。あっ、流れ星。(そう言って、何かを祈り始める)

青柳 あっ。(そう言って、空の別の場所を指差し、何かを祈り始める)

大岩 おー。(そう言って、空の別の場所を指差し、何かを祈り始める)

大場 わー。(そう言って、空の別の場所を指差し、何かを祈り始める)

高田 流れ星の雨だ。(そう言って、何かを祈り始める)

 

天野は祈っている友だちをあきれた顔で見ている。

しかし、最後にはみんなから離れた場所で何かを祈り始める。

暗転

 

 

◆昭和十一年七月二十四日

教室

 

明かりがつくとそこは昭和十一年の教室である。

中央で子どもたちが楽しそうに話をしている。

宮澤先生が教室に入ってくる。

子どもたちは慌てて席に着く。

 

高田 起立。気をつけ。先生おはようございます。

みんな おはようございます。

宮澤先生 おはようございます。あら、机の並び方おかしくない。確か一番後ろの席は隣がいなくて、天野君が一人で座ってなかった。

 

青柳がびっくりして立ち上がる。

 

青柳 やだ先生、おかしなこと言わないでください。前からこのままです。

宮澤先生 そうよね、暑さでぼけちゃったかな。さて、明日から待ちに待った夏休み。みんな休み中の計画はしっかり立てた。

全員 はーい。

宮澤先生 高田君。あなたはどんな計画を立てたの。

高田 俺は、毎日ベルリン・オリンピックをラジオで聴こうと思っています。なんせ、初めての生中継ですから。

宮澤先生 でも不思議ねー。ドイツで行われていることが、同じ時間に日本にいて聴けるなんて。

天野 先生。ラジオの生中継くらいで驚いてちゃ時代に遅れますよ。今度のベルリン・オリンピックでは世界初のテレビジョンが使われるんですよ。 

宮澤先生 テレビジョン? なにそれ。

天野 うーん、ちょっと説明するの難しいなー。あの映画知ってますよね。要するに、ベルリン大会の模様が同時に映画の画面を小さくした、このくらいの画面に写るんですよ。

大岩 ほんとー。信じられない。

高田 でも、そいつはすげーな。

天野 まだまだ驚くのは早いよ。次の昭和十五年のオリンピックがもし東京になれば、この日本でも、オリンピックをテレビジョンで放送する予定なんだぞ。そして将来は、自分のうちでテレビジョンが見られるようになるかもしれないんだぞ。

宮澤先生 さすが天野君、よく知ってるわね。

高田 先生。天邪鬼は、科学者になるのが夢なんです。

宮澤先生 天野君ならなれるかもね。  

 

天野は照れる。

 

高田 先生、ベルリン大会では、日本はどれくらい金メダルが取れると思いますか。

宮澤先生 ……高田くんはどう思うの。

高田 きっと水泳はたくさん取りますよ。前回のロサンゼルス大会で二位だった前畑は優勝する可能性大かな。三段跳びも、オリンピック三連破は堅いな。高跳びも期待できますよ。

宮澤先生 詳しいのね。

高田 俺は、オリンピックに出るのが夢なんです。

宮澤先生 へー、高田君、運動得意だからね。次のオリンピックに出られるといいわね。

高田 次のオリンピックは、東京かヘルシンキですからね。東京になればいいな。でも四年後はまだ中学四年生だから出るのは難しいな。

宮澤先生 何か先生もオリンピックに興味がわいてきちゃった。放送は何時なの。

高田 朝の六時半から七時と夜の十一時から十二時までです。

宮澤先生 両方聴く気なの。

高田 はい。

宮澤先生 朝はともかく、夜は寝なさい。まだ子どもなんだから。

天野 先生、僕はそうします。

宮澤先生 高田君もそうしなさい。

高田 (ふてくされた感じで)はーい。

大岩 先生! 先生! 先生! あたし、映画を見にいきます。

宮澤先生 何見るの。

大岩 『虚栄の市』です。先生、この映画、総天然色なんですよ。

宮澤先生 総天然色?

大岩 白と黒の画面じゃなくって、今あたしが見ているのと同じ色で写っているんですって。

遠野 ほんと、凄いのね。

宮澤先生 大岩さん、あなた映画の話になるとほんと生き生きしてくるわね。

大岩 先生! あたし、女優志望なんです。

天野 ははー、無理無理。

大岩 何よー。

天野 おめえじゃ無理ってーの。銀幕のスターってのはな、立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花って感じの綺麗な女の子しかなれないの。おめえは立てば大根、座ればスイカ、歩く姿は豚の鼻だろ。(みんな笑う)

大岩 てめー、よくも言ってくれたな。  

 

天野に襲いかかる。

 

宮澤先生 大岩さん、やめなさい。あなた女の子でしょ。

大岩 だって。(泣き出す)

宮澤先生 天野君、あなたは口が悪すぎます。大岩さん、あなたもそのくらいのことで泣くんじゃないの。

大岩 (突然立ち上がって)先生、今の演技でした。うまかった?

宮澤先生 大岩さん! 大人をからかうんじゃありません。

大岩 ごめんなさい。

宮澤先生 遠野さん。あなたは何か計画があるの。

遠野 歌を習いにいこうと思っています。

宮澤先生 そう。あなたとっても歌がお上手だものね。

大岩 先生、みーちゃんの夢は歌手なんです。

宮澤先生 へー。渡辺はま子のような歌手に?

遠野 いいえ、クラシックです。オペラ歌手になりたいんです。

高田 オペラ? 何だそれ。

大岩 (堂々とした発声で)「アーアーアー」って歌うやつでしょ。

遠野 (うなずく)

宮澤先生 みんなずいぶん大きな夢をもっているのね。夢をもつってとっても素敵なことね。青柳さん、さっきっからずーと黙っているけどあなたは夏休みをどのように使うの。

青柳 私、まだ決めていません。すみません。

宮澤先生 何も謝ることなんかないのよ。先生だって何するか決めてないんだから。人それぞれでいいの。さてとみんなの予定も聞き終ったしと……

高田 先生、まだバケが残っています。

宮澤先生 ごめんなさい。ついつい忘れてしまって。

大場 いいんです……どうせ……

宮澤先生 (優しく)大場君、大場君、あなたは夏休みどうするの。

大場 うち貧乏だから、どこかへ行ったりする余裕がないんだ。それにうちのお母ちゃん、この夏に赤ちゃん産むんだ。だから家の手伝いしなくちゃ。

宮澤先生 それじゃ、大場君この夏休みにお兄さんになるのね。(大場照れる)

天野 頼りねー兄さんだな。

大場 なんだと。

宮澤先生 ほらまた。天野君、いいかげんにしなさい。

天野 (ふてくされて)はーい。

宮澤先生 さ、おしゃべりはこれくらいにして、お待ちかねの通信簿を返しましょう。

 

嬉しそうな顔あり、憂鬱そうな顔あり。

 

宮澤先生 高田君。

高田 はい。(通信簿を覗きこんで)やったー、体操甲だ。

 

高田が教室を走り回る。

 

宮澤先生 天野君。

天野 はい。(自信ありそうに)

高田 ずいぶん自信ありそうじゃない。

天野 (通信簿を開いて成績を見せる)まっ、こんなもんさ。

 

天野は大岩に通信簿を渡す。

大岩のまわりにみんなが集まる。

 

大岩 算術、甲。綴り方、甲。読み方、甲。書き方、甲。国史、甲。理科、甲。体操……体操。あんた体操、丙じゃない。

天野 体操なんか馬鹿のやるもんだ。

高田 なんだと。

天野 (しまったという顔)

宮澤先生 天野君! あなたの考え方は間違っています。勉強がいくらできても、あなたのような考えの子は、先生嫌いです。体操だってとっても大切な科目なんです。

高田 そういうことさ。

宮澤先生 続けます。遠野さん。

遠野 はい。

宮澤先生 唱歌は甲ですよ。

遠野 先生、ありがとうございます。

宮澤先生 (先生はにこにこして通信簿を渡す)次、大岩さん。

大岩 はーい。(自信ありそうな素振り、しかし通信簿を見てびっくり)うおー、これは……、わー。

 

大岩は通信簿をくしゃくしゃにしてしまう。

 

宮澤先生 (慌てて大岩を止めて)そんなことしちゃ駄目でしょう。

大岩 ……ごめんなさい。

宮澤先生 次、大場君。

大場 はい。

 

大場は隅でこっそり見ようとする。

天野が大場の通信簿を取り上げる。

 

天野 ははは。こいつみんな丙でやんの。馬鹿だねー。

宮澤先生 天野君! いいかげんにしなさい。人生、通信簿だけでは決まらないの。人それぞれに通信簿では表せない良さがあるの。

天野 でも、バケみたいに、頭が悪くて、うすのろな奴に何かいいところがあるんですか。

宮澤先生 大場君にもちゃんとあります。

天野 それは何ですか、先生。

宮澤先生 (考え込んで)……

大場 (期待をもって先生を眺めていたが……)もういいんです……僕。(泣き出す)

宮澤先生 (慌てて)そうそう、大場君の良さは優しさね。誰に対しても優しくできるところ。きっといいお兄さんになれるわよ。

 

大場が顔を上げる。

 

宮澤先生 もっと自信を持って、胸を張って。さあてと、それでは通信簿はしまって。ちゃんとおうちの人に見せるのよ。

遠野 先生、青柳さんがまだ通信簿を返されてません。

宮澤先生 (あっ……)青柳さん、ごめんなさい。えっと、あれ……、確かに昨日みんなの通信簿と一緒にここに入れておいたはずなのに。おかしいわね。

青柳 先生、いいんです。

宮澤先生 ごめんね。明日までに捜しとくから。明日また取りに来てくれる?

青柳 はい。

宮澤先生 それではこれで終わりにしましょう。みんなにとって楽しい夏休みになるといいわね。それと、天野君、大場君、もう喧嘩しちゃ駄目よ。

天野・大場 はーい。

高田 起立。気をつけ。先生さようなら。

全員 さようなら。

 

先生、教室から出て行く。

子どもたち六人が中に残る。

 

高田 明日から夏休みか。小学校最後の。

遠野 みんなで一緒に夏休みを過ごせるのもこれっきりなのね。

高田 何か思い出に残ることしないか。

大岩 どんなこと?

高田 肝試しなんかどうだい。

大場 いいね。

天野 何言ってんだよ。一番弱虫のおめーが。

大岩 お化けが出てきても大丈夫?

大場 お化けは本当は、優しいんだよ。大丈夫にきまってるだろ。

天野 へっ、強がりいうなよ。泣き虫毛虫が。

大場 なんだと。

 

大場は天野につかみかかっていくが、倒され泣かされる。

 

大場 僕、弱虫じゃないやい。

高田 まあまあ。弱虫かどうかは、やってみればわかることだろ。じゃあ肝試しに決定でいいな。

遠野 私もやるの。

高田 怖いかい。

遠野 ええ。

大岩 大丈夫、あたしがついているから。やろうじゃない。わくわくするわ。

天野 でも俺は勉強があるからな。

大岩 そんなこといって、本当は怖いんでしょう。

天野 ば、馬鹿なこというなよ。お化けなんて非現実的な存在をどうしてこの俺が怖がらなくちゃいけないんだい。

大岩 じゃ、決定ね。

天野 で、でも、ターちゃん、オリンピックが気にならないかい。

高田 大丈夫。オリンピックは八月一日から八月十五日までだろ。八月十六日にやればいいじゃないか。どうだい天邪鬼。 

天野 いいけど。

高田 どうだい、バケ。

大場 もちろん大丈夫さ。

高田 よーし、決定だな。ところでどこでやろうか。

大場 七つ森がいいよ。

大岩 どうして。

大場 七つ森の中心には大きな大きな杉の木があるっていう話だよ。そこまで行こうよ。木は百年たつと死んだ人の魂が乗り移って、木霊という妖怪になると言われているんだ。

遠野 大場君、お化けのことに詳しいのね。

天野 そんな、現実に存在しないものに詳しくったって何になるんだい。このテレビジョンの時代に。

高田 もうテレビジョンはわかったから、話を肝試しにもどすぞ。八月十六日に七つ森に集合。みんないいな。

大岩 何時に集合するの。

大場 夕方がいいよ。お化けは黄昏時に出るっていうから。

高田 それじゃ、四時でどうだい。(みんなうなずく)よーし決定。八月十六日の四時、七つ森の入口に集合。提燈忘れんなよ。

天野 提燈だって、この

大岩 テレビジョンの時代に……でしょう。

高田 肝試しには、懐中電灯よりも提燈の方が合うんだよ。じゃ八月十六日にまた会おう。

 

子どもたちは「さようなら」とか「またな」とか言い合って、教室を去っていく。

 

◆現代の夏休みのある日

七つ森の入り口

 

現代の大場憲一が登場する。

 

大場(現代) 私たちは、夏休みにときめく気持ちと、通信簿を胸に家に帰った。昭和十一年の夏休みは日本中がベルリンオリンピックの話題で持ち切りだった。女子平泳ぎで前畑が優勝した。三段跳びは三連破達成。棒高跳びで早稲田の西田と慶応の大江が二位と三位に入り、お互いの健闘を喜びあった。八月十五日、十八の日の丸を掲げてベルリンオリンピックは終った。次のオリンピックは東京に決定。この決定は、私たちに夢と希望を与えてくれた。そして約束の八月十六日がやってきた。

 

 

◆昭和十一年八月十六日

七つ森

 

◆其の一 森の入り口

 

明かりがつくとそこは七つ森の入り口。

舞台中央に大場、高田、天野が手に提灯を持って立っている。

 

高田 それにしても遅いな。

 

遠野と大岩がやってくる。

 

高田 おい、遅いじゃないか。

遠野 ごめんなさい。青柳さんちに寄ってたから。

天野 で、青柳どうしたんだ。

大岩 急に熱がでちゃって、寝てなくちゃいけないから、今日は来れないって。

天野 それは口実。きっと怖くなったのさ。

高田 ま、ともかく出発しようぜ。

 

みんな出発する。

暗転

 

◆其の二 森の中

 

子どもたちが森の中に現れる。

 

高田 おー。森の中はずいぶん暗いんだな。まるで夜じゃないか。

遠野 これじゃ、お化けが出てもおかしくないわね。なんか怖い。

高田 これじゃ、危なくて一人一人別々には歩けないな。道に迷いそうだ。

天野 ターちゃん、やめて帰ろう。道に迷ったら大変だよ。

大岩 怖いのね、震えてるわよ。へん、男のくせにだらしない。

 

大岩が天野の背中をビシッと叩く。

 

天野 いてーな。わかったよ。行くよ。行けばいいんだろ。

遠野 ねっ、みんな一緒に歩きましょう。それでも十分怖いわ。

高田 そうするか。よーし。じゃ、大きな杉の木目指して出発だ。

 

みんなが歩き出す。

少し歩いたところで、突然遠野が悲鳴をあげる。

 

大岩 みーちゃん、どうしたの。

遠野 何か冷っとしたものが、首筋を触ったの。

大岩 冷っとしたもの?

大場 そいつは妖怪ぶるぶるの仕業だよ。ぶるぶるは臆病そうな人の体の中に入って怯えさせる、悪戯好きの妖怪さ。

天野 また始まった。ただ冷たい風が吹いただけだろ。

遠野 じゃ、天野君、一番後ろに行ってよ。

天野 俺が。

遠野 そうよ……怖いの?

天野 そ、そんなことないけど……(みんなの視線を感じて)行くよ、行けばいいんだろ。

  

天野一番後ろに行く。

みんな黙って歩く。

 

天野 (突然)わー。

高田 どうしたんだ。

天野 いや、何でもない。ちょっとぶるぶるってきたものだから。

大場 ぶるぶるだ。やっぱりぶるぶるがいるんだ。ぶるぶるにおどかされたってことは、君が弱虫だってことさ。

天野 なんだとー。

 

天野は大場につかみかかる。

 

高田 おいおい、こんなところで、喧嘩なんかすんなよ。

 

突然雨が降ってくる。

 

高田 夕立だ。

 

稲光そして雷鳴。

子どもたちの悲鳴。

 

高田 なるべく背を低くして歩こう。

天野 だから帰ろうって言ったんだ。

高田 今更そんなこと言ったって仕方ないだろう。あんまりぐずぐず言うなよ。

 

稲光そして雷鳴。

子どもたちの悲鳴。

 

高田 絶対、手を離すなよ。離すとはぐれちまうからな。しかしちっとも前が見えないな、早く隠れるところを捜さなくっちゃ。

 

続く